お金を借りる 自営業

MENU
「お金を借りたいけど、どこにしよう・・・」と悩んでいる方へ。



銀行や信金よりも「有利」な条件のある借入先をご存知ですか?

全国どこからでも24時間申し込みができるサービスがプロミスというサービスで、実は銀行よりも速い時間で融資を受けられるケースも多いのです。

プロミスは、借り入れ可能か、簡単3秒診断(無記名でOK)というのがとても便利で人気があります。(プロミスは1万円からお借り入れが可能です)

借りれるという診断が出てから正式に申し込めばいいので一度試してみてはいかがでしょうか?

◎→プロミス事前3秒診断の公式ページ


プロミスのおすすめポイント
全国どこからでも申し込み可能
24時間申込可能
最短1時間融資
来店・保証人・担保→不要
借入のことをバレないように配慮
・・・大手ですから安心感と信頼感は抜群です

自営業や個人事業主もお金を借りることが可能な融資を紹介!


終身雇用は今や死語とも言えるほど、1つの会社にしがみついて定年を迎えるという時代は、もはや終わっていると言えるだろうね。

 

インターネットを利用すれば新しいビジネスのヒントを見つけることも可能だし、サラリーマン時代に別れを告げ起業をして自分の力を試してみたいと考える人も多いと思うんだよね。

 

ゼロからスタートして新しく事業を始めるにはやっぱり資本金が必要だし、サラリーマン時代に事業資金を充分に貯めることができなかったという場合には、金融機関からお金を借りる必要があるだろうね。

 

自営業だと会社員のような毎月安定した収入を得ることが難しい場合もあると思うし、そのためにお金を借りるにしても厳しい状況にあるのでないかと心配してしまう人もいるだろうね。

 

ここでは自営業や個人事業主の人がお金を借りる方法について紹介していくことにするね。

 

個人事業主のキャッシング事情、正社員でなくてもカードローン利用は可能?


銀行カードや消費者金融で利用できるカードローンは使い道自由だし、利用限度額の範囲内ならば何度でもお金を借りるとことができる便利なサービスなんだ。
個人事業主であっても、生活費や事業資金を必要に応じて自由に借り入れできたらとても便利だよね。

 

カードローンでお金を借りるには安定した収入があることが条件となるから、自営業だと審査で不利になるのではないかという心配もあるだろうね。

 

結論から言えば、職業が個人事業主であっても毎月ある程度の収入を得ることができていれば、お金を借りること充分に可能なんだ。

 

個人として今月は冠婚葬祭は重なって生活費がピンチだとか、交通事故や急病で入院費が必要になった事などが理由でお金を借りる場合には何の問題もないと言えるだろうね。
自営業の人が個人の生活費などの捻出にお金を借りるならいいんだけど、問題は事業資金としてお金を借りることはできるのかということなんだよね。

 

個人事業主の人のキャッシング事情は、利用するサービスによって違いがあるんだ。

  • 銀行カードローン: 個人としての利用に制限されている
  • 大手消費者金融: 個人としての利用の他、事業資金としての利用も可能な業者もある

大手消費者金融のカードローンならば事業性資金としての利用も可能になっている場合もあるから、生活費と同じ枠の中での利用が可能だよ。

 

銀行カードローンだと、どこのサービスでも事業性資金としての利用を禁止しているし、万が一自営業の人が運転資金などの使途で利用していることがバレた場合、契約の強制解除や借入元金の一括返済を迫られる場合もあるんだ。

 

自営業・個人事業主の人がお金を借りる場合、利用目的と利用の金融機関によって利用する業者が違って来るということになるんだよね。

 

自営業でも収入があれば審査に通りやすい・厳しいのどっち?


個人事業主を正社員の人とお金の借りやすさについて比較した場合、審査に通りにくいという印象を持たれやすいのではないかな。実際にはどうなのかと言えば、自営業の人がキャシング審査を受けた感じとしてやっぱり厳しいと感じた人は多いみたいなんだ。

 

個人事業主の場合には毎月の収入が不安定という印象を持っている人も多く、安定した収入があることを条件に融資をしているキャッシング会社にしてみると、「貸したお金をきちんと返してくれるか心配」と思ってしまうかも知れないよね。

 

サラリーマンならば、毎月一定の金額を給料として貰えるけど、自営業の場合には毎月同じように利益を得ることができるとは限らないことから、「収入が安定していない」と判断されることが多くなってしまうのだろうね。

 

誤解しないで欲しいんだけど、審査に通りにくいというのは必ずしも審査に通らないということではないよ。正規雇用労働者である正社員と比較したら、どうしても審査が厳しくなってしまう傾向にあるということなんだ。

 

自営業でも審査に通りやすくなるコツのようなものがあれば、少しは審査落ちの心配も減るかもしれないね。

 

個人事業主が審査に通りやすくなるコツはあるの?おすすめポイントとは


自営業の人がキャッシング審査に通りやすくなるコツがあるとしたら、利用目的に気を付けるということになるんだよ。消費者金融なら特に大手では事業資金としての利用もOKとしている所もあるけど、銀行カードローンでお金を借りたいなら、個人向けのフリーローンで事業資金を利用目的とした場合には、かなりの確立で審査に落ちたりするかも知れないよ。

 

銀行や消費者金融でも使い道が自由な商品としてカードローンやフリーローンを提供していて、生活費の不足を補てんしたり、ちょっと効果な欲しいものを買う費用にしたり、ボーナスが支給されるまでの繋ぎとして旅行費用を借りたりすることも可能になっているんだ。

 

個人が個人としての利用にカードローンからお金を借りるなら何の問題もないんだけど、特に銀行カードローンの審査に通りやすくなるには、個人事業主の人が事業資金を目的として申し込みするのはやめた方がいいよ。審査に通らない確立がとても高くなってしまうからね。このことは銀行でお金を借りるためのコツであり、おすすめポイントとも言えるんだ。

 

自営業がフリーキャッシングでお金を借りるなら、利用する金融機関によって個人用のみしか利用できないことや、事業資金であっても利用可能であることには違いがあるということになるね。

 

個人事業主がお金を借りる時に提出する必要書類について


個人事業主の人がお金を借りる場合、提出する必要書類はサラリーマンやパート・アルバイトの人が申し込みをする場合とは違うこともあるんだ。どんな人がお金を借りる時でも本人確認書類は必ず提出する必要があるんだよね。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート

このような書類の中から1点を用意できればお金を借りることが可能になるんだけど、借入れの金額が50万円を超えないか、他社借入れと合計して100万円を超えない場合には、基本的には本人を確認できる書類を用意するだけで済むんだ。

 

50万円を超える借入れなどがある場合には、収入証明書として次の書類の提出も必要になるよ。

  • 給料明細書
  • 源泉徴収票
  • 納税証明書・確定申告書(自営業・個人事業主の場合)

個人事業主だと、個人がお金を借りる時とは異なる書類の提出を求められることがあるから注意が必要になるんだ。

 

個人事業主がお金を借りる時のおすすめ情報!金利や限度額・条件


自営業がカードローンキャッシングを利用する場合を会社員や公務員と比較すると、どうしても審査が厳しいということになってしまうんだ。サラリーマンよりも収入が不安定であると判断されることが多いという理由で、お金を借りる上で不利になってしまうからね。

 

とは言っても、審査に通ることができないという訳ではないし、必要書類の提出ができれば問題なく銀行や消費者金融のカードローンからお金を借りることができるようになっているよ。個人事業主であるという理由だけで会社員よりも金利が高い・借入限度額が少ないということもないし、同じ条件で融資を受けることができるようになっているんだ。

 

消費者金融からお金借りる場合であれば、「総量規制」という法律があるから収入の3分の1に相当する金額が実質的な借入限度額となるし、その金額を踏まえた上でそれぞれのキャッシングサービスの審査で利用可能額が決まる仕組みになっているんだよね。

 

一方、銀行カードローンでお金を借りるなら総量規制は対象外となっているから、年収を基準とする借入限度額は法律的にはないけど、それぞれの銀行の裁量によって審査で利用可能額を決めているんだ。

 

気になる金利だけど、自営業だからといってサラリーマンよりも金利が高いということはないというのは前述の通りだし、金利を決めるのは「借入れの元金」とうことになるよ。金利というのは借入元金が大きくなるほど低金利になっていくし、反対に少額融資となるほど金利は高くなる仕組みになっているんだよ。

 

借入限度額と金利には深い関係性があるから、お金を借りる際にはいくらまで借りたらどのくらいの金利になるのか確認しておく必要がありそうだね。

 

個人事業主がお金を借りる時にはビジネスローンがおすすめとなるんだ。詳細については以下の記事を参照してみてね。

 

ビジネスローンのおすすめ情報!カードローンでお金を借りる場合と比較


カードローンの利用目的で最も多いのは生活資金であり、一般的な利用使途となっているんだ。大手の消費者金融では事業性資金での利用も認めているけど、ビジネスローンがあればそっちの方がおすすめとなるよ。

 

事業性資金で利用するならビジネスローンだったら「総量規制例外貸付」を利用できるから、年収の3分の1を超える金額の借入れが可能になるからね。個人事業主だったら、大手消費者金融ならカードローンとビジネスローンの両方を利用できることになるから便利なんだよ。

 

銀行カードローンの場合は、軒並み事業性資金が目的となる利用を禁止しているから、銀行で事業資金を借りるならビジネスローンのみとなるよ。

 

ビジネスローンとは、個人事業主・自営業者・会社役員を対象としてお金を貸すことを目的としたローンで、基本的に利用使途を事業資金に限定したローンとなっているんだ。大手の消費者金融なら生活資金としての利用も可能としているから、利用する金融機関によってビジネスローンの利用目的には違いがあることにはなるけどね。

 

ビジネスローンとカードローンを比較した場合、ビジネスローンなら高額融資も可能ということはカードローンよりも便利なポイントであり、大きなメリットと言えるんだ。事業資金の調達でまとまったお金を借りるならカードローンでなくてビジネスローンの方がおすすめとなるんだよね。

 

事業資金の支出に大きな比重を占めている従業員の給料などの人件費を捻出するには、カードローンの利用限度額だけでは足りない場合も多いだろうし、経費の用意にも高額借入れは必須となるだろうね。ビジネスローンとは自営業者が会社の運営資金や設備投資にお金を借りる時に頼りになるローンと言えるんだ。

 

ビジネスローンの申込み前に確認したい必要条件とは


ビジネスローンでお金を借りるにはまず申し込みが必要となるんだけど、手続きを開始する前に利用条件を満たすことができているか確認して欲しいんだよね。

  • 個人事業主であるか
  • 資金計画書や事業計画書を提出できるか
  • 確定申告書を提出できるか

 

ビジネスローンを利用するなら個人事業主であることは必須


ビジネスローンを利用できるのは自営業者や個人事業主に限定されているし、利用条件の1つとなっているんだよ。注意したいのはどんな人が自営業者の定義となるかということ。

  • 屋号を構えて事業を行い、青色申告をしている人
  • 白色申告をしている人

どちらかの条件を満たしていれば個人事業主の条件を満たすことができるんだ。個人としてお金を借りるなら総量規制という法律が適用されるため、年収の3分の1以上のお金を借りることができないけど、自営業の人なら総量規制は対象外となるから、高額借入れも可能になるんだ。

 

資金計画書や事業計画書を提出できるか


個人が銀行や消費者金融でカードローンからお金を借りるなら、本人を確認する書類や年収を証明する書類があれば利用可能だけど、ビジネスローンの場合にはそれ以外にも必要書類があるんだよ。

 

自営業者の返済能力は、ビジネスローンでお金を借りることができるかということに直接関係して来るから、どのような返済計画によって返済をしていく予定があるかを示す物が必要になるんだよね。資金計画書や事業計画書が必要になる理由はこのようなことにあるんだ。

 

無謀な内容の計画書だと審査に通らない可能性が高くなるから、常識の範囲内で返済計画を立てることが重要となるし、おすすめだよ。

 

確定申告書を提出できるか


自営業者の収入を証明する書類は確定申告書が主となるんだよね。会社員なら給料明細書や源泉徴収票があれば年収を証明する書類として充分だけど、個人事業主の場合だと確定申告書の写しが必要となるんだ。必要書類の提出は利用条件の1つにもなっているから、必ず用意する必要があるよ。

 

ビジネスローンでお金を借りるにはどうしたらいい?審査基準について知りたい!


自営業の人がビジネスローンでお金を借りるためには、審査基準を知ることが必須となるだろうね。もちろん、具体的な審査基準を知ることは流石に厳しいし、銀行系・ノンバンク系・政府系など種類も豊富だから、一概には言えない部分も大きいんだよね。

 

一般的に言われている審査についての情報なら紹介できるんだけど、たとえば銀行系のビジネスローンだと通常では審査が厳しいと言われいるんだ。提出を求められる必要書類の量も多いから、申し込み手続きが面倒とも言われているよ。とは言っても、銀行系のローンは低金利でお金を借りることができるから人気のサービスであることに間違いはないんだよね。

 

銀行系のビジネスローンの審査基準とは、このようになっているみたいだよ。

  • 業歴が2年~3年以上はある
  • 納税をきちんとしている
  • 直近の決算で赤字ではないこと

起業してから1年未満の個人事業主だと、高い確立でビジネスローンだけでなく個人向けのカードローンでも審査に通りにくいと言われているんだよね。最低でも2年~3年以上の年数は経営を継続していることが必要になるみたいなんだ。

 

税金をしっかり納めていることも必要とされるし、赤字決算でないことも重要な審査の際のポイントとなるようだよ。これらの条件を満たせることが利用条件となっているし、加えて収支計画書や事業計画書、資金計画書の提出ができることも審査基準とは別の話で必要となるんだ。

 

ビジネスローンの申し込みに決算書などの書類が必要


個人事業主がお金を借りるなら、必要な書類が個人向けのカードローンなどの申し込みをする以外にもあるんだよね。一般的には、ビジネスローンの申し込みには本人確認書類が必要になり、必要に応じて確定申告書も必要なんだ。確定申告書については写しでも大丈夫だから気軽に提出できるよね。

 

重要な書類は本人確認や収入証明の書類だけでなくて、事業や収支・資金の計画書と決算書の提出も必要になるんだ。融資の申し込みをしている会社がどのくらいの収益を上げているか、お金を貸したところで貸し倒れになったりしないか、きちんと返済してくれる安全な会社なのかを判断する重要な資料になるからだよ。

 

銀行のビジネスローンなどは個人向けのカードローンと比較してしまうと、提出書類が多いし審査基準も厳しいと言われているけど、まとまった事業資金を低金利で借りることが可能になるから、仕方がないと言えると思うよ。

 

自営業でもフリーローンでお金を借りることができる?銀行の融資の特徴


個人事業主が銀行で融資を受ける時、フリーローンの利用を考える場合もあるだろうね。元から銀行の貸付けなら総量規制の対象外となっていることから、年収の3分の1以上でもお金を借りることはできるんだ。

 

銀行の融資の特徴としては、消費者金融よりも審査が厳しいけど低金利。これが多くの人のイメージだし事実と言えることでもあるだろうね。低金利でお金を借りることができるのは大きなメリットでもあるよね。

 

自営業者が銀行のフリーローンでお金を借りる時には注意が必要なんだ。フリーローンの利用使途は基本的に使い道自由となっているけど、事業性資金での利用は禁止になっているからね。どこの銀行を利用する場合であってもフリーローンでお金を借りる場合には生活費などの個人の利用に限られるから要注意だよ。

 

人件費や事務所の家賃などにお金を借りたい時もあるだろうけど、フリーローンは個人が個人の用事で利用できる商品だと理解しておく必要があるよ。

 

個人事業主のための公的融資制度、国からお金を借りることは可能?


個人事業主や自営業者がお金を借りる方法は多いと言えるだろうね。銀行や消費者金融から個人としてお金を借りたり、ビジネスローンで事業性資金を借りることも可能。

 

更には、公的融資制度を利用することもできるんだよ。

  • 政府系金融機関の融資
  • 地方自治体の融資

このような公的融資なら申し込みの窓口は近くの金融機関になっているし、低金利で融資を受けることもできるというメリットがあるよ。

 

自営業者が公的融資を受けるために審査に通る必要があるのは、民間の金融機関からお金を借りるのと同じだけど、審査を受ける前に提出する必要書類があるんだ。

  • 納税証明書・税務申告書
  • 試算表
  • 最新の3期分の決算書
  • 担保関係書類

公的融資制度を受けるために必要な書類は、銀行や消費者金融からビジネスローンでお金を借りる場合よりも多くなっているんだよね。保証人不要で低金利でお金を借りることが可能になるから、審査は厳しめとなっているみたいだけど利用のメリットは大きいから、デメリットも気にならないと言えるだろうね。

 

自営業でも即日融資で今すぐお金を借りたい!今日中に借入する方法


急にお金が必要になることもあると思うし、個人事業主であっても会社員であっても突然まとまったお金を借りたい状況になることがあるのは同じだよね。

 

即日融資でお金を借りたい時、自営業であっても今日中に借入することは可能だよ。目的が今すぐお金を借りることだったら、大手消費者金融のカードローンがおすすめとなるんだよね。審査時間は最短30分という早さだし、融資までの時間も最短1時間となっているんだ。

 

有名な消費者金融を利用すれば平日の14時頃までに申し込みから審査・契約・振込依頼という流れで手続きが完了すれば、今日中に振り込み融資を受けることが可能だよ。

 

銀行カードローンでも即日融資に対応している所はあるんだ。レイクや三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行のカードローンなら店舗内に自動契約機があるから、即日カード発行をすることも可能になっているよ。

 

自動契約機なら大手の消費者金融にもあるし、同じ様に即日カード発行が可能なんだ。当日扱いの振り込みが間に合わない場合でも、その日のうちにカードを発行できたらATMから即日キャッシングが可能になるんだ。

 

個人事業主がカードローンで即日融資でお金を借りる場合、銀行と消費者金融を比較するなら消費者金融の方がおすすめということになるんだ。個人が生活費や冠婚葬祭などのまとまったお金を借りるなら、銀行カードローンは低金利で便利となるけど、事業資金として時間をかけることなく即日融資を受けたいなら、大手の消費者金融の審査に申込みしてみるといいよ。大手のキャシングサービスなら事業性資金の利用も可能になっているからね。