お金借りる理由

MENU
「お金を借りたいけど、どこにしよう・・・」と悩んでいる方へ。



銀行や信金よりも「有利」な条件のある借入先をご存知ですか?

全国どこからでも24時間申し込みができるサービスがプロミスというサービスで、実は銀行よりも速い時間で融資を受けられるケースも多いのです。

プロミスは、借り入れ可能か、簡単3秒診断(無記名でOK)というのがとても便利で人気があります。(プロミスは1万円からお借り入れが可能です)

借りれるという診断が出てから正式に申し込めばいいので一度試してみてはいかがでしょうか?

◎→プロミス事前3秒診断の公式ページ


プロミスのおすすめポイント
全国どこからでも申し込み可能
24時間申込可能
最短1時間融資
来店・保証人・担保→不要
借入のことをバレないように配慮
・・・大手ですから安心感と信頼感は抜群です

お金を借りる時にちょうどいい言い訳ってあるの?


お金が必要な状況になる理由は人によって違うものだよね。だからお金を借りたい理由も人それぞれっていうことになるだろう。でも、お金を借りる時の言い訳って意外に悩むものだよね。だって、正直に話してしまうのと自分が有利になるために言い訳を考えるっていう2つの道があるからね。

 

でもさ、お金を借りる理由って、やっぱり借りる相手によって違ってしまうことってあるんじゃないかな。たとえば銀行カードローンでお金を借りる場合なら、厳しい審査に通りやすいようないい理由を考えてしまうだろうし、それが事実でなくて嘘であっても言い訳のような理由を言ってしまうこともあると思う。

 

お金を借りるならそれなりの理由が必要だし、これは審査に通るかどうかの条件の1つにもなっているだろう。お金を借りる理由について言い換えるなら「借り入れの際のカギ」とも言えるから、肝心な時に誠意のある対応ができるように、その場に適するちょうどいい理由や言い訳について解説していこうと思う。

 

お金を借りる時のいい理由とは?良く使われる言い訳の言葉


お金を借りる時の状況は本当に多いと思うけど、言ってみたらそれがお金を借りる理由や言い訳そのものとなるだろうね。例を挙げると、財布を落としたことに気付いたのがその日の昼であり、昼飯を食べようと思ったらお金が一円も無かったという時、いったいどうしたら良いだろう。

 

おそらくは、同僚にお金を借りるという方法を選ぶ人がほとんどだと思うし、また実際にそれが一番手っ取り早いお金の調達方法だとも言えるだろう。その時に同僚に言うお金を借りる理由には、何も言葉を追加する必要はないし、ありのままの事実を伝えれば良いだろう。昼飯代だけなら借りる金額もそんなに多くはないだろうし、言い訳しても意味ないからね。

 

それでも、必要なお金が昼飯代よりも高額だったらどうなんだろう。そうなると、ちょっとだけハードルが上がって来るかも知れないよね。昼飯代が千円であるのに対して、連続で必要になった冠婚葬祭のための出費で3万円借りたいという時だったら、まとまったお金が必要ということにもなるし、借りる理由が事実であっても借金を頼むのは難しくなってくるだろうね。

 

たとえば、知り合いの連帯保証人になったばかりに借金に追われ生活費が不足したという理由だとしたら、お金を借りるにもその理由を正直にいう訳にはいかないだろうね。そんな時には、ちょうどいい言い訳を考えてしまう場合もあると思う。お金を借りる理由や言い訳の言い方は状況によって様々となるだろう。

 

銀行カードローンの申し込みに適している理由や言い訳とは


銀行カードローンにネットで申し込みする場合には、申し込みフォームの必要な項目に入力していくことになるのだが、その中にはお金を借りる目的や理由も含まれているんだ。その時にはどんな使用目的や言い訳が適しているのか気になることだろうね。

 

使用目的は審査通過のカギにもなる訳だから重要であることに間違いはない。できればそれぞれの借り入れに最も適した理由を伝えたいものだ。銀行カードローンでは基本的に使い道が自由となっているが、使用目的を聞かれる場合が多いし事業性の資金には利用が禁止されている。使い道が自由とは言え、やはりお金を借りる理由を問われるため完全なる自由とはなっていないのだろうね。

 

さらに銀行には、お金を借りる理由がはっきりしていないと利用できないローンも多数用意されている。目的別ローンとも呼ばれていて、マイホーム購入のための住宅ローンや、子供の学費や進学費用の捻出を理由に借りる教育ローン、自動車購入のためのマイカーローンなどがラインナップされているから、目的に応じたローンを選択できるし、特に使用目的について聞かれることは少ないだろうね。

 

しかし、銀行にはフリーローンっていう商品もあるから、この場合だと目的別ローンとは違って特に使い道が指定されていないから、お金を借りる時にいい理由とは何か気になってしまうかも知れないね。たとえば、海外旅行や国内旅行に行くならある程度のまとまったお金が必要になるし、大形電化製品を現金で購入したい時にも1万円や2万円では足りないこともあるよね。テレビやエアコン、冷蔵庫なんて値段が高い物もあるし。

 

引越しをする時にも高額のお金が必要になるだろうね。それに引越しすれば新しい部屋に合う家具が欲しくなる場合もあるし、何かとお金がかかるものだよね。また、冠婚葬祭の出費でお金が必要な時でもフリーローンを利用することはできるよ。

 

フリーローンでお金を借りる時の理由については、この内のどれもが適していると言えるようだし、審査に通るために敢えて言い訳を考える必要もないし、事実だけを伝えれば大丈夫なはずだよ。

 

お金を借りる時の嘘はどこまで大丈夫?


お金を借りる時に理由を伝える必要がある場合、できれば内緒にしておきたい、ここは言い訳として伝えておきたいと考える人もいるみたいなんだよね。誰だって、人に知られたくない金欠の理由もあるだろうし、キャッシング審査に通るためだったら利用使途に適した理由にしたいと考えるのが普通だと思う。

 

たとえば、無駄遣いのせいで次の給料日までの生活費がなくなったなんて言ったら、お金の管理に疑問を持たれそうだし、返済能力まで疑われて審査に落ちたりする可能性もあるよね。金欠で苦しい経済状況を察して審査に通してくれたら良いけど、どうしてもお金を借りたい場合には、事実とは言え正直に理由を言える訳ないし、嘘もつきたくなるだろうね。

 

そんな時に使用目的を聞かれたら、やっぱり「冠婚葬祭の急な出費でお金が必要なんです」など、嘘の理由を言ったりお金を借りたい状況になった言い訳を言ってしまうこともあると思うよ。まあ、嘘をつくことで後ろめたい気持ちになってしまうかも知れないけど、目的別ローンではだめだけど自由な目的で利用できるカードローンやフリーローンならそれでも大丈夫と言えるだろうね。

友人からお金を借りる時のいい理由や言い訳とは?


お金を借りる先として金融機関より個人の方が気が楽という人も多いだろうな。その中でも友達なら親に内緒でお金を借りられることも多いし、長い付き合いであれば金欠のピンチの時に頼ることもできるかも知れないね。信用情報に問題があっても友達ならそのことが影響する心配もないし、お互いの信頼関係さえあれば成立することだからさ。

 

とは言え、そもそも友達にお金を借りるなら頼み方ってあると思うし、納得してもらえる理由じゃないといくら親しい間柄っていっても貸してもらえない可能性はあるよね。そんな時には、友達からお金を借りる時のいい理由や言い訳を知りたいって思うだろうけど、友達に嘘や下手な言い訳を言っても意味がないし、正直にお金を借りたい理由を話すのがベストと言えるだろうね。

 

具体的には、今月は急な出費が多くて給料日までの生活費が足りないとか、今月は結婚式が続けて2つもあってご祝儀だけで家賃がピンチなど、いつもとは違うことが起きてそのことが理由で金欠になった場合なら、給料日の翌日を返済期限としてお金を借りることができるかも知れない。

 

ただし、お金を借りる時にいい理由や言い訳を考えるよりも大事なのは返済することなんだ。友達と約束した返済期日に借りたお金を返せないようなことがあれば、そのことが理由で友情に傷がつくこともあるから要注意だよ。たとえ親しい間柄であっても、お金の貸し借りについては話が別だし、誠実に対処しないと友情が破綻する可能性もあるからね。

 

恋人にお金を借りる時のいい理由や言い訳とは


お金がない、お金が足りないなどは、あまり人に言えることではないよね。特に男なら友達にだって話せないこともあるだろう。だけど、恋人になら何でも話せるし時にはお金を借りるために頭を下げることだってできちゃうから不思議だよね。その際に、忘れちゃいけないのが、彼女(彼氏)にお金を借りる時には頼み方に気を付けるということ。

 

やっぱり相手に納得してもらえるような、ちょうどいい理由や言い訳を考えないとね。まあ、僕の彼女ならどんな理由でもお金を借りることができるかも知れないし、嘘だとバレるような下手な言い訳でも受け入れてくれるから有り難いけど、みんながそうとは限らないからね。

 

だけど、恋人に快くお金を貸してもらうなら正直な理由を言うのが一番だよ。だって、嘘をついたことがあとでバレたら一括返済を迫られるのは必至だし、恋人から別れを告げられることだってあるからね。特に別の理由でお金を借りておきながら、実はパチンコなどのギャンブル費用だったなんていうことがバレたら、一度に信用を失うことになるからね。

 

親にお金を借りる時のちょうどいい理由や言い訳とは


たとえば、学生だったら親にお金を借りるのは簡単だと思っている人も多いと思うけど、僕が学生だった頃はそうとは言い切れないことが多かったよ。親と言えども自分達の生活もあるし、適当な理由や言い訳はすぐに嘘だと見抜かれてしまっていたからね。

 

だから親からお金を借りる時には、納得してもらえるようなちょうどいい理由や言い訳を考えないといけないから大変なこともあると思うよ。それに相手が親だといつも色々お世話になっている身だから、嘘をついたら罪悪感も生まれるし基本的には嘘の理由を言うのはおすすめできないけどね。

 

だけど、学生の人だとアルバイトで頑張って自分の生活費くらいは稼いでいるかも知れないけど、やっぱり本業は勉強だし社会人と同じようにお金を稼ぐのは限度があるし難しいよね。

 

だから、アルバイトの給料があってもお金が足りなくなることだってあると思うし、一人暮らしの光熱費が払えないとか生活費に余裕がなくて食費もないなんていうこともあるだろうね。参考書を買うお金が足りないっていうのも良くあることだよね。こんな理由なら親にお金を借りる時のいい理由と言えるだろうな。

 

まあ、学生も卒業後に就職して、その後に結婚して子供が生まれれば自分の親は祖父や祖母となるわけだけど、その時には自分達が教育費の捻出で苦労したという記憶があるから、孫のためにお金を貸してくれることもあるだろうね。子供はお金がかかることを知っているし、進学の時の入学金や授業料が足りない時に頼ることができるかも知れないよね。修学旅行の費用も今では高額になっているから、支援してくれるかも知れないしね。

 

そんな時が来るまで、学生の人も親にお金を借りる時には嘘をつかず、正直に今の状況を伝えて信用を失わないように注意して行くことをおすすめするよ。