お金を借りる 審査基準

MENU
「お金を借りたいけど、どこにしよう・・・」と悩んでいる方へ。



銀行や信金よりも「有利」な条件のある借入先をご存知ですか?

全国どこからでも24時間申し込みができるサービスがプロミスというサービスで、実は銀行よりも速い時間で融資を受けられるケースも多いのです。

プロミスは、借り入れ可能か、簡単3秒診断(無記名でOK)というのがとても便利で人気があります。(プロミスは1万円からお借り入れが可能です)

借りれるという診断が出てから正式に申し込めばいいので一度試してみてはいかがでしょうか?

◎→プロミス事前3秒診断の公式ページ


プロミスのおすすめポイント
全国どこからでも申し込み可能
24時間申込可能
最短1時間融資
来店・保証人・担保→不要
借入のことをバレないように配慮
・・・大手ですから安心感と信頼感は抜群です

カードローンやキャッシング審査の必要性とは?


銀行や消費者金融からカードローンやキャッシングを利用してお金を借りるためには、必ず審査に通過する必要があるんだよね。どこの誰かということが分かる運転免許証などの身分証明書を提出すれば、誰でもお金を借りられるほど金融機関は甘い貸金業者じゃないから、審査が実施されるのは避けられないし仕方がないことと言えるんだよね。

 

審査に通過することができなければ契約まで手続きを進めることができないし、お金を借りることも無理になってしまうんだけど、審査に通る人や落ちる人の条件は金融機関が特に公表をしていないために、はっきりとは分らないのが現状なんだよね。
審査基準を知ることができないため、審査に落ちないように気を付けることもできないし、不安になっちゃうことも多いよね。審査に通る自信がないから申し込みをする前にキャッシングを諦めてしまう人もいると思うし、必要以上に審査に落ちることを心配してしまう人もいるだろうね。

 

お金を借りるならば審査についての知識を持つ必要があるし、審査に通るために注意したいことを知っておくことは安心してカードローンやキャッシング審査を受けるためにおすすめなんだよね。

 

審査基準をクリアできるのはどんな条件の人?


カードローンやキャッシングでお金を借りるために申し込みをして、無事に審査基準をクリアし、契約・融資と手続きを進めていけるのはどんな人なんだろう?審査基準を知ることができないならば、キャッシング審査に通ったことのある経験者に体験談を聞いたり、反対に審査に落ちた人にその時の状況を聞くしかないかも知れないね。

 

審査に通る人の条件はある程度のことなら分かっているんだけど、第一に「安定した収入があること」なんだよね。一般的には大企業に勤めている社会人や公務員などが審査に通りやすいと言われているようだけど、ただしそれには勤続年数も関係してくるから、大企業であっても入社したばかりの新入社員だと、状況が違って来るかも知れないね。

 

勤続年数が長いと返済能力があると判断されやすいから、信用力も上がることになるんだ。金融会社もお金を貸したら確実に返済してもらいたいから、毎月決められた返済期日までにきちんと返してくれる人にしかお金を貸したくないし、それに該当するのは安定した収入がある人だけあり、最低条件ということにもなるんだろうね。

 

銀行カードローンと大手消費者金融の審査の違いはどこ?


カードローンやキャッシング審査を受けるなら銀行と消費者金融のどちらがいいかと言えば、やっぱり消費者金融の方が敷居が低いイメージがある人は多いと思うよ。あくまでもイメージだから人によって違いはあるだろうけど、実際のところは銀行の方が審査基準が厳しいと言われているみたいなんだよね。

 

多くの人の印象は当たっているのかも知れないけど、審査の厳しさに多少の違いはあるものの、消費者金融の審査は甘いとか緩いなどの事実はないし、誰でも審査に通ると思ってあてにしているとお金が借りれなくて困ったなんてことになる可能性もあるから、過度の期待は禁物と言えるよ。

 

審査に通るには、銀行も消費者金融も安定した収入を求めているし、最低限の利用条件を満たさなければどちらからもお金を借りることはできないから、サービスの内容には違いがあるものの基本的に審査基準についても基準は同じと思っていた方が無難かも知れないね。

 

審査に通らない理由と原因は教えてもらえない


お金を借りるため審査に申し込みしたけど残念ながら審査に通らなかったという時には、誰もがその理由や原因を知りたいと思うんじゃないかな。あいにく、どのキャッシングサービスも審査の内容を聞くことはできないため、審査に落ちた理由も教えてはもらえないんだよね。

 

審査に落ちたらまた別の金融機関に申し込みしたらいいと考える人がいれば、審査落ちの理由が分らないから再び申し込みするのが怖いと思う人もいるだろうね。どちらにしても、どうして審査に通らなかったのか、その理由や原因に思い当たるところがあるか自分なりに考えてみることが大事なんだよね。

 

たとえば、キャッシング関連の口コミなどを検索してみて、自分の状況と近い条件にある人の審査に落ちた体験談を探してみるのも良いと思うよ。その人の年収が勤務形態、勤続年数などが自分と似ていれば参考になるかも知れないよ。

 

審査に落ちる理由として言えることが実は少しならあるんだけど、過去のキャッシング返済で何度も遅延があったり、長期に渡る滞納があれば世間で言われている「ブラックリストに載る」状況になってしまうんだ。信用情報に傷があるとキャッシング会社は安心してお金を貸すことができないため、審査に落ちる可能性が高くなってしまうんだよ。

 

審査に落ちた理由は、もしかしたら記憶から薄れてしまっている何かの支払いの遅れかも知れないよね。過去の記憶をたどってみると原因が見えてくる場合もあるからね

 

無審査・激甘審査でお金借りることができるのはどこ?


無審査でお金を借りることができるならば、誰もがスムーズにお金を借りることができるだろうけど、現実的にそんな金融業者は闇金以外にはどこにもないんだよね。

 

法律に沿って融資をしている正規の金融業者ならば、金利にも上限があるし悪徳業者のように高利を取る訳にもいかないから、貸し倒れのリスクを回避するには返済能力のある人だけにお金を貸す必要があるんだ。返済能力はどうやったら分かるかと言えば、申し込みの時に利用者が自己申告している内容を確認するだけでは不十分なんだ。

 

審査ではもちろん収入の金額やその他の個人情報をチェックするんだけど、それだけでなくて返済の延滞の履歴がないかを信用情報機関で照会したり、申告通りの会社で本当に勤務しているのかを確認する在籍確認も必要になるからね。

 

基本的に銀行カードローンの審査基準は厳しいと言われているんだけど、消費者金融だって審査の厳しさについては体感的に大した違いはないと言えるんだよね。大手の消費者金融だと、銀行カードローンの保証会社になっているところもあるから審査もやっているし、審査基準が全く同じとは言えないけど審査会社が同じなら結果に大きな差が出ることは少ないと言えるだろうね。

 

同じ消費者金融ならば、大手と知名度の低い金融業者で審査の通りやすさに違いがあるかも知れないよ。とは言っても正規の貸金業者であれば誰でも審査に通るような緩い状況にはないから、街金なら無審査や激甘審査でお金を借りられると思わないように注意が必要だよ。

 

審査が不安なら事前に知っておきたい審査に通りやすい人の条件とコツとは


お金を借りるなら不安な審査もクリアしなければならないんだけど、審査に通りやすい人と通り難い人は確かにいるみたいだし、コツなんかも存在しているみたいなんだよね。

 

融資を受けやすい人というのは審査で有利になる一定の条件がある人となるだろうけど、審査に通過するためのコツを知っていることも審査に通りやすい理由と言えるかも知れないね。

 

たとえば、希望する金額が少額であることは何よりも審査に通るために、おすすめしたいことと言えるだろうね。借りたい金額が少なければ、毎月の返済が難しいという状況に陥る心配が少なくなるし、この金額なら少額だし毎月きちんと返してくれるだろうと判断してもらえる可能性が高くなるからね。希望する金額は必要最低限に留めておく方が無難と言えるだろうね。
今はインターネットからの申し込みが主流になっているし、手書きの書類を提出する人は少なくなっているけど、仮に店頭の窓口や郵送なんかで申し込みをする場合、文字にも注意をしたいところだね。丁寧な文字で書いているあることも十分な判断材料になる可能性があるし、審査通過のカギになることもあるみたいなんだ。文字はその人の性格を表すとも言われているからね。

 

ネットでも手書きでも必要なことは、申し込みでは嘘をつかないということだよ。申し込みをする際には正直で正確な個人情報の申告が大切となるし、勤務先の情報や年収・勤続年数についても同じことが言えるよ。審査に通過するコツには特別に求められる難しいことは1つもないと言えるけど、とにかく正直・誠実・正確に情報を伝えることが大事ということは言えるんだよね。

 

審査に通る可能性はブラックの人にもあるの?


いくらお金を借りたいと思っていても審査に通る可能性が全くないのでは、初めからお金を借りることができる望もないことになるよね。絶対に審査に通ると断言することはもちろん難しいけど、絶対に審査に落ちるとも言い切れないから、たとえブラックになっている人であってもダメ元で借り入れの申し込みをすることは普通に良くあると思うよ。

 

ブラックリストに登録されている人がキャッシング審査に通りずらい状況になる理由は、信用情報期間に過去の返済の遅延や滞納があったという事実が残っているからなんだよね。申し込みをした人がきちんと返済をしてくれる人であるかを判断する1つの材料として過去の返済の履歴を調べる必要があるから、返済の事故を起こしている人はやっぱり審査でマイナスとなってしまうだろうね。

 

今現在、返済の延滞や長期滞納があるという人は、できるだけ早く完済をするか無理ならば個人再生や自己破産などの債務整理をして、少しでも早く借金の未払い分を整理してブラックの情報が抹消されるまでの一定期間が過ぎるのを待つという選択もあると思うんだよね。

 

ブラックだと絶対に審査に落ちるとは言い切れないけど、審査に落ちたりする可能性は確実に高くなるから、将来のためにも今は一旦借金をあきらめて親や家族にお金を借りるなどの方法で生活費の不足などの困難な状況を乗り切る方が良い場合もあるんじゃないかな。

 

一定の期間が過ぎれば、また審査に通ることも可能になるから、今は借金の整理と安定収入を稼ぎ出すことに力を注ぐことをおすすめするよ。