年金受給者はお金借りれる?

MENU
「お金を借りたいけど、どこにしよう・・・」と悩んでいる方へ。



銀行や信金よりも「有利」な条件のある借入先をご存知ですか?

全国どこからでも24時間申し込みができるサービスがプロミスというサービスで、実は銀行よりも速い時間で融資を受けられるケースも多いのです。

プロミスは、借り入れ可能か、簡単3秒診断(無記名でOK)というのがとても便利で人気があります。(プロミスは1万円からお借り入れが可能です)

借りれるという診断が出てから正式に申し込めばいいので一度試してみてはいかがでしょうか?

◎→プロミス事前3秒診断の公式ページ


プロミスのおすすめポイント
全国どこからでも申し込み可能
24時間申込可能
最短1時間融資
来店・保証人・担保→不要
借入のことをバレないように配慮
・・・大手ですから安心感と信頼感は抜群です

年金受給者だからこそお金を借りることが可能な年金担保貸付とは何?


突然の出来事によってお金が必要という時だってたまにはあるよね。お金が足りない状況になるタイミングは人によって違いがあるだろうけど、比較的多いのが冠婚葬祭や急病などでまとまったお金が必要になる時じゃないかな。貯金や手持ちのお金を合せても必要なお金を準備することができない場合には、お金を借りる必要に迫られることもあるだろうね。
正社員として一定の収入を得ている人はそれ程の不安を感じることはないかも知れないけど、定年退職後に特に仕事に就いていないという年金受給者だと、借入れの審査に通りにくいのではと心配になるかも知れないね。
金融機関からお金を借りるには安定した収入が必要だし、年齢制限もあるから誰もがお金を借りることが可能とは言えないからね。

 

年金受給者が融資を希望する場合には、銀行や消費者金融からカードローンを利用してお金を借りる方法よりも、「年金担保貸付事業」を利用する方がおすすめなんだよね。

 

金融機関からお金を借りることも可能だろうけど、審査に落ちる心配をしたり、残念ながら実際に審査に落ちてしまう可能性もあると思うんだよね。少しでも安心してお金を借りるなら年金受給者を対象とした融資制度を利用した方が気楽かも知れないよ。

 

もう少しで年金受給者となる人や、今現在年金を受給中でキャッシング審査に通りにくいという悩みを持っている人には、「年金担保貸付事業」の制度について知っておくことをおすすめするよ。以下では年金受給者のための融資制度でお金を借りる方法について解説しているから、いざという時に躊躇なく利用できるためにも一通り目を通してみてね。

 

年金担保貸付事業でお金を借りる!対象となるのは誰?


お金を借りる場合には、審査に通りやすいということも含めてお金を借りやすい人がいれば、その反対の人がいるのも事実のようだよ。お金の借りやすさは利用する場所や制度、金融商品によって違いがあるし、それぞれで融資対象となる人も違うと言えるだろうね。

 

利用する融資が年金担保貸付である場合、どんな人が利用対象となるのだろう。制度についての情報を整理するとこのような内容になるんだよね。

  • 年金証書を持っている
  • 今現在、年金の受給がある

この2つのうちのどちらも満たすことで融資制度の利用対象となることができるんだ。
年金証書には年金の種別によっていくつかの種類があるんだよね。

  • 国民年金・厚生年金保険年金証書
  • 厚生年金保険年金証書
  • 国民年金証書
  • 船員保険年金証書
  • 労働者災害補償保険年金証書

いずれかの年金証書を持っている人なら年金担保融資の対象者となれるんだよ。実際に利用している人もいるし、意外にもその数は多いから、高齢者が安心してお金を借りる方法としておすすめできるよ。

 

実際に年金を担保にお金を借りている人のある年の利用率を紹介するとこんな感じになっているんだよね。81歳以上の人以外はどの年齢の人も利用しているし、銀行や消費者金融のカードローンが利用不可となる年齢に達することもあって、年齢が上がるごとの利用率も増加しているのが分かるよね。

  • 81歳以上:5%
  • 71歳~80歳:30%
  • 66歳~70歳:27%
  • 61歳~65歳:25%

 

年金を担保に融資を受ける場合の条件(借入限度額・利率)とは?


年金を担保として融資を受けたい時の条件について紹介するね。
高齢者が年金を担保としていくらまでお金を借りることができるか、利用限度額については10万円~200万円となっているんだよね。どんな時でもこの金額の範囲内という訳でなくて、生活必需品を購入することが目的でお金を借りる場合には10万円~80万円以内と範囲が狭くなってしまうんだ。

 

利用限度額については、200万円までとか80万円までとか一定の範囲が決まっているものの、基本的には受給している年金の金額に対して0.8倍以内という基準があるんだよね。結局、自分は年金を担保にどのくらいまでお金を借りることができるのか確認する必要があるよね。

 

金利についても気になるところだと思うけど、直近で言うと平成26年12月に公表されている利率は1.8%となっているよ。銀行のカードローンでも4.0%前後が最低金利となっているから、どれだけお得にお金を借りることができる融資制度なのか分かると思うんだ。

 

利率が低いということは、毎月の返済を少しでも楽にできるということにもなるから、年金暮らしで生活に余裕がないという人でも気楽にお金を借りることができると思うんだよね。

 

お金を借りる時の利用目的には制限があるの?


お金を借りる時には利用目的を聞かれるのが普通だし、こんなことを言ったら貸してくれないんじゃないかと心配になることもあると思うけど、こんな感じの内容なら大丈夫みたいだよ。

  • 介護や福祉
  • 冠婚葬祭
  • 教育費
  • 生活必需品の購入
  • 保健医療費
  • 債務の返済
  • 住宅改修
  • 事業費

年齢を重ねて必要になるのは保健医療費が多いかも知れないけど、冠婚葬祭や教育費にもお金がかかるし、家が古くなってきたら住宅改修も必要になってくるよね。配偶者の介護をすることもあるだろうし、低金利を活かして他の借金の一括返済をするのも良いと思うよ。

 

年金受給者が相談するべきは民間の金融機関でなくて、年金担保貸付事業を実施している所の窓口と言えるだろうね。

 

年金担保貸付事業の窓口はどこ?申し込みできる所を知りたい!


年金担保貸付の便利さは分かったけど結局どこに申しこんだらいいのかと言えば、銀行や信用金庫の店舗ということになるんだよ。店舗内に「独立行政法人福祉医療機構代理店」と表示があれば、申し込み可能だからね。

 

銀行や信用金庫なら普段から年金の受取口座なんかで利用していると思うし、年金担保融資の申し込み方法が分らないなどで二の足を踏んでいる場合でも、いつも行っている金融機関だったら気軽に相談できそうだよね。

 

銀行や信用金庫以外の口座で年金を受取っているという人もいると思うけど、現状では農協やゆうちょ銀行、労働金庫では年金担保貸付の申し込みには対応していないみたいなんだよね。その場合には、少々面倒かも知れないけど、「独立行政法人福祉医療機構代理店」と表示している銀行や信用金庫を探す必要があるよ。

 

普段利用していない銀行であっても相談をすれば親切に説明してくれるはずだし、店舗のどの窓口でも良いから年金担保貸付のことで相談したいと伝えれば、担当の人が対応してくれるから大丈夫だよ。

 

申し込みに持参する必要書類とは?


年金担保貸付を受けたい時には銀行や信用金庫での申し込みが必要だけど、ただ申込書に記入すれば終わりとはいかないんだよね。申し込みには提出するべき必要書類があるからね。銀行などに電話で聞けば親切にどんな書類が必要か教えてくれると思うけど、ここでも一応紹介しておくことにするね。

  • 借入れの申込書
  • 年金証書
  • 年金の支給額を証明できる書類(以下の内から1点)
  • 印鑑証明書(発行後3ヶ月以内のもの)と実印
  • 本人確認書類(以下を参照)

年金の支給額を証明できる書類にはこのようなものがあるよ。

  • 年金振込通知書
  • 年金決定通知書
  • 年金額改定通知書
  • 年金送金通知書
  • 支給額変更通知書
  • 年金支払い通知書

本人を確認できる書類はこのような物となるんだよ。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 小型船舶操縦免許証
  • 障害者手帳
  • 療育手帳
  • 精神障碍者保健福祉手帳
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 外国人登録証明書

 

連帯保証人は必要なの?


お金を借りる時には担保や保証人が必要なことが多いけど、担保については年金がその役割を担うことになるけど、保証人についてはどうなのかと言えば、基本的には連帯保証人が必要となっているみたいだよ。

 

とは言っても、誰にも保証人を頼むことができないという場合もあると思うし、信用保証制度を利用することで保証人を用意する必要がなくなるから、銀行や信用金庫申し込みする際に相談してみるといいよ。

 

審査はある?厳しいのか心配!


年金担保貸付は年金という担保はあるものの、審査はしっかりと実施されているんだ。審査に通らない時はお金を借りることができないことになってしまう訳だから、厳しい内容になっているのか心配になるよね。

 

結論から言うと、年金担保貸付の審査はそれほど厳しいということはないみたいだから、安心して大丈夫だと思うよ。年金だけで生活していることで、生活費が不足したり、生活必需品の購入が困難であったり、医療費の支払いができないなどの状況にある人を対象に貸付けをしている訳だからね。

 

一般的な銀行や消費者金融の場合だと、安定した収入を得ていることを条件に融資をしているし、年金という収入を安定収入とするかはそれぞれの裁量に任されることになるから、審査に通るのかという不安は大きいと思うよ。それと比較したら、年金受給者であるからこそ利用できる貸付制度となっているから安心して申し込みができるだろうね。

 

審査が厳しいという心配はないが融資には時間がかかる


年金担保貸付の審査については厳しいという心配はないものの、その代わりに申し込みから融資までには4週間前後の時間が必要となっているんだよね。

 

消費者金融だったら即日融資も可能となっているから今すぐお金を借りたい時には便利なんだけど、審査が厳しい場合もあるから、年金担保貸付を利用するのも仕方がないのかも知れないね。

 

年金担保貸付の利用にはおよそ1ヶ月の時間がかかることを見越して、早めに申し込みをすることをおすすめするよ。

 

返済方法はどうなっているの?繰り上げ返済も可能か知りたい!


年金担保貸付でお金を借りることができたらそれで終わりではなくて、その後には返済することを考える必要があるよね。返済については、金融機関からキャッシングした場合とは違って、偶数月に支給される年金の中から返済額に相当する金額が差し引かれるという返済方法になっているだよね。

 

返済をうっかり忘れてしまうという心配はないけど、そのままだと予定通りに返済をしていくだけで少しでも早く返済を完了することは難しいことになるんだ。繰り上げ返済という方法も利用できるようになっているから、毎月20日の受付日に手続きを済ませておけば大丈夫みたいだよ。

 

繰り上げ返済をする前には、現在の借入元金の残高や利息の金額を確認しておけば次回の返済日にどれだけの金額を返済したら良いのか判断できるんだ。詳しくは利用先の金融機関に相談すると具体的に金額について教えてくれるはずだよ。

 

年金担保貸付の返済額は、今後も同じ金額が振り込みされるなら返済額も同様となるけど、年金の支給額が減る場合には、それに応じて返済額も引き下げされるから安心だよ。

 

年金担保貸付は民間企業でも利用可能?


年金担保貸付は独立行政法人福祉医療機構が実施しているものだけど、他の民間企業でも利用可能なのか気になる人もいると思うんだ。

 

結論としては民間の企業が独自に年金を担保とする貸付けを行っているとしたら「違法」ということになるから、利用するのはやめた方がいいよ。悪徳企業などは正規の制度を悪用して高利で融資をしたりすることも多いし、年金を担保にしてお金を借りようとしている人を対象に年金を騙し取ろうと詐欺をはたらく業者もあるから要注意だよ。

 

年金担保貸付を実施しているのが銀行や信用金庫であるならば、それは独立行政法人福祉医療機構の代理店として提携を結んでいるから安心して申し込みできるよ。

 

インターネットを利用している人だと様々な情報が目に入って来るし、特に生活費が足りなくて困っている場合だと親切な業者かも知れないと勘違いしてしまうこともあると思うんだよね。年金を担保に安心安全にお金を借りることができるのは誰もが知っている金融機関だけであることを念頭に置いておく必要があるよ。

 

心配な場合には年金を受取っている金融機関に相談することが何よりもおすすめとなるだよね。

 

年金受給者は民間のローンの利用も可能?


民間のローン会社は即日融資が可能など便利な点は多いけど、利用には安定した収入を求められるのが普通なんだ。手軽な利用がメリットとなっているカードローンを利用する人も多いけど、その場合にも安定した収入が何よりも必要となるんだよね。

 

年金を安定収入と判断してくれるかはその会社の審査基準によって違いがあるけど、確かに年金受給者でも契約を結ぶことが可能なカードローンもあるんだよね。とは言っても、お金を借りるには収入だけでなくて年齢条件も満たす必要があるんだけどね。

  • 銀行:65歳未満
  • 消費者金融:69歳以下

消費者金融の方が銀行よりも利用可能となる年齢が高めに設定されているし、審査基準についても銀行と比較すると柔軟となっているから、利用しやすい業者と言えるんだ。だけど、金利には大きな開きがあるから返済のことを考えたら民間のローンよりも年金担保貸付を利用する方がお得だし安心だしおすすめと言えるだろうね。

 

どこでお金を借りる場合でも、返済方法は支給される年金からとなる訳だし、1円でも無駄なお金は使いたくないからね。