お金を借りる 年齢

MENU
「お金を借りたいけど、どこにしよう・・・」と悩んでいる方へ。



銀行や信金よりも「有利」な条件のある借入先をご存知ですか?

全国どこからでも24時間申し込みができるサービスがプロミスというサービスで、実は銀行よりも速い時間で融資を受けられるケースも多いのです。

プロミスは、借り入れ可能か、簡単3秒診断(無記名でOK)というのがとても便利で人気があります。(プロミスは1万円からお借り入れが可能です)

借りれるという診断が出てから正式に申し込めばいいので一度試してみてはいかがでしょうか?

◎→プロミス事前3秒診断の公式ページ


プロミスのおすすめポイント
全国どこからでも申し込み可能
24時間申込可能
最短1時間融資
来店・保証人・担保→不要
借入のことをバレないように配慮
・・・大手ですから安心感と信頼感は抜群です

お金を借りる条件には年齢もある!何歳から利用可能なの?


誰にだって急な出費でお金を借りることを余儀なくされる場面は、人生の中で一度くらいはあるんじゃないかな?たとえば冠婚葬祭で突然まとまったお金が必要になったり、医療費が家計を圧迫してしまうこともあるよね。お金が足りない時には金融機関からカードローンやキャッシングを利用すれば何とか急場をしのぐことは可能だけど、その際に注意したいのが利用条件なんだ。

 

利用条件の中には「年齢」もあるんだよね。カードローンやキャッシングは何歳から利用可能なのかということは、利用する前に確認しておく必要があるよ。金融業者はお金を借りることができる年齢をきちんと定めているから、ホームページで商品説明などを熟読することは、申し込み手順の第一段階と言えるだろうね。

 

同じカードローンでも銀行と消費者金融では利用可能となっている年齢に違いがあるし、特に銀行だとそれぞれの会社によっても条件が変わるんだ。銀行にはカードローンの他にも住宅ローンやマイカーローンなどの高額融資の商品もあるしね。

 

クレジットカードの場合だと独自の年齢制限を設定ているカードもあるよ。18歳や19歳の未成年でも利用可能だったりするし、未成年が利用できると言えば学生ローンなんかもあるんだよね。

 

お金借りる際の年齢条件~銀行カードローンの場合~


お金を借りる時には年齢制限があるのが普通だけど、たとえば銀行カードローンではそれぞれの会社によって、取り扱っているローンによって利用可能な年齢には違いがあるんだよね。

  • 三井住友銀行:20歳以上65歳以下
  • みずほ銀行:20歳以上65歳未満
  • 三菱東京UFJ銀行::20歳以上65歳未満
  • 楽天銀行:20歳以上60歳以下
  • ジャパンネット銀行:20歳以上70歳未満
  • りそな銀行:20歳以上60歳未満
  • 新生銀行:20歳以上70歳以下
  • オリックス銀行:20歳以上65歳以下
  • イオン銀行:20歳以上65歳未満

銀行カードローンを利用するためには最低でも20歳に達している必要があるんだけど、上限の年齢についてはそれぞれの銀行によって違いがあることが分かるよね。新生銀行が70歳までの利用を可能としているのに対してりそな銀行では59歳までが利用可能となっているから、その差は11年という開きになっているんだよね。

 

一番多い年齢条件の上限は65歳前後に集中していて、会社員の人が定年になる年齢に関係していると言えるよね。銀行カードローンをどの会社で利用するかは、年齢制限と自分の条件が一致する所となってくるだろうね。

 

お金を借りる際の年齢条件~消費者金融からのキャッシングの場合~


銀行カードローンよりも比較的お金を借りる時に敷居が低めと言われている消費者金融の場合、銀行よりも年齢条件が平均して高めになっているんだよね。消費者金融の場合、銀行よりも少額融資をすることが多いことが理由の1つと言えるだろうね。

 

大手だとアコムやアイフル、モビットなど各社で年齢制限については「20歳以上69歳以下」となっていて、銀行がそれぞれに違う年齢を設定しているなか、大手の有名なキャッシングサービスの方では足並みを揃えている状況となっているんだ。

 

銀行と比較すると柔軟な審査がメリットと言えるし、その上に年齢条件が高めとなっている訳だから、消費者金融の方が手軽にお金を借りることができるというイメージはこんな点からも作られているんだろうね。

 

未成年も利用可能なクレジットカードのキャッシング


クレジットカードには買い物に利用できるショッピング枠の他にもキャッシング枠の利用が可能になっていて、カードを利用してATMからお金を借りることも可能になっているんだよね。

 

便利なクレジットカードの機能の1つとも言えるけど、銀行や消費者金融のカードローンやキャッシングが利用条件の最低年齢を20歳としているのに対して、クレジットカードなら高卒以上の18歳や19歳の未成年でも利用可能になっている所もあるんだよね。

 

未成年だって、友達や会社の同僚の結婚式のご祝儀でまとまったお金の準備が必要になることもあるだろうし、給料日前にお金を工面するのは難しい場合もあるよね。なんとか生活費から結婚祝いのお金を捻出することはできても、そのために給料日までの食費が足りなくなってしまうこともあるだろうしね。

 

クレジットカードの申し込みは正社員の人でなくても、たとえアルバイトやパート・派遣社員であってもできるから、安定した収入があり審査に通ることができる人ならクレジットカードを持つことは可能だよ。キャッシング枠が設定されているカードが手元にあれば、必要な時にすぐにお金を借りることができるから、20歳を過ぎなくても今すぐ必要なお金を借りることができる1つの方法とも言えるだろうね。

 

未成年がクレジットカードからキャッシングを利用する場合、利用可能となる金額は5万円~10万円が一般的と言われているから、高額融資を受けるのは難しいと思うよ。社会人でないために返済能力に少々心配があることから多くのお金を借りるは難しいだろうね。とは言え、冠婚葬祭の出費や携帯代の支払いなら何とか捻出可能と言えるんじゃないかな。

 

20歳未満の未成年だとクレジットカードの申し込みに親の同意が必要になるから、親に内緒でクレジットカードからお金を借りることは難しいと思っていた方がいいだろうね。

 

学生ローンにも年齢制限はあるの?


学生がお金を借りる際の選択肢は社会人よりも多いと言えるかも知れないんだよね。学生の場合、どうやってお金を借りるかと言えば、銀行カードローンや消費者金融、クレジットカードのキャッシングの他にも、学生ローンの利用もできるから、社会人よりも多くの業者から選ぶことが可能になっているんだ。

 

学生ローンとは学生であることを条件としてお金を借りることができる消費者金融の一種なんだけど、利用条件はアルバイトなどの安定した収入があること。その他にも業者によって20歳以上であることが必要なことも多いよ。だたし年齢条件は各社まちまちとなっていて、一部では18歳や19歳の未成年も利用可能だし親の承諾も必要としない業者も存在している場合もあるにはあるけどね。

 

未成年でも利用できる一部の学生ローンを除き、基本的には20歳以上ならば親に内緒でお金を借りることも可能だし、業者の方もも学生が卒業して就職をすることを見越して、今の内に顧客として取り込んでおこうという狙いがあるんだよね。

 

未来の社会人を一人でも多く獲得することで今現在だけでなく将来的な利益も見込めるし、学生のうちに利用しておけば社会人になっても引き続きお金を借りることが可能という仕組みができ上がっているからね。

 

学生ローンは一般的な消費者金融よりも少しだけ金利が低めになっているから、社会人になってからもお金を借りることができるように、20歳を過ぎたら契約だけでもしておくと良いかも知れないよ。

 

マイカーローンの年齢制限、18歳未満でも車の購入にで契約できる?


社会人だけでなくて学生でも、運転免許証を所得すれば未成年であっても車を購入したいと考える人もいるだろうね。通学の際に交通の便の悪い地域に住んでいる人だと、電車やバスの本数が少ないなどで「車があったら便利なのに」と思うだろうからね。

 

東京に下宿している人だったら利用できる交通機関が多いから移動が楽だし便利になっているけど、郊外になるに連れてその便利さを感じ難くなっていくもんだよね。

 

通学の際の移動時間を節約するためにも、本数の少ない電車やバスを待つくらいなら車を使った方が便利と思うだろうし、その際にはやっぱり車を買いたいと考えるだろうね。

 

車を買うと言っても高額の買い物となるから現金で一括払いする人は少ないだろうし、全額返済は学生の身では社会人以上に難しいことだよね。マイカーローンを使えば手元にまとまった現金がなくても車の購入が可能になるから、ローンを組んで車を買うのが一般的となっているんだ。

 

特に学生の人がマイカーローンを組む時に気になるのが年齢条件だよね。ローンの契約は20歳になっていない未成年でも結べるのか疑問に思うだろうね。結論としては基本的には20歳以上の人がマイカーローンでお金を借りることができるようになっているんだよね。

 

一部のローン会社では20歳未満でもマイカーローンに申し込みできる場合もあるみたいだけど、未成年が単独で契約を結ぶ場合には、一方的にその契約の取り消しができるようになっているから、未成年の申し込みOKとなっているローン会社では保護者の連帯保証人がいることを条件としているんだよね。

 

親に内緒でお金を借りられるようになるのは20歳になってからと理解して、車が必要なことを正直に親に説明して親にマイカーローンを組んでもらう方が無難と言えるだろうね。どうしても自分自身の力で車を買いたいという時でも、未成年だと契約で連帯保証人がいることが条件となるし、親に相談する必要があるよね。親に内緒で車を購入するのは20歳になってからということになるよね。

 

住宅ローンにも年齢制限はある?


自分の家を買うことは人生の目標の1つでもあるだろうね。特に男性ならその気持ちは強いと思うけど、マイホームの購入には大きな資金が必要だし、親から援助を受けたり遺産相続をした後などでまとまったお金を手にした時以外は、住宅ローンからお金を借りる必要があるだろうね。

 

マイカーローンを組む時よりも高額の融資を受ける必要のある住宅ローンやマイホームローンは、何歳から利用可能なのか知っているかな?どんな場所でお金を借りる場合であっても金融機関では年齢条件を設定しているから、「○○歳~○○歳まで」という年齢制限を設けている所がほとんどなんだよね。

 

住宅ローンの場合、利用する金融機関によって違いがあるけど、ローンの申し込みをする時点で20歳~70歳までという条件になっている所が多いみたいだよ。さらにローンを完済する年齢が80歳までという条件がある場合もあるから、年齢条件については事前に確認することが必要になるんだ。

 

未成年でも10代で結婚する人だっているから、マイホームを購入したいと思うかも知れないよね。法律では婚姻することで未成年も成人として扱われるという決まりがあるから、住宅ローンの契約ができるかは微妙となってくるかも知れない。それでも、未成年だと親の連帯保証人が必要になる場合もあるだろうし、その前に申し込み自体が可能かは利用する銀行やその他の住宅ローン取り扱いの金融会社に確認する必要があるよね。

 

お金を借りる人の年齢別でキャッシングできる可能性はどのくらい?


お金を借りたいと思うのは、正社員や公務員だけでなくてアルバイトやパートでも同じと言えるよね。学生の人だって学費や生活費が足りないことだってあると思うし、年齢に関わらず「お金が欲しい!」と思うことはあるはず。

  • 中学生
  • 高校生
  • 高齢者(年金受給者)

このような人達も同じようにお金に困ることはあるよね。
果たして、このような年齢の人でもお金を借りることは可能なのだろうか?

 

中学生の年齢でもお金を借りることは可能?


中学生と言えば、年齢は12歳~15歳くらいだよね。この年齢の人でもお金を借りることを考えることはあると思うよ。基本的に親からもらう毎月のお小遣いやお年玉が中学生の唯一の収入源と言えるだろうけど、欲しいゲームソフトの値段が高額なことが多いから、1つ買ったらお小遣いをその場で使い果たしてしまうことも珍しくないだろうね。

 

その後に欲しいゲームソフトが出たら、誕生日やクリスマスのプレゼントとして親が買ってくれるのを楽しみに待つという方法もあるけど、多くは親からお小遣いの前借りをして早めに購入するという方が手っ取り早いと考える人は多いかも知れないね。

 

中学生がお金を借りることを考えるなら、親が一番確実だよね。20歳以上の人が利用するような銀行や消費者金融のカードローンは中学生だと利用不可だし、学生ローンやクレジットカードなら未成年でも利用可能なサービスもあるけど、高卒以上となっているからね。

 

親にお金を借りることができないと、後は友達が借入先となる場合もあるだろうけど、だとしたら注意が必要になるよ。今すぐ欲しいものを買うために友達にお金を借りることもあるかも知れないけど、お金を借りるなら約束の返済期日までにしっかり返さないと、親を巻き込むようなトラブルに発展することもあるからね。

 

初めは千円とか二千円などの少額のお金を借りるつもりであっても、「ちりも積もれば山となる」のことわざの通りに気付いたら何万円もの借金になっていたというケースもあるんだ。「借金は大人になって安定した収入を得られるようになってからするもの」ということを覚えておいた方が良いよ。

 

銀行や消費者金融など安心してお金が借りれらる金融機関では、返済能力のある20歳以上の成人にしか融資をしてくれないからね。たとえ借入先が友人であっても中学生のうちから借金をすることは決しておすすめできないことだよ。

 

高校生の年齢でもお金を借りることは可能?


高校生は中学生とは違って交友範囲も大分広がるため、今まで親から貰っていた毎月のお小遣いでは足りないということも多くあると思うよ。たとえば、部活動の帰りに友達とコンビニに寄って買い物をし、イートインなどでその場で食べるという人もいると思うし、何かとお金が必要となる場面が増えるものだよね。

 

高校生になると部活動をしている人でも、その合間を縫うように空き時間でアルバイトをする人もいるよね。また、部活に入っていない人だったら、毎日のようにアルバイトをして高校生ながら月に何万円も稼いでいる人も珍しくないだろうね。夏休みや冬休み、そして春休みの長期休暇には朝から夕方までアルバイトをして、パートの人と同じような給料を貰っている高校生もいるだろうね。

 

毎月安定した収入を得ている高校生もいると思うけど、時にはそれでもお金が足りないということもあるだろうね。夏休みに友達と旅行に行くとか、一目で気に入った洋服を買いたいとか、いろいろな理由でアルバイトの給料では足りない時もあると思うよ。

 

アルバイトをしている人なら給料の前借りも利用目的によっては可能だけど、遊びに使うのが理由だとかなり難しいことになるんだよね。残念ながら金融機関からお金を借りることを希望しても高校生の利用は不可となっているし、最終的に頼れるのはやっぱり親だけということになるだろうね。

 

友達もアルバイトをしていれば1万円くらいのお金を借りることくらいは可能かも知れないけど、金額が大きくなればなるほど、約束通りに返済できなかった時の影響が大きくなるから注意が必要だよ。友達との関係に傷がつくような個人間のお金の貸し借りはおすすめできないし、もしお金を借りるようなことがあれば計画的にきちんと返済するようにする必要があるんだよ。
高校卒業後に大学や短大、専門学校などに進学をして、アルバイトなどで毎月安定した収入があれば、一部の学生ローンなら20歳未満の未成年でもお金を借りることが可能になっているんだ。だから、それまではアルバイトの給料と親からのお小遣いで何とか節約をしていくしか方法は無いと思うよ。

 

年金受給者など高齢者だとお金を借りることは無理?


高齢者になると年金受給の資格を得ることができるようになり、生活費を年金で賄えるようになるよね。それでも年金だけでは生活費が不足するという人はとても多いようで、時にはお金を借りたいということもあると思うよ。銀行だと年齢条件が65歳未満や以下となっていることが多いから、年金受給者の利用は実質的に無理な場合が多いだろうね。

 

消費者金融なら69歳までの利用が可能になっているから、年齢制限をクリアできる人もいると思うよ。審査に通ることができればの話とはなるけどね。何故かと言えば、融資をする側の金融機関としては返済能力のある人にしかお金を貸すことができないし、収入源が年金に限られてしまっている人だと返済に不安を感じてしまうからなんだ。

 

カードローンやキャッシングの利用ができるかどうかは、年齢条件を満たしているだけでは判断できないから、とりあえず申し込みをしてみて審査に通過することができるか、その結果次第ということになってしまうんだよね。

 

もし残念ながらキャッシング審査に落ちてしまった場合には、独立行政福祉医療機構が行っている、「年金担保貸付事業」を利用してみると良いと思うよ。年金を担保としてお金を借りることができるから、これなら年金受給者なら利用できる可能性が高いと思うんだよね。

 

融資可能な金額は10万円~250万円となっているから、医療費などの予定外の出費に対応してくれる便利な融資制度と言えるだろうね。具体的な融資制度の利用使途はこんな感じになっているだよね。

  • 介護福祉
  • 保健医療
  • 冠婚葬祭
  • 住宅改修
  • 事業維持
  • 教育

利用使途はこのような内容に限定されてしまうから、旅行費用に利用することなどは不可となるんだ。融資可能な金額については、受給している年間の年金合計額の範囲内ということになるよ。利用条件として金利については、年利1.6%となっているから、銀行カードローンや消費者金融でお金を借りるよりも低金利なので、年金受給者にとっては非常に便利な融資制度と言えるよね。

 

保証人を立てる事ができない場合でも信用料を支払えば保証人不要となるし、年齢制限のためどこからもお金を借りることができないという高齢者の人は、申し込みしてみると良いかも知れないね。

 

高齢者にも役立つ住宅購入支援制度について


マイホーム購入の際の公的な支援制度があって、高齢者の人にも役立つ内容となっているんだよね。住宅の購入資金は現金や住宅ローンで支払いをすることになるよね。

 

住宅ローンを組んだ場合には税金の優遇があるけど、現金でマイホームを購入した場合にも「すまい給付金」で最大30万円を受取ることが可能になるんだよね。給付金を受取る方法については、給付金事務局に申請をするだけとなるんだけど、これには締切りがあるから注意が必要だよ。

 

給付金の申請期間については、マイホームの引き渡しから1年3ヶ月以内という期限が決められているから、忘れることのないようにしないとね。申請後は2ヶ月前後で振込みされるから、今すぐお金をもらうことは難しいけどね。すまい給付金を受取る対象になれるのは、こんな場合になっているんだ。

  • 物件の持分のある人(共有者)なら配偶者が申請しても受給可能
  • 対象となるのは現金購入だけでなくローンを組んでいる場合も含まれる
  • 新築だけでなく中古住宅の購入でも対象となる
  • 住宅ローン減税との併用も可能

申請は入居後ならばすぐにできるから、なるべく早く手続きを開始した方が良いよね。

 

高齢者ならリバースモーゲージを利用してお金を借りる方法もある!


マイホームを保有しているため住む場所には困らないという人でも、高齢者となると住居費の他にもお金が必要になることもあるだろうね。年金だけでは生活費が不足する場合も多いし、突発的に医療費にお金が必要となることもあるよね。

 

老後の生活を支えるための融資に「リバースモーゲージ」という制度があるんだ。マイホームを持っている人ならば、自宅を担保としてお金を借りることができるんだけど、老後の生活を支えることを目的とした融資制度となっているんだよね。

 

リバースモーゲージという言葉は、大手銀行の1つである三井住友銀行が開始したことでも有名になったようだけど、自宅を担保としてお金を借りることができるため、お金が借りやすいという大きなメリットがあるんだよね。それだけでなくて、返済でもメリットがあって、生前に返済する義務がないということは大きな特徴となっているんだ。

 

債務者が亡くなった時に担保になっている住宅を売却し、そこから借りたお金を返済するという仕組みになっているから、自宅を子供に譲るなどの予定がなければ問題なく利用できるかも知れないよね。高齢者であることでお金を借りることが難しくなった場合でも、担保となるマイホームを持っている人なら銀行に相談してみたらいいと思うよ。

 

大手の銀行ならば取扱いをしているし、年齢条件については55歳~80歳前後となっているから、多くの人が利用の対象になれるかも知れないね。