お金を借りる 主婦

MENU
「お金を借りたいけど、どこにしよう・・・」と悩んでいる方へ。



銀行や信金よりも「有利」な条件のある借入先をご存知ですか?

全国どこからでも24時間申し込みができるサービスがプロミスというサービスで、実は銀行よりも速い時間で融資を受けられるケースも多いのです。

プロミスは、借り入れ可能か、簡単3秒診断(無記名でOK)というのがとても便利で人気があります。(プロミスは1万円からお借り入れが可能です)

借りれるという診断が出てから正式に申し込めばいいので一度試してみてはいかがでしょうか?

◎→プロミス事前3秒診断の公式ページ


プロミスのおすすめポイント
全国どこからでも申し込み可能
24時間申込可能
最短1時間融資
来店・保証人・担保→不要
借入のことをバレないように配慮
・・・大手ですから安心感と信頼感は抜群です

主婦もお金を借りることができる?おすすめの借入方法を紹介!


主婦でもお金を借りることを考えることはあるよね。冠婚葬祭で一度にまとまったお金の出費があったり、親や親戚・子供への誕生日のプレゼント代にお金が必要になることもあるし、家族旅行のお金を捻出したい時だってあるだろうね。

 

家計を預かる身としては、旦那さんや家族に「お金が足りない」とは言い出せないことも多いと思うんだ。主婦としての裁量を問われることになるし、たとえ旦那さんであってもお金の管理については口を挟まれたくないものだよね。下手すれば、お金が不足していることに文句を言われる可能性だってあるしね。

 

主婦だってお金を借りたい時はある。それなら、夫や家族に内緒でお金を借りる方法を知っておく必要があるんだ。専業主婦でもカードローンやキャッシングでお金を借りることが可能な場合もあるし、パートやアルバイトをしている主婦なら更に借入先の選択肢は広がるよ。

 

金融機関からお金を借りるなら、お金を借りるための条件をしておく必要があるんだ。カードローンやキャッシングの審査に通るためには絶対に必要なことだから、どこでお金を借りるか決める前に以下の記事を確認してみるといいかも知れないよ。

 

主婦だと審査が厳しいのか、無収入でもいくらぐらいまでお金を借りることができるのかなど、心配や不安に思うことを解決するための情報を知ることができるかもね。

 

カードローンやキャッシングで主婦がお金を借りる時の条件を知りたい!


主婦がお金を借りる時には、「OLやパートよりも審査に通りにくい?」など、心配になることも多いかも知れないね。特に専業主婦だと収入なしでお金を借りることができるのか不安だよね。家庭では主婦という立派な職業を持っていても、キャッシング審査において専業主婦は「無職」という扱いになってしまうからね。

 

毎月決まった夫の給料から生活費をやりくりするのは本当に大変だし、貯金に回す余裕なんてないという人も多いはず。ギリギリの生活を余儀なくされている状況で、予想外の出費があればお金が足りなくなるのは避けられない事態と言えるよね。

 

何とか次の旦那さんの給料日まで乗り切りたいという時には、パートやアルバイトをしている人なら主婦でもお金を借りることは可能だし、夫に秘密にしてキャッシングすることだってできるよ。正社員のような収入がなくても毎月安定した収入があれば利用条件をクリアすることができるから、銀行や消費者金融のカードローンで便利に融資を受けることも可能だよ。

 

一方、専業主婦の場合だけど、毎月の収入は「0円」ということになるから「安定収入」についての利用条件を満たすことはできないよね。主婦でなくて本当の無職の人だったら、この段階でどこからもお金を借りることができない人になるよ。だけど、銀行カードローンなら、旦那さんに安定した収入がある主婦だったら本人が無収入であっても利用条件を満たすことができるし、お金を借りることは可能だよ。

 

専業主婦のカードローン利用で注意してほしいのが、消費者金融からのキャッシングなんだ。初めに言っておくと、アコムやモビットなどCMでも宣伝している有名な消費者金融だと専業主婦の申し込みはNGになるんだよね。「総量規制」という法律で、年収の3分の1までしかお金を借りることができないことになっているのがその理由だよ。

 

街金だったら、配偶者貸付で夫の年収の3分の1までならお金を借りることは可能だけど、旦那さんに内緒でお金を借りたいなら注意が必要になるんだよね。以下で配偶者貸付について詳しく説明していくね。

 

配偶者貸付って何?専業主婦がお金を借りる場合との関係


大手の消費者金融だと利用不可となる専業主婦のカードローン利用。一方、それほど有名ではない中堅の消費者金融なら一部で配偶者貸付により無収入の主婦でもお金を借りることが可能なんだよね。その理由は何かについて説明するとこのような感じになるんだ。

 

総量規制という法律で言うならば、本人の年収が0円の場合には借入限度額も0円となる決まりになっているんだ。年収の3分の1までしかお金を借りることができないというのが総量規制の内容の1つとなっているから仕方がないんだよね。

 

現在、アコムなどの大手消費者金融では何処でも、配偶者貸付で提出する必要書類が多い理由から業務が煩雑になってしまうのを避けるために、有名な業者はどこも取扱いしていないんだよね。1人でも利用者を獲得したい一部の中小規模の消費者金融のみが、旦那さんの同意を得ることを条件に専業主婦にも融資をしているのが現状となっているんだ。

 

専業主婦がお金を借りる方法をまとめるとこんな感じになるよ。

  • 銀行カードローンを利用する
  • 配偶者貸付が利用できる一部の街金(中堅消費者金融)を利用する

この中でどちらかの方法を選択すれば専業主婦でもキャッシングが可能になる訳だけど、街金からお金を借りる時には闇金のような悪質業者が紛れている場合もあるから要注意だよ。知名度が低いのが中堅消費者金融の特徴でもあるけど、貸金業登録番号などを金融庁などのホームページで確認してから利用するのがおすすめとなるんだ。

 

主婦のカードローンやキャッシング利用、提出する必要書類とは?


たとえ会社員ではない主婦であっても、金融機関からカードローンやキャッシングでお金を借りることは可能だけど、利用には提出しなければならない必要書類もあるんだ。

 

パートやアルバイトなどで安定した収入のある主婦なら、本人確認書類や必要に応じて収入を証明する書類を提出できれば申し込みができるけど、専業主婦の場合には事情が違って来るんだよね。

 

銀行カードローンを利用するなら、専業主婦でもパートやアルバイトをしている主婦と同じに基本的には本人確認書類の提出だけで済むけど、専業主婦でも利用可能となっている消費者金融を利用する場合には、利用条件として更に多くの書類の提出を求められることになるだろうね。

  • 住民票
  • 戸籍抄本
  • 配偶者の収入証明書
  • 配偶者の同意書

主婦であっても、本人に安定収入があれば基本的には運転免許証や健康保険証の提示で済むところだけど、無収入の専業主婦が消費者金融からお金を借りるためにはこれだけの書類を用意する必要があるんだ。書類の準備をするのが面倒、夫の同意を得てからお金を借りるのはどうしても嫌という場合には、銀行カードローンの利用がおすすめとなるだろうね。

 

住民票や戸籍抄本の提出


専業主婦が夫の年収の3分の1までのお金を借りるには、金融機関に本人と配偶者の関係を証明する書類の提出が必要になるんだよね。つまり「婚姻関係にあることの証明」が必要になるんだけど、なかには事実婚として婚姻届を提出していない場合もあると思うから、その場合には「未届け」の記載をすれば大丈夫みたいだよ。

 

配偶者の収入証明書


専業主婦が夫の年収の3分の1以下の範囲で消費者金融からお金を借りるならば、旦那さんの給料明細書や源泉徴収票など、年収を証明する書類が必要になるんだ。配偶者貸付の場合、本来は「世帯収入の3分の1」という決まりがあるんだけど、専業主婦の場合は収入が0円だから、必要となるのは夫の収入を証明する書類のみということになるんだよね。

 

配偶者貸付を利用する場合、旦那さんも同じ枠の中で借り入れすることが可能になるし、既に他の消費者金融から借金がある場合には、年収の3分の1に相当する金額から他社借入れの金額を差し引いた残りが、利用可能額となるんだ。

 

借入限度額はキャッシングサービスで実施される審査で決まるから、旦那さんの総量規制上の上限金額までのお金を借りられるとは限らないから注意してね。

 

配偶者の同意書


専業主婦が消費者金融でお金を借りることを夫が本当に同意しているのかを確認するため、配偶者の同意書の提出も求められることになるんだよ。良く誤解されるのが、同意書を書くと連帯保証人になってしまうということだけど、夫が借入れの同意をしたからと言って、保証人になることを同意したことにはならないから心配は無用だよ。

 

専業主婦がお金を借りる時の審査はどうしても厳しくなってしまうの?


専業主婦でも、どうしてもまとまったお金を借りる必要に迫られることもあると思うけど、銀行や消費者金融の配偶者貸付でお金を借りる場合、審査で重要となるのは夫の信用情報と言えるんだ。

 

旦那さんが正社員や公務員である場合、多くの場合で専業主婦でもカードローン審査に通ることは可能だろうね。パートやアルバイトの主婦なら自分自身に安定収入があること、専業主婦なら夫に安定収入があること、どちらかの条件を満たすことができれば主婦でもカードローンでお金を借りることができると言えるだろうね。

 

確かに、専業主婦は審査に通りにくいかも知れないと不安を感じる人もいると思うよ。無収入の主婦がお金を借りる訳だから厳しい審査が待っているような気になってしまうだろうね。本人や配偶者に過去の金融事故などがあったり、多重債務者となっている状況がなければ、実際にはそれほど審査に落ちる心配はないと言えるんだよね。

 

専業主婦ではなくパートをしている兼業主婦であれば、自分自身の年収や勤続年数が審査では重要となるから、安定した継続的な収入があるか確認してみる必要があるよ。給料の振り込み口座をもう一度チェックしてみるといいよね。

 

専業主婦の利用限度額、カードローンでいくらまでお金を借りることができる?


専業主婦は自分自身の収入はゼロであるため、夫やパートナーに安定した収入があることだけがお金を借りる条件を満たすただ1つの希望となるんだ。

 

無収入の専業主婦が銀行や消費者金融のカードローンからお金を借りられるのは、ひとえに夫の安定収入があるお陰と言えるし、本来は融資を受けることが難しい専業主婦がお金を借りるならいくらまで可能か心配になるよね。

 

金額にすると30万円~50万円というのが一般的な上限金額と言えるようで、高額融資とは言えないものの生活費や急に必要になった子供の教育費などを工面するには充分な金額と言えるのではないかな。最近は銀行でも即日融資が可能な所もあるから、旦那さんに内緒で銀行カードローンから即日振り込みでお金を借りることができるかも知れないよ。

 

誰にも内緒でキャッシングしたい!家族や旦那にバレないお金を借りる方法


借金するということ自体が罪悪と感じている人は意外にも多いみたいなんだ。きちんとした形で申し込みした後に審査も受けて、必要書類の提出を含み契約手続きを経てようやくお金を借りることができるようになるため、借金することは決して恥ずかしいことでも悪いことでもないんだよね。

 

借金は悪ではないと分かってはいても、どうしても後ろめたい気持ちになってしまうこともあるだろうね。特に夫から生活費の管理を頼まれている訳だから、お金が足りないことは内緒にしたいと考えるものだと思うよ。

 

消費者金融から専業主婦がお金を借りるなら、どうしても配偶者貸付を利用するしか他に方法はないし、旦那さんにバレないでお金を借りることは不可能となるんだよね。夫になりすまして同意書を書くということも実際にできないこともないだろうけど、私文書偽造という罪に問われることになるからやめた方がいいよ。

 

旦那に内緒でお金を借りるために、犯罪をはたらくのは余りにもリスクが大き過ぎるからね。

 

絶対に夫にバレないでお金を借りたいということなら、銀行カードローンを利用するより必要なお金を捻出する方法はないと言えるんだ。銀行のサービスは総量規制の対象外となっているため、年収の3分の1までに借入総額を制限される法律は適用されないからね。夫の同意書なしで専業主婦がお金を借りるには、銀行カードローンがおすすめということになるよ。

 

銀行カードローンでもなかには専業主婦の利用をNGとしている所もあるから、事前に利用条件を確認する必要があるんだよね。ホームページではっきりと「専業主婦も利用可能」と記載している銀行もあれば、そのことについて触れていない場合もあるから、不明な点は電話をかけて直接聞いてみるといいよ。

 

専業主婦がお金を借りる際の不安、「毎月きちんと返済できるだろうか?」


専業主婦でも旦那さんに安定収入があればお金を借りることが可能になるから、心配要らない場合も多いみたいだよ。本当に心配なのは実は審査に通りやすいことよりも、借りたお金の返済が毎月きちんとできるかということの方かも知れないね。返済するための資金はやっぱり夫の給料のみとなることから、不安に感じるのも仕方がないことかも知れない。

 

少しでも毎月の返済を楽にする方法は何かと言えば、やっぱり低金利の所でお金を借りることだよね。それぞれのカードローンの金利を比較するのは少しでも利息を節約するためには必須となるし、返済の負担を減らすことにも繋がるんだ。

 

金利の数字だけを見ると、大した違いはないように思えるかも知れないけど、借入金額や借入期間によって金利差は大きな利息の差となってしまうんだよね。返済は毎月のことだし、数パーセントの違いであっても積み重ねによってバカにならない差額となるんだ。

 

返済を毎月安心して継続していくには、何よりも返済計画を立てることが重要だよ。毎月いくらまでなら返済できるかを考えながら、最終的に利息をどのくらい払うことになるのかを把握できるというメリットもあるんだ。返済期間は長ければ毎月の返済金額を少なくできるから家計への負担も減るだろうね。

 

毎月の返済額を最少返済額に抑えれば、結果的に借金の完済まで長い期間を要することになるし、多くの利息を支払うことにもなってしまうんだ。なるべく余計な利息を支払わないような返済計画は必要だけど、だからと言って無理な返済をすることにより再び金欠となり借金が必要な状況を作り出してしまう恐れもあるよ。

 

借金の返済が更なる借金を呼ぶことがないように、返済計画をしっかり立てることはとても大切なことと言えるんだよね。毎月の返済額を算出する場合には、長くも短くもない家計の経済状況を踏まえた返済方法を見つけることを目的にするといいよね。

 

専業主婦でも借金したい!お金を借りる理由にはどんなことがある?


専業主婦でもお金を借りたいと思うことはあると思うよ。オープンに「お金借りたい!」なんて口にする人は少ないかも知れないけど、実際問題、家計のやり繰りは本当に大変なんだよね。主婦自信も借金していることは誰にも言えないという人も多いと思うし、お金を借りる理由はいくらでもあるんじゃないかな。

 

主婦がお金を借りる理由、挙げてみたらきっと切がないくらいあるだろうね。

  • 生活費が足りない
  • 冠婚葬祭で突然まとまったお金が必要
  • 子供の教育費が予想以上に高額だった
  • ついパチンコに嵌まり、ギャンブル費用を借りたい

生活費が足りない、言ってみたら夫から預かった給料は全て生活費ということになるのかも知れないけど、次の給料日まで食費がピンチということも多いだろうね。子供の教育費は単純に私立の学校の授業料や経費がかかるということもあるだろうけど、塾や習い事の費用や部活動の合宿費用部費などでも合計したら大きな金額になる場合もあるよね。

 

主婦であってもストレスが溜まることは多いし、ついパチンコを始めたら嵌まってしまいギャンブル費用に家計のお金を使ってしまったというケースもないとは言えないだろうね。ギャンブル依存症になると、分かっていても自分ではどうにもならない場合もあるし、借金癖がついてしまうきっかけにもなってしまうだろうね。

 

ギャンブルのお金が無くなったらまた借金するということを続けていくと、気付いたら自分の力では返済できない金額になってしまうこともあるから、誰かに相談したり自制の気持ちを持ちながらカードローンを利用することが大事なんだよ。

 

旦那や家族に借金がバレたらどうしたらいい!言い訳にはどんなことがある?


主婦がお金を借りるのことは誰にも内緒にしたいもの。生活費の不足を解消する必要があるし、やむを得ない理由でお金を借りることを決意した人も多いだろうね。家庭や家計のためを思って家族や夫に内緒で借金したけど、結果的にバレた時にはどんな言い訳をしたら無難にやり過ごすことができるのだろうか。

 

確かに旦那に借金がバレた時にはどんな理由や言い訳を言ったとしても取り返しがつかないことも多いと思うけど、少しでも自体を穏便に収めるためにできる限りの言い訳をしたいと考えることだろうね。言い訳をすることでどうして借金をしたのかという理由を話すことはできるけど、生活費のやり繰りに精一杯力を尽くしたのだから、本当のことだけを話すのが一番のおすすめとなるよ。

 

夫や家族に内緒で借金したことについては、素直に謝ることも大事だよね。旦那さんにしても自分の収入では生活が大変だったことに気付くはずだし、お金の話は誰もが嫌いと言えるかも知れないけど今後の生活費について話し合ういい機会と割り切るしかないよね。

 

今後はお互いに勝手に借金をしないこと、困った時には相談をし合うことを確認できるかも知れない。これからは嘘をつかないような約束ができるだろうね。どうして借金するような事態になったのかを正直に話せば今後の返済も一人で負担を追う必要がなくなるだろう。

 

夫の信用を失うことは、内緒で返済して行くことよりも精神的につらいはずだよ。旦那に秘密にしていた借金がバレたことは、返ってお金のことについて話し合ういいきっかけになったと理解して、嘘いつわりない理由を話すのが最良の言い訳と言えるかも知れないね。

 

二人で計画的な給料の使い方を相談して、借金完済まで節約生活を送るためのシミュレーションを考えながら有効なお金の使い道を考えていくといいだろうね。

 

専業主婦もパートで働けばお金を借りることは可能になる?


消費者金融でお金を借りる場合、専業主婦だと大手のサービスではお金を借りることができない。総量規制という法律で無収入の人がお金を借りる場合の制限をされているから仕方がないことと言えるんだよね。

 

主婦が有名な消費者金融で借入れする時に必要な条件、パートやアルバイトなどで毎月安定した収入を得ている総量規制の対象外である銀行カードローンは、専業主婦のままでも夫の安定収入があることを条件にお金を借りることは可能なんだ。

 

消費者金融でお金を借りる場合には、主婦でも自らパートなどで収入を得る必要があるから、現在では専業主婦であっても、今後パートなどで働き出せば夫に内緒でお金を借りることも可能になるんだ。この点については正社員がお金を借りるのと同じ条件と言えるんだ。ただし、毎月継続して給料を貰っていることは必要になるよ。

 

今まで専業主婦であったけど、自分名義で自由にお金を借りることができるようパートで働いているという人も少なくないみたいだけど、働き出した頃だったら借入希望額はなるべく少な目にするのがおすすめだよ。審査の通りやすさとどんな関係があるのかは分からないけど、一般的には利用限度額は少な目の方が審査に通りやすいという話は良く聞く話だよ。

 

主婦が借入金額として無難な金額は10万円以下と言われているんだよね。どうしても生活費の不足を埋めるなどでお金を借りることができないと困るという場合には、上限を10万円として必要最低限の金額を希望すると良いと思うよ。

 

どうしたらいい?主婦が安心してお金を借りる方法!


専業主婦でも安心してお金を借りることができれば助かるよね。必要なお金を即日融資で借りられたり、旦那や家族にバレずにカードローンを利用できたりすることが、おそらくは専業主婦が安心してお金を借りるということにあてはまるのかも知れないね。

 

ただ、お金を借りたら必ず返済しないと駄目だし、低金利のカードローンで借入れできたとしても返済する資金が足りなくて滞納していしまったのでは安心してお金を借りることができているとは言い切れないだろうね。対応してくれるキャッシングサービスの対応に不満を感じることも同じことが言えるだろうね。

 

反対にサービスだけは最高に満足できても金利が高めだと、最終的に返済で苦労をすることになるだろうから、利息の支払いをする時に損をしている気持になってしまうかも知れない。このようなことを総合して主婦が安心してお金を借りる方法を挙げるとすれば、このようなことになるだろう。

  • 金利が低いサービスでお金を借りる
  • 誰もが知っている有名なサービスでお金を借りる
  • カードの利用により借入れや返済が可能なサービスでお金を借りる
  • 対応が丁寧で安心して利用できるサービスでお金を借りる

主婦が安心してお金を借りることを目的とするなら、このようなことを全て満たせる金融機関でお金を借りることをおすすめするよ。どんなに急いでいて今すぐお金を借りる必要がある時でも、借入先の選択は慎重に行うのが大事だし安全に利用できるサービスはどんな所なのか判断できるための情報収集も重要となるんだ。

 

安心してお金を借りるなら公的機関の融資制度もおすすめ


専業主婦がお金を借りるなら、銀行や消費者金融だけでなく公的機関の融資制度も視野に入れると良いかも知れないよ。

 

専業主婦ならだれでも公的融資を利用できる訳でなく、一定の条件を満たすことができる場合に限定されるけど、知らないで利用の機会を逃している人もいるかも知れないから、公的機関での融資制度について解説しておくことにするね。

 

女性はそれまで会社員として仕事をしていても結婚して出産をすると一定期間産休を取ることになるよね。その間はもちろん働けないため収入が減ってしまうことになるね。収入が減ったことで生活や育児のためのお金が足りない時には、公的機関でお金を借りることが可能になっているんだよ。

 

「育児・介護休業者生活資金融資制度」では一定の借入条件を満たしていれば利用対象となれるんだ。

  • 県内に住んでいる・仕事をしている人(同じ職場で1年以上勤務していることが条件)
  • 育児休業あるいは介護休業中の人

利用条件はそれぞれの自治体によって違いがあるため、詳しくは市役所などに相談や確認をしてみるといいよ。
また、子供の教育費を公的融資で借りたい場合には「国の教育ローン」もあるんだよ。子供1人につき最大300万円までの融資が可能になっているんだ。入学前、入学後の在学中問わず申し込みができるというメリットがあるんだ。

 

どちらの融資制度にも言えることだけど、公的機関の融資制度を利用するメリットには共通点があるんだ。

  • 低金利で融資を受けられる
  • 返済期間が長いため毎月の返済が楽になっている

 

融資だけでなくて、一定の給付金も支給されるから併せて利用できれば大分生活に余裕が出て来るのではないかな。

  • 雇用保険での育児休業給付金
  • 健康保険で出産手当金・出産育児一時金
  • 社会保険料免除制度(平成26年4月から適用・産前産後休業期間)

このような給付金を受けてもまだお金を借りる必要があるならば、上で紹介した公的機関の融資制度も利用してみると良いよね。