お金を借りる みずほ銀行

MENU
「お金を借りたいけど、どこにしよう・・・」と悩んでいる方へ。



銀行や信金よりも「有利」な条件のある借入先をご存知ですか?

全国どこからでも24時間申し込みができるサービスがプロミスというサービスで、実は銀行よりも速い時間で融資を受けられるケースも多いのです。

プロミスは、借り入れ可能か、簡単3秒診断(無記名でOK)というのがとても便利で人気があります。(プロミスは1万円からお借り入れが可能です)

借りれるという診断が出てから正式に申し込めばいいので一度試してみてはいかがでしょうか?

◎→プロミス事前3秒診断の公式ページ


プロミスのおすすめポイント
全国どこからでも申し込み可能
24時間申込可能
最短1時間融資
来店・保証人・担保→不要
借入のことをバレないように配慮
・・・大手ですから安心感と信頼感は抜群です

みずほ銀行カードローンの仕組みとは?お金を借りる方法を解説!

急な出費で、どこかでお金を借りるしか金欠の状況から抜け出す方法はないという時、どこでお金を借りようか考える必要があるよね。多くの金融業者でカードローンを提供しているけど、その中から自分のライフスタイルに合った業者を探すのは大変なことかも知れないね。

 

銀行系のカードローンでお金を借りることにしたならば、大手であるという理由でみずほ銀行を選ぶというのも1つのお金の借り方と言えるだろうね。みずほ銀行と言えばメガバンクの1つであり店舗数が多いということの他に、宝くじでも馴染の深い銀行というイメージを持っている人も多いかも知れないね。都市銀行の中でも特に生活に密着している銀行と言えるだろうね。

 

みずほ銀行にはカードローンも用意されているんだけど、いざ申し込みしようと思った時に困らないように事前にカードローンの仕組みを知っておく必要があるんだ。銀行カードローンはそれぞれの会社によってお金の借り方に違いがある場合が多いから、その時になって慌てないように予め確認しておくことをおすすめするよ。

 

いくらまでお金を借りることができる?みずほ銀行の限度額や金利について


みずほ銀行でお金を借りるなら最低限知っておく必要がある利用限度額と金利だけど、限度額については最大800万円と高額融資も可能なカードローンとなっているんだ。

 

気になる金利については、審査で設定される利用限度額によって決まる仕組みになっているんだよ。2017年7月現在では、みずほ銀行カードローンの金利は以下のようになっているよ。

  • 10万円以上100万円未満:年14.0%
  • 100万円以上200万円未満:年12.0%
  • 200万円以上300万円未満:年9.0%
  • 300万円以上400万円未満:年7.0%
  • 400万円以上500万円未満:年6.0%
  • 500万円以上600万円未満:年5.0%
  • 600万円以上800万円未満:年4.5%
  • 800万円:年2.0%

みずほ銀行カードローンで800万円が利用限度額となれば、最低金利2.0%が適用されることになるんだ。一方、100万円未満が利用限度額であれば、最大金利14.0%となるから利用限度額が高額になるにつれて、低金利になる仕組みになっているんだよね。

 

みずほ銀行の申込方法とは?必要書類の準備は事前にしておく

カードローンは、銀行や消費者金融で個人が便利にお金を借りることができる金融商品なんだ。みずほ銀行カードローンも同様にそれぞれの人のライフスタイルに合った申込方法を用意してくれているよ。急にまとまったお金が必要になった時に慌てないように、今から確認しておくと良いよね。

 

実際にみずほ銀行のカードローンに申し込みする場合には、パソコンやスマホ・携帯電話を使ってインターネットで手続きする方法があるんだ。時間や場所を選ぶことなく都合の良いタイミングで申し込みできるから、忙しくて銀行にお金を借りるため店頭窓口に来店する時間がないという人にも便利だしおすすめだよ。

 

電話で申し込みすることも可能だけど、周りに誰も人がいない場所に移動する時間を作るのは大変だからね。仕事で忙しい人だと、いちいち電話で申し込みしている暇なんてないという人も多いよね。郵送で申し込みする方法もあるけど、申込書に自分で書き込むのは面倒だよね。必要書類をコピーして一緒に郵送するのも手間だしね。

 

みずほ銀行カードローンに申し込みをする場合、提出する必要書類にはこのようなものがあるんだ。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 印鑑証明書
  • 住民票

本人を確認できる書類として、このような書類が必要になるんだけど、申し込みで申告したことと書類の内容に違いがあると審査で不利になるから要注意だよ。

 

必要に応じて収入証明書類の提出を求められることもあるよ。

  • 源泉徴収票
  • 納税証明書
  • 住民税決定通知書

みずほ銀行では利用限度額が200万円を超える場合に収入を証明する書類が必要になるんだ。200万円以下である場合には基本的に本人確認書類を準備するだけで大丈夫だよ。

 

みずほ銀行カードローンに申し込みできる条件とは

必要書類の用意ができるとしても、以下のような条件を満たすことができないと申し込みできないんだ。

  • 安定した収入がある(本人に収入がない場合には、配偶者に安定した収入があることが必要)
  • 20歳以上66歳未満である
  • 保証会社の保証を受けられること
  • みずほ銀行の普通預金口座を持っていること(口座がない場合カードローンの契約までに新規口座開設が必要)

特にみずほ銀行カードローンを利用するには、口座を持っていることが必要になるんだよね。口座を持っていれキャッシュカードをそのままカードローンのカードとしても利用できるようになるからね。即日融資も可能になるというメリットもあるよ。

 

口座がない場合でも申し込みすることは可能になっているけど、契約が完了するまでにみずほ銀行の仏溶菌口座を新規開設しておく必要があるんだ。

 

みずほ銀行の審査は厳しい?


カードローンを利用するには申し込みが必要だし、審査に通る必要もあるんだ。みずほ銀行の審査は厳しいというイメージを持っている人もいるだろうね。大手だし、収入の多い正社員や公務員しか審査に通らないと初めから諦めている人も少なくないだろうね。

 

みずほ銀行だと収入が少ない人や正社員以外は本当に審査に通りにくいのかと言えば、実は必ずしもそうではないみたいだよ。みずほ銀行の申込条件をクリアできていて、他社借入れの件数や金額が少なければ普通に審査に通ることは可能という口コミもあるからね。

 

他社借入れについては、一般的には3社以内なら安心と言われているんだ。多くのローン残高を抱えていれば、お金を貸しても返してもらえない可能性が高いと判断されてしまうからなんだよね。

 

借入れの希望額が収入に見合っていないという理由でも、審査に通らない可能性が高くなるから要注意だよ。よほどお金に困っているのだろうという印象を銀行に与えてしまうからね。

 

みずほ銀行の審査にかかる時間はどれくらい?

みずほ銀行カードローンでは、審査にかかる時間について公式ホームページで返答しているんだよね。

  • インターネット申し込み:原則的に即日か翌営業日に審査回答
  • 店頭申し込み:原則的に即日で審査回答
  • 郵送での申し込み:原則的に書類が銀行に到着した当日か翌営業日に審査回答

急ぎでお金を借りることが目的であれば、インターネットか店頭で申し込みするのがおすすめとなるよ。比較的時間があるならば、お好みにより郵送での申し込みも良いかも知れないね。郵送申し込みだと書類への記入が必要書類の郵送など、面倒なことが多くなるけどね。

 

みずほ銀行カードローンの返済方法とは?

みずほ銀行カードローンでお金を借りる前に返済方法も知っておく必要があるよ。毎月続けていくことだから、少しでも手間のかからない、時間を短縮できる返済のやり方を知っておくと便利なんだ。毎月返済が面倒で負担と感じない返済方法を見つけられたらそれがベストだよね。

 

みずほ銀行カードローンの返済方法は3つあるよ。

  • 自動引き落とし
  • ATMを利用して返済
  • みずほダイレクトを利用して返済

自動引き落としで返済する場合には、毎月10日にみずほ銀行の普通預金口座から引き落としになるんだよ。
毎月の返済を忘れてしまうという心配がないし、自分で返済するという手間がないところはメリットと言えるよね。

 

注意したいのは口座の残高なんだ。残高不足で自動引き落としができないと返済もできないことになるからね。、自動的に毎月返済できるのはべんりだけど、口座残高の確認が必要というのは少し面倒かも知れないね。自分のメインバンクが他の銀行口座である場合には、カードローン以外でしか利用しない口座となるため、残高には注意が必要だよ。

 

みずほ銀行のキャッシュカードやローンカードがあればATMからの返済も可能だよ。自分の都合で返済したい時には、おすすめの返済方法となるんだ。返済方法として毎月1回返済することは必須だけど、「カードローン任意返済」も利用できるから、ATMを利用していつでも返済できるよ。

 

みずほダイレクトはインターネット上で返済できる便利な方法なんだ。パソコンやスマホ・携帯電話を利用して返済することができるから、いつでも全国どこの都道府県にいても返済可能だよ。併せて電話での返済も可能だから、いずれかの方法で24時間便利に返済することができるんだ。

 

メリットしかないと言えるみずほダイレクトの返済だけど、利用する曜日や時間によっては翌営業日の扱いになるから注意が必要だよ。

  • 月曜日~金曜日の15時以降の振込依頼
  • 土嚢日・日曜日・祝日・振替休日の振込依頼

返済期日に遅れないように振り込みできるように自分で振り込みのタイムリミットを決めておくと良いかも知れないね。みずほダイレクトは事前の手続きが必要だから、利用を希望する場合にはカードローンとは別に申し込みしておく必要があるよ。

 

みずほ銀行カードローンの申込で家族や職場にバレずにお金を借りる!

お金を借りる時の希望として、家族や職場にバレずに借りたいということもあるよね。本当はお金を借りることは悪いことではないのに、罪悪感を感じてしまうという人も多いと思うんだ。カードローンを利用していることを身内や会社にバレたら困ると思うものだよね。

 

カードローンは毎月返済をしっかりとしていれば、とても便利な金融商品なんだ。利用している人は便利で安心ということが分かっていても、第三者から見ると「借金=悪」ということになっていしまう場合もあるからね。とは言え、家族や職場にバレる理由を探っていけば、安心してカードローンでお金を借りることができると思うよ。

  • 申込書に記入する電話番号をどこの番号にするか
  • 職場にかかってくる在籍確認はどうしたらいいのか

この2つのことをクリアできれば誰にもバレずにお金を借りることは可能と言えるだろうね。
申込書に連絡先の電話番号を記入する必要があるけど、自宅にある固定電話ではなくて自分の携帯電話の番号にしておくということがポイントだよ。申し込み後にみずほ銀行から電話が入る可能性があるけど、自分の携帯電話だったら本人以外が出ることはないから安心だよね。

 

申し込み後の電話連絡については携帯電話の番号を申告することで問題解決と言えるけど、どうしても避けられないのが職場への在籍確認の電話なんだよね。実際には保証会社であるオリコから電話連絡が来ることになるけど、みずほ銀行の場合は銀行名を名乗って電話をかけてくるみたいなんだよね。

 

担当者の個人名で電話をかけてくれる消費者金融の方が安心と思う人も多いと思うけど、銀行から電話が来たことですぐにカードローンから借金しているとは思われないだろうから、心配は無用と言えるだろうね。銀行ならば預金や保険、住宅ローンなどの勧誘でも電話をかけることがあるからだよ。

 

銀行から職場に電話がかかるのは心配と思う場合には、個人名で電話をかけて欲しいと予めみずほ銀行に電話してお願いしておくことをおすすめするよ。安心してお金を借りるためには、ちょっとした手間をかけるのも時には必要だよね。

 

急にお金が必要に!限度額を増やすことは可能なの?

みずほ銀行カードローンで契約した時に分かる利用限度額だけど、限度額いっぱいまで借りている人もいると思うんだ。もうこれ以上お金を借りることができないという時に限って急にお金が必要になったりするものだよね。限度額を増枠してもらうことができれば現在よりも多くのお金を借りることが可能になるけど、限度額の増額は可能か心配になってしまうよね。

 

みずほ銀行カードローンは利用限度額の増額申請が可能になっているんだよ。何もしなければ増枠をすることはできないけど、申し込みをして審査に通ることができれば可能になるんだ。

 

審査基準については、収入などを含む本人の返済能力を確認する他にも、利用時の返済状況もチェックされるんだよ。審査の対象が返済状況にもあるということは、普段の返済で遅延や延滞があると増額してもらえない可能性もあるということになるんだ。

 

必要書類の提出などは特に求められないことが多いから、増額したいと思った時に申し込みしてみると良いかも知れないね。

 

気になる!みずほ銀行カードローンの評判はどうなっているの?

みずほ銀行カードローンは大手銀行の金融商品ということで、それだけでも安心感のあるローンと言えるだろうね。とは言え、実際に利用したら思っていたのと違う、使い勝手が悪かったなど、後悔する場合もあると思うから、予め口コミや評判を確認しておくことをおすすめするよ。

 

実際に利用した人の体験談ならメリットやデメリットを知ることもできるし、自分に合っているかということの判断材料にもなるだろうね。

 

みずほ銀行カードローンの口コミでも評判が良いのは、銀行系という安心感とスピーディーな対応が良かったということなんだ。確かに銀行なら闇金のような怖い目に遭う心配もないし、社員教育が良いせいもあって親切な対応と言えるよね。

 

消費者金融と比較して低金利ということも評判になっているんだ。金利が低い方が毎月の返済額を少なくしたり、少しでも早く完済できることにもなるからね。
自動引き落としやATM返済が利用できるから便利という口コミもあるよ。みずほ銀行ATMはいろんな場所に設置されているから利用しやすいというのも理由としてあるだろうね。

 

使いやすい、便利という特徴を持ったみずほ銀行カードローンは口コミのランキングでも上位になっているんだ。

 

みずほ銀行カードローンのメリットとは?

カードローンでお金を借りるなら、メリットの多い所を利用したいと思うのは当然のことだよね。少しでも利用しやすい、自分にとって有利になるカードローンだったら安心してお金を借りることができるからね。

 

みずほ銀行カードローンのメリットはどこにあるのか確認してみることにするよ。

  • 4.0%~14.0%という低金利ローンであること
  • 限度額が800万円と高額なこと
  • 自動融資サービスがあること

みずほ銀行カードローンの金利は消費者金融と比較して低金利になっているから、利息を節約したいという人におすすめしたい商品となるんだ。最高金利でも14.0%となっているから、他の大手銀行カードローンの金利と比較しても低金利と言えるだろうね。

 

限度額が800万円という高額になっているから、まとまったお金を借りたいという人にも便利なカードローンと言えうだろうね。消費者金融でお金を借りる時のように総量規制を気にする必要がないから、年収の3分の1を超えた金額でも借入れ可能ということもメリットとなるだろうね。

 

みずほ銀行カードローンの借入れの方法の1つに自動融資サービスがあるんだよね。普通預金の残高不足の時に自動的に融資してくれるという内容になっているんだ。自動引き落としがある時に、みずほ銀行の普通預金口座の残高が不足していると支払いができなくなってしまうよね。自動融資が利用できればそんな時でも自動的にお金を借りることができるから便利なんだよね。

 

みずほ銀行カードローンのデメリットとは?

みずほ銀行カードローンにはメリットが多いと口コミでも評判だけど、メリットだけでなくてデメリットもあると言われているよ。

  • 申込方法によって融資までに時間がかかる

審査までは即日で終了しても、実際にお金を借りることができるまで数週間もかかるということもあるみたいなんだ。銀行窓口で申し込みするか、WEB完結で申し込みすれば即日融資も可能になるから、急ぎで融資してもらいたい時には、どちらかの方法を選択することがおすすめだよ。

 

申し込み方法の使い分けとしてはこうなるよ。

  • みずほ銀行の口座がある場合:WEB完結申し込み
  • みずほ銀行の口座を持っていない場合:窓口で申し込み

みずほ銀行カードローンで即日融資を希望するなら、みずほ銀行口座を持っているか否かでおすすめの申し込み方法に違いがあるということを覚えておいた方がいいよね。

 

みずほ銀行のデメリットを回避する方法はあるということになるから、後悔しないような申込み方法の選択が大事になるよ。