お金を借りる プロミス

MENU
「お金を借りたいけど、どこにしよう・・・」と悩んでいる方へ。



銀行や信金よりも「有利」な条件のある借入先をご存知ですか?

全国どこからでも24時間申し込みができるサービスがプロミスというサービスで、実は銀行よりも速い時間で融資を受けられるケースも多いのです。

プロミスは、借り入れ可能か、簡単3秒診断(無記名でOK)というのがとても便利で人気があります。(プロミスは1万円からお借り入れが可能です)

借りれるという診断が出てから正式に申し込めばいいので一度試してみてはいかがでしょうか?

◎→プロミス事前3秒診断の公式ページ


プロミスのおすすめポイント
全国どこからでも申し込み可能
24時間申込可能
最短1時間融資
来店・保証人・担保→不要
借入のことをバレないように配慮
・・・大手ですから安心感と信頼感は抜群です

プロミスでカードローンを利用するならポイントはどこ?

消費者金融からお金を借りる時、たとえば有名キャッシングサービスであるプロミスの利用条件を参考にすると良いかも知れないよ。今すぐお金を貸してくれるサービスならどこでも良いとは言えないから、ここは知名度の高い大手のカードローンでお金を借りるための知識を得ておくのもおすすめだよ。

 

急いでお金を借りたい時には冷静さを失ってしまう場合もあるから、おいしい誘いについ乗ってしまうということもあるだろうね。金融機関から融資を受ける時には、返済を毎月きちんと継続して行くことを視野に借入れの金額を考える必要があるんだ。

 

少しでも低金利なサービスからお金を借りることができれば、利息を節約することができるし利用しやすい金融機関ということができるだろうね。なかには低金利を謳っている悪質な業者も潜んでいる場合が多いし、金利の低さだけでお金を借りるキャッシングサービスを選ぶのは危険なことだから注意が必要だよ。

 

大手の中でも人気のあるプロミスではどんなサービス内容となっているのかを知れば、賢くお金を借りるために大いに参考になることだろうね。

 

プロミスの金利や利用限度額が知りたい!

プロミスでお金を借りる場合の金利は利用限度額についてはこのようになっているよ。
プロミス「フリーキャッシング」で10万円のお金を借りる場合、30日間の利息はこのような計算式となるんだ。

  • 10万円×17.8%÷365日×30日=1,463円

プロミスで10万円を30日間借りた場合には、1,500円未満の利息が必要になるんだ。金利は利用限度額により決まることが多いから、実際にどのくらいの金利が必要になるかは場合によると言えるんだ。

 

限度額とはその人が最大でどのくらいまでお金を借りることができるかの上限ということになるよ。利用限度額に達するまで何度でもお金を借りることが可能だから、本来は少しでも多くの利用限度額が設定されたら便利と言えるだろうね。たとえば利用限度額が50万円の人が現在20万円までお金を借りている場合なら、残りの30万円が利用可能ということになるんだ。

 

プロミスで利用限度額の増額申請をすることは可能だけど、初めてカードローンで申し込みをした時のように審査を受ける必要があるよ。利用状況において返済の延滞があるなどで問題があれば、利用限度額の増枠は無理となるから返済には充分な注意が必要なんだ。

 

プロミスに申し込みする時の借入条件や必要書類とは

プロミスに申し込みをして最終的に融資を受けられるようになるまでの流れについては、このようになっているんだ。

  1. インターネットや電話で申し込み
  2. 審査の実施(審査の可否・利用限度額の決定)
  3. 契約手続き
  4. 借入れ

インターネット申し込みならば365日24時間ずっと受付けをしているから、ネットの環境がある場所ならばいつでもどこの都道府県にいても申し込み可能なんだ。申し込みが完了すると審査が実施されるんだ。審査に通ることができるのか、できないのかはもちろんのことだけど、利用限度額をどのくらいにするかも決められているんだ。

 

契約手続きはプロミスの場合、店舗まで来店すれば店頭でも可能だよ。店内には自動契約機も用意されているから、窓口以外でも契約が完了するんだ。急ぎでない場合なら郵送で契約書類や必要書類を郵送することも可能だよ。書類の確認ができれば借入れ可能となるからね。

 

プロミスの申し込みで提出する必要書類とは


プロミスでお金を借りる場合、提出を求められる必要書類とはこのような感じになるんだ。

  • 本人を確認するための書類(運転免許証、交付を受けていない場合はパスポート・健康保険証+住民票など)
  • 借入金額が50万円を超える・他社借入れでの合計が100万円を超える場合:源泉徴収票や給与明細書・確定申告書などの収入証明書

基本的にプロミスからお金を借りる場合に必要になるのは、本人確認書類となるんだ。運転免許証があれば1つで足りるけど、平成28年10月1日から顔写真のない単独の本人確認書類ではお金を借りることができなくなっているんだ。必要書類が揃っていて利用条件を満たすことができれば、正社員だけでなくてパートやアルバイト・学生でもプロミスでお金を借りることは可能だよ。

 

外国籍を持っている人の場合だと、在留カードあるいは特別永住者証が必要になるんだ。
個人事業主の場合には確定申告書の提出が必要だよ。正社員やパート・アルバイトの場合だと、収入証明書類については、借入金額が50万円を超える場合、他の消費者金融での借り入れ金額との合計が100万円を超える場合に必要になるんだ。給与明細書などの収入確認書類が必要だよ。

 

いずれの場合でも安定した収入があることがプロミスでお金を借りるための第一条件となるから、まず条件を満たした上で必要書類の確認をすることをおすすめするよ。

 

プロミスの審査を受ける時の注意点

プロミスは消費者金融だから、貸金業法に沿った融資を行っているんだ。安心してお金を借りることができるプロミスだから、審査に通るための条件も厳しめになっているんだ。

  • 年収の3分の1を超える金額は借入れできない
  • 複数の金融機関からお金を借りている人は審査に通りにくい傾向にある

この2つのポイントを押さえておくことがプロミスからお金を借りるためには必要なことと言えるだろうね。複数の金融機関からの借入れには、住宅ローンやマイカーローンは含まれないから誤解のないようにね。プロミスの場合は、最短30分で審査が完了すると言われているけど、実際にはそれよりも更に時間がかかる可能性もあるから、早めの申し込みが大事と言えるよ。

 

プロミスの返済期間やお金を返す方法とは

どんなに切羽詰っている時でも、お金を借りる時には返済のことも考えておく必要があるんだ。プロミスは安心して借入れができる大手消費者金融だから、法外な金利を取られる心配はないんだ。返済方法もいくつかの手段から選べるようになっているし、利用する側のライフスタイルや利便性を充分に考慮しているキャッシングサービスと言えるんだ。

  • 銀行振り込み
  • 自動引き落とし
  • スマホやパソコンからインターネット会員のページから
  • コンビニのATMを利用する
  • 提携金融機関のATMを利用する

近所にある銀行からプロミスの指定する銀行口座に振り込みをするという返済方法があれば、返済日を忘れてしまうのが心配な時にも便利な自動引き落としというのもあるよ。口座の残高に気を配る必要があるけど、自動的に毎月同じ日にちに返済となるため、便利だよね。

 

スマホやパソコンを利用してプロミスの会員ページから返済するという方法も選べるんだ。インターネットバンキングを利用すれば、銀行に足を運ぶことなく返済することができるんだよ。

  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • ジャパンネット銀行
  • みずほ銀行
  • 楽天銀行

これらの銀行があればネット返済可能だよ。

 

コンビニにはATMが設置されているけど、プロミスでお金を借りる時や返済にもATMの利用が可能になっているんだ。手数料がかかる場合もあるけど、返済だけならローソンやミニストップのLoppi、ファミリーマートのFamiポートを利用する場合手数料は無料になるから嬉しいよね。
その他プロミスの提携金融機関のATMだったら、借入れや返済に利用できるようになっているよ。

 

返済期日については申し込みの際に5日、15日、25日、末日から自分の都合に合わせて選択できるようになっているんだ。

 

プロミスで誰にも内緒でお金を借りることは可能?

お金を借りる時、誰にも内緒にしておきたいということもあるだろうね。プロミスのように知名度の高い消費者金融を利用する場合であっても、借金をするということ自体に後ろめたいという気持ちを感じてしまう人もいるみたいなんだ。消費者金融に対して悪いイメージを持っている人もいるし、仕方がないことなのかも知れないね。

 

プロミスからお金を借りることが家族にバレたら困るという人もいるだろうし、会社にだって内緒にしておきたいと思っている人も少なくないと思うんだ。

 

借入れの申し込みをする場合、連絡先の申告もする必要があるんだ。本人確認や申し込みの確認としてプロミスから電話が入る可能性もあるからね。通常は自宅の固定電話でなくて自分の携帯電話の番号を申告しておけば家族にバレる心配はないと言えるよ。心配なら、家族に内緒でお金を借りたいと一言伝えておくと安心と言えるだろうね。

 

プロミスでの借入れで家族バレを防ぎたいなら、自宅に届く郵送物に注意する必要があるんだ。契約書類や利用明細書についてはWEBを利用するように設定することが可能だけど、返済に遅れた場合には自宅に督促状が郵送されることもあるし、これだけは避けられないから返済の延滞や滞納をしないように注意する必要があるよ。

 

家族に内緒でお金を借りるだけでなくて、勤務先にも借金の申し込みがバレると困るという場合には在籍確認に注意する必要があるんだ。通常はプロミスという名前は伏せて電話をかけてくれるし、担当者の個人名を名乗るから知り合いからの電話だと思われるような配慮をしてくれているんだ。

 

とは言え、キャッシングサービスの在籍確認について詳しい人が電話を取った場合、もしかしたらカードローンの在籍確認かも知れないと勘付かれてしまう心配もあるだろうね。安心して在籍確認を受けるためには、まずプロミスに相談してみることをおすすめするよ。

 

たとえば、オペレーターの性別を指定するなんていうことにも対応可能となっているようなんだ。男性だったら男性スタッフから電話が来た方が自然だし、女性なら女性スタッフの方が無難と言えるよね。

 

プロミスはどんな人におすすめ?ライフスタイルやタイプによる向き不向き


プロミスはテレビCMでも宣伝している大手だから安心してお金を借りることができるかも知れないけど、自分に向いている消費者金融なのかと疑問に思う人もいるだろうね。

  • 今現在、金欠でお金に困っている
  • どうしても即日融資でお金を借りたい
  • 安全な消費者金融から借入れしたい
  • 仕事で忙しいため店頭に来店する時間がない

このようなタイプの人にもプロミスはおすすめできるんだよね。振り込みの方が都合が良いという人がいれば、こっそりとATMからお金を借りる方が便利という人もいるよね。プロミスだったらどんなライフスタイルの人でも便利に利用できるサービスを用意しているからね。

  • 店頭窓口
  • 自動契約機
  • 電話申し込み
  • 三井住友銀行のローン契約機
  • インターネット申し込み(プロミスの公式ページ)

プロミスでお金を借りるならこのような方法が用意されているから、どんなタイプでお金を借りるかはそれぞれの好みやライフスタイル次第ということになるだろうね。

 

おすすめは何と言ってもインターネット申し込みとなるけど、ネットを利用したら借入れや返済も可能になるから、普段からパソコンやスマホでネットを利用しているなら簡単に手続きすることができるよ。

 

プロミスでお金を借りるなら便利な方法はある?返済も心配

プロミスの申し込み方法には、それぞれのライフスタイルに合わせたいくつもの種類が用意されているけど、実際にお金を借りる時や返済する時も便利なのか、簡単にできるのか気になるところだよね。

 

2015年3月の時点で言えば、プロミスの全国の店舗数は1128店舗となっていて、直接スタッフに相談ができるお客様サービスプラザについては18カ所もあるんだ。契約やカードの即日発行も可能となっている便利な自動契約機に至っては、1,000ケ所を超えているから、おそらく住所のある場所に最低でも1か所くらいはいずれかの店舗があると思うよ。

 

自動契約機なら無人だから、プロミスのスタッフと対面するのは嫌という人にも向いているだろうね。自動契約機でカードを発行すれば自宅に契約書類やカードが郵送されてくるのを防げるというメリットもあるんだ。家族バレが心配な人に向いている契約方法と言えるだろうね。

 

手元にカードがあればコンビニに設置されているATMからでもお金を借りることも返済することもが可能だけど、全国に24,000ヶ所を超える提携ATMがあるから、更に使い勝手は良いはずだよね。

 

別の言い方をすれば、プロミスの実店舗が家の近くになくても、自動契約機や利用可能なATMのあるお店が最寄りのプロミスの店舗ということになるよね。

 

プロミスの口コミや評判が気になる!利用者の評価はどのくらい?

プロミスでお金を借りるなら、事前に実際にプロミスを利用したことのある人から評判を聞いておくのもおすすめだよ。大手の消費者金融だから法外な金利を取られたということは全くなくても、使い勝手の良さは実際のところどうなのか気になるものだよね。

 

プロミスの口コミサイトでの評判を見ると、一番多いのは「便利で使い勝手が良い」ということみたいなんだよね。パソコンだけでなくてスマホでも場所や時間を選ばずに申し込みできるということがその理由みたいだよ。ネットで申し込みができるから、店頭に出向くことなく手続きできるし、誰にも会わずにお金を借りられると好評のようなんだ。

 

気軽に申し込みできるというのはプロミスの魅力と言えるけど、その他にも提携のコンビニが多いということも高い評価を得ている理由みたいだよ。コンビニなら1軒くらいは家の近くにもあると思うけど、おそらくそのお店に置いてあるATMでもプロミスからお金を借りることは可能だろうね。
自宅の近くにはないけど、勤務先の近くならコンビニがあるなら同じように便利にプロミスからお金を借りることができると思うよ。

 

お金を借りることに対して基本的に後ろめたいという気持ちを持っている人は多いようだから、誰にも知られずにお金を借りることができるのが一番だし、その点でもプロミスはおすすめと言えるんだよね。

 

口コミの評判とは違う客観的な視点でのプロミスのメリット・デメリット

プロミスは口コミの評判も良く、安心してカードローンでお金を借りることができるキャッシングサービスと言えるんだ。メリットの多い消費者金融であることは間違いないけど、デメリットも少しだけ存在しているようだから確認しておく必要があるんだ。お金を借りたら当然だけど返す必要があるし、その際に都合が悪いと感じることのないように予め知っておいた方が良いこともあるからね。

 

プロミスを利用するメリットとは

プロミスを利用するメリットは、大手の消費者金融だけあって本当に多いんだよね。

  • 30日間無利息期間がある(初回のみ、WEB明細の利用登録・メールアドレスの登録が条件)
  • 審査は最短30分、最短1時間で融資可能
  • 申し込みがネットからできる
  • 借入れや返済がネットからできる
  • 自動契約機が用意されている
  • WEB完結で契約可能

プロミスには30日間無利息サービスがあるんだ。初回の出金でしか利用できないけど、上記のような条件を満たしていれば、借入れの翌日から30日間は無利子でお金を借りることが可能なんだ。
審査は最短30分という早さだし、融資までの時間も最短1時間となっているから急ぎでお金を借りたい人は即日融資も可能なプロミスはおすすめと言えるだろうね。

 

プロミスは、申し込みや借入れ・返済まで全ての手続きがインターネットを利用できるようになっているんだ。自宅に居ながら、誰にも会わずにお金を借りたり返済したりできるのは非常に便利だよね。

 

即日融資に欠かせないのが自動契約機なんだよね。通所はプロミスの場合だと9時~14時50分が当日の振り込み受付け時間となっているけど、プロミスの自動契約機なら土日祝日でも関係なく9時~22時(※一部店舗では営業時間が異なるので注意)、三井住友銀行ローン契約機なら9時~21時(※契約機により営業時間、休日が異なります。)まで営業しているから、カードを発行するなら遅い時間になっても即日融資にまだ間に合うんだ。

 

プロミスの契約方法には来店とWEBの2つの方法があるから、カードレスで郵送物なしの利用も可能になっているよ。ただしこの場合には振込みを依頼する時間に注意が必要だよ。

 

プロミスを利用するデメリットとは

プロミスにはメリットが多いから便利な消費者金融と言えるけど、少しだけデメリットもあるんだ。
大手キャッシングサービスのプロミスは、利息制限法の上限金利をきちんと守っているから、法律に沿った営業をしている訳だけど、どうしても銀行カードローンと比較すると高めの金利になってしまうんだ。

 

とは言え、消費者金融は元々少額融資に向いているキャッシングサービスだから高額融資を受けるのでなければ、銀行との金利差はそれほどないと言えるんだよね。借入れの金額だけでなくて借りている期間が短ければ、同様にあまり金利差を感じることはないんだ。

 

借りるお金が少額、お金を借りてもすぐに返せるという場合には安心感の高い消費者金融の1つであるプロミスの利用はおすすめと言えるよ。