お金を借りる 労金

MENU
「お金を借りたいけど、どこにしよう・・・」と悩んでいる方へ。



銀行や信金よりも「有利」な条件のある借入先をご存知ですか?

全国どこからでも24時間申し込みができるサービスがプロミスというサービスで、実は銀行よりも速い時間で融資を受けられるケースも多いのです。

プロミスは、借り入れ可能か、簡単3秒診断(無記名でOK)というのがとても便利で人気があります。(プロミスは1万円からお借り入れが可能です)

借りれるという診断が出てから正式に申し込めばいいので一度試してみてはいかがでしょうか?

◎→プロミス事前3秒診断の公式ページ


プロミスのおすすめポイント
全国どこからでも申し込み可能
24時間申込可能
最短1時間融資
来店・保証人・担保→不要
借入のことをバレないように配慮
・・・大手ですから安心感と信頼感は抜群です

ろうきんでもお金を借りることができる!カードローンとの違いとは?


どうしても金融機関からお金を借りる必要がある時、銀行や消費者金融のカードローンを利用する人は多いと思うけど、実はろうきんからもお金を借りることができるんだよね。システムの違いはあるけど、カードローンを初めとして多くのローンが用意されているから、借入れの選択肢の1つに入れておいても良いかも知れないよ。

 

ろうきんの特徴としては、労働者の相互扶助の精神から資金を出し合って運営されている団体ということになるんだ。とは言え、銀行や消費者金融と同じような内容でカードローンの利用もできるから、利用している上で大きな違いはないということになるんだ。

 

ここではろうきんでお金を借りる方法について解説していくことにするね。

 

詳細参考サイト→労金でお金を借りるには.com

ろうきんでお金を借りる方法を知りたい!


ろうきんでお金を借りることを考える人は少ないと思うけど、実は銀行や消費者金融と同じような使い勝手の良い金融商品となっているんだよね。カードローン以外にも不動産担保ローンや無担保ローンなど10種類を超える数の商品が用意されてるんだ。

 

労金の不動産担保ローンの種類とは


不動産担保ローンとしてはこのような商品があるよ。

  • 住宅ローン
  • 有担保フリーローン
  • 借り換えローン
  • フラット35

住宅ローンは1億円が限度額となっているし、有担保フリーローンも同額の限度額が設定されているんだ。借り換えローンについては最大5,000万円まで利用可能だし、フラット35では8,000万円が最高額となっているよ。銀行でお金を借りる時よりも高額利用が可能な商品もあるし、使い勝手の良さは銀行に負けていないよね。

 

マイホームを建てたい時、リフォームをしたい時に利用可能な不動産担保ローンは非常に便利な商品と言えるんだ。特に人気なのはフラット35となっているけど、有担保フリーローンでは基本的には事業資金以外ならば別の使途でも利用可能だから、おすすめのローンと言えるんだ。

 

労金の不動産担保ローンを利用するには担保となる不動産を所有している、あるいは購入の予定がある場合に利用条件を満たすことができるから、利用には注意が必要だよ。

 

労金の無担保ローンの種類とは


労金の無担保ローンは意外にも多くの種類があるんだよね。

  • リフォームローン
  • 教育ローン
  • カーライフローン
  • フリーローン
  • 育児支援ローン
  • 福祉ローン
  • マイプラン

リフォームローンなら1,000万円まで借入れ可能だし、教育ローンも同額の利用限度額となっているよ。カーライフローンは最大500万円まで、フリーローンや福祉ローン、フリーローンに至っても同じ利用限度額となっているんだ。育児支援ローンは最大100万円まで利用可能、マイプランなら300万円までお金が借りられる可能性があるよ。

 

金額からも銀行とローンを利用するのと大きな差はないと言えるだろうね。種類や限度額についても不自由に感じることはないと思うよ。注目したいのはマイプランという商品なんだ。いわゆるカードローンということになるけど、銀行のように低金利でお金を借りることができるという大きなメリットがあるんだ。

 

マイプランについては以下で詳しく解説していくことにするね。

 

ろうきんのマイプランはどんなカードローン?


労金に用意されている無担保ローンにはマイプランという商品があるんだ。簡単に言うとカードローンということになるけど、金利は最高で8.475%と銀行よりも低金利になっていることが最大の特徴と言えるだろうね。銀行カードローンの最大金利は15.0%前後だから、約半分の金利と言えるだろうね。非常にお得な金利ということになるんだ。

 

金利の設定については3種類の会員の種別により変わるシステムになっているんだよね。会員種別によりどのくらいの低金利でお金を借りることができるか決まって来ることになるんだ。

  • 一般の労働者:5.275%~8.475%
  • 生協会員の組合員(同一生計の家族を含む):4.055%~7.255%
  • 団体会員の構成員:3.875%~7.075%

一般の労働者は、全国の労金の管轄地域内に勤務している、あるいは居住している必要があるんだ。さらに生協会員でも団体会員でもない人が該当することになるんだよね。自分の会員の種別が分らない場合には、勤務先や窓口で問合せしてみるよいいよ。

 

一般の労働者としてお金を借りるためには「ろうきん友の会」に入会する必要があるんだ。入会金や年会費は無料だから安心だよ。ろうきん友の会に加入しなくても個人会員としてのろうきんへの加入は可能だけど、その場合には1,000円以上の出資金が必要になるから、費用のかからないろうきん友の会に加入する方がお得と言えるんだ。

 

利用上での注意点については、全国の支部により一部サービスが異なっているということがあるんだ。自分の住んでいる所か勤務先のある管轄のろうきんについての確認が必要になるよ。

 

生協会員の組合員の場合、加入している生協が労金に出資している場合、生協組合融資制度の導入がある場合に、利用条件を満たすことができるんだ。組合員本人と同じ生計下にある家族が利用の対象となれるんだよね。

 

団体会員とは労金に出資をしている会員を指すんだ。ただし本人が直接出資金を支払っていなくても、勤務先などの労働組合が労金に出資していればマイプランが利用可能となるんだよ。会社や公務員の団体に所属している人を構成員としていて、その資格を有する人なら利用条件を満たせるということになるんだ。

 

ろうきんのカードローンの金利は更なる引き下げが可能!


ろうきんのカードローンの金利は、低金利がメリットの銀行カードローンをはるかに上回るほどの低金利となっているんだ。だけどろうきんの金利は条件次第でまだ引き下げが可能になっているんだよね。金利引き下げとなる条件は10種類も用意されているし、最大で3.2%の金利優遇となるんだ。

  • 労金UCカードの利用:0.3%
  • 一般財形の利用:0.3%
  • 2種類以上の公共料金の自動引き落とし:0.3%
  • 財形年金などの利用:0.6%
  • 不動産担保ローンなどの利用:0.6%
  • インターネットバンキングの利用:0.6%
  • WEB通帳の利用:0.6%
  • 若年者であること:0.6%
  • 給与振込に労金口座を指定:1.5%
  • 年金振込口座に労金口座を指定:1.5%

この中から該当する条件を組み合わせて最大で3.2%の金利引き下げが可能となり、それぞれの最低金利での利用が可能となるんだよね。一般労働者ならば5.275%になるし、生協会員ならば4.055%、団体会員では3.875%という超低金利となるからお得だよね。

 

ちなみに労金UCカードというのは労金カードサービスが発行しているクレジットカードということになるんだけど、年会費に1,250円が必要になるという特徴があるから、金利優遇による利息の差との比較が必要になるだろうね。

 

マイプランからお金を借りる方法や必要書類とは?


ろうきんのマイプランのカードローンからお金を借りるには、まず申し込みをする必要があるんだ。ホームページを開くと申し込みができるようになっているから、必要な項目に入力をして送信すると仮審査が実施されることになるんだ。

 

インターネットは苦手という人ならば、ろうきんの営業店に来店して直接申し込みする方法もあるよ。それぞれのライフスタイルに合った申し込みができるようになっているから安心だよね。借入れの申し込みをする前に確認しておいて欲しいのが、自分の会員種別なんだ。

 

会員種別の確認ができたら、好みの申込方法で手続きを開始していこう。

 

インターネットからの申し込み方法


マイプランにインターネットから仮審査の申し込みをする場合、手続きの流れはこのようになるんだ。

  1. ホームページからマイプラン仮審査申込をする
  2. 仮審査結果の回答が通知される
  3. 必要書類の提出・本申し込みをする
  4. 審査に通った場合に契約の手続きをする

仮審査結果の回答はメールか電話で通知されることになるよ。ただし、なかには郵送される場合もあるから家族バレが気になる人は事前に郵送以外の方法で仮審査結果を通知してくれるように連絡しておくことがおすすめだよ。

 

申し込み自体はインターネットの利用が可能になっているけど、その後の手続きの際には仮審査に通った後には労金の営業店に来店する必要があるんだ。本申込みはインターネットではできないということになるよ。本審査に通れば、ローンカードが後から自宅に郵送されてくることになるんだ。

 

来店して申し込みする方法


マイプランの申し込みをインターネットで行わず、直接ろうきんの営業店に来店して申し込みすることも可能だよ。来店後の手続きの流れはこのようになっているんだ。

  1. ろうきんの営業店で担当者と面談
  2. 必要書類の提出をすると共に申し込みを行う
  3. 審査結果が連絡される
  4. 審査に通った場合は契約手続きとなる

マイプランの申し込みを営業店で行う場合、まずは担当者との面談が必要になるんだ。面談では会員種別が不明ならばその場で教えて貰えるというメリットもあるよ。面談ではカードローンについての疑問や商品の内容について聞くことも可能だし、もちろん借入れについての相談もできるよ。

 

面談ではそのまま申し込みができるし、後は審査に通りローンカードが自宅に届くのを待つだけでOKとなるんだ。

 

ろうきんのマイプランでお金を借りる時に必要な書類とは


ろうきんのマイプランでお金を借りるには、インターネット申し込みでも営業店への来店でも同じに一定の必要書類の提出が必要になるんだ。来店で申し込みする場合には面談の時に必要書類を持参していけば、2度手間になることを防げるよ。

 

申し込みで必要となる書類にはこのようなものがあるよ。

  • マイプランの利用申込書
  • 本人確認書類
  • 個人情報の取扱いに関する同意書
  • ろうきんの口座開設申込書

本人確認書類とは運転免許証と健康保険証の2点ということになるんだ。運転免許証がない場合、パスポートを提出しても大丈夫となっているけど、パスパートもない場合には他の本人確認書類とで2種類となることが必要なんだ。詳細はろうきんのホームページで確認しておくといいよ。

 

マイプランの利用には労金の総合口座が必要になるんだ。申し込みの時点で口座がない場合には新規口座開設が必要になるから、カードローンの申し込み書と併せて口座開設申込書も必要になるよ。

 

一般の労働者がマイプランを利用するならば、本人確認書類に加えて以下の書類の用意も必要になるから要注意だよ。

  • 収入証明書:住民税決定通知書など公的収入証明書
  • 勤続年数確認書類:健康保険証(国民健康保険証以外)
  • 居住年数確認書類:住民票など

手元にある健康保険証が国民健康保険証である場合、収入証明書の提出が必要だよ。申し込みの用紙などはろうきんの営業店に用意してあるから、必要書類を持参すれば申し込みを完了することができるんだ。

 

ろうきんのマイプランの特徴は?金利や限度額、審査時間


ろうきんのマイプランでお金を借りるならば、まず金利や限度額、審査時間などについての特徴を知っておく必要があるんだ。カードローンの金利は銀行よりも低金利となっているんだ。ただし金利の中でも最低金利については銀行カードローンや消費者金融とそれ程大きな差はないと言えるんだよね。

 

注目したいのは最高金利の方なんだ。団体会員の構成員ならば最大金利は7.075%だし、一般の労働者であっても8.475%でお金を借りることが可能になっているんだ。大手銀行の三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」の場合だと、14.6%が最大金利となっているんだよね。みずほ銀行カードローンなら14.0%が最大金利となっているし、消費者金融のアコムに至っては18.0%という金利になっているんだ。どれだけマイプランの金利が低金利なのか分かると思うよ。
利用限度額は500万円となっているから、前出のバンクイックや消費者金融のアイフルのキャッシングローンと同じ金額ということになるよ。利用限度額の大きさを重要視するならば、みずほ銀行で1,000万円が利用限度額となっているから、そちらの方が便利ということになるだろうね。

 

ただし、利用限度額がいくら大きくても審査で決定される借入限度額が自分の利用限度額となるから、限度額にこだわるのはあまり意味がないと言えるだろうね。

 

労金のカードローンの審査時間も気になるところだよね。ろうきんのマイプランの場合には仮審査と本審査の2種類があるんだ。仮審査では申し込みから1週間程度の時間が必要となっているんだ。仮審査に通過すると本審査ということになるけど、そこからさらに1週間~10日程の時間が必要になるということだよ。

 

低金利でお金を借りることができるというメリットがあるろうきんのカードローンだけど、一般的な銀行カードローンよりも更に長い時間を審査に要することについてはデメリットと言えるよね。ろうきんでお金を借りるには申込みから最短で2週間はかかるということになるから、今すぐお金を借りたい時には向いていないカードローンということになるだろうね。

 

急いでいるなら高めの金利になってしまっても銀行カードローンや消費者金融のキャッシングローンを利用することがおすすめとなるよ。特に大手の消費者金融だったら最短30分で審査が完了するし、融資まで最短1時間となっている業者もあるくらいだからね。

 

マイプランはどんな人が申し込みできる?利用できる人の資格について


労金のマイプランに申し込みできる人の資格はこのようになっているんだ。

  • 年齢が満18歳以上~65歳未満であること
  • 前年度税込年収が150万円以上であり安定した継続収入があること
  • 勤続年数が1年以上であること

ろうきんのカードローンでは18歳以上ならば利用可能となっているんだ。未成年でもお金を借りることが可能になっているから、銀行カードローンや消費者金融では未成年の利用不可であることと比較しても使い勝手のよいカードローンと言えるだろうね。

 

ただし利用できる人の最低年収が決められていることについては、銀行や消費者金融よりも利用しにくい特徴と言えるんだ。安定した収入があれば年収の金額は問われないのが一般的なカードローンの特徴となっているから、厳しい利用条件であると言えるよね。

 

勤続年数についても最低1年は必要となっているけど、自営業の場合だと最低3年となっているから、この点でも一般的なカードローンよりも厳しい審査基準ということになるよね。もっとも、正社員でなくても利用可能だし、パートやアルバイト・派遣社員であっても年収150万円以上で安定収入があり、勤続年数1年以上という条件を満たすことができれば申し込みできるよ。

 

マイプランのメリットとデメリットはどこにあるの?


労金のマイプランでお金を借りるなら、具体的なメリットとデメリットを事前に確認しておく必要があるよ。一般的なカードローンには無い特徴もあるから、メリットやデメリットについても特殊な場合があるんだ。何と言っても低金利でお金を借りることができるのは大きなメリットとなっているけど、審査に時間がかかることはデメリットとなるんだ。

 

その他のメリットやデメリットについてはこのようになっているんだよ。
メリットについてはこのようなことがあるだろうね。

  • 実店舗があるため担当者に相談することができる

このことについてはメリットと言える特徴でもあるけど、人によってはデメリットと感じてしまうこともあるだろうね。来店が必要になるためWEB完結でお金を借りることができない不便さもあるからね。

 

低金利のマイプランでお金を借りるには、多くのデメリットを乗り越える必要もあるんだ。

  • 提出書類が多い
  • 来店しないと本申込みができない
  • 在籍確認の電話が職場でなく勤務先の所属組合に来る

マイプランのデメリットを挙げるならば、実はその数としてはメリットよりもデメリットの方が多いんだよね。ていしゅる書類が多いために申し込みの際の準備に時間がかかる可能性があるんだ。収入証明書や勤続年数証明書、住民票などが必要になる場合もあるため、一般的なカードローンの申し込みと比較するとどうしても面倒に感じてしまうかも知れないね。

 

本申込みのために来店する手間を考えるとデメリットとしか言えないだろうね。いちいち申し込みのために来店する時間がないという人も多いだろうし、とにかく面倒と感じてしまう人は少なくないと思うんだ。

 

在籍確認の電話は職場ならば何とかやり過ごせる可能性があるだろうけど、勤務先の所属組合に電話が来たら会社に労金からの借り入れがバレるというデメリットがあるんだ。ただし、一般の労働者ならば普通に職場に在籍確認の電話が来るし、ろうきんの名前を名乗ることもなく担当者の個人名で電話をかけて来るから安心だよ。

 

労金のカードローンにはデメリットが多いことが分かったと思うけど、それでも超低金利でお金を借りることができるというメリットはデメリットを見事にカバーしていると言えるだろうね。

 

労金のマイプランはどんな人におすすめ?


労金のマイプランでお金を借りるのにおすすめなのはどんな人なんだろう。まず初めにおすすめできるのは、勤務先が労金の組合に所属している人だろうね。金利優遇があることに加えて提出書類が少ないというメリットがあるんだ。更に既に労金の総合口座を持っている人ならば、申込書と同意書、本人確認書類の提出で申し込みすることができるんだよね。

 

在籍確認が勤務先の所属組合に来るから会社バレしてしまうデメリットがあるものの、確実に在籍確認を受けることができるというメリットもあるんだよね。

 

いますぐお金を借りなくても大丈夫、時間的に余裕があるという人にも向いているカードローンと言えるだろうね。計画的なローン利用をすることが目的ならば、審査に最短2週間の時間がかかるとしても特別問題に感じないかも知れないよね。

 

一方、急ぎでお金を借りることが目的なら、即日融資に対応してくれる消費者金融や銀行カードローンがおすすめとなるよ。

 

ろうきんの基礎知識について


労金のカードローンについて解説してきたけど、そもそも労金とは何?という疑問が残っている人もいると思うんだ。ここではろうきんの基礎知識について紹介していくことにするね。

 

ろうきん、正式な名称は「労働金庫」ということになるんだけど、略して労金という呼称で多くの人に知られているんだよね。組織としては、全国の労働組合や生協による出資により成り立っている1つの金融機関ということになるんだよね。具体的には全国13に分かれて組織されているんだけど、中央労金では東京都・茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・神奈川県・山梨県が所属しているんだ。

 

その他の労働金庫についてはこのようになっているんだ。

  • 北海道労働金庫:北海道
  • 東北労働金庫:青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県
  • 新潟労働金庫:新潟県
  • 長野労働金庫:長野県
  • 東海労働金庫:愛知県・岐阜県・三重県
  • 北陸労働金庫:富山県・石川県・福井県
  • 近畿労働金庫:滋賀県・奈良県・京都府・大阪府・和歌山県・兵庫県
  • 中国労働金庫:鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県
  • 四国労働金庫:徳島県・香川県・愛媛県・高知県
  • 九州労働金庫:福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県
  • 沖縄労働金庫:沖縄県

労金でお金を借りるならば、自分の住んでいる地域や勤務先がある地域である必要があるんだ。管轄の労金で利用するのが原則となっているから注意が必要だよ。基本的には銀行や消費者金融の様に営利を目的としていないために、低金利でお金が借りられる仕組みとなっているんだ。労働金庫というくらいだから、労働者を支えることが主な目的となっているんだよね。

 

低金利でお金を借りることが可能な代わりに審査は厳しいし、何よりも審査に最短2週間もの時間が必要となるんだ。一般的な金融機関のように多くの人にお金を融資して多くの利益を得ることを目的としていないから、条件を満たすことができる人だけにお金を貸すという仕組みになっているんだ。

 

少しでも不審なところがあったり、条件をクリアできない部分があれば審査に通らないことになるから、融資しても確実に返済できる見込みのある人にしかお金を貸していないという事実を理解しておく必要があるよ。そのため公務員や勤続年数の長い人の方が審査出有利になっているようなんだよね。

 

提出書類が多いことや審査が厳しい、審査に長い時間が必要となるという特徴を理解した上で、ろうきんに借入れの申し込みをするか考えることをおすすめするよ。とにかく今すぐお金を借りたい、借りてもすぐに全額返済できるという場合なら金利差もそれ程気にならない場合もあるから、お金を借りたい時の状況によって借入先を使い分けると良いかも知れないね。