お金を借りる 学生

MENU
「お金を借りたいけど、どこにしよう・・・」と悩んでいる方へ。



銀行や信金よりも「有利」な条件のある借入先をご存知ですか?

全国どこからでも24時間申し込みができるサービスがプロミスというサービスで、実は銀行よりも速い時間で融資を受けられるケースも多いのです。

プロミスは、借り入れ可能か、簡単3秒診断(無記名でOK)というのがとても便利で人気があります。(プロミスは1万円からお借り入れが可能です)

借りれるという診断が出てから正式に申し込めばいいので一度試してみてはいかがでしょうか?

◎→プロミス事前3秒診断の公式ページ


プロミスのおすすめポイント
全国どこからでも申し込み可能
24時間申込可能
最短1時間融資
来店・保証人・担保→不要
借入のことをバレないように配慮
・・・大手ですから安心感と信頼感は抜群です

学生でもお金を借りることは可能?融資を受ける方法は意外に多い!

学生と言えば勉強が第一であり、親からのお小遣いなどで最低限のお金があれば1ヶ月なんとか生活していけるものと思っている大人もいるだろうね。学生と言っても高校生の時とは違い、20歳ともなれば友達を飲み会を開いたり、合コンなども盛んに開催されるようになるだろう。

 

春にはサークルの歓送迎会などもあるし、夏ともなれば長期休暇を利用して合宿も実施されることもあるよね。社会人が仕事の付き合いで飲み会に誘われるのと同じに、学生だって仲間同志の付き合いを大事にしなくてはいけないんだよね。それには、ある程度のお金もかかるだろうね。

 

金欠の時に限ってまとまったお金が必要になるもので、学生に限った話ではないけどアルバイトの給料日まで日がある場合には、本当に困ってしまうよね。バイトの給料が入るまでの数日間だけお金を借りるなら、大学や専門学校の友達に頼る方法もあると思うけど、後でトラブルが起きることもあるんだよね。

 

学生でも可能ならば、個人からお金を借りるより金融機関からキャッシングする方がおすすめな場合もあるんだ。学生はどこならお金が借りられかということは比較的お金に余裕のあるうちに知っておいた方が、いざという時に慌てないで済むよね。

 

どうしたらいい?大学生がお金を借りる方法!


学生の中でも大学生は通常で4年間も通学する必要があるため、短大や専門学校に通う人よりも多くの生活費が必要となるだろうね。必要な資金を自分自身で捻出するなら、20歳を過ぎて親に頼る訳にはいかないから金融機関からキャッシングすることを考える人も多いと思うんだ。

 

お金を借りる時の条件はどこで誰が借りる場合でも同じなんだけど、「安定収入があること」となっているんだ。普通で考えたら大学生は社会人ではないから普段は勉強で忙しいし、増してや学生だから会社員のようにフルタイムで一日中働くなんて無理ということになるだろうね。

 

心配は無用と言えるし幸いなことに、大学生でもアルバイトをしていて毎月一定の給料を貰っていて、給料の振り込みの確認ができれば、金融機関から融資を受けることが可能になっているんだ。銀行や一般的な消費者金融からお金を借りる時には、安定収入の他にも20歳以上という年齢条件があるから、18歳や19歳の未成年は残念ながらカードローンの利用は不可となることには注意が必要だけどね。

 

キャッシングやカードローンの利用は、アルバイトやパート・派遣社員でも大丈夫だし、一定の収入があれば大学生であっても利用の対象になることが可能だし、お金を借りる方法はあるということになるんだ。有名なキャッシングサービスはもちろんのこと、学生向けのローンを利用することも可能だけど、中には悪質な業者もあるから大手のサービスを利用するのがおすすめだね。

 

専門学校生でもお金を借りる方法はあるの?

専門学校生も大学生と同じようにお金を借りたいと考えることもあると思うよ。アルバイトをしていても大学生より比較的時間の余裕がないと思うから、バイトの給料だけではお金が足りないということもあるだろうね。次の給料日までお金を借りたいという時には、専門学校生であっても利用条件を満たすことができれば融資を受けることは可能だよ。

 

専門学校生も大学生と同じ学生であることから、学生向けのローンを利用することも可能だし、20歳以上なら銀行や消費者金融の利用することも可能だよ。学生ということで利用限度額が低い場合もあるけど、バイトの給料日まで足りないお金を借りるなら便利にキャッシングを利用することができると思うよ。

 

未成年がお金を借りる方法はあるの?


学生には18歳や19歳に未成年も含まれているけど、銀行や消費者金融だと20歳以上の成人であることが利用条件になっているし、未成年がお金を借りる方法はあるのかという疑問もあるだろうね。

 

未成年の学生だって、飲み会に行くことはできないけど友達と旅行をしたい時もあればサークルの合宿に参加することもあるよね。お金が足りないと思うのは20歳以上の学生とさほど変わらないと言えるだろうね。

 

次のアルバイトの給料日までお金を借りることができたら助かるという時、18歳以上の学生ならお金を借りることができる学生向けのローンがあるんだ。アルバイトの給料を毎月貰っている人だったら、不足しているお金の借入れが可能な場合もあるよ。

 

学生ローンと言われる業者には、いくつか20歳になっていなくても利用可能な所があるし、なかには大手の消費者金融のように30日間無利息キャンペーンをやっている業者もあるんだ。一定期間だけなら無金利でお金が借りられるからお得なサービスと言えるよ。

 

未成年の学生でも、探してみれば借入可能な業者もあるということを覚えておいてね。ただし未成年の場合には親の同意が必要な業者もあるから注意が必要だよ。

 

19歳の学生がお金を借りるならどんな方法がある?


19歳の学生と言えば、通常は大学1年生か2年生ということになるよね。1年生の人の場合には大学に入学したてで不安な上に、上京して初めての一人暮らしや授業やサークルの合間のアルバイト生活は大変だし、結局あまり給料を稼ぐことができていないという人も多いだろうね。

 

授業料などの学費を親に負担してもらっているという学生だと、生活費が足りないとは言えないことも多いと思う。たとえ生活が苦しい状況であってもアルバイトをしているから大丈夫と親を安心させるようなことを言ってしまい、後から素直に親に頼れば良かったと後悔する人もいるだろうね。

 

19歳だと未成年であるという理由から社会的な信用はほとんどないと言っていいだろうね。大学に入学したばかりだと、アルバイトも始めたばかりということも多いだろうし、安定した年収があるということに不安を感じることもあるだろうね。銀行や消費者金融のカードローンは20歳から利用可能だからあと1年待つ必要があるけど、学生向けのローン会社なら利用が可能な業者もあるんだよ。

 

学生向けローンなら19歳の学生も利用可能ということが分かっていれば、いざという時に安心だよね。とりあえず、それが分ったら初めは奨学金からお金を借りるとか親や兄弟に頼るなどの方法に頼ってみるといいよね。金融機関からお金を借りるなら20歳になってからと決めておくことをおすすめするよ。

 

クレジットカードのキャッシングは学生がお金を借りる方法となる?


学生がお金を借りる方法には、銀行や消費者金融のカードローン、学生向けローンの他にもクレジットカードのキャッシングを利用することも選択肢としてあるんだよね。すべてのクレジットカード会社で学生の利用を可能としている訳ではないけど、調べてみると学生が利用できるクレジットカードは意外にも多いことが分かるんだ。

 

学生といっても、ただ大学や専門学校に通っているだけだと利用は難しいんだ。アルバイトで毎月一定の収入がある学生が利用対象になることができるから注意する必要があるよ。一定の利用条件を満たすことができれば、たとえば三井住友VISAカードでは通常カードだけでなく学生向けカードも発行しているんだ。

 

「三井住友VISAデビュープラス」という名前のカードなんだけど、利用条件についてはこんな感じになっているんだよ。

  • 利用できる年齢:18歳~25歳まで
  • 利用限度額:10万円~30万円(ショッピング枠:10万円~30万円、キャッシング枠0円~5万円)

学生である上に18歳や19歳の未成年でも利用可能となっているクレジットカードだから、現在、多くの学生が利用しているんだ。有名で人気のあるクレジットカードだから、学生でも安心して利用できるよ。キャッシング枠が少ないのが気になるという人もいるかも知れないけど、アルバイト収入が返済資金となる訳だから、返済のことを考えたら安心と言えるだろうね。

 

知名度の高い金融業者なら安心してお金を借りることができるけど、あまり知られていないサービスでお金を借りるのは決しておすすめできないよ。なかには学生を狙った悪質業者もいるから、法外な利息と取られたり騙されたりすることもあるから、安全な業者でお金を借りる必要があるんだ。

 

学生でも消費者金融の審査に通ることはできる?


学生でも急にお金が必要になることもあるよね。今すぐお金を借りるなら、学生でも消費者金融を利用しようと考えることもあるだろうね。問題になるのは、学生でも消費者金融の審査に通ることはできるのかということ。学生だとフルタイムで働くのは無理だから、消費者金融からお金を借りることは難しいと思ってしまうからだろうね。

 

結論から言えば、20歳以上なら学生でも社会人と同じように消費者金融を利用することは可能になっているんだよ。安定した収入があることも利用条件の1つだけど、アルバイトをしていれば正社員でなくても利用の対象となることができるんだ。

 

安定した収入というのは、毎月同じ日に給料が振り込みされているということになるけど、アルバイトでも正規雇用をされている会社でも、基本的には同じ条件となるんだよ。返済能力を認めてもらえることができれば、学生でも消費者金融の審査に通ることができるだろうね。

 

本人確認書類として健康保険証が必要になる場合があるけど、国民健康保険に加入している学生であっても社会保険より不利になるという心配はないから、安心して申込みしても大丈夫のようだよ。

 

学生でも銀行カードローンでお金を借りる方法はある?


消費者金融でお金を借りるよりも銀行カードローンの方が安心して融資を受けることができると考える学生もいるだろうね。イメージの問題もあると思うけど、何となく銀行の方が親バレした時にも無難にやり過ごせそうと思っているからかも知れないよね。

 

学生のそんな思いをよそに、銀行カードローン事情では学生の利用を受け入れている会社はそれほど多くないみたいなんだ。大手だと、三菱東京UFJ銀行のカードローンなら学生の利用も可能としているから、申し込みしてみるといいかも知れないね。

 

利用限度額については、学生の利用ということで10万円程度に制限されていることが多いから、銀行で高額融資を受けるのは無理なんだよね。考え方次第で、多くのお金を借りることができないことは、借り過ぎを防ぐことにも繋がるから反対に安心して利用できるサービスということにもなるだろうね。

 

10万円程度の金額とは言え、やはり学生が返済していくのは簡単とは言えない金額でもあるから、返済計画はしっかりと立てることがおすすめとなるよ。

 

学生はどんなローンならお金を借りることができるの?詳細を説明!


学生でも本当にお金を借りることが可能なのか、どんなローンなら融資を受けられるのか不安は大きいと思うんだ。たとえば、学生ローンという業者があるけど貸金業者としての登録を済ませている金融業者だし、安心して融資を受けることができるよ。

 

学生でもお金を借りることができる業者を探すよりも、安心安全に融資してもらえる業者を探す方が先決と言えるだろうね。学生ローンなら、法律をきちんと守って貸付けをしている正規の金融業者だから、闇金など悪質業者とは違う大きなポイントということになるんだ。貸金業者としての登録をしていない業者は危険な会社だし、心配事を増やすことになるだけだから絶対に利用するのはやめた方がいいよ。

 

安心してお金を借りることができる学生向けのローンだけど、銀行カードローンと比較するとどうしても金利が高めになってしまうんだ。一般的な消費者金融より多少は低金利になっているけど、金利を気にする人だと銀行のローンの方が魅力的に思えてしまうかも知れないね。

 

銀行のローンは審査が厳しいし、学生の利用を不可としている会社もあるから、学生ローンの方が敷居が低いと言えるだろうね。お金を借りるということは、利息も支払うということになるから返済計画をきちんと立てて無駄に利息を支払わなくても良いような返済をして行くことが大事だよ。

 

学生ローンと通常のローンを比較、違いはどこにあるの?


学生もお金を借りることが可能なローンには学生ローンや通常のローンがあるけど、両者の違いについて説明するとこんな感じになるんだ。

  • 学生ローン:18歳以上なら利用可能な業者もある、学生証の提示が必要
  • 普通のローン:20歳以上の人に限定されている、学生証の提示は不要

 

学生ローンの特徴


学生ローンの場合には18歳以上の学生を対象にお金を貸している業者もあるから、アルバイトの収入が継続的にあれば審査に通ることができるんだ。申し込み手続きには学生証の提示が必要になり、業者によってはこの他に運転免許証や健康保険証なども必要になる場合もあるから、詳しくはホームページの商品説明を参照するといいよ。

 

申し込みの際に学生証を提示したところで、学校に確認の電話連絡が入る心配もないから学校バレの心配もないよ。学生証の提示が必要な理由は、その人が本当に学生であることを証明するためだからなんだ。

 

普通の消費者金融のカードローンの特徴


学生ローンは学生を対象に融資をする一種の消費者金融となるんだけど、それ以外のサービスは普通の消費者金融のローンということになるよ。学生ローンと大きく違う特徴と言えば20歳以上でないと利用できないということなんだ。銀行カードローンにも同じことが言えるけど、普通のローンの場合は18歳や19歳の未成年だと利用不可となるんだよね。

 

それと比較すると学生ローンなら18歳以上でも利用可能な業者もあるから、学生がお金を借りるならば普通のカードローンより学生向けの融資がおすすめと言えるんだ。

 

学生ローンの場合、利用限度額は最大50万円となっているだ。総量規制で年収の3分の1以上はお金を借りることができないことになっているし、普通の消費者金融のカードローンでは学生がお金を借りることができるとして10万円程度の少額となるだろうね。借入限度額についてはどちらの方が多くお金を借りることができるとは言い切れない部分もあるんだよね。

 

学生の借入れ申し込みで在籍確認は実施される?


通常の消費者金融のカードローンなら、多くの場合で在籍確認が実施されているんだ。申し込みから融資まで手続きが進む中で審査が行われるんだけど、その際の最終段階でアルバイト先に在籍確認の電話がかかってくるかも知れないんだ。

 

在籍確認の目的とは、申し込みをした本人が申告通りの職場で本当に働いているかを確認することであり、学生の場合にはアルバイト先が職場ということになるんだよね。

 

学生ローンには在籍確認がないというのが大きな特徴でもありメリットとなっているんだ。基本的には、本人のアルバイト先に在籍確認の電話が来ることがないから、借金していることが職場バレする心配は不要と言えるだろうね。

 

何で学生ローンには在籍確認がないかと言えば、その理由にはこんなことがあるみたいなんだ。学生ローンの場合には借りるお金が少ないし、アルバイトだと正社員とは違い簡単に辞めることが多いから職場の在籍確認もあまり意味がないということだよ。


関連記事→在籍確認について

 

学生が親や学校にバレずにお金を借りることはできるの?


学生がお金を借りる時には誰かに相談することもあると思うけど、友達やサークルの仲間などなら気軽に話すことができるかも知れないね。お金を貸して欲しいという話でなければ、親しい間柄なら相談に乗ってくれるかも知れないからね。

 

友達なら知られても大丈夫だけど、親や学校だけにはバレずに金融業者からお金を借りたいと思う人は多いだろうね。特に悪いことをしている訳じゃなくても、親が知ったら絶対に心配するだろうし説教をされる恐れもあるからね。

 

果たして、金融会社からの借入れを親バレや学校バレを防ぎながら利用することは可能なのだろうか。
結論から言うなら、このようなことに注意したら親にも学校に内緒でお金を借りることは可能だよ。

  • 申し込みはWEBからする
  • 無断で返済が遅れないようにする

親や学校にバレずにお金を借りるなら、最低でもこの2つのことに注意する必要があるよ。

 

申し込みはWEBからする


業者への借金の申し込みを親や学校に全体に秘密にしたいなら、WEBで手続き始める必要があるんだ。WEBで申し込みを利用するメリットには、郵便物が届くのを防ぐことができるということがあるからだよ。自宅に不審な郵送物が届いたら、親が勝手に開封してしまうという心配だってあるからね。

 

今はインターネットから申し込みすると、WEB完結で融資まで手続きが進められるキャッシングサービスもあるから、来店不要でお金を借りることができるから便利だけど、親バレや学校バレまで回避できることにもなるから安心だよね。自宅から通学していなくて下宿先で生活している人なら申し込みの住所を下宿先にすることもできるから、その場合なら二重の安心となるだろうね。

 

無断で返済が遅れないよう注意する


WEBで申し込みをして親や学校にバレずにお金を借りることができても、返済期日に無断で遅れることがあればキャッシングを利用している業者から連絡が来ることもあるから要注意だよ。うっかり返済を忘れてしまうこともあると思うけど、自分の携帯電話に請求の電話が来るのを無視したりして、業者からの連絡に対応しない場合には実家に連絡が入ったり督促状の郵便物が届くこともあるんだよ。

 

返済するお金がない時には、業者から逃げ回るのでなくその旨を相談してみると良い場合が多いよ。返済する意志があることをしっかりと相手の金融業者に伝えることで、督促の電話や郵送物が来るのを回避することが可能になるからね。キャッシング会社からの信用を失うようなことは絶対にやめた方がいいし、親や学校にバレずにお金を借りるなら尚更のことと言えるだろうね。

 

学生がカードローンでお金を借りるなら学生証の提示が必要になるの?


銀行や消費者金融のカードローンでお金を借りる場合には、基本的には身分証明書の提示が必要になるんだ。運転免許証や健康保険証が主となるけど、状況によっては収入を証明する書類も必要となることもあるよ。

 

学生がカードローンからお金を借りる時であっても必要書類については同じになっているから、学生であることを証明するために学生証を提示する必要がないんだ。

 

学生ローンの場合だと学生向けの専用業者だから、利用するには学生であることが条件となるんだよね。申し込みの際には学生証の提示が必要になるし、大学や短大、専門学校が発行する学生証の両面コピーを求められることもあるんだ。詳しくは学生ローンのホームページを参照してみるといいよ。

 

学生が安心してお金を借りるなら気を付けたいおすすめポイント3つ


学生がお金を借りる時、ただ申し込みをすれば安心にすべてが完了するとは言えない場合もあるんだ。特に心配なのが親バレや学校バレだと思うけど、どちらも本当に借金の事実がバレたら大変なことになるという不安もあるだろうね。親に意見をされたり学校に借金がバレて就活に影響するようなことになったら困るからね。

 

今のキャッシング申し込みは簡単な仕組みになっているため、利用限度額が一度設定されてしまえばその金額まで何度でも借入れが可能になるんだよね。気軽にお金を借りることが可能になっているから、借金をしているという意識が薄くなることもあるだろうし、自分の銀行口座からお金をおろすような感覚で安易にお金を借りてしまうようにもなるだろうね。

 

このようなことにならないためにも、学生が安心してお金を借りるなら次の3つのポイントに気を付けるのがおすすめとなるんだ。

  1. 毎月の携帯代の支払いで滞納に注意する
  2. 借入れの申し込みをする時の嘘は絶対に駄目
  3. 必要最低限のお金を借りるようにする

 

毎月の携帯代の支払いで滞納に注意する


毎月の携帯代を自分で支払っている人もいるだろうね。親からの仕送りや奨学金、バイトの給料だけではお金が足りないという場合には、つい携帯代の支払いを後回しにしてしまうこともあると思う。覚えていて欲しいのが、スマホの端末代を分割払いしている場合には借金をしているのと同じ状況になっているということ。

 

携帯端末を購入する場合には、カードローンのようにお金を借りるための契約をするのとは状況が違うから、毎月の携帯代の支払いを重要なこととして認識していない人も多いと思うんだ。だけど実際には法律上の借金の契約をしているのと同じになるから、支払いを長期間滞納するとブラックリストに載ることにもなるんだよ。

 

ブラックリストについては知っている人も多いと思うけど、5年~10年はキャッシングやローンの審査に通りにくい人となってしまうから、携帯代の支払の滞納には注意が必要になるよ。

 

借入れの申し込みをする時の嘘は絶対に駄目


どうしてもお金を借りたいという時には、少しでも審査に通りやすいような情報を申し込みで申告したいと思うだろうね。事実なら何の問題もないけど、嘘である場合には後でバレた時には一気に信用を失うことになるから絶対にやめた方がいいよ。

 

たとえば、実際にはバイトをしてないし安定した収入もないのに、嘘をついて働いてもいない場所を勤務先として記入したり、嘘の収入を申告したりすること。嘘をついて金融業者からお金を借りるのは法律に反することになるし、犯罪を犯してまでお金を借りるのは決しておすすめできないことだよ。

 

嘘がバレた時には、親や学校にも借金の申し込みがバレることもあるから絶対にやめた方がいいよ。安心してお金を借りるなら、正直に事実だけを申告することが大事になるんだ。

 

学生がお金を借りるなら必要最低限の金額にする


アルバイトをしている学生であっても本業はお金を稼ぐことでなくて勉強と言えるし、お金を借りた場合にはアルバイトの給料から返済していくことになるから本当に大変だよね。学生がキャッシングをりようするなら10万円程度を上限にしておいた方が良いと思うよ。

 

毎月リボルビング方式で返済をしていくことを考えたら、利息も発生するし思っていたよりも借金の返済が大変と思うだろうね。学生ローンだと利用限度額は50万円が上限になっている業者が多いけど、借りる金額はなるべく少ない方がいいし、借りるとしても10万円程度を限度としておくことがおすすめとなるんだ。生活費が足りるくらいの金額がちょうどいい借入額と言えるだろうね。

 

借りる金額が少なければ毎月の返済に困るような返済金額とはならないし、借金返済のために勉強や学生生活のための時間を削って朝から晩までアルバイトをするという必要もなくなるからね。最小限度であり返済可能となるお金を借りるよう自分のルールを決める、これが賢い借入れの方法と言えるだろうね。

 

気が付いたら借金が膨らんでいたということにないように計画的な借入れと返済が必要になるよ。