お金を借りる 生命保険

MENU
「お金を借りたいけど、どこにしよう・・・」と悩んでいる方へ。



銀行や信金よりも「有利」な条件のある借入先をご存知ですか?

全国どこからでも24時間申し込みができるサービスがプロミスというサービスで、実は銀行よりも速い時間で融資を受けられるケースも多いのです。

プロミスは、借り入れ可能か、簡単3秒診断(無記名でOK)というのがとても便利で人気があります。(プロミスは1万円からお借り入れが可能です)

借りれるという診断が出てから正式に申し込めばいいので一度試してみてはいかがでしょうか?

◎→プロミス事前3秒診断の公式ページ


プロミスのおすすめポイント
全国どこからでも申し込み可能
24時間申込可能
最短1時間融資
来店・保証人・担保→不要
借入のことをバレないように配慮
・・・大手ですから安心感と信頼感は抜群です

銀行や消費者金融以外なら生命保険でお金を借りるのも有り!


お金を借りる以外に急にどうしても必要になったお金の工面ができない時、普通なら銀行カードローンや消費者金融から借り入れすることを考える人は多いだろうね。手元にクレジットカードがあれば、キャッシング枠を使ってお金を借りることもできるからね。

 

急な出費に必要なお金を捻出する方法と言えば、3つのうちのどこかでお金を借りるのが一般的ということになるけど、実は借金をする場所は他にもまだ存在しているんだよね。あなたが生命保険に加入していればということになるけど、「契約者貸付制度」を利用することで保険会社からも借り入れが可能になるんだよ。

 

生命保険に加入する契約を結ぶ目的は、万が一の時の備えや病気や怪我の時の医療費の保障というのが普通だと思うけど、お金を借りるということも余り知られていない利用方法の1つと言えるんだ。契約者貸付制度について知りたい人も今は特に需要がないという人も知っていて損はないから、以下を参考にしてみるといいと思うよ。

 

契約者貸付制度とはどんなサービス?


「生命保険からお金を借りることってできるの?」と疑問に思う人もいると思うけど、生命保険の仕組みを知れば納得できると思うんだよね。

 

契約の解約をする時に支払われる「解約返戻金」というものがあるのは多くの人が知っていると思うけど、その枠を利用した貸付けが生命保険の契約者貸付制度ということになるんだ。生命保険などの契約返戻金が発生する保険を契約している人なら、保険証書の裏側や契約の確認書などを見れば解約返戻金の金額が確認できると思うよ。

 

担保なしでおを借りることができるのかという疑問もあると思うけど、担保は解約返戻金ということになるんだ。融資してもらえる金額は解約返戻金に対して一定の割合の金額となるため、この金額を上回ることはないんだよね。もし返済できないことがあれば、保険を解約する時に借りた金額に対する解約返戻金が戻って来なくなるという仕組みになっているんだよ。

 

保険を解約することなく解約返戻金の一部を先取りできる形となる貸付制度とも言えるから、銀行や消費者金融のカードローンの契約をするよりも、審査なしで融資を受けられるという大きなメリットがあるよ。

 

キャッシング会社にお金を借りるために審査を受ける場合だと、年齢や年収、勤続年数、住居環境や他社借入れの状況などが融資を受けられるかに大きく影響してしまうし、契約を結ぶ手間もあるよね。保険会社から解約返戻金の一部を借りる場合なら担保とするものがあるから、審査や在籍確認なしで新たに契約を結ぶ必要なく貸付けしてもらえるんだよね。

 

冠婚葬祭などでまとまったお金が必要、病気や怪我の入院費でお金を用意しないと駄目など、とにかくお金が欲しいという時に生命保険を解約して何とかお金を工面しようと考える人もいるだろうね。

 

だけど、入院費の捻出ができないから保険の解約をするというのは本末転倒とも言えるよね。契約者貸付制度を利用すれば保険会社からお金を借りることができる上に入院給付金を受けることもできるわけだからね。

 

急な出費があった時、お金を借りる選択肢の1つとして保険会社の契約者貸付制度を入れておくと、いざという時に安心かも知れないね。

 

お得な利息でお金を借りたい!金利はどのくらい?


個人からお金を借りる以外で融資を受ける時には利息が付くものだよね。生命保険会社から契約者貸付制度を利用してお金を借りる場合でも例外なく金利が発生することになるんだ。

 

うれしいことに保険会社の解約返戻金からの貸付けなら、銀行や消費者金融からカードローンでお金を借りる場合よりも低金利になっているんだよね。

 

生命保険会社や契約期間によっても利率には違いがあるけど、1.5%~3.5%が平均的な金利となっているみたいなんだよね。たとえば10万円借りた場合だと銀行カードローンだと1年間で14,000円の利息が付くことになるけど、契約者貸付制度を利用してお金を借りる場合なら1年間で3,500円の利息しか発生しないことになるよ。この差は大きいよね。

 

いくらまでお金を借りることができるの?生命保険の利用限度額


銀行や消費者金融だけでなくて、保険会社からも解約返戻金を担保にしてお金を借りることができるのは分かったと思うけど、いくらまで借入れできるのかという疑問もあるよね。平均的には解約返戻金の金額に対して70%~90%以内となっているんだよね。

 

詳しくは契約している保険会社で確認が必要となるけど、保険の種類によっても融資を受けられる割合には違いがあるから、利用限度額にも開きが出ることになるんだ。いくらまでのお金を借りることができるかは加入している保険商品次第ということが言えるだろうね。

 

生命保険からお金を借りる必要が発生した時のために、普通の落ち着いた状況にあるうちに今ならいくらまでお金を借りられるのか確認しておくことをおすすめするよ。

 

生命保険貸付制度だと借入期間はどれくらい?


金融機関からお金を借りる場合には借入期間が初めから決まっているけど、生命保険ではどれくらいの期間借入れができるかという疑問もあるよね。キャッシングサービスから融資する場合と違って、契約者貸付制度でお金を借りることができる期間は契約を継続している期間と同じということになるんだ。

 

生命保険の貸付けで注意したいのがお金を借りるタイミングなんだけど、保険の契約をして間もない時と契約期間が満期になる時期なんだよね。この期間にはお金が借りれないことが多いから、制度を利用したい時には事前に保険会社に確認する必要もあるだろうね。

 

毎月支払う保険料が全額掛け捨てになるタイプの保険だと解約返戻金が付かないのが普通だけど、一部が積立てになる保険に加入しているなら契約者貸付制度の利用は可能だから、いつからいつまでが利用可能なのかを確認しておくと良いよね。

 

生命保険からお金を借りる時の返済方法は?


生命保険からお金を借りることができれば、低金利で気軽に貸付けを受けられるため非常に便利なんだけど、忘れてはいけないのが返済だよね。契約者貸付制度を利用してお金を借りた場合の返済方法はどうなっているんだろう。

 

返済方法は主に3つあるみたいなんだよね。

  • 毎月返済
  • 一部返済
  • 全額返済

毎月返済は文字通りに毎月一定の金額を返済する方法となるんだ。借り入れの元金と利息を合わせた金額となるんだけど、返済期日や返済額が毎月同じだから分かりやすいというメリットはあるよね。

 

一部返済は、最低返済額以上の金額を返済していくという返済方法なんだ。毎月返済とは違って返済金額は一定の金額以上ならばいくらでも大丈夫だから、自分の都合に合わせた返済が可能になるんだよね。

 

全額返済については、借入れの元金の全額を一括払いする方法となるんだけど、利息が発生していればその分も一緒に支払う必要があるよ。

 

返済する手段については、主に4つの方法があるみたいなんだ。

  • 保険会社のホームページからインターネットバンキングを利用して振り込みする
  • カードが発行されていれば提携のATMを利用して返済する
  • 保険会社から郵送されている専用の振込用紙から返済する
  • 保険会社の店頭窓口で直接返済する

この中で一番利用しやすい方法を選んで返済するといいよね。

 

生命保険の貸付制度に担保(解約返戻金以外)や保証人は必要?


生命保険の契約者貸付制度を利用する場合には、解約返戻金を担保として融資を受けることができるけど、本当にこれだけでお金を借りることができるのかと不安を感じるかも知れない。

 

安心して大丈夫だよ、保険会社で契約者貸付制度を利用するなら解約返戻金があれば担保不要で貸付けしてもらえるし、もちろん保証人不要で利用できる制度となっているからね。銀行や消費者金融のカードローンでも保証人不要でお金が借りれるくらいだから、解約返戻金という担保のある貸付けなら保証人なしと聞いても納得できるんじゃないかな。

 

生命保険の契約をしていれば、資産がなくても保証人を頼めるような人が周りにいなくても、お金を借りることができるから、誰にも迷惑をかけずに必要なお金を捻出できる方法の1つともなるんだよね。

 

契約者貸付制度は審査があるの?手続きの方法について解説


お金を借りる訳だから、やっぱり申し込みをしたら銀行や消費者金融のカードローンなどからお金を借りる時のような審査があるんじゃないかと心配になるかも知れないね。生命保険の契約者貸付制度を利用する場合なら審査なしでお金が借りれるようになっているから安心していいよ。

 

保険会社から解約返戻金の一部を借りる場合なら、信用情報を照会されることも職場に在籍確認の電話が入る心配もないのが特徴であり大きなメリットとなっているからね。審査に落ちたら困るということもないから、確実に必要なお金の調達ができるし、精神的な負担もないだろうね。

 

審査の実施がないために申し込みから実際に貸付けを受けられるまでの手続きがスムーズに進むし、即日融資が受けられるかは各保険会社によって異なると思うけど、期待はできるかも知れないよね。

 

今すぐに生命保険の契約者貸付制度を利用したいという時の手続きの方法は以下を参考にしてみてね。

 

契約者貸付制度の手続き方法と流れ


生命保険の契約者貸付制度を利用したい時の手続きの方法の一例を紹介すると、こんな感じになるんだ。

  1. インターネットで保険会社のホームページを開く
  2. 契約者貸付制度の利用可能額を確認する
  3. 限度額の範囲内で希望する借入れの金額や振込先の口座を入力する
  4. 保険会社より申込み完了メールが届く

インターネットからの申し込みなら瞬時に完了するし、即日融資の期待も高まるところだろうね。実際に即日振込みしてくれる保険会社もあるようだから、貸付けのタイミングについては事前に確認しておくのがおすすめだよ。

 

インターネット以外にも申し込みの方法が用意されている保険会社も多いから、インターネットは苦手という人でも利用可能だよ。

  1. 店頭窓口・電話・ホームページから申し込みの連絡をする
  2. 申込書が郵送されるので、必要事項に記入をして返送する

インターネットを利用してWEB完結する場合よりも郵送のための時間がかかるというデメリットはあるけど、手続き自体はそれ程面倒な手順とならないみたいだから、お好みの方法を選ぶと良いだろうね。

 

契約者貸付制度を利用するメリットとは?


生命保険で契約者貸付制度を利用するメリットは多いし、実際に利用している人の評判も高いみたいだけど、保険会社の貸付制度を利用するメリットについてまとめてみたよ。

  • 審査がないためブラックリストに載るような状況でも利用できる
  • 保険を解約しなくても解約返戻金があれば必要なお金の工面ができる
  • 申し込みの手続きが簡単

 

審査がないためブラックリストに載るような状況でも利用できる


生命保険の貸付制度を利用する場合には、審査がないから安心なんだよね。たとえば過去の返済の長期延滞などや自己破産などで債務整理をしたことが理由でブラックリストに載っている人であっても、利用可能になるんだよ。

 

審査が実施されるならば、信用情報機関に信用情報の照会をされることになるから過去の金融事故はすぐにバレることになってしまうんだ。審査がないことでこういった事実がバレないでお金を借りることができるから安心だよね。もちろん、職場への在籍確認もないから職場バレの心配も無用というメリットもあるよ。

 

保険を解約しなくても解約返戻金があれば必要なお金の工面ができる


銀行や消費者金融のカードローンの審査に落ちた場合、必要なお金の工面に契約している生命保険を解約するしかないということもあるよね。保険を解約すれば解約返戻金を貰うことができるからだけど、契約者貸付制度を利用すれば保険の保障を継続して受けながらお金を借りることができるんだよ。これは大きなメリットと言えるよね。

 

入院費用の捻出に保険を解約する人もいるかも知れないけど、それだと保険の保障を受けることができなくなってしまうから、すごく困ったことになってしまうよね。生命保険の貸付制度を利用すればどちらも安心ということになるんだ。

 

申し込みの手続きが簡単


銀行や消費者金融のカードローンの申し込みだと、申込書に記入するだけでなくて運転免許証などの本人確認書類の提出が必要だし、場合によっては収入証明書類の提出を求められることもあるんだ。

 

契約者貸付制度を利用する場合なら、解約返戻金という担保があるわけだから手続きが簡単に終了するんだよね。申込書の記入についても、年収や勤続年数・勤務先の情報など多くの項目の記入も必要ないし、希望する借入れ額と振り込み先の口座を記入するくらいで終わってしまうから、簡単だし手っ取り早いと言えるだろうね。

 

契約者貸付制度を利用する場合にもデメリットはあるの?


契約者貸付制度を利用するメリットが大きいことは分かってもらえたと思うけど、デメリットも知っていおく必要があるよね。
とは言っても、口コミでも目立つデメリットはないみたいだけど、注意したい点ならいくつかあるみたいだよ。

  • 契約者貸付制度が利用できるのは契約者本人だけ
  • 貸付けを受けている金額と利息の金額が解約返戻金の額を超えた場合は注意が必要
  • 金利は利用している保険会社によって異なるため確認が必要
  • 契約者が亡くなった場合や満期が来た場合の返済には注意が必要

契約者貸付制度とは契約者となる人のみが利用できる制度となっているから、それ以外の人がお金を借りることはできないことになっているよ。

 

お金を借りる時には利息が発生するから、その金額と借入れの元金との合計額が解約返戻金の金額を超える場合には、保険会社から連絡が来ることもあるんだ。その際にはその分のお金の返済も必要になるから、約束の返済期日までの返済が必要になるんだよ、万が一、返済ができない場合には保険の契約が解約となる場合もあるから要注意だよ。

 

金利は保険会社によっても保険の種類によっても異なっているから、金利が気になる場合には事前に確認してから利用すると良いと思うよ。

 

契約者が亡くなった時や保険の満期となった場合、解約返戻金というもの自体がなくなるから、その際には本来貰えることになっている金額から借りている金額に利息を足した合計額が差し引かれることになるんだ。

 

注意点としては以上となるけど、当然と言えることばかりだし特にデメリットという内容ではないだろうね。契約者貸付制度はメリットの方がはるかに大きいからね。