お金を借りる 金利

MENU
「お金を借りたいけど、どこにしよう・・・」と悩んでいる方へ。



銀行や信金よりも「有利」な条件のある借入先をご存知ですか?

全国どこからでも24時間申し込みができるサービスがプロミスというサービスで、実は銀行よりも速い時間で融資を受けられるケースも多いのです。

プロミスは、借り入れ可能か、簡単3秒診断(無記名でOK)というのがとても便利で人気があります。(プロミスは1万円からお借り入れが可能です)

借りれるという診断が出てから正式に申し込めばいいので一度試してみてはいかがでしょうか?

◎→プロミス事前3秒診断の公式ページ


プロミスのおすすめポイント
全国どこからでも申し込み可能
24時間申込可能
最短1時間融資
来店・保証人・担保→不要
借入のことをバレないように配慮
・・・大手ですから安心感と信頼感は抜群です

お金を借りるなら基礎的な金利の知識は持っていたいもの


どうしてもどこかで借金しないと財布がピンチという時、誰もが無利息でお金を借りることができたら便利と思うだろうね。親や友達、知人などから次の給料日までお金を借りる場合なら、金利を気にする必要ないかも知れないよね。金融機関を利用する場合には、無利息で借入れすることは通常は難しいからね。

 

個人間のお金の貸し借りの場合、お金を貸す側も利息を取ってやろうという人は少ないだろうし、営利が目的でお金を貸す人はほとんどいないと思うよ。それに対して、銀行や消費者金融などのカードローンやキャッシングでお金を借りる場合、当然のことながら無金利という訳にはいかないんだよね。

 

お金を貸して利息を請求する、これが金融業者の利益となる訳だから当然のことなんだよね。利子の金額を決める要素は2つあって、1つはもちろん融資する金額があるんだけど、2つ目は金利ということになるんだ。少しでも支払う利息を少なくするためには、借入れの金額を少なくするか低金利の会社からお金を借りる必要があるよ。

 

特に金利については利用する金融業者によって大きな違いがあるし、そのことによって毎月の返済の負担も変わって来るから、お金を借りるだけでなくて返済する時のことも考えたら、金利についての基礎的な知識は持っていたいものだよね。

 

支払う利息はなるべく少ない方が、最終的に返済で支払う金額の合計を少なく抑えることができるんだけど、それならどこで借りたらいいのかという疑問も出てくるよね。利息の計算方法も気になるところだと思うし、実質年率って良く見たり聞いたりするけど、本当の意味は良く知らないという人も多いだろうね。

 

少しでもお得にお金を借りるなら、銀行と消費者金融のどちらを選択したら利息が安いかということや、借金地獄にならないための返済についての知識や返済計画の立て方なんかも知りたいところだよね。このページでは金利に関連するお金を借りる時の知識について解説しているから、疑問の解決に役立ててみてね。

 

金利の意味とは?お金を借りる時に必要な利息の知識を紹介


「金利」について知っている人は多いと思うけど、意味や内容について人から聞かれると答えに困るという場合もあるかも知れないね。

 

金利について簡単に説明するなら、「お金を借りる時にその金額に応じて支払う利息を決めるための利率」ということになるんだ。金利は通常「年率」とも呼ばれるから、正確には、「借りた金額に応じて1年間に発生する利息の割合」と言えるだろうね。

 

具体的には、たとえば10万円を借りた場合の金利が15%だとすると、1年間に支払う利息は15,000円ということになるんだよね。金利という言葉には、同じような言葉が存在しているんだ。

  • 金利:利息の割合のことで、「%」で示されている
  • 利率:基本的に金利と同じ意味となっていて、人によって使い分けされている
  • 利息:借入元金に対して金利をかけて算出した金額だが、金利と同じ意味としても使われる
  • 利子:利息と同じ意味であり、人によって使い分けされている

それぞれに同じ様で違う意味を持っていたり、ほとんど同じ意味である場合もあるんだけど、意味が通じれば厳密に正しい言葉を使う必要はさほどないと言えるだろうね。

 

金利には上限金利と下限金利がある


お金を借りる場合、金利がどれくらいかによって支払う利息が違ってくるんだけど、自分は何%の金利が適用されるかというと銀行や消費者金融の設定した金利の範囲ということになるんだ。それぞれに異なっている場合もあるけど、基本的には利息制限法で決められている上限金利を超えない範囲で設定する必要があるんだ。

  • 借入元金が10万円未満の場合の上限金利:20%
  • 借入元金が10万円以上100万円未満の場合の上限金利:18%
  • 借入元金が100万円以上の場合の上限金利:15%

闇金などの悪質業者でなければ、法律で決められている上限の金利を超えることはないんだよね。ただし利息制限法には罰則規定がないから、法律で上限金利を決めたところでそんなに効果がないんじゃないかという心配もあるかも知れない。

 

でも安心して大丈夫だよ。利息制限法よりも強制力のある「出資法」という法律もあるからね。出資法では行政処分などの罰則規定が設けられているから、正規の金融業者なら出資法の上限金利は絶対に守る必要があるからね。

 

出資法で定められている上限金利も利息制限法と同じように最大20%となっているから、これ以上の金利を取られる心配はないんだ。

 

もし、お金を借りる際に金利を確認して20%を超えているようならそれは悪質業者であると判断して、お金を借りるのはやめた方がいいよ。安心安全お金を借りることができるところは健全な運営をしているし、20%を超える金利を取ることは絶対にないからね。

 

最大でも20%というのが上限金利になっているけど、金利には下限金利というものもあるんだよ。お金を借りる時に設定される最も低い金利を意味しているんだけど、具体的な数値については法律で特に決められていないから、それぞれ各社の裁量で設定されているんだよね。

 

下限金利なら最もお得な金利で借り入れができるから、誰もが一番低い方の金利でお金を借りたいと思うだろうけど、通常は業者の利用限度額のうち、最大の金額を借りる時に適用される金利だから、初めて利用する場合には高額融資は難しいし、少額融資だったら最大金利が適用されるものと思っていた方がいいよ。

 

金利計算や実質年率、カードローンやキャッシングの場合について


銀行や消費者金融でカードローン、キャッシングを利用する場合には利息の支払いも必要になるけど、一体いくら支払えばいいのという疑問もあるだろうね。できれば少しでも利息を払わなくて済めば助かるし、金利が安いところでお金を借りたいと思うのは当然のことだからね。

 

支払うべき利息は、借入れの金額によっても違ってくるんだよね。
利息計算方法は、借りた金額と金利により算出することができるんだ。借入元金100万円、金利18%の場合だとこんな感じになるよ。

  • 100万円×18%=18万円(1年間で支払う利息の合計)

もちろん返済をする場合には元金の100万円と利息の18万円を足した金額、118万円が返済する義務のあるお金ということになるんだよね。もっとも、実際には1年間で100万円を完済するのは難しいと思うから、借金の全額返済までにはこれ以上の利息を支払う義務も発生するだろうけどね。

 

「実質年率」という言葉を見たり聞いたりしたこともあると思うけど、金利という言葉との意味の違いが気になる人もいるだろうね。基本的には金利と同じ意味だと思って大丈夫なんだけど、利用者が直接支払う必要のない費用が業者側にはかかっていて、それが金利に含まれているということで実質年率という言葉が使われているみたいなんだ。

 

業者の費用については、たとえば審査の際に個人信用情報機関に利用者の信用情報を照会するんだけど、その際に手数料のようなものが必要になるんだよね。実質的にお金を借りるためにかかる業者側のコストを利用者が負担していることにはなるけど、実質年率の中に最初から入っているという訳なんだ。

 

どうしたらいい?少しでも安い金利でお金を借りる方法!


金利とは何かとうことについてはいろいろな答えがあるけど、「お金を借りるための手数料」というのも1つの答えになるだろうね。本来は借りたお金を返済するだけに留めたいところだけど、無料でお金を借りることは難しいというのが現状なんだ。せめて低金利の金融会社でお金を借りることで、少しでも利息を安くするしか方法はないと言えるだろうね。

 

利息を安くすることができれば返済総額を減らすことができるから、低金利でお金を借りる方法と考えていく必要があるよね。
金利は通常借りた金額に対して付くから、同じ金額を借りても利率が違えば当然だけど利息の金額にも違いが出るんだよ。たとえば10万円借りた場合、ある業者では18%という金利であるのに対して、15%で融資をしてくれる業者があるとしたら、1年間で借金を完済するなら前者では118,000円、後者では115,000円という返済総額となるんだ。

 

同じお金を借りるのに3,000円もの利息の差が出る訳だから、やっぱり金利の差というのは大きいよね。たとえば銀行カードローンだと給料の振込口座としてその銀行を利用していたり、住宅ローンやマイカーローンの利用がある場合には優遇金利でお金を借りることができる場合もあるんだよね。

 

銀行カードローンでお金を借りる場合なら、普段から取引きのある銀行を利用するというのも少しでも金利を安くする方法の1つであり、コツとも言えるだろうね。

 

利息を少しでも減らして支払い総額を減らすには、低金利な金融業者でお金を借りることは大事だけど、返済期間を短くするという方法もあるんだよ。返済期間を短くするということは、毎月の返済金額を多めにするとか余裕のある時には約定返済日以外にも繰り上げ返済をしていくとか方法はいくつかあるんだ。

 

借入元金が大きければ大きいほど返済期間の短縮は効果を発揮してくれるんだけど、たとえば100万円を借入れた場合で説明するとこうなるよ。(金利18%で借入れ)

  • 100万円を1年間で返済した場合:100万円×18%=18万円(返済総額118万円)
  • 100万円を6カ月間(180日間)で返済した場合:100万円×18%÷365日×180日=88,767円

100万円を1年間や6ヶ月間で完済できる人は少ないと思うけど、極端な例だとこのような利息の差が生じることになるんだよね。利息分のお金を節約したいなら、低金利であること、返済期間が短いことのどちらもクリアできることが大切と言えるよ。とは言っても、無理な繰り上げ返済は生活費の不足にも繋がるし、再びお金を借りるような事態を引き起こす原因になることもあるから、注意が必要だよ。

 

低金利でお金を借りるなら銀行と消費者金融で有利なのはどこ?


利息の節約をする方法の1つ、低金利の所でお金を借りるならどこでお金を借りるのがお得なんだろう?個人が金融機関から融資を受ける場合、銀行か消費者金融のどちらかを利用するのが一般的と言えるかも知れないよね。両者の金利には次のように違いがあるんだよね。

  • 銀行カードローンの金利:平均3.5%~14.5%
  • 消費者金融の金利:平均4.5%~18.0%

両者を比較すると、より低金利なのは銀行カードローンであることが分かるよね。低金利の所でお金を借りるのが目的なら、誰もが消費者金融でなくて銀行からお金を借りたいと考えるはずだよね。それでも実際は大手の消費者金融は人気があるし多くの人が利用しているという事実があるのは何故なんだろう。

 

金利が高めのはずの消費者金融が人気の理由、それは銀行の審査が消費者金融よりも厳しい傾向にあり、審査に通りやすいことに魅力を感じて消費者金融を利用する人が多いからだろうね。その上、消費者金融の審査は銀行よりも早いし、即日融資にも積極的に対応できる仕組みが整っているというのも人気に理由としてあるんだよね。

 

銀行は金利は低いけど審査が厳しいし、時間がかかるというデメリットもあるため、金利が高めというデメリットはあるけど消費者金融を利用した方が結果的にメリットが大きいと考える人が意外に多いと言えるだろうね。

 

消費者金融が人気の理由は他にもあって、大手だと一定期間無利息期間が用意されている場合もあるんだよ。たとえば30日間無利息サービスだったら、無利息期間となっている30日間は利息0円でお金を借りることができるんだよね。いくら銀行のカードローンが低金利とは言っても無金利には敵わないよね。

 

少しでも低金利の所でお金を借りたいなら、まずは無利息キャンペーンをやっている消費者金融でお金を借りることを検討することもおすすめだよ。

 

低金利キャッシングと無利息期間のカードローン、お金を借りるならどこ?


低金利でお金を借りれる業者と無利息期間のある業者、初めてお得にお金を借りるならおすすめはどこが良いのか悩むところだと思うんだ。低金利の業者なら借りたお金に対して発生する利息が安いというメリットがあるけど、ただし無金利という訳ではないよね。

 

対して無利息期間のある業者の場合なら、その間に借りたお金を全額返済できれば利息が一切発生しないという無金利の状況になるんだ。たとえば10万円借りても無利息期間内なら利息の支払いは0円となるから、返済金額は10万円のみとなるんだよね。

 

ただし無利息期間が終わると通常の金利が発生するから、期間内に一括返済ができなかった場合には利息を元金返済と一緒に支払う必要があるんだ。金利が高めの業者であれば、やっぱり低金利の方がお得だと感じるかも知れないね。借入れの金額が大きければ金利差の影響は大きくなるし、全額返済も難しくなるだろうね。

 

借りたお金をすぐに返せない、さらに借入れの金額が高額となる場合には低金利の業者でお金を借りる方が安心だしおすすめと言えるだろうね。反対に少額融資を受ける場合や、無利息期間中に一括返済できるだけのまとまったお金が用意できる予定がある場合には、低金利の所よりも無利息キャンペーンをやっている所の方がお得ということになるんだよね。

 

無利息期間のある業者を利用する際には利用の規約や商品説明をよく読んで、いつから無利息期間が発生するか確認する必要があるよ。業者によっては契約の翌日から無利息期間が始まる場合と、初回の出金の翌日から無利息になる場合との2つの方法があるから注意が必要だよ。

 

銀行や消費者金融以外で低金利でお金を借りるならどこ?


銀行カードローンは低金利でお金を借りることができるし、消費者金融なら大手で30日間無利息サービスを提供している所もあるんだ。消費者金融の金利は高めと言われているけど、利息制限法や出資法の上限金利を守って融資を行っているから安心だし、審査や融資までのスピードが早いことでは金利が高めということを含んでもメリットが大きいと言えるだろうね。

 

個人がお金を借りることができる所としては、銀行や消費者金融が一般的だしお得な金利で借金できる場所とも言えるけど、実はその他にも低金利でお金を借りることができる場所もあるんだよね。

  • 生命保険の契約者貸付
  • 市役所の融資制度
  • 国の融資制度
  • 郵便局
  • 親や友達など個人からの融資

以下でその他の融資について紹介していくことにするね。

 

生命保険の契約者貸付なら低金利でお金を借りることは可能?


生命保険と言えば、万が一の備えとして毎月保険料を支払うだけの商品と思っている人は多いかも知れないね。生命保険には「契約者貸付制度」というのがあって、保険の契約をしている人が保険会社からお金を借りることができる仕組みになっているんだよね。

 

保険の種類にもよるけど、生命保険の場合には契約の解除をすると「解約返戻金」というお金が戻ってくるシステムになっているんだよね。それまでに毎月支払っている保険料の合計額には遠く及ばないけど、それでも契約期間が長ければそれなりのまとまったお金がが解約返戻金として貰えるはずなんだ。

 

契約者貸付制度はこの解約返戻金に対して7割~9割に相当する金額を限度額としてお金を借りることができるという便利な融資サービスとなっているんだよ。保険を解約しなくても解約返戻金の一部に相当するお金を手にすることができるから、急な出費でお金が足りない時は本当に助かるだろうね。

 

気になる金利だけど、本来、保険の解約で貰えるお金を借りるわけだから、2.0%~6.0%という低金利になっているんだよね。これなら低金利の銀行カードローンでお金を借りるよりもお得と言えるだろうね。解約返戻金のある生命保険に加入している人がキャッシングを考えるなら、契約者借りつけ制度を選択肢の1つに入れておくことをおすすめするよ。

 

市役所の融資制度なら低金利でお金を借りることは可能?


お金を借りる先を選ぶ時、多くの人が選択肢として考えるのが銀行カードローンや消費者金融のキャッシングだろうね。あまり知られていないかもしれないけど、実は市役所からお金を借りることも可能なんだよ。

 

「生活福祉資金貸付制度」は市役所からお金を借りることができる制度で、個人に融資するというよりは一定の条件を満たしている世帯にお金を貸すことを目的とした融資方法となっているんだ。それにお金を借りることができるのは誰でもいいってことでもないんだよね。

  • 低所得世帯
  • 高齢者世帯
  • 障害者世帯

いずれかの条件である場合だけ生活福祉資金貸付制度は利用可能となるから要注意だよ。市役所からお金を借りるには利用の使途や目的も限定されているんだ。

  • 教育支援
  • 福祉
  • 不動産担保

厳密には他にもあるけど、こんな感じの目的でしか制度の利用ができないことになっているから、銀行や消費者金融のカードローンやキャッシングからお金を借りる時のように「使い道自由」とならないところはデメリットと言えるだろうね。もちろん、旅行の費用や趣味なんかの使い道にも利用不可となっているんだよ。

 

市役所からお金を借りる場合の一番のメリットは、「利息なし、保証人不要」で借り入れができること。保証人がいないと金利が発生する融資もあるけど、こちらの融資制度は保証人不要でも無金利でお金が借りられるという便利な内容となっているんだ。低金利でお金を借りられるというよりも金利0%だから本当にお得だよね。

 

金利が気になってどこからも借入れができないという人でも気楽に融資を受けられるから、生活困窮者の世帯などだったら金融機関から借金することを考える前に、市役所に相談するといいね。

 

言っておくけど、市役者からお金を借りるからといって返済はいつでも良いという訳じゃないよ。生活に困っている人への支援であっても約束の期日まできちんと返済することは金融会社から借りた場合と同じだからね。

関連記事→市役所の融資制度

 

国の融資制度なら低金利でお金を借りることは可能?


低金利でお金を借りることを第一の目的とするなら、国の融資制度を利用するのも選択肢と言えるよ。「総合支援資金」という国の融資があるから、市役所でお金を借りるのと同じように借入先のリストとして入れておくといいよ。

 

気になる金利だけど、生活福祉資金貸付制度のように保証人不要でも利息なしとはならないけど、通常なら年1.5%でお金を借りることができるんだよね。連帯保証人を用意できれば無利子で融資を受けられるから、それなら市役所でお金を借りるのと同じ条件で借り入れできるよね。

 

総合支援資金を利用するための条件はこんな感じになっているんだ。

  • 本人確認が可能なこと
  • 住所の確認が可能な古都
  • 低所得世帯であること
  • しっかりとした返済計画を考えることができること

条件を全て満たすことは必須となるけど、返済期間は最長20年となっているからマイペースで返済していけるだろうね。返済できなくて困るという心配も少ないと思うよ。

 

国の融資「総合支援資金」は最長で12ヶ月の融資となっていて、最大で1ヶ月当たり20万円という金額になっているから、生活費が足りない、教育費の支払いが困難などの時には充分に足りる金額と言えるだろうね。

関連記事→国の融資制度

 

郵便局の融資なら低金利でお金を借りることは可能?


金融機関からお金を借りるなら銀行や消費者金融のカードローンが人気になっているけど、郵便局の融資も考えてみるといいかも知れないよ。ただし、郵便局でお金を借りる場合には、貸金業者のカードローンとは違って担保なしでは融資を受けることができない種類の貸付けになっているから、その点ではデメリットと言えるよ。

 

郵便局で次の貯金をしている人だけが利用できる融資だから、誰でも郵便局からお金を借りることができるとは言えないんだよね。

  • 貯金担保自動貸付
  • 財産形成貯金担保貸付
  • 国債等担保自動貸付

郵便局でお金を借りるには担保となる貯金が必要になるから、郵便局で貯金をしていない、しているとしても通常貯金しかないという人は利用の条件を満たすことはできないから融資を受けることは不可となるよ。

 

貯金担保自動貸付


通常貯金だけでは利用不可だけど、総合口座で定期貯金や定額貯金を利用している人ならば、通常貯金の残高不足の際に定期貯金や定額貯金の残高に応じた金額の範囲内で自動的に融資される貸付けが貯金担保自動貸付なんだ。

 

返済期間は2年間で金利は0.25%と低金利になっているから、郵便局でまとまったお金を貯金している人ならばおすすめとなるんだよね。

 

財産形成貯金担保貸付


財産形成貯金担保貸付という融資は、郵便局で財産形成定額貯金や財産形成年金定額貯金、財産形成住宅定額貯金を担保として融資を受けられる内容となっているんだよ。1契約ごとに最大300万円の融資を受けることが可能なんだけど、いくら借りれるかは財形貯金残高に応じた金額の範囲内ということになるんだよね。

 

返済期間は2年間となっているけど貯金担保自動貸付と同じように0.25%と低金利だから、安心してお金を借りることができるよね。

 

国債等担保自動貸付


ゆうちょ銀行から国債を購入した場合、それを担保として融資を受けられる貸付けもあるんだよね。通常貯金の残高不足の時に、保有している国債の残高に応じた金額の範囲内で自動的に融資を受けられる内容となっているんだよ。

 

返済期間は貯金を担保とする融資とは違い1年と短めとなっていて、金利も少しだけ高めの1.7%となっているけど、それでも非常に低金利と言えるんだよね。

関連記事→郵便局

 

親や友達など個人からの融資で利子はどうしたらいい?


生活費が底をついてしまって食費にかけるお金もないという時には、さすがにどうにかするしかない状況になるだろうね。そんな時にすぐに頼れる相手と言ったら、金融機関や市役所や国でなくて親や友達かも知れないね。借りる金額によるのかも知れないけど、少額ならばすぐに返せる可能性が高いことから身近な人に借金を申し込むことも普通に良くあることだよね。

 

友達や知り合いならお金を借りても税金の問題は発生しないだろうけど、親からの借金には注意が必要なんだ。親族間のお金の貸し借りには贈与税というものが関係してくるからだよ。少額融資を親から受けるなら特に問題になることはないみたいだけど、たとえばマイホームの購入資金の一部を親から借りるなら金額が高額になる場合もあるよね。

 

お金を借りる場合に一定の金額を超える高額となった場合には、必ず利息を支払う必要があるんだよ。親からお金を貰う場合はもちろん贈与税が発生する場合もあるけど、融資を受ける時に親子間のお金の貸し借りだからと無利子でお金を借りると本来支払うべき利子も贈与されたことになってしまうんだ。

 

税務署に親から贈与を受けたと思われないためにも、親からの借入れであっても利息を支払うことがおすすめとなるんだよね。もっとも、無利息で親からお金を借りた場合でも110万円以下の利息相当分であるならば贈与税の対象にならないから、よほど親が資産家でない限りはそれほど心配しなくても良いとは思うよ。

 

たとえば、親から1000万円を無利子で借りた場合であっても、商事利率がたとえば6%であったならば本来支払うべき利息は60万円ということになるけど、110万円以下であるため贈与税を課せられることなく非課税となるからね。ただし110万円を超える利息となるならば、支払わないと贈与ということになってしまうから注意が必要だよ。

 

友達や知り合いからお金を借りるなら税金よりも心配なのがトラブル


友達や知り合いからお金を借りるのであれば、税金の問題はないにしても個人間のお金の貸し借りが原因で起きる人間関係のトラブルが心配だよね。仲の良い友達であってもお金が絡むことで友情に傷がつくこともあるんだよ。

 

どうしてもお金を借りたい時に、友達しか貸してくれる人がいない場合には、借用書を作って友達に渡しておくことをおすすめするよ。借用書には自分の名前を署名し、印鑑を押して貸してもらう金額や約束の返済日、返済方法などの条件を書いておく必要があるけど、後で言った言わないのトラブルになるのを防ぐには必要な物となるんだよね。

 

少額の借り入れなら友人や知人からお金を借りるという方法も便利だと思うけど、高額の借り入れが必要な時なら銀行や消費者金融でカードローンを利用した方が返って手っ取り早いということもあるんだ。即日で借入れができる可能性もあるし、人間関係で気を遣う必要もないから気楽と言えるからね。

 

低金利でお金を借りるならおすすめの方法はこれ!


とにかく低金利でお金を借りるのが一番の希望という時には、いろいろな情報の中から信頼できる内容だけをピックアップし、頭の中でその情報を整理して最終的な結論を出す必要があるんだ。

 

情報収集の際には、たとえばカードローンでお金を借りるにしても種類や数が多いだけでなく、金利についても他の業者との差別化を図ろうと各社で低金利や金利優遇のなどで競っている状況だから、お金を借りるならどこがいいのか迷ってしまうのも当然だろうね。

 

自分にとって条件の良い所でお金を借りるのが重要となるけど、その中でも少しでもお得にお金を借りることができる場所を選ぶ必要があるよね。
それには安定した収入があることが条件となってくるんだけど、自由な使い道でお金を借りたいなら銀行や消費者金融がおすすめとなるだろうね。闇金でなければどこでお金を借りるにしても、利息制限法の上限を超える高金利な融資を受ける心配はないし、消費者金融でも大手だったら初めて利用する場合に無利息期間がある業者もあるからね。

 

国や市役所でお金を借りる場合だと、確かに低金利で融資を受けられるメリットがあるけど、利用できる人の条件が限定されている上に利用目的も限定的となっているんだ。低所得世帯であるなどの条件を満たしていることが必要だし、誰もがお得に借り入れできる融資制度ではないからね。

 

低金利でお金を借りるためには、まず自分の状況を確認した上で条件を満たすことのできる融資の中から、一番低金利になっている所を選択する必要があるだろうね。お得な利息でお金を借りる方法と考えるなら、自分の年収や勤続年数、貯金の状況や暮らしている世帯の現状などを総合的に確認してみることがおすすめとなるよ。