お金を借りる 親

MENU
「お金を借りたいけど、どこにしよう・・・」と悩んでいる方へ。



銀行や信金よりも「有利」な条件のある借入先をご存知ですか?

全国どこからでも24時間申し込みができるサービスがプロミスというサービスで、実は銀行よりも速い時間で融資を受けられるケースも多いのです。

プロミスは、借り入れ可能か、簡単3秒診断(無記名でOK)というのがとても便利で人気があります。(プロミスは1万円からお借り入れが可能です)

借りれるという診断が出てから正式に申し込めばいいので一度試してみてはいかがでしょうか?

◎→プロミス事前3秒診断の公式ページ


プロミスのおすすめポイント
全国どこからでも申し込み可能
24時間申込可能
最短1時間融資
来店・保証人・担保→不要
借入のことをバレないように配慮
・・・大手ですから安心感と信頼感は抜群です

親からお金を借りる時に注意したいことは何?


日常生活の中で、どうしてもお金を借りることができないと困るという場面も時にはあるだろうね。自分の力ではどうにもならない経済的ピンチの時、金欠の状況から抜け出すためには誰かの助けが必要になると思うんだ。

 

知り合いや顔見知りからお金を借りる時には、借金を申し出るタイミングを計るのに苦労することだろうね。何の前触れもなくいきなり「お金を貸して欲しい」というのも唐突過ぎるし、言い方次第では今後の関係性に影響が出てしまったり、今まで築き上げてきた信頼関係が駄目になってしまうことだってあるからね。

 

他人からお金を借りるには何よりも信用が第一になるよね。一定の手続きが必要になる場合もあるし、気を遣わなくてはいけないことも多いと思うんだ。他人ではなくて血縁関係にある人なら、もう少し借金の申し出も切り出しやすいかも知れないよね。

 

最も近い存在である親なら簡単にお金を借りることができるのだろうか、そう思う人もいると思うけど、親であっても自分達の生活もあるし、いつでもいくらまでもお金をかしてくれるとは限らないというのが現状と言えるんだ。場合によっては税金が関わって来ることもあるし、親なら無利息で借りれるという考えは通用しない場合もあるよ。

 

お金を借りる相手が親だとしても、子供を心配する親の気持ちを大事にしながら、必要なお金を貸してもらうにはどうしたら良いのか考える必要があるんだよ。親子間のお金の貸し借りでもトラブルが起きる場合もあるからね。

類似サイト:お金の借り方~親編~

親からお金を借りる!借用書の作成は必要になるの?


お金を借りる相手が親なら、ただ現金を親から手渡してもらうだけで済むのか気になるところだよね。少額融資を親から受ける場合には問題ないかも知れないけど、血縁関係にあるとは言えお金の貸し借りはきちんとしておいた方がいいと言えるんだ。

 

たとえ身内からの借入れでも、借用書や契約書を作成しておくことをおすすめするよ。お金の問題となると相手が親でもトラブルが起きる可能性もあるし、今後の良好な関係を保って行くためにも確かにお金を借りたという証拠を書面として残しておくのは大事なこととなんだよ。

 

子供にお金を貸す時には、内心では返してくれなくても良いと思う親もいるかも知れない。契約書や借用書も必要ないという親もいるだろうね。親からお金を借りる場合、親の好意に甘えたくなるかも知れないけど、実は親子間のお金の貸し借りには税金が絡んでくることもあるから要注意なんだ。

 

借用書などがないと、たとえお金を貸した・借りたと言っても贈与としてみなされて、場合によっては税金が発生することもあるんだよ。親からお金を借りることで、親子と言えども関係に傷がつくこともあるし、税金も関係してくるということを覚えておく必要があるよ。借用書や契約書の作成もおすすめだよ。

 

親から借りたお金を返す時は利息も支払うの?


親からお金を借りるなら金利は関係ないと思っている人は多いだろうね。親だけでなくて個人なら金融機関からお金を借りる訳じゃないし、無利子になるのは当たり前と考えるものだよね。親から少額融資を受ける場合ならそれほど問題にはならないようだけど、たとえば住宅ローンを組む時の頭金として高額融資を受けたい時には話しが違って来るんだ。

 

親から借りる金額が高額となる場合、無利子でお金を借りると利息に相当する分を贈与とみなされて贈与税が発生することもあるんだよ。親から借りたお金を返済する時、分割払いするなら毎月一定の金額を返すことになるだろうけど、その金額に利息分も足して支払いをする必要があるんだ。

 

1万円や2万円など少額なら特に問題とされない場合でも、高額の場合には税務署から贈与税を課せられる場合もあるから注意が必要だよ。

 

親からお金を借りても贈与税がかからない方法は1つだけあって、親からお金を借りたことを証明できる書類を用意しておくことがおすすめとなるんだ。借用書や契約書を作成して、必要な項目の中に金利も追加しておくことが大事になるんだよ。親からお金を借りていること、きちんと利息の支払いもしていることを証明することが可能になるからね。

 

金利はどのくらいになるかと言えば、銀行の金利を参考にしても良いと思うし、それよりも低金利になることも親子という間柄なら有り得るかも知れないね。無利子でなければ金利を安くしてもらっても大丈夫みたいだよ。無金利は駄目だけど、少しでも利子を払えば贈与税の支払い義務が発生するのを回避できるだろうね。

 

親からお金を借りる時の贈与税や相続税について


親からお金を借りる場合にも税金の問題が発生することがあると聞けば、具体的にはどんな時なのか知りたいと思うよね。関係してくる税金には贈与税や相続税があるんだけど、その内容は次のような感じになっているんだよね。

 

銀行や消費者金融からお金を借りるなら、贈与税や相続税の支払いが必要になることはないよね。金融機関に支払うのは借入れの元金と利息の合計額のみとなる訳だから。親からお金を借りた場合には、税務署がそのお金をどう判断するかによって税金の支払いが必要になることもあるんだ。

 

親から高額の借り入れをしているにも関わらず利息の支払いをしなければ、その利息に相当する金額は利益を得たことになり、贈与税の対象となるんだよ。親からお金を借りた事実を証明する借用書や契約書の作成をしていないと、相続の時に生前贈与を受けたことになってしまう場合もあるよ。

 

親子間のお金の貸し借りであっても現在だけでなく将来にも影響を及ぼすこともあるんだよ。確かに親からお金を借りたという事実を証明する借用書や契約書、借りたお金をしっかりと返済している証拠となる銀行の預金通帳や振り込みの明細書などをきちんと保管しておく必要があるんだ。

 

親からお金を借りるならどんな頼み方が一番おすすめ?


いくら金欠の状況で今すぐお金が必要であっても、さすがに親にお金の無心をするのは気が引けるものだよね。親にとってはいつまでも子供であるとは言え、自立している大人としてのプライドもあるし、親にも生活があるからね。親子であってもお金のことは別の話ということもあるからね。

 

子供として親に心配をかけたくないという気持ちがあっても、どうしても親にお金を借りる他に経済的ピンチから抜け出す方法はない時には、親に相談をする必要も出てくるよね。

 

単刀直入に「お金貸して!」と言えたらどんなか楽かも知れないけど、親の感情を害することなくきちんと返済する意思があることを伝えながら借金を頼む方法でおすすめなのは、こんなことかも知れないよ。

  • 借用書を作成するから金を貸してくださいと頼む
  • 金利もしっかりと支払うという条件付きでお金を借りたいと頼む

親からお金を借りる場合であっても借用書の作成や金利の支払いは必要になるんだ。親が安心してお金を貸すことができるようにするためだけでなく、後から予想外に税金を支払うことになるのを防ぐためにも、この2つとも実践することをすすめするよ。

 

お金の貸し借りで親子関係にトラブルが生じて、疎遠になってしまうことだってあるからね。返済期日をきちんと借用書に記載し、その通りに毎月返済していくことは大切なことだよ。万が一、今月は出費が多くて返済するお金が足りないという時には、早めに連絡をしてその旨を伝えておく必要もあるよ。

 

金融機関のように遅延損害金を取られる心配は少ないかも知れないけど、親子でも信用を失うことで後からなんらかの影響が出てくる可能性もあるからね。返済が遅れる場合には、親の同意を得ておくことは大事なことだよ。

 

親にお金を借りる時の言い訳は必要?それとも不要?


親にお金を借りるしか生活費を工面する方法がないという時、大切な親に迷惑をかけてしまうという罪悪感も生まれることだろうね。親に申し訳ないという気持ちがありながらも、借金の申し出をしなくてはいけない時にはつい言い訳を考えてしまうものだよね。

 

少しでも体裁を良くしたいという気持ちもあるだろし、親に心配をかけたくないという気持ちも働くからだよね。他の人は親にお金を借りる場合どうしているか気になると思うけど、口コミを参考に言うならばお金を借りる理由を言う時には言い訳ではなく正直に事実だけを話す方がいいみたいだよ。

 

親にお金を借りる時に、嘘の言い訳を伝えてしまうと、後からどんな言い訳を言ったのが忘れてしまうこともあるんだ。嘘が親にバレた時にはたとえ親子間であっても信用を失うことになるし、親を悲しませてしまうことだってあるんだよ。相手が親であってもお金を借りる以上は、その理由を正直に言うべきだし、言い訳は不要と言えるだろうね。(関連記事→お金を借りるのにいい理由や言い訳は何?相手に適した使い分けとは |まねほし

 

親からお金を借りる時の理由で多いのはどんなこと?


「親からお金を借りるのは自分だけ?」と心配になる人もいると思うけど、実際には以下のようにさまざまな理由で親からお金を借りる人は他にも多くいるし、決して非常識なことではないと言えるだろうね。

  • マイホーム購入で住宅ローン申し込みの際に資金の一部として借りた
  • 転職や退職で一時的にお金に困っている
  • 子供の教育費の捻出が難しい
  • 車を買う時のマイカーローン申し込みの際に資金の一部として借りた
  • 結婚資金が足りない
  • 生活費が不足している

親からお金を借りたい時は比較的高額な資金を必要とする場合が多いみたいだよね。必要な資金の一部を援助して欲しい時に頼るというのが親からお金を借りる理由として一般的となっているのかも知れないね。口コミから見ることのできる体験談にはこのようなことがあるんだよね。

 

マイホーム購入で住宅ローン申し込みの際に親からお金を借りた


マイホーム購入には頭金が必要なことも多いよね。住宅ローンを組む時に頭金として必要とされる金額を用意できないという時、その一部を親から借りる場合もあるだろうね。高額になると親以外には頼る所がないという人も多いみたいだよ。

 

マイホームは一生に1度の大きな買い物と言えるし、できれば住宅ローンを組むことなく親からお金を借りることができたら助かるだろうね。審査を受ける必要もないし、無利子でお金を借りることができるかも知れないからね。

 

住宅ローンの契約をすることなく親から借りたお金でマイホームを購入する場合、注意したいのは利息の支払いなんだ。たとえば、マイホームの購入資金が2,000万円である時、親から全額を貸してもらう場合には借りたお金と一緒に利息も支払う必要があるんだよ。

 

利息を支払わないと贈与とみなされ、462万円の贈与税を支払う必要が出てくるんだ。税金を支払ったら借りたお金が目減りすることになってしまうよね。税金を支払うなら利息を支払った方が圧倒的に安く済むと言えるだろうね。税務署にお金を払うなら、高額融資をしてくれた親に利息を支払った方がマシと言えるだろうね。

 

親からの借入れには時には税金が関係して来ることがある訳だけど、税率などの疑問点も含めて心配なことがある場合には税理士に相談してみるといいよ。借用書の作成について相談することもできるし、金利はどのくらいにしたらいいかなど確認することもできるからね。

 

退職や転職で一時的にお金に困っている


転職すると、次の勤務先で貰う給料の金額がそれまで勤めていた会社と比較して大幅に安くなってしまうこともあるよね。新しい会社で給料が支給されるまでに日があるという場合にも、それまでの生活費がなくて困ったということもあるだろうね。
給料の金額が減ってしまっても、一時的に無収入になっても食費や光熱費、子供の学費、住宅ローンの返済、携帯代の支払いなどは容赦なくやってくるものだよね。一時的な繋ぎとして親からお金を借りる人は多いみたいだよ。給料が減ってしまったことや会社を転職・退職したことを親に内緒にしてお金を借りる人も多いみたいだけど、今後のために正直に説明しておくことをおすすめするよ。

 

子供の教育費の捻出が難しい


子供の高校や大学の進学に高額なお金がかかるため、どうしても親としてその費用を捻出する必要がある時もあるだろうね。まとまったお金をすぐに出すことができない場合にはボーナスが支給されるまで親から借金するという場合もあると思うんだ。

 

親の方も可愛い孫のために惜しみなくお金を出すということもあると思うけど、親に大きなお金を借りる時には税金のことも考える必要があるだろうね。

 

車を買う時のマイカーローン申し込みの際に資金の一部として借りた


都会に住んでいる人だったら、車がなくても電車やバスを利用すれば通勤・通学の足には困らないかも知れないね。首都圏以外で交通の便の悪い地域に住んでいる場合だと、駅まで距離があったり電車の本数が少ないなどで公共の交通機関を余り利用できないということもあるだろうね。

 

通勤や通学だけでなく、普段の買い物にも近くに店がほとんどないという所に住んでいれば、車が生活の必需品となる場合も多くなるよね。

 

車の購入を考える時、高い買い物となるため代金の支払いについて悩む人も多いと思うんだ。車を購入できたとしてもガソリン代や保険、車検や駐車場の賃料など維持費がかかるというデメリットもあるだろうね。とは言え、車がある場合の便利さを考えたら、どうしても車が欲しいと思うこともあると思うんだ。

 

マイカーローンを利用するのが一般的な車の購入方法と言えるだろけど、何かの理由によってローン審査に落ちたりすることだってあるかも知れないよね。どこからもお金を借りることができない時に車の購入資金を借りられるのはやっぱり親と言えるだろうね。

 

新車や中古車を買う資金を親から借りることができれば今すぐにでも欲しい車を手に入れることができるし、ローンを組む代わりに毎月同じ金額を親に返済していくという方法もあるよね。親だったらローン審査に通ることができない事情があっても審査なしでお金を借りることができるからね。

 

車の購入費用を親から借りる場合に注意したいのは、マイホームを購入する時と比較すればそれほどの大きなお金にはならないけど高額になる可能性もあることから借用書を作成して行く必要もあるということなんだ。親子間のお金の貸し借りが原因で親子の仲が悪くなったりすることもあるからね。毎月の返済期日をいつにするか、返済金額はどのくらいにするかなどを借用書にしっかり記載して返済の約束をしておくことが大事なんだ。

 

借用書を作成しないで親からお金を借りると、その金額によっては贈与税が課される場合もあるんだよ。親から借りるお金が一年間で110万円までなら贈与税の対象とならないけど、それ以上の金額となると税金の支払いが発生することになるんだ。親から借りた金額をはっきりと書類に残しておくことは税金の支払いにも大きな影響を及ぼすことを覚えておく必要があるよ。

 

結婚資金が足りない


結婚式の費用は人により大きな開きがあるけど、平均の結婚資金の総額で言うならマイカーを購入するよりも高額になることもあるだろうね。結婚式ではご祝儀を招待客から受取ることができるし、冠婚葬祭に必要となる必要はこういう時に得ることのできる収入で賄うことも可能だよね。

 

たとえば結婚式場に支払う費用は、契約の際に一定の金額を前金として渡す場合も多いよね。その場で支払いするためのお金が足りない場合には、親からお金を借りることもあるだろうね。当日、ご祝儀で残りの結婚式場への支払いや親から借金した分の返済ができる場合もあるからね。

 

一般的には目的がご祝儀を貰うことであれば、贈与税の課税対象になる心配はないんだ。ただし会社の同僚や友達ではなく親や身内から預貯金でご祝儀としてお金を貰った場合には課税の対象になることもあるから注意が必要だよ。

 

生活費が不足している


親からお金を借りる理由で最も一般的なのが生活費の不足かも知れないね。勤めている会社が倒産したりして仕事を失った時には、当面の生活費に困ることも多いと思うんだ。冠婚葬祭で急にお金が必要になる時もあるし、金欠の状況でもお金を借りるなどして金策に走らなければならないこともあるだろうね。

 

親ならば、急にまとまったお金が必要になったことが理由で生活費が不足してしまったら一番に頼れる先と言えるかも知れない。借金に関する口コミの体験談でも、金欠で生活費を親から借りたというケースはとても多いからね。

 

両親にも自分達の生活費が必要だし、定年の年齢に達している親だったら年金暮らしをしている可能性もあるよね。親に申し訳ないと思いながらもどうしてもお金を借りる必要がある場合には、失業中であれば失業保険が振り込みされた時に少しずつ返済することが大事だよ。新たな仕事が見つかり再就職できて給料が安定した時に一括返済するという方法もあるし、少しでも早く親から借りたお金を返すよう心掛けることはおすすめしたいポイントだよ。

 

親子だから借りたお金を返す必要はないと思っている人もいるかも知れないけど、金額が多い場合には贈与税も発生してくるし、借用書を書いて返済期日や金利なども明らかにしておくことも必要になってくるんだ。相手が親であっても約束を守ることは大切なことだよ。

 

学生が親からお金を借りるのはどんな時?


大学生や短大生・専門学校生などの学生だと高校生とは違い交友範囲も広くなることから、毎月のお小遣いだけでは足らずに親からお金を借りることもあるだろうね。アルバイトをして自分の生活費は自分で稼いでいるという人もいるとは思うけど、それでもバイト代が少ない時には金欠の状況になることもあると思うんだ。

 

生活費だけでなくて、大学の費用などの学費や通学のための交通費もバイトで稼いでいるという学生の人もいると思うけど、学費だけでなくてサークル活動や飲み会にもお金がかかる場合もあるよね。学費だけなら奨学金とアルバイトでなんとか捻出できるけど交際費までは出せないという時、親なら次のバイト代が出るまでお金を借りることができるかも知れないね。

 

就職に自動車の普通免許が必要ということも意外に多いよね。就職活動に入る前に自動車学校に通う学生は多いし、平均で30万円ほどの費用が必要になるから、一時的に運転免許証の取得のために親からお金を借りる学生もいると思うんだ。親から借りたお金の返済ならバイト代から毎月支払っていくという方法もあるだろうし、学生が一番安心できる借金のやり方と言って良いだろうね。

 

どうすればいい?家族や身近な人が親からお金を借りる事実が発覚した時!


家族や身近な人が自分に秘密でお金を借りるという事実が発覚した時には、どうしたらいいんだろう。自分の立場も人それぞれだよね。

  • 夫・妻
  • 彼氏・彼女
  • 父親・母親
  • 子供

夫が妻に内緒で親からお金を借りることもあるだろうし、その反対のケースもあるよね。夫が妻にバレずに親からお金を借りる時、パチンコなどのギャンブルでお小遣いを使い果たしてしまったなどの理由も考えられるから、妻としては気になるところだよね。純粋に会社の同僚と飲み会をやったことが理由でお小遣いが一気になくなってしまったということも考えられるとは思うけどね。

 

配偶者が親から借金したことが分ったら、まずその理由を聞き出すのが普通だろうね。相手を問い詰めるよりも、親からお金を借りるようなことが今後も起きることがないように、充分に話し合うことが必要だろうね。

 

彼女に内緒で彼氏が親からお金を借りることもあるだろうけど、特に一緒に暮らしていたら相手の経済状況も分るし、どんな理由でお金が必要だったのか疑問に感じることだろうね。学生だったら、大学の学費の支払いで親からお金を借りることもあるだろうけど。

 

母親や父親に内緒で子供が祖父や祖母にお金を借りることもあるだろうね。お金を借りる理由がギャンブルだったら心配になるし、闇金からお金を借りる場合だと法外な利息を支払うことが理由かも知れないね。子供には自分達で内緒にお金を貸すことがないように親に言っておく必要があると思うよ。子供がまたお金が足りないと相談して来た時には、すぐに教えてくれるように頼んでおくことも必要だね。

 

反対のケースでは子供に内緒で母親や父親が自分の親からお金を借りることもあるだろうけど、それなら自分の教育費や生活費にお金がかかっているんだろうと思うだろうね。