お金を借りる 在籍確認

MENU
「お金を借りたいけど、どこにしよう・・・」と悩んでいる方へ。



銀行や信金よりも「有利」な条件のある借入先をご存知ですか?

全国どこからでも24時間申し込みができるサービスがプロミスというサービスで、実は銀行よりも速い時間で融資を受けられるケースも多いのです。

プロミスは、借り入れ可能か、簡単3秒診断(無記名でOK)というのがとても便利で人気があります。(プロミスは1万円からお借り入れが可能です)

借りれるという診断が出てから正式に申し込めばいいので一度試してみてはいかがでしょうか?

◎→プロミス事前3秒診断の公式ページ


プロミスのおすすめポイント
全国どこからでも申し込み可能
24時間申込可能
最短1時間融資
来店・保証人・担保→不要
借入のことをバレないように配慮
・・・大手ですから安心感と信頼感は抜群です

お金を借りる時に必要な在籍確認について解説!回避する方法はある?


カードローンやキャッシング、クレジットカードなどの申し込みをすると、在籍確認の電話がかかって来ることが多いんだよね。在籍確認は、カードローンなどの申し込みで通知した勤務先の電話番号に本当に勤務をしているのかを確認するための電話連絡が来ることを言うんだよ。

 

初めてお金を借りる人だと「在籍確認」は、今まで一度も聞いたことがない言葉かも知れないね。
「金融業者から職場に電話が入るなんて、困ったことになった」と思う人は多いみたいだよ。実際に職場に金融会社から電話連絡が来たら、借金の申し込みをしていることが職場バレのリスクがあるかも知れないと考えるからだろうね。できたら在籍確認無しでお金を借りることができればと思う人も多いと思うよ。

 

在籍確認なしの借入れは基本的には難しいし、審査の中で職場の勤務状況についてチェックするのは必要な手続きになっているからね。申し込みした人が貸したお金を確実に返済してくれる人であるか判断できないうちに融資をする訳にはいかないしね。

 

在籍確認が上手く行かないとどうなるかと言えば、多くの場合で審査に落ちたりしているみたいだよ。借りる金額とは関係なく、借入れの際の審査で在籍確認が実施されるため、少額融資を受けたい時には少し面倒に感じてしまうこともあるだろうね。

 

金融会社の中には利用者のそんな気持ちに対応するために、在籍確認なしでお金を借りることができる所もあるんだよ。在籍確認があるためお金を借りるにもハードルが高いと感じる人もいると思うから、こちらでは在籍確認を回避して安心して借入れできる方法について解説していくことにするね。

 

面倒で困ることしかない在籍確認をどう乗り切ったらいいのか、キャッシングを便利・気軽に利用するにはどうしたらいいのかなどの疑問を持っている人にも参考になると思うよ。

 

そもそも、在籍確認の意味と必要な理由とは?


改めて在籍確認の意味と必要な理由を説明すると、その人の返済能力を正確に判断するため最も有効な手段ということになるんだよ。申込書に記入している勤務先情報に嘘がないか記入のミスがないかを確認することで、本人が毎月きちんと収入を得ることができているかの判断資料とすることを目的としているんだよね。

 

在籍確認をしないと、万が一申込みした人が嘘の勤務先を申告していたら、返済能力の判断が難しくなってしまうし、それ以前に返済するお金を実際に稼いでいない可能性もあるからね。勤務先の電話番号は、本人と連絡が取れなくなった場合にも最終的な連絡先となるんだよ。

 

正しい勤務先の電話番号を把握しておくことは、なりすましによる詐欺被害の防止や本人が返済日を忘れてしまった時の連絡先として利用できる意味でも、非常に重要となっているんと思う。在籍確認なしでお金を借りることは確かにメリットは多いけど、基本的にとても難しい状況にあるし電話連絡が来ても仕方がないことなんだよね。

 

在籍確認の方法や流れと注意点とは


特に初めてお金を借りる人は、在籍確認とはどのような流れで実施されるのか不安かも知れないね。在籍確認の方法は銀行と消費者金融では少しだけ違う場合があるんだ。

 

銀行の場合だと、初めに「○○銀行です。」と言って電話が来ることが多いみたい。勤務先に銀行から電話が入ることで、申し込みをしている人はカードローンの申し込みが職場バレするのではないかと心配になってしまうだろうね。でも、銀行はクレジットカードの発行もやっているし、住宅ローンなどの他のローンも利用できるから、在籍確認の電話があったことだけで借金の申し込みをしていることがバレる心配は少ないと言えるよ。

 

消費者金融でお金を借りる場合でも在籍確認はもちろん実施されるけど、その際には「消費者金融の○○です。」と名乗ることはないし、担当者の個人名で「○○です。」と名乗って電話をかけてくれるから職場バレの心配は非常に少ないと言えるだろうね。

 

銀行とは違って消費者金融からの電話だと分かれば、利用の目的は「お金を借りること」と限定されてしまうから、勤務先に入った電話が金融業者からのものであることは絶対に内緒にしたいところだよね。

 

銀行も消費者金融も、在籍確認の電話に出張や会議などの理由で本人が出ることができなくても、代わりに電話に出た同僚などが「今、席を外しています」などと回答をすれば在籍確認はその時点で終了となるんだ。本人が電話を取った場合には、少しだけ質問に答えるだけですぐに終了するから、特別心配なことはないと言えるよ。

 

在籍確認で心配なことは、職場バレをすることだけでなくて他にもあるんだよね。銀行や消費者金融などの金融業者が電話をかけて来た時に、昼休み中やその他の理由で事務所に誰もいなかった場合や、何度電話をかけても電話が繋がらないなどで在籍確認が取れない方がある意味心配と言えると思うよ。

 

在籍確認が取れないと、審査に落ちる可能性が高くなるからね。実際には申し込みで申告した電話番号に嘘や間違いがなくても、電話を取る人が誰もいないと不審に思われてしまうし、そのことが理由で審査に落ちることもあるからね。

 

職場の電話に誰も出られない可能性がある場合には、事前に申し込みをしている金融機関に伝えておく必要があるし、その方が誠実な人であると判断してもらえるし信用を得られることにもなるだろうね。

 

在籍確認が取れたら契約や融資まで手続きが進むことになるんだけど、その際に過去に返済の滞納や遅れがなければ安心して審査結果を待っていられると思うよ。

 

在籍確認の電話で聞かれる内容はなに?いつ電話が来るの?


在籍確認があると勤務先に自分を指定する電話が入るし、自分が電話を取ることができればまだ安心だけど、同僚が電話を取ったら困ると思う人は多いと思うよ。同僚に「誰だろう?なんで携帯電話でなくて会社の電話にかかってきたんだろう?」などと詮索されてしまうかも知れないからね。

 

運良く自分が電話を取ることができたとしても事務所には同僚や上司もいると思うし、電話での会話を聞かれることは避けられない状況となるだろうね。在籍確認では、住所や生年月日・勤続年数などを聞かれることも多いけど、職場でそんな会話をしたら同僚に怪しまれるだろうし、借金のための在籍確認であるということがバレる心配もあるよね。

 

在籍確認でどんな内容が聞かれるかは、その人や金融業者、カードローンやキャッシングなどローンの種類によっても違うから一概には言えないけど、やっぱり個人情報に関することを聞かれる可能性もあるから、周囲が気になることは事実であると思うけど質問にはしっかりと答えられるよう準備が必要になるんだ。

 

本当に申告通りの職場で勤務をしているかを確認するのが目的なので、事実がしっかりと伝わらなければ意味がないし、あせると業者にも同僚にも不審に思われてしまうから、ここは堂々と対応することをおすすめするよ。

 

在籍確認が来る時とは、それ以外の審査の手続きがほぼ完了したタイミングとなるのだけど、具体的にいつかと言えば、審査結果が大方決定して最終段階での確認が必要になった時ということになるだろうね。よほど申し込みの内容と違うことを言わない限り審査結果が変更になる心配はないけど、在籍確認をどう上手く乗り切るかは重要と言えるよ。

 

本当に心配?職場バレの理由となる在籍確認


職場に金融業者から電話が来ると思っただけで一日中仕事が手に着かないという人もいると思うよ。同僚や上司に借金していることがバレると社会人としての信用に傷が付くような気がするし、とにかく恥に感じてしまうものだと思うからね。

 

在籍確認がお金を借りるために欠かせないものならば、職場バレしないような配慮をお願いするしかないだろうね。電話をかける時には銀行名や消費者金融の社名を名乗らないことは配慮の1つと言えるけど、その他にも性別の指定や電話をかける時間の指定の希望にもある程度は聞いてもらえる場合もあるみたいだよ。これなら同僚に借金の申し込みがバレる心配が減るかも知れないね。

 

銀行や消費者金融などのキャッシングサービスなら、職場バレに対して最新の注意を払ってくれるけど、やっぱりわざわざ会社の電話に連絡してくることに不審を感じてしまう人もいると思うんだよね。生年月日を聞かれたら周りに誰がいても答えないと駄目だし、周りで聞き耳を立てている同僚だっているかも知れない。

 

在籍確認の電話が来ると分かっている場合には、事前に同僚に言い訳を言えるよう準備をしておくと良いかも知れないね。携帯電話の調子が悪いとか、クレジットカードの申し込みをしているとか上手く同僚を納得させられる言い訳を考えることができれば、特に不安に思うこともないと思うよ。

 

不審な電話に同僚が怪しいと勘付いて、着信履歴から折り返しの電話をかけてしまう可能性もあると心配になる人もいるだろうね。銀行なら銀行名を名乗ることは多いけど、消費者金融の場合には非通知で電話をかけるのが基本のようだし、本人の秘密がバレるようなことは言わないから安心だよ。もちろん在籍確認が用件だったと言うこともないからね。

 

在籍確認で困るのは職場の仲間に借金の申し込みがバレることのみだから、不安ならば業者に電話をして相談しておくと安心して在籍確認に臨めるはずだよ。会社に内緒でお金を借りる人は大勢いるはずだから、それなりに対処してくれると思うよ。

 

架空の会社名を名乗ってもらえば在籍確認も安心?


借入れの申し込みをして、その後に審査に通るには在籍確認を外すことはできないけど、気になるのが職場バレなんだよね。できれば、銀行名や担当者の個人名でなくて取引先など仕事関係の会社からの電話として連絡をしてくれたら一番好都合と思う人もいるだろうね。

 

会社名でなければ、家族の名前や架空の嘘の会社名でも良いと思う人もいると思うけど、やっぱりそこまでの配慮を望むことは難しいみたいだね。いろんな人が申し込みをしている現状があるから、1人ひとりの要望に細かく応えている時間がないというのが一番の理由となるんだ。

 

あまりにも強く要望を伝え過ぎると、反対に何か問題があるのではないかと疑いを持たれてしまう可能性もあるし、審査で不利になる原因を作ることにもなりかねないからね。信用が何よりも大切なキャッシング審査では、常識の範囲内で要望を伝えることがおすすめとなるんだ。

 

余りにも自分の都合の良い要望を言うと、たとえば、借金を頻繁にすることで社内で悪い評判がある人と疑われてしまう可能性もあり、そこまでして職場に内緒にしたい理由があるのだと判断されてしまうかも知れないからね。

 

常識の範囲内なら在籍確認での要望もあり


在籍確認で必要以上の希望を伝えるのはおすすめできないことだけど、嘘のお願いでも筋道の通っている理由なら聞いてくれるかも知れないよ。

  • 女性は女性の担当者に電話をかけて欲しい(男性は男性のスタッフを希望)
  • 電話連絡の用件を同僚に聞かれた時の答え方
  • 非通知での着信

たとえば、女性なら女性の担当者に電話をかけて欲しいとか、男性の場合も同性のスタッフを希望する場合には、一般的に通用する希望と言えるだろうね。
女性に男性から、男性に女性からの電話は一般的に考えて仕事以外であるなら不自然に思われることも多いよね。もしかしたら金融会社の在籍確認以上に怪しく思われる可能性だってあるかも知れないし。

 

電話の要件を同僚が聞いた時の答え方についても、ある程度なら聞いてもらえるかも知れないよね。全くの嘘でなければ、業者の方も快く対応してくれると思うし、後は、相談次第ということになるだろうね。

 

職場バレを防ぐために非通知での着信を希望するという方法もあるよね。非通知で電話をかけて欲しいというのも常識の範囲と言って良いと思うからね。同僚が電話をかけ直しする可能性も全くないとは言えないけど、非通知ならその心配もないからね。同じように要望をする人だって多くいると思うし、審査で不利になることを心配するような内容ではないからね。

 

金融業者も新規顧客の獲得のため、ある程度なら融通をきかせてくれることもあるようだし、聞いてもらえる可能性は高いと言えるだろうね。

 

職場バレを防ぐなら、念のため万が一時の言い訳も準備しておく


お金を借りるためには何とか在籍確認を乗り切る必要があるけど、職場バレの可能性もあるし、そのことが理由で会社で悪いイメージが付いたら困るよね。金融業者には在籍確認で電話に出た同僚に、何とか嘘の用件を言ってくれるよう頼みたいけど、あまりにも自分に都合の良い嘘は業者の心証を悪くする心配もあるから注意が必要なんだよね。

 

在籍確認で借金が職場バレする危機を回避するなら、業者に頼るのではなく自分自身で何とかする必要があると思うよ。何とかするというのは、「事前に言い訳や理由を考え、同僚から電話の用件を聞かれた時のために準備をしておく」ということなんだ。

 

言い訳や理由を考えるのと同時に、自分が確実に在籍確認の電話を受ける方法も考えておくことも必要だろうね。同僚が電話を取ると後で何かと面倒なことになるかも知れないし、それならばなるべく自分自身で業者からの電話を取るようにするのがベストと言えるよね。

 

できるだけ自分が業者からの電話を受けるためには、在籍確認をするなら絶対に自分が電話を取ることができる時間帯にしてくれるようにお願いしておくと良いよね。もちろん、指定した時間通りに業者の担当者が電話をかけてくれるとは限らないけど、業者にとっても本人が電話に出る方が本当に申告通りの会社で勤務しているかの確証が得やすいと思うよ。

 

必ずその時間に本人が電話を受けることができると言われたら、業者の方もできるだけ対応をしてくれると思うんだよね。とは言っても、正確な日時の指定までは難しいと思うし、あまりにも強い要望は不審感を招くことにもなるから過度な期待はしない方が良いかも知れないね。

 

時間を指定するのであれば、「この時間帯なら誰かしら電話を取ることができます。」ということを理由に在籍確認の時間を指定してみると良いと思うよ。そこまで用心してもやっぱり在籍確認の電話を会社の人が受けてしまったらどうしたらいいのかな?

 

その時にはさすがに借金の申し込みが職場バレしてしまうかも知れないけど、事前に言い訳や理由を準備しておけば難を逃れることも可能かも知れないよ。

 

職場バレしそうになった時の具体的な言い訳や理由とは?


在籍確認のための対策を講じたつもりでも、絶対にそれが上手く行くとは限らないよね。運悪く自分が席を外している時に業者からの電話確認が来てしまい、同僚がその電話を取ってしまった時にはどんな言い訳や理由を言ったら良いのだろう。

  • 知人や家族の住宅ローンの保証人になった
  • 証券会社からの営業の電話だと思う
  • クレジットカードの申し込みをしたから審査の電話だと思う
  • 思い当たることが全くない、そんな名前の人は知らない

知人や家族のため、投資会社の営業の電話、クレジットカードの申し込みのため、身に覚えがないなどの言い訳や理由なら、誰にも知られたくないような悪いことではないし堂々と言うこともできるよね。慌てることなく平常心でいれば、電話を取った人も大したことではないと判断し、それ以上の詮索はして来ないだろうね。

 

職場バレを完璧に回避するなら在籍確認なしの業者がおすすめ!


お金を借りる時の在籍確認は、自分が電話に出るために事前に時間帯を指定したり、自分以外の同僚が電話を受けた場合の言い訳や理由を考えることで、ある程度は職場バレの回避が可能になると思うんだ。

 

それでも、やっぱりそれだけでは完璧じゃないし心配と思う人は、在籍確認なしのサービスでお金を借りることを考えるかも知れないね。基本的には、在籍確認無しでお金を借りるのは難しいのが現状だけど、どうしても勤務先への電話連絡は困るし職場バレのリスクは少しでも減らしたいということもあるだろうね。

 

何度も言うけど、在籍確認なしで審査に通ることはできないし、お金を借りることも不可能なんだよね。それでも、一部のキャッシングサービスならば、電話連絡以外の方法で在籍確認をしてくれる業者ならあるよ。職場だけでなくて自宅への電話確認なしでお金を借りることができるし、それなら職場バレや家族バレも心配にならないかも知れないね。

 

電話連絡なしで在籍確認を受ける時には一定の書類が必要になるんだけど、書類の確認ができれば電話以外で在籍確認受けることが可能になるし、お金を借りることもできると思うからどうしても誰にも内緒でキャッシングしたいっていう時には、書類だけで審査が完了するローンがおすすめだよ。

 

書類の提出方法も携帯電話で画像を撮影すればメールやスマホのアプリなどから送信できるし、簡単で手軽だから安心だよね。

 

電話連絡なしの在籍確認なら土日や祝日でも安心!


必要書類の提出だけで電話連絡なしでも在籍確認を受けられることのメリットには、土日や祝日で勤務先が休業となっている時でも在籍確認ができるということもあるんだよね。

 

通常は土日などで職場が休みだと金融機関が在籍確認で電話をかけても誰も電話を取ることができないから、当然だけど在籍確認は無理になるよね。提出した書類だけで在籍確認を済ませることが可能になるのならば、会社に電話が一切かからないことになるから職場バレの心配もないし、自宅にも電話が来なければ親バレや家族バレだって回避できるんだから本当に便利だね。

 

ただし電話連絡なしで審査に通過するには、書類のみの審査に対応しているキャッシングサービスを利用する必要があるし、申し込みで提出を求められる書類が違うし利用できる条件も違って来るから、事前に申し込みの内容について確認しておく必要があるよ。

 

返済の遅れがあれば電話連絡なしとはならない!


平日だけでなくて土日や祝日であっても職場や自宅への電話連絡なしで在籍確認をクリアできた人でも、約束の返済期日までに返済ができなかった時には、どうしても電話連絡なしとはならないから注意が必要なんだよ。

 

返済に遅れると電話連絡によって請求が来ることは一般的な督促の方法となっているからね。カードローンやキャッシングの返済は一括払いよりも毎月一定の金額を返済する人の方が多いから、業者からの電話が来るのを避けたいならば契約通りに毎月きちんと返済すること、要するに返済に遅れないことが大切だね。

 

電話連絡なしで在籍確認を受けるために必要となる書類とは?


キャッシングサービスの在籍確認を電話なしで済ませるためには、一定の書類を提出する必要があるよ。

  • 健康保険証(社会保険証)
  • 社員証
  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 社員証
  • 雇用契約書
  • 在籍証明書
  • 運転免許証

上記の書類のうち、必要とされる書類を必要な枚数提出すれば、職場や自宅に電話連絡が来るのを避けることが可能になるよ。書類の提出方法は、スマートフォンなどのカメラ機能で写真を撮影してアプリなどから送信するだけだから、時間も手間もかからないし、簡単に書類の提出ができるよ。

 

詳しくはホームページを見るか、直接業者に電話で確認することがおすすめだけど、初めから電話連絡なしで審査を受けることができるサービスと、特別な事情がある場合に対応してくれるサービスとがあるみたいだから、とにかく事情がある場合には業者に相談してみるといいだろうね。

 

在籍確認を取るために会社に電話をしても、なかには個人情報を守ることを徹底しているため社外の人に対しては社員についての問合せには一切答えないという方針の会社もあるみたいだから、そういう勤務先で働いている人なら特に電話連絡なしで在籍確認をしてくれるローンは便利だよね。

 

電話連絡なしでお金を借りることができるならば、自宅に郵送物が一切届かないということにもなるし、WEB完結で申し込みができるから、来店の必要も全くないというメリットもあるから、利用条件を満たして今すぐに必要な書類を準備できるなら便利な申込方法と言えるだろうね。

 

お金を借りる時に職場への電話を避けたいという人におすすめなのは、大手の消費者金融だろうね。銀行だと電話連絡なしで在籍確認を実施している所はほとんどないけど、大手の消費者金融だったら対応してくれる所は意外に多いみたいだよ。職場や家族にバレるのが心配という人は、まず有名な消費者金融のカードローンに申し込みしてみると良いかも知れないよ。

 

必要書類の送付の注意点とは?


在籍確認なしでお金を借りる際に必要書類を金融機関へ送付する際には、いくつか注意したいことがあるんだ。

  • 書類の撮影をする時のは画像のピンボケに注意
  • 画像の明るさに注意
  • 提出する書類を確認して間違いが無いように注意
  • 証明書類を提出する場合には期限切れに注意

撮影して送付する画像がピンボケしていたり、全体的に暗い場合には読み取りができないため確認書類として利用できない場合もあるよ。必要としている書類ではない物を送付しても意味がないし、証明書類は期限内の物である必要もあるから、正しくきちんと内容が分かる書類を送付することが大事だよね。

 

送付した書類に不備があると、もう一度送付をする必要が出てくるし、今すぐお金を借りる必要がある時には時間が無駄になってしまうからこのようなことには充分注意する必要があるんだよ。時には、書類の不備が理由で電話連絡なしの在籍確認が受けられない場合もあるから、要注意だよ。

 

在籍確認なしでお金を借りることのできるキャッシングが人気の理由


電話連絡による在籍確認なしでお金を借りることができる金融業者は、今はとても人気のキャッシングサービスとなっているんだけど、その理由にはどんなことがあるんだろう。

 

理由として言えることは、多くの人が勤務先へ在籍確認でかかってくる電話に不安や心配を感じているとからだと思うよ。消費者金融だと社名を名乗ることもないし、担当者の個人名で電話をかけてくれるから普通に考えれば何の不安も感じないはずだけど、自分の名前を指定する電話となることから、必要以上に緊張してしまうだろうね。

 

職場バレしてしまうかも知れないというデメリットが在籍確認にはあるから、誰もが悪い結果を想像してできれば勤務先に電話をかけて来て欲しくないと希望するのだと思うよ。実際に、在籍確認の電話がかかって来たという事実だけで社内に借金をしていることがバレる心配はないんだけどね。

 

普段、自分宛てに電話がかかって来ることがない人だと、キャッシング関連の知識がある人ならば「在籍確認の電話だろうな」と思われてしまう心配があるし、嘘や言い訳を言うのも考えるのも面倒だから、やっぱり業者から電話が来るのは極力避けたいところだよね。

 

公務員や社会的な地位のある人、会社でも課長や部長などの役職にある人だと、お金を借りるということは絶対に他人に知られたくないマイナスポイントでもあるため、在籍確認はデメリットでしかないかも知れない。もちろん、自宅に電話が来るのも家族に秘密にしてお金を借りるなら同様のことが言えるよね。

 

お金を借りる際に不安や面倒に感じることなく安心して在籍確認を受けることができるためには、電話での在籍確認なしのサービスがおすすめとなるし、実際にとても人気になっているみたいだよ。

 

電話連絡なしで在籍確認できるカードローンやキャッシングとは?


電話連絡なしで在籍確認を受けられてお金を借りることのできるキャッシングサービスとはどこかと言えば、次の2つの人気消費者金融が挙げられるんだ。

  • アイフル
  • モビット

アイフルやモビットなら電話確認なしでも在籍確認を受けられるんだよね。初めから在籍確認の方法に電話連絡以外の方法が採用されていたり、申し込みをする際に勤務先への在籍確認をを電話以外にしてもらうことを理由を添えてお願いできる場合の2つがあるんだ。

 

利用には必要書類の提出と電話確認を避けたい明確な理由が必要になるけど、条件を全て満たしていれば希望通りの在籍確認を受けることが可能になるよ。上記のキャッシングサービス以外でも、場合によっては相談次第で電話連絡を避けられる可能性もあるから、まずは電話をかけて直接業者に相談してみるといいね。

 

銀行でも電話連絡なしで在籍確認を受けたいと思う人もいるだろうね。銀行の場合には銀行名を名乗って電話確認を職場にしてくることも多いから、余計かも知れないね。

 

たとえば、三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」で申し込みをした人が職場への電話連絡がなかったと言っているのを口コミで見たことがあるけど、全てのケースで電話が来ないとは言い切れないし、どうしても電話が職場にかかって来たら困るというならば、初めからサービスとして対応している業者の方が安全と言えるのではないかな。

 

在籍確認を書類のみで済ませたい場合、業者によっては2社以上の他社借入れがない場合や返済の遅延や滞納がないこと、少額融資が希望の場合などと、利用条件を設定している所もあるから事前の確認が大事になるんだよね。

 

正社員や公務員、社会的に地位の高い職業に就いている人だと、金融機関でお金を借りる場合には在籍確認に不安を感じてしまうと思うし、仕方がないことだと思うんだよね。

 

同じように非正規雇用の派遣社員や専業主婦の人がお金を借りる時にも在籍確認はあると思うし、やっぱり誰にも内緒でお金を借りたいと考えるものだと思うんだ。立場や社会的地位に違いがあったとしても、借金のことは誰にも秘密にしたいと希望するのは皆同じと言えるよね。

 

派遣社員がお金を借りる時、在籍確認はどうしたらいい?


派遣社員がお金を借りる時にも在籍確認は実施されるし、他の雇用形態の人と全く同じ流れで手続きを進めていくことができるけど、派遣会社で働いている場合には電話確認はどこに来るのだろうと不安になるよね。

 

登録している会社に来るのか、それとも派遣先の職場に電話がかかって来るのかという疑問もあると思うけど、実際には前者の登録している会社に電話確認の連絡が来るのが普通なんだよね。

 

派遣会社への電話連絡の場合だと、自分がその会社に登録されていることを電話を取った人が認識できない場合、在籍確認は失敗になってしまうという心配もあるんだ。派遣会社には多くの人が登録されているし、何かの手違いで自分の在籍を見落とされてしまう可能性もあるからね。

 

派遣会社の社員であることと、派遣会社に登録されていることは全く違うし、事前に説明をしておかないと審査結果に影響することになるから注意が必要だよ。

 

派遣元には「クレジットカードの申し込みで自分宛てに電話が来るかも知れない」という言い訳や嘘の理由を予め伝えておく必要があるよ。申し込みをした金融機関へも自分は派遣社員であるため、「派遣元へ在籍確認を取った場合に会社が自分のことを知らないかも知れない」と伝えておくことも必要になるんだよ。

 

一見して、派遣社員がお金を借りるのは面倒なことが多いように感じるかも知れないけど、実際にはカードローンやキャッシングの融資をしている業者なら派遣社員の借り入れは普通にあることだから、事情を良く知っているし対応できるための体制も整っているから慣れていることでもあるし、こちらも特に不安に思うことはないと言えるんだよね。

 

銀行や消費者金融では在籍確認で派遣先に電話をしてくれる所もあるみたいだし、場合によっては給料明細書などの提出で電話確認の代わりとしてくれる業者もあるみたいだからね。
不安な場合は、申し込みをしたいキャッシングサービスに電話で相談してみるといいよ。

 

専業主婦がお金を借りる時、在籍確認はどうしたらいい?


正社員やパートでなく専業主婦がお金を借りる場合、在籍確認はどのように実施されるのか不安になるだろうね。専業主婦ということは基本的に収入なしとなるから、配偶者の年収が安定している場合にお金を借りられることになるんだ。そのため、在籍確認は旦那さんの職場に行ってしまうのか心配になるところだよね。

 

基本的には、専業主婦だからといって夫の職場に在籍確認の電話が入ることはないから、安心して大丈夫だよ。専業主婦であるということは、妻が働かなくても生活が成り立っていると判断されることが大きな理由と言えるだろうね。わざわざ旦那さんの職場に在籍確認の電話が入れば夫婦のトラブルの理由にもなってしまうし、安心安全にお金を借りられる業者がそのような対応をすることはないからね。

 

専業主婦の場合、在籍確認の電話はどこにかかるかと言えば、自宅の電話か個人の携帯電話ということになるんだよね。電話確認の連絡は平日にかかるのが普通だし、自宅の電話番号にかかって来たとしても平日なら旦那さんは会社に行っていて不在の時が多いし、特に心配は要らないのではないかな。連絡先を自分の携帯電話の番号にしておけば基本的に自宅の電話が鳴ることもないから、安心していて大丈夫だと思うよ。

 

専業主婦の場合には年収が0円である場合が多いから、提出する書類は運転免許証や健康保険証などの本人確認書類のみだし気軽に申し込みができるけど、消費者金融やクレジットカードのキャッシングだと総量規制という法律があって、年収が0円だとお金を借りることができないことになっているから要注意だよ。

 

専業主婦がお金を借りるなら、総量規制の対象外となっている銀行カードローンのみが利用可能となるんだよ。