お金を借りる 国

MENU
「お金を借りたいけど、どこにしよう・・・」と悩んでいる方へ。



銀行や信金よりも「有利」な条件のある借入先をご存知ですか?

全国どこからでも24時間申し込みができるサービスがプロミスというサービスで、実は銀行よりも速い時間で融資を受けられるケースも多いのです。

プロミスは、借り入れ可能か、簡単3秒診断(無記名でOK)というのがとても便利で人気があります。(プロミスは1万円からお借り入れが可能です)

借りれるという診断が出てから正式に申し込めばいいので一度試してみてはいかがでしょうか?

◎→プロミス事前3秒診断の公式ページ


プロミスのおすすめポイント
全国どこからでも申し込み可能
24時間申込可能
最短1時間融資
来店・保証人・担保→不要
借入のことをバレないように配慮
・・・大手ですから安心感と信頼感は抜群です

国からお金を借りることは可能?支援制度を役立てる方法について


毎日の生活の中で時にはどうしてもお金が必要、金欠で生活が苦しいということもあると思うんだ。お金が足りなくて困った時の対処方法として、金融機関からお金を借りることを選択する人は多いかも知れないね。あるいはサラ金から借金するのは心配と考える人もいるだろうな。

 

初めに言っておくと、サラ金といっても正規の貸金業者なら銀行でお金を借りる時と同じに安心安全に融資を受けることができるんだ。とは言え、初めてお金を借りる時には色々な不安が沸き起こるものだし、光熱費や税金などの支払いができないと生活に支障をきたすこともあるし、悩むところかも知れないね。

 

金融機関からお金を借りるのに躊躇してしまう場合には、国から融資を受けるという方法もあるよ。貸付けをうけるためにはいくつかの条件を満たす必要もあるけど、融資対象となれる人なら生活費を国から借りることができるかも知れないよ。

 

金融機関からお金を借りるのも厳しい状況にある人が少しでも低金利でお金を借りたいという時に、積極的に考えていただきたいのが、国からお金を借りることなんだよね。国の融資制度について知ることは生活を立て直す一番の近道と言えるかも知れない。

 

国には総合支援資金貸付制度というお金を借りる方法がある!


国からお金を借りるなら、「総合支援資金貸付制度」を利用する方法があるんだ。国からお金を借りるのは審査が厳しいのではないかという不安もあると思うけど、実際のところはどうなんだろう。

 

その答えは、審査が厳しいという心配は不要ということになるよ。なぜなら、失業などが原因で生活費が不足してしまった人を対象に融資をしてくれるのが総合支援資金貸付制度の目的となっているからなんだ。仕事を失って生活が苦しいというだけでは国の融資制度を利用することはできないから、ハローワークや社会福祉協議会などで求職活動のための相談をしたり支援を受ける必要はあるけどね。

 

何よりも働く意志とそれに耐えられる健康な体があるにもかかわらず、仕事が見つからないため生活に困っているという人を融資対象としているから、「働きたくないけどお金を貸してください」は通用しないし、駄目なんだよね。総合支援資金貸付制度は働く意欲のある人が経済的に自立するのを支援するためのものだからだよ。

 

総合支援資金貸付制度の融資対象になれるのはどんな理由の人?


総合支援資金貸付制度を利用できる人はどんな理由を持った人かと言えば、基本的には積極的に求職活動をしている人であり、支援をすることによって自立が見込まれる人であるというのが根底にあるんだ。その上で以下のような条件も満たせることが国の融資制度を利用するためには必要となって来るんだよ。

  • 本人確認が可能となる公的書類の提出ができること
  • 失業や減給のために市町村民税非課税世帯となるほどの生活苦の状況にあること
  • 住む場所の確保には心配がないと判断されること
  • 継続的にハローワークや社会福祉協議会など指定の機関で相談できること。また継続的な支援が受けられること
  • 他の公的貸付けや公的給付を受けることができないこと(生活保護など)
  • 制度の利用によって生活の自立や改善が可能と見込まれること

国からお金を借りる時には厳しい条件があるという訳ではないけど、基本的には非課税世帯となるほど収入が少ないことや働く意志が強いこと、支援を受けることで自立が見込まれると判断されることなどがクリアするべき条件となっているんだよね。

 

具体的な融資の内容なこのようになっているよ。

  • 生活支援費:生活の再建を目的とする融資
  • 一時生活再建費:日常生活を送る上で必要な資金の貸付けを目的とする
  • 住宅入居費:賃貸住宅の契約に必要な敷金・礼金などの支払いに充てることのできる資金

このような使い道でお金を借りることができるようになっているから、条件を満たすことができる人はハローワークなどに相談してみるのがおすすめだよ。

 

総合支援資金貸付制度でいくらまでお金を借りることが可能なの?


総合支援資金貸付制度を利用して国からお金を借りるなら、いくらまでの利用が可能なのか気になるところだよね。貸付けしてもらえる金額はそれぞれの利用目的によって違いがあるから、個別に説明すると以下のようになるんだ。

  • 生活支援費:単身者は月額15万円以内、二人以上は月額20万円以内、貸付期間は最長12ヶ月間
  • 一時生活再建費:60万円以内
  • 住居入居費:40万円以内

 

気になる返済についてだけど、最終貸付けから6ヶ月以内で返済の据置があって、その期間を経過してから20年以内という返済期間が設定されているんだよ。これなら毎月余裕を持って返済していけそうだよね。

 

総合支援資金貸付制度を利用するため必要となる書類・手続きとは?


「国の融資制度を利用するための手続きって面倒なのでは?」と不安を感じる人もいると思うけど、どうしても必要な資金を借りるための手続きだから、とにかく相談をすることから始めてみると良いと思うよ。申し込みから支援を受けるまで順を追って分かりやすく説明してくれるはずだよ。

 

総合支援資金貸付制度に申し込みをする手続きの流れについて、こちらのページでも簡単に説明すると以下のようになるんだ。まずは相談をする、そしてそれでも支援が必要と判断した場合には次のことから順に手続きを進めてみよう。

  1. 「自立計画」の作成して市区町村の社会福祉協議会に提出する
  2. 審査が行われる
  3. 相談員との話の中で手続きが進行していく

総合支援資金貸付制度を利用するための流れとしてはこのようになっているけど、銀行や消費者金融からカードローンでお金を借りる場合とは違い、確かに面倒なことも多そうだし時間もかかるだろうと予測できるよね。これも国の融資制度を利用するためだから仕方がない所もあると思うんだ。

 

申し込みをする前には自立に向けての取り組みを記してある自立計画書の提出が必要になるし、その後は申し込みと手続きと並行して相談員との話し合いも必要になるんだよね。申し込み手順の流れでは2番目に審査が行われることになっているけど、実際には相談員との話し合いの中で審査結果を聞くことになるし、審査に通らない場合にも相談員から融資対象になれなかった旨の報告を受けることになるんだよね。

 

実際に申し込みをする際には、以下のような書類も必要になるんだ。

  • 借入申込書
  • 本人確認書類(運転免許証、住民票の写し、健康保険証など)
  • 世帯の状況を証明するため必要となる書類
  • 自立計画書
  • 同意書(契約の際に必要となる個人情報を提供する)
  • 連帯保証人の収入を証明する書類(連帯保証人がいない場合は不要)
  • 公的融資や給付を受けている場合、その証明書(ハローワークが発行)
  • 総合支援資金貸付制度の借用書

連帯保証人はどうしても必要ではないけど、もし用意することができれば金利を0%にすることができるんだ。通常でも
金利1.5%と低金利になっているから、無理に保証人を頼む必要はないと思うよ。

 

国から緊急小口資金貸付でお金を借りる方法、どんな時に利用可能?


国の融資制度の中には緊急小口資金貸付制度というものもあるんだよね。高額なお金は必要ないけれど、生活費などに必要となる少額融資を受けたいという人におすすめの融資制度と言えるんだ。

 

少額の金額が必要になる時というのは、生活に必要となるだけでなくて交通事故でケガをして入院した時や、現金で支給された給料を紛失してしまったり盗難に遭った時など、緊急事態の状況の時が多いかも知れないよね。緊急小口資金貸付制度は緊急を要する時のお金の工面に適した融資制度となっているんだ。

 

国から緊急小口資金貸付制度でお金を借りる!利用できるのはどんな理由?


緊急小口資金貸付は、たとえばこんな理由で利用する人はいるだろうね。急病や交通事故などによる怪我で入院が必要になったり、事故によって損害を受けた時、給料を失くしてしまった他にもいろいろな理由が考えられるんだ。

  • 災害に遭った際の生活費が必要
  • 公的給付・年金受給を利用できるまでの生活費などの繋ぎの資金
  • 失業や休業などが理由で収入が減り、税金の支払いができない
  • 国民健康保険料・年金・電話代など公共料金の支払いなどで生活費が無くなってしまった
  • 転職したばかりで給料が少なくなってしまった

お金を借りる必要がある時は多くても10万円あれば足りることも多いと思うし、小口資金の借入れで足りることは多いだろうね。上記のように小口資金を融資してもらえば助かることは結構あるんだよね。

 

緊急小口資金貸付制度の利用対象となれる人は限られている


緊急事態に小口資金融資で少額でもお金を借りることができれば、誰もが助かることだろうね。少しだけでも借入れができれば助かることは意外にも多いからだけど、残念なことに誰でも融資を受けることができる訳ではないんだよね。

 

国の小口資金の融資対象となれるのは、次の条件を満たすことができる人に限られているんだ。

  • 低所得世帯の人
  • 差し迫るほどの困窮状況にある人
  • 借りたお金の返済をする能力のある人

このような状況にあり利用使途として認められる目的があれば、国から緊急小口資金貸付制度として融資を受けることが可能になるんだよ。

 

緊急小口資金貸付制度の利用限度額、いくらまでお金を借りることが可能?


少額融資を希望する時におすすめとなる国の融資制度、緊急小口資金貸付を利用したら一体いくらまでお金を借りることができるのかという疑問もあるだろうね。

 

融資可能な金額については、最大10万円(1,000円単位)となっているんだ。ただし給料の紛失(落としてしまった、盗まれた)の場合は5万円となっていて、必ずしもどんな時でも10万円までお金を借りることが可能とはならないから注意が必要だよ。

 

小口資金貸付けの返済方法はどうなっているの?


国から小口資金の貸付けを受けた時の返済方法は、毎月22日に自動口座引落しとなるんだ。嬉しいことに銀行や消費者金融からカードローンでお金を借りる時みたいに返済期日がすぐに来ることはないんだよね。融資を受けた日から3カ月間は返済の据置期間があるから、その間に少しでも生活の立て直しの準備をすることも可能になるだろうね。

 

返済額については、たとえば5万円を借りた場合には毎月6,250円となっているんだよ。10万円借りた場合には毎月12,500円の返済額ということになるよ。

 

緊急小口資金貸付けの申し込みに必要な書類や手続きの流れとは?


低所得世帯などの人が急な出費でお金が必要になった時、国が支援をしてくれたら本当に助かるよね。緊急小口資金貸付からお金を借りるためには、申し込みの時に求められる必要書類の提出が必要だし、手続きの流れを知っておく必要もあるんだよね。

 

申し込みで求められる必要書類についてはこのような物があるよ。

  • 借用書
  • 借入申込書
  • 本人の実印と印鑑登録証明書
  • 本人確認書類(運転免許証・パスポートなど)
  • 健康保険証
  • 住民票のコピー
  • 本人の収入証明書(源泉徴収票・給料明細書など)
  • 預金口座振替依頼書

どんな理由でお金を借りるかに関わらず、上記の書類は必ず用意しておく必要があるんだ。

 

その他にもお金を借りる理由によって必要とされる書類があるんだよね。「生活費がないことの理由」を証明するための書類について説明するとこのようになるよ。

  • 医療費の支払いをしたから:医療費の領収書
  • 雇用保険の給付の時期が到来していないから:雇用保険受給資格者証・認定スケジュール表
  • 年金の支給開始の時期が到来していないから:年金事務所の発行する給付額と給付開始日が分かる書類
  • 初めての給料の支給日が到来していないから:雇用証明書
  • 公的職業訓練の手当ての支給日が到来していないから:訓練手当受給資格認定書・職業支援計画書のコピー

どうして生活費が足りない状況となったのか、その理由を証明するための書類の提出を求められることもあるから、事前に必要書類の確認が必要になるんだ。

 

申し込みに必要な書類を提出することで、審査が行われるんだ。審査に通ることができれば貸付けが決定し、融資を受けることができるようになるんだよ。

 

国から子供の教育ローンを借りる方法、教育支援資金制度とは?


子供の教育費の捻出は親としては頭が痛いところだよね。多くの学校は私立であることで入学金と授業料、その他の費用を合せると高額のお金が必要になるからね。世の中、誰もが大学や専門学校などの進学する訳ではなく、経済的な問題で高校卒業後に進学を諦めて就職の道を選ぶ子供も確かに多くいるとは思うよ。

 

将来の子供の人生を考えると、どんなに無理をしても大学に行かせてやりたいという人もいるだろうけど、現金でその都度必要な学費を支払える人は少ないかも知れないね。多くは金融会社や銀行の教育ローンなどを利用したり、子供に奨学金を利用してもらったりしているケースが多いのではないかな。

 

金融機関で教育ローンを利用する場合には、世帯収入の金額が問題となることが多いから、一定額以上の年収がないと審査に通らない場合もあるんだよね。

 

教育費を工面する方法には人によって違いがあると思うけど、国から「教育支援資金制度」でお金を借りるという方法もあるんだよ。国からの融資なら安心して貸付けを受けることができるのではないかな。この制度は低所得世帯を対象に支援をしているんだけど、金融機関の教育ローンを利用する場合とは反対に年収が高い人は国の融資を利用できない可能性があるんだよね。

 

教育支援資金制度で借りたお金の返済は、大学在学中である場合は卒業後から償還開始となるんだ。在学中は安心して勉強やサークルなど大学生活を送ることができるよね。ただし卒業後は計画的に返済して行くことが大事だよ。

国から教育支援資金制度でお金を借りる!利用できるのはどんな理由?


国から教育費を借りることができるのは、教育支援資金制度が用意されているからなんだけど、融資対象となれるのはこのような理由がある人となるんだ。

  • 大学や専門学校などの学費を金融機関から借りることができない、借入可能であっても進学や在学が難しい
  • 同じ地区に6か月位以上継続して居住している
  • 低所得世帯である(生活保護基準の1.8倍の所得・住民税非課税程度)

このような世帯にある場合、国の教育支援資金制度の利用が可能になるんだよ。利用の使途は教育費に限定されていて、それ以外の理由では利用不可となるんだ。たとえばこのようなことが利用対象になれない理由となるから確認しておいた方が良いよね。

  • 在学中に使用する生活用品や生活費
  • 任意の寄付金
  • 在学中や卒業した学校よりも下級と判断される学校の入学金
  • 受験料や受験当日の交通費
  • 教育ローンでの他社借入れがある場合
  • 入学保証金の費用(合格した学校に進学しない場合にも支払いが必要となる費用)
  • 国の融資が開始される前に既に支払った学費

上記の内容は国の教育費の貸付けで対象外となってしまうから、注意する必要があるんだよ。

 

教育支援資金の利用限度額について、いくらまでお金を借りることが可能?


国の教育費貸付けである教育支援資金の利用ができれば、半ば諦めていた大学への進学も実現可能となるかも知れないよね。ところで教育支援資金はいくらまでお金を借りることが可能なんだろうか。

 

国から教育費として融資を受けられる金額はこのようになっているんだよ。ただし利用できる学校んついては高等学校、高等専門学校、短期大学、大学であって、それ以外の予備校などの学校には利用不可となるんだ。

 

上記の学校に入学するために必要な費用、「就学支度金」として最大50万円の融資を受けることが可能になっているんだよ。さらに毎月必要になる費用の融資としてはこのようになっているよ。

  • 高等学校:月額35,000円以内
  • 高等専門学校:月額60,000万円以内
  • 短期大学:月額60,000円以内
  • 大学:月額65,000円以内

在学中に借りたお金の返済は学校を卒業した後となるけど、6カ月間の据置期間があるから学校の卒業後に就職して落ち着いてからの償還開始となるし、償還期間は据置期間が終わってから20年以内となっているから安心して返済していけるだろうね。

 

教育支援資金の申し込みに必要な書類とは?


教育支援資金で国からお金を借りる時には、次の書類の提出が必要となるんだ。

  • 本人確認書類(世帯全員分の住民票)
  • 場合により収入証明書(県民税・市民税非課税証明書、給料明細書や給料の振り込みが確認できる預金通帳
  • 学校の学費の総額が分かる書類(学校から送付された学費が掲載されている学校のパンフレットや入学案内など)
  • 連帯保証人がいる場合:保証人の県民税・市民税課税証明書

これらの書類は、申し込みの際に住んでいる市町村の社会福祉協議会に申込書と一緒に提出をする必要があるよ。

国の融資のメリットとデメリットは?金融機関でお金を借りる場合と比較


生活費や教育費を借りる場合、金融機関を利用するならどこからお金を借りるにしても簡単ではないと言えるんだ。誰もが必要なお金を借りるなら少しでも安心して利用したいし、できれば在籍確認も回避したいところだよね。

 

お金を借りることが職場バレしたら困るし、その後の社内での自分の立場に影響を及ばさないとも限らないからね。審査が厳しいと年収が少ないなどの理由で審査に通りにくい状況にある人はとても不安になってしまうし、経済的に厳しい環境にあればある程、低金利でお金を借りることが最大の希望条件にもなるだろうね。

 

このような不安を取り除いた上で希望条件を満たしてくれる融資と言えば、やっぱり国の融資制度ということになるだろうね。その上、国の融資ということで安心感もあるよね。

 

民間の金融機関でお金を借りる場合と比較すると、とにかく低金利であることや低所得者の方が審査に通りやすいという特徴があるんだよね。国の融資は固定金利となっているから、民間の金融機関とは違って経済情勢によって途中で金利が上がって返済額も上がるという心配もない。

 

返済期間が長いから無理な返済を強いられる心配もないし、生活の安定を保ちながらゆとりを持ってい返済していけるから、低所得世帯であっても返済に困って自己破産をする心配もないと言えるだろうね。これらのことに安心感をプラスすると、国からお金を借りることはメリットしかないように思えるし、実際にそれは限りなく正解に近いだろうね。

 

国の融資のデメリットはあるのかと思うくらいメリットが大きいけど、2つのことがデメリットとして言えるんだよね。

  • 提出する書類が多い
  • 申し込みから融資までに時間がかかる

国から融資を受けるには、利用の目的に応じた書類が必要になるから、本人確認書類や収入証明書の他にもその都度必要となる書類が多数あるんだ。1つでも欠けることで申し込みを完了することができなくなるばかりか、書類が揃うまでお金を借りることができなくなるんだよね。

 

少しでも早くお金を借りたい時には、面倒だし時間のロスがあると困ることも出てくるだろうね。それならばなんとか消費者金融で即日融資を受けられたら便利なのではないかと考えることもあるかも知れない。インターネットからの申し込みには未対応となっているし、とにかく手続きに時間がかかることに不便さを感じてしまうこともあると思うんだよね。

 

国からお金を借りる時には不便なことが多いと理解するしかないし、デメリットよりもはるかに大きいメリットに目を向けて、安心してお得にお金を借りることができる国の貸付制度を便利に活用して欲しいと思うんだ。