お金を借りる 市役所

MENU
「お金を借りたいけど、どこにしよう・・・」と悩んでいる方へ。



銀行や信金よりも「有利」な条件のある借入先をご存知ですか?

全国どこからでも24時間申し込みができるサービスがプロミスというサービスで、実は銀行よりも速い時間で融資を受けられるケースも多いのです。

プロミスは、借り入れ可能か、簡単3秒診断(無記名でOK)というのがとても便利で人気があります。(プロミスは1万円からお借り入れが可能です)

借りれるという診断が出てから正式に申し込めばいいので一度試してみてはいかがでしょうか?

◎→プロミス事前3秒診断の公式ページ


プロミスのおすすめポイント
全国どこからでも申し込み可能
24時間申込可能
最短1時間融資
来店・保証人・担保→不要
借入のことをバレないように配慮
・・・大手ですから安心感と信頼感は抜群です

生活費や教育費が足りなくて困った時に市役所でお金を借りる方法


どうしても生活費や教育費などが不足して困ったという時、頼れるのは金融機関ばかりではないんだ。市役所には「生活福祉資金制度」というものがあるため、市役所からお金を借りることが可能となっているんだ。

 

お金を借りると言えば、銀行や消費者金融のどちらかという意識があるから、市役所でお金を借りるなんてことは思いつきもしないと思うけど、確かにお金が借りられる融資制度が市役所にはあるんだよね。

 

生活福祉資金制度は、銀行や消費者金融からお金借りることを希望するものの、金利が気になるし毎月の返済が苦しくなるのが不安で申し込みができないということもあるよね。審査が厳しいという噂もあるから収入が少ないという理由で自分には審査に通る自信がないから駄目という時だってあるだろうし、不安は多いかも知れない。年齢制限を満たせるか心配ということもあるだろうね。

 

それでも、市役所で利用できる融資制度ならでも安心して利用できる内容となっているんだ。
ここでは、金融機関からお金を借りるのは困難という状況にある場合に利用を考えて欲しい、市役所の生活福祉資金制度について紹介しているから、その内容を確認していくことにしよう。

 

市役所でもお金を借りることができる生活福祉資金制度とは?


市役所でお金を借りることができるなら安心して利用できそうな気がするよね。生活福祉資金制度について知識がなくても、行政が取扱っている融資と聞けば興味を感じるのではないかな。社会福祉制度としてのサービスとなっているんだけど、正確には都道府県社会福祉協議会が実施していて、市区町村の社会福祉協議会が窓口になっているんだ。

 

主な事業としては融資となっているけど、その他にも地域に民生員が行う相談支援も行っているから、経済的かつ精神的な援助を行うことを目的としているんだよ。

 

生活福祉資金制度でメインとなっている経済的支援については、次の4種類があるんだよね。

  • 総合支援資金
  • 福祉資金
  • 教育支援資金
  • 不動産担保型生活資金

この融資制度の目的は在宅福祉や社会参加の促進となっているから、金融機関からお金を借りる自身がなく、生活費や教育資金などのお金に困っている人は、まず市役所に相談してみる良いと思うよ。

 

市役所の生活福祉資金制度でお金を借りることができるのは誰?


銀行カードローンや消費者金融の利用が難しいという場合でも、本当にお金に困った時には最終的に市役所に相談すれば何とかなるかも知れないということは分かったと思うんだ。

 

それでも、自分は生活福祉資金制度の利用ができるのかどうか不安という人もいるかも知れないよね。確かに誰もがこの融資制度を利用できるとは言えないんだよね。一定の利用条件を満たしている人だけが融資の対象となることができるからなんだけど、具体的にはこのような条件となっているんだ。

  • 低所得世帯
  • 高齢者世帯
  • 障害者世帯

このような条件を満たす場合でも、生活に困っていて失業中である場合にはハローワークと連携して就職の支援も行っているんだ。仮に現在多重債務者となっている場合には、債務整理などの方法を相談することもできるんだよ。生活に困っていれば融資を受けられるということでなくて、仕事を探したり借金の整理をした上で融資申請が可能になるんだ。

 

低所得世帯


制度を利用することができれば、生活の立て直しが可能と判断される世帯や、どこの金融機関からも融資を受けられない人、市町村民税が非課税となる程度の低所得世帯が利用の対象となっているんだ。他の融資を受けられる人は対象外となるから、注意が必要だよ。

 

高齢者世帯


生活を送る上で日常的に療養・介護が必要な高齢者の世帯も対象となっているんだ。年齢については65歳以上の世帯であることも制度の利用条件となっているんだよね。

 

障害者世帯


世帯の中に身体障害者手帳や精神障害者保健福祉手帳、療育手帳を交付されている人がいることでも、制度の利用対象となることが可能なんだ。

 

市役所でお金を借りる場合、生活保護や失業保険を利用中でも大丈夫?


市役所からお金を借りることができれば助かるけど、仮に生活保護を受けていたり失業保険を受給中だったりする場合にも生活福祉資金制度は利用できるのかという疑問もあると思うんだ。

 

生活保護を受けている場合にも生活福祉資金制度を利用することは可能なんだよね。2つの制度はどちらも生活に困っているという観点から併用して利用することを認められているんだ。

 

一方、失業保険の受給中である場合には、生活福祉資金制度よりも失業保険の方が優先される決まりになっているから、併用しての利用は不可となるんだよね。ただし、ハローワークで求職活動を行っている場合であっても、失業保険を受給できない・利用の対象外となっている人については、生活福祉資金制度の利用は可能だよ。

 

上記をまとめると次のようになるんだよ。

  • 生活保護を受けている人:生活福祉資金制度と併用しての利用可能
  • 失業保険を受給している人:生活福祉資金制度と併用しての利用は不可
  • 失業保険の受給資格のない人:生活福祉資金制度の利用可能

 

無職でも市役所からお金を借りることは可能?


金融機関から借入れする場合には安定した収入を求められるし、このことが利用条件にもなっているんだ。無職だと利用条件を満たすことが難しいという理由で審査に通りにくい状況となるんだよね。専業主婦の場合には同じ無職でも旦那さんに安定した収入があれば利用可能という立場にあるよ。

 

一方、生活福祉資金制度についてはどうなんだろう。無職でも制度を利用して借入れすることはできるのかな?
生活福祉資金制度は生活に困っている人を対象として融資をしているから、無職でももちろん利用の対象になることができるんだ。

 

失業保険の受給の対象とならない人なら制度の利用は可能だけど、その代わり積極的に求職活動をしている場合でないと制度融資を利用するのが難しい場合もあるんだよね。ハローワークで仕事を探すことで仕事をする意欲があると判断してもらえるからなんだけど、反対に働く意志を感じない場合には融資の対象となれない場合もあるから注意が必要なんだよ。

 

市役所でお金を借りる場合の金利・利用限度額はいくら?


生活福祉資金制度は公的融資であるため、当たり前だけど返済が必要なんだよね。その際には金利が付く場合もあるから利用限度額の上限も併せてそれぞれの融資について説明するね。

  • 連帯保証人がある場合の金利:無利子
  • 連帯保証人がいない場合の金利:年1.5%

それぞれの種類ごとの融資の上限額は次のようになっているよ。

  • 生活支援費(総合支援資金):二人以上ならば月20万円以内、単身ならば月15万円以内
  • 住居入居費(総合支援資金):40万円以内
  • 一時生活再建費(総合支援資金):60万円以内
  • 福祉費(福祉資金):580万円以内
  • 緊急小口資金(福祉資金):10万円以内
  • 教育支援費(教育支援資金):高校は月3.5万円以内、高専は月6万円以内、短大は月6万円以内、大学は月6.5万円以内
  • 就学支援費(教育支援資金):50万円以内
  • 不動産担保型生活資金(不動産担保型生活資金):月30万円以内、土地の評価額の70%前後
  • 要保護世帯向け不動産担保型生活資金(不動産担保型生活資金):生活扶助額1.5倍以内、土地の評価額の70%前後

 

市役所からお金を借りる時に申し込みする際の必要書類とは?


市役所の融資制度からお金を借りる場合、申し込みの際に提出するべき必要書類は何を用意したらいいんだろう。生活福祉資金制度の申し込みで必要になるのはこんな書類となっているんだ。

  • 申込書
  • 住民票
  • 収入証明書
  • それぞれの資金種類により必要となる書類

資金種類によって必要な書類にはどんなものがあるのかは、申し込みをする市町村の社会福祉協議会の窓口に問合せしてみるといいよ。申し込みをする前にどんな書類が必要か確認して準備しておけば、あとは一気に申し込み手続きを進めるだけだから、スムーズな流れで融資を受けらると思うよ。

 

市役所で申し込みする場合に、書類の不備などがあると再び足を運ぶ必要があり余計な手間と時間がかかることになるから、予めきちんと必要書類については確認してから窓口に行くようにすることをおすすめするよ。

 

生活福祉資金制度の相談窓口はどこにあるの?


銀行や消費者金融だとインターネットで申し込みできたり、電話の相談も可能になっているよね。生活福祉資金制度の相談はどこでしたら良いのかと言えば、住所のある地域の社会福祉協議会の窓口ということになるんだ。

 

インターネットで検索して調べるなら、住んでいる地域の名前に社会福祉協議会の言葉を合せて利用すると、該当のホームページから最寄りの協議会やその連絡先を知ることができるんだよ。

 

申し込みの窓口は他にもあるんだ。地域の民生員に相談することで申し込みの窓口になってもらうことも可能だから、自分にとって一番相談しやすい所を選んで相談してみるといいよね。どんなことでも相談に乗ってくれるから、自分には申し込み資格があるかなどについても教えてもらえるんだよ。

 

行政の行っている政策の1つであるからと身構える必要なんて全くないから、気軽に窓口に相談してみると良いと思うよ。

社会福祉資金制度を利用する時の注意点とは?

銀行や消費者金融のカードローンはCMでも宣伝しているし有名なサービスとなっているけど、市役所で生活福祉資金制度を利用してお金を借りることが可能なことはあまり知られていないと言って良いと思うんだよね。もし、多くの人が融資制度のことを知っていたら、助かる人も多いだろうね。

 

公的融資はとても便利だけど、申し込みから融資までスムーズに手続きが進むように、以下のことに注意して欲しいんだよね。

  • 社会福祉資金制度とは給付を受けられる種類のものでなく融資であるため、融資条件を満たせるか確認しておく
  • 融資を断られるのはどんな人かを理解しておく
  • 無利子でお金を借りることができるように保証人を用意しておくとお得になる
  • 申し込みから融資までの流れを把握しておく

融資を受けるためには利用条件が決まっているから、自分がその条件を満たせるの確認しておく必要があるよね。融資を断られるのがどんな人なのか分かっていれば、自分は利用が可能なのか判断する材料にできるよね。

 

無利子でお金を借りることができた方がお得だし返済も安心して続けていけるから、できれば保証人を誰かに頼みたいところだよね。申し込みから融資までの流れを把握し、必要となるお金をスムーズに準備する方法について窓口にまず初めに相談することが大事だよ。