お金を借りる 友達

MENU
「お金を借りたいけど、どこにしよう・・・」と悩んでいる方へ。



銀行や信金よりも「有利」な条件のある借入先をご存知ですか?

全国どこからでも24時間申し込みができるサービスがプロミスというサービスで、実は銀行よりも速い時間で融資を受けられるケースも多いのです。

プロミスは、借り入れ可能か、簡単3秒診断(無記名でOK)というのがとても便利で人気があります。(プロミスは1万円からお借り入れが可能です)

借りれるという診断が出てから正式に申し込めばいいので一度試してみてはいかがでしょうか?

◎→プロミス事前3秒診断の公式ページ


プロミスのおすすめポイント
全国どこからでも申し込み可能
24時間申込可能
最短1時間融資
来店・保証人・担保→不要
借入のことをバレないように配慮
・・・大手ですから安心感と信頼感は抜群です

友達からお金を借りるのはあり?気を付けることとは


生活費や支払いのお金が足りない時もあると思うけど、そんな時に頼る相手はどんな人なんだろう。金融機関や親にお金を借りるという方法もあるけど、友達にお願いする方が手っ取り早いと考える場合もあるだろうね。

 

友達からお金を借りる場合には、どんなに親しくても気を付けることがあるんだ。お金が絡むことで簡単に友達関係に傷がついてしまう場合もあるからね。これまで築き上げてきた友達との信頼関係を壊すことなく、円満に友達とお金の貸し借りをするにはいくつか注意点があるんだ。友人からお金を借りる前に、以下の情報を参考にしてみると良いかも知れないよ。

 

友達からのお金の借り方はどうすればいいの?


友達からお金を借りる場合、返す充てもないのに「お金を貸して欲しい」という人は少ないかも知れないね。次の給料日には必ず一括払いで返すとか、分割払いにするなら何回払いで毎月返済していくなどの返済計画についても相手に説明する場合も多いと思うよ。具体的な返済期日についてもきちんと話してお金を借りることが必要と言えるだろうね。

 

返済方法についても、振り込みにするか現金で手渡しにするかなどもきちんと決めておく必要があるよ。具体的な返済計画を伝えることで、相手もきちんと返済してくれるだろうと信用することができるようになるんだよね。

 

どういう方法でお金を返していくかをきちんと決めておくことは一番大事だけど、お金を貸して欲しいと頼む方法についても気を付けたいところだよね。仕事や家庭の事情があってなかなか会うことができないなら電話やメール・ラインでお願いするのは仕方がないことかも知れない。

 

いつでも相手に会える環境にある場合なら、直接会ってからお金の相談をする方が良いと思うよ。今月は給料の金額が少なかったことが理由で家賃や光熱費の支払いが難しい、生活費が不足しているなどの具体的な理由を説明する必要があるよ。

 

もちろん、その際には上記のような返済計画についても相談する必要があるよ。友達からも返済方法について同意を得ることができなければ、最悪お金を借りることができない場合もあるからね。

 

友達からいくらまでお金を借りることができる?上限金額について


友達に頼ることでどうしても必要なお金の捻出をするなら、友達からいくらまでお金を借りることができるのか気になるところだよね。友達からの借入れならば常識的な範囲に留める必要もあるよ。あるアンケート結果では、友達からお金を借して欲しいと言われた場合、いくらまでならOKかは以下の通りになっているみたいなんだ。

  • 1万円:30%
  • 2万円:10%
  • 3万円:20%
  • 5万円:20%
  • 10万円:20%

もちろん、お金を貸す側の年齢や性別、職業や年収、家庭環境などが大きく左右するため、この結果だけでは一概に借りることができる金額のラインを判断することは難しいだろうね。友人にお金を借りる場合には、相手の立場を考えた上で借りる金額を希望する必要がありそうだよね。

 

友達からお金を借りる時に金利は支払う必要があるの?


金融業者からお金を借りる場合には、無利息サービスを利用するのでなければ当然利息が発生するよね。利息が会社の利益となる訳だから当たり前だけど、個人からお金を借りる場合には基本的には利益を得るのが目的とはならないかも知れないね。

 

友達ならば尚更のことだけど、実際には法律で一定の範囲内ならば個人間のお金の貸し借りでも利息を取って良いことになっているんだ。とは言っても友達が困っている時に、金利の支払いを条件にお金を貸す人はそれ程いないと言えるだろうね。あくまでも友達のためを思ってお金を貸す訳だし、担保なし・保証人不要で損得勘定なしに貸してくれるのが友達のありがたさだよね。

 

お金を借りる側にとっても金欠の状況にある訳だし、もしかしたら一括返済は無理で分割払いをお願いするかも知れないという状況で、利息まで支払う余裕はないというのが本音だろうね。相手の状況が分かっていながら利息まで要求する友達は少ないだろうから、利息については安心して大丈夫と言えるだろうね。

 

友人にお金を借りる場合、基本的には借りたお金を返すことができれば友達との関係に傷が付く心配はないだろうね。友達も貸したお金が無事に返ってくれば安心ということになるだろうけど、利息を支払う代わりにお金を貸してくれたことに感謝の気持ちを表すのもおすすめだよ。

 

時には反対にお金を貸してくれた友達にお金を貸してあげる場面もあるかも知れない。困った時には相談して欲しいと言ってあげるのも良いだろうね。お金を借りるより貸してあげる方が精神的に大変な部分もあるだろうけど、友達が困った時に頼りにしてもらえるように生活の立て直しをしておく必要もあるよね。

 

友達からお金を借りる場合でも借用書を渡す必要はある?


金融業者からお金を借りる時には契約書を作成する流れとなるのに対し、友達からお金を借りる時にも契約書を取交す必要があるのか気になるところだよね。結論から言うなら個人間のお金の貸し借りに契約書の取交しは必要ないんだ。
契約書がないと口約束だけになってしまって不安という場合には、借用書を書いてお金を貸してくれる友達に渡す方法もあるよ。友達同士であってもその時の気分でのお金の貸し借りにより、後から言った言わないともめるようなことがあれば友情に傷が入ってしまう恐れもあるよね。

 

大事な友人とのトラブルは極力回避したいものだから、お金を借りる側が借用書を2通作成して片方を貸主となる友達に渡しておくと安心なんだ。親しい間柄でかしこまった書類なんて水くさいと思うかも知れないけど、お互いにわだかまりを作らず信頼関係を維持していくためにも必要な物と言えるんだよ。

 

借用書の作成には決まった様式の用紙があるのかと疑問に思うかも知れないけど、実は借用書に使う用紙は何でも大丈夫なんだよ。たとえばコピー用紙でも問題ないし、便せんや大学ノートでもOKだよ。借用書に書くべき項目については必要最低限の事柄を書く必要があるんだ。

  • 「借用書」という題名
  • 借用書の作成日
  • お金を借りた日付
  • 借入れの金額
  • 自分の名前とお金貸してくれた相手の名前
  • 返済期日や返済方法
  • 借りた側の署名・押印

最低でもこのようなことが書いてあれば、借用書として成立するし役立てることもできるだろうね。

 

友達からお金を借りる時の理由とは?


友達にお金を借りる時、どんな理由なら相手がお金を貸してくれるだろうかと考えることもあると思うんだ。お金を借りる理由については、もちろん本当のことを言えばいい訳だけど、時には嘘をつきたくなってしまうこともあるだろうね。

 

たとえば、パチンコや競馬などギャンブルで無駄遣いして生活費が無くなってしまったなどは親しい友達にさえも言えないかも知れないよね。増してやそんなことが理由で友達からお金を借りるのかと思われ、人間性を疑われてしまうこともあるあろうね。

 

無駄遣いはしていなくても、彼女や彼氏とのデート代が足りないという理由だったら友達は快くお金を貸してくれるだろうか。自分の楽しみのために友達からお金を借りる場合でも、相手は決していい気持ちはしないと思うんだよね。

 

どうしても避けられないお金の使い道でお金を借りる場合なら、仕方がないと理解してくれるだろうね。たとえば冠婚葬祭で急にお金が必要になった場合なら、予測不可能なことでもあるし一時的にお金が足りないということもあるだろうと思ってくれるんじゃないかな。

 

自分の意志とは関係なく必要になったお金の工面ならば、友達だったら協力してくれるものと期待しても良いと思うよ。ただし、必ずしもやむを得ない理由ならお金を借りることができるとは限らないから注意が必要だよ。友達も金欠の状況になっている場合だってあるだろうし、反対にお金を貸して欲しいと頼まれることになるかも知れないからね。

 

実は自分もお金が足りなくて困っている、今は貸してあげるお金がないなどと言われたら、何度もお金の無心をするのは禁物と言えるよ。たとえ嘘でなく正当な理由でお金を借りたい場合であっても、友達の立場や状況を理解して無理強いをすることは決しておすすめできない行動となるんだ。友達からの信用を失ったり、信頼関係を裏切ることにも繋がるから注意が必要だよ。

 

どんな言い訳なら友達が納得してお金を貸してくれる?


友達からお金を借りる時、どうしてお金が足りない状況になってしまったのかという言い訳を考える必要もあるだろうね。言い訳だったらどんなことでも良いとは言えず、相手が納得できる内容でなければ意味がないんだ。言い訳というと嘘を織り交ぜて自分の都合の良いことのように思うかも知れないけど、信頼できる友達なら本当のことを言うべきだよね。

 

相手が納得できるような言い訳であれば特に嘘をつく必要なんてないよね。話に矛盾を感じたり態度などから嘘だと見抜かれてしまった場合には、お金を借りることができないだけでなく友人との信頼関係にも影響してくることもあるよ。

 

お金が不足している理由がどんなに情けないことであっても、相手にとってあなたが信用に足りる友達であるなら助けてくれる可能性はあると思うよ。ただし金欠の理由がパチンコなどギャンブルで無駄遣いしたなどだと、お金を借りることができるかは相手次第ということになるから要注意だよ。

 

お金を貸して欲しいと言ったら友達はどう思う?貸す側の心情とは


お金の相談は相手を選ぶべきだと言えるだろうね。信頼できる友達だったらお金を貸してとお願いされたとしても悪い気はしない場合もあると思うんだ。お互い様ということで、その逆のパターンも考えられるからね。

 

それとは反対に、必ずしも仲の良い友達ならお金を貸して欲しいという相談に快く乗ってくれると言えない場合もあるよ。1回や2回なら長年の友達ということで相談に乗ってくれることがあっても、たび重なるお金の無心にうんざりしてしまう人だっていると思うよ。悪い例だと自分を銀行替わりにしているのか、ATMだとも思っているのかなどと思われてしまう可能性もあるだろうね。

 

普段からお互いに誤解があったり信頼関係に少しでも傷が入っている場合だと、お金の相談を理由に更に傷を大きくしてしまう可能性もあるんだ。決して友達を困らせる積りはなくても、結果的に自分はその程度の友達だと思われているのかと誤解されてしまうこともあるよね。

 

お金の貸す側の心情は、しばらくの間自分のお金の一部が手元から離れてしまうという心配にプラスして、お金を借りる対象として自分が見られていることについて感じることの2つが入り混じることになるだろうね。お金を借りる相手は慎重に選ぶ必要があるし、無理だと思うなら親に相談したり金融業者で借入れすることをおすすめするよ。

 

お金を借りた後はどうしたらいい?


信頼できる友達からお金を借りることができた後、どうしたらベストな関係を保っていることができるのか考える必要があるんだ。お金を貸す側の心情として、貸したお金をきちんと返してくれるのか、自分を便利な友達だと見ているのかという心配があるものだからね。

 

場合によっては、お金を借りる側も貸した側も後悔をすることになる可能性もあるんだ。お金を借りた後、しばらく連絡を取らないというのはおすすめできないことだよ。増してや約束の返済期日になっても無断で返済しないというのは絶対にやめた方がいいことなんだ。

 

約束の期日までにしっかりと決められた金額を返済するのは基本だよ。一括返済が無理なら分割払いということになるかも知れないけど、返済方法についてはお金を借りる際に相手に了解してもらう必要があるんだ。どちらにしても、約束を守るということは実践するべきだし、友達との良好な関係を保つには必須事項ということになるよ。

 

急な出費があって今月は返済が難しいと分かった場合には、早めに友達に報告して返済を待ってもらえるように了解を取る必要があるよ。友達から返済の催促があってから言い訳と共に来月まで待って欲しいとお願いするのは論外と言えるんだ。友情にひびが入る可能性大だし、一度失った信頼は取り戻すのにとても長い時間がかかるものだからね。

 

友達との関係は借りたお金を完済した後も続いて行くものだから、信用できる人であると認識してもらうためには返済の約束をきちんと守ることが大事なんだ。返済が難しい場合には誠意を持って対応する必要もあるよ。

 

お金を借りたら感謝の気持ちを伝えよう!


決して余裕があるという訳でなくても、友達なら何とか都合をつけてお金を貸してくれる場合もあるよね。約束の返済期日まで借りたお金を返せば問題ないと思うのはおすすめできないことだよ。自分を信用してくれて大事な自分のお金を貸してくれた訳だから、感謝の気持ちを伝える必要もあるんだ。

 

約束通りに返済することは当たり前のことだけど、それだけでなくて「ありがとう、本当に助かったよ」と一言添えるだけで相手の心が満たされるということもあるんだよね。利息も取らずにお金を貸してくれた訳だけど、ほんの気持ちとしてプレゼントを渡すのもおすすめだよ。

 

相手が今必要としている物や好きな物を贈るなどの気遣いをするのもいいよね。

  • 相手の子供へのプレゼント
  • 友達の好きなお酒やお茶・お菓子を贈る
  • 食事やお酒に誘う

このような形に残るお礼もいいけど、引き続き一定の感覚で友達に連絡を取るということも必要だよ。お金を借りる時にしか連絡して来ないと思われたら友情に傷がついてしまう可能性もあるからね。感謝の気持ちを伝えることは大事だけど、それ以上に相手を友達として必要としていることを伝えるのは更に大事だと言えるからね。

 

お金を借りるなら金融業者と友達のどっちがおすすめ?


お金を借りる方法には、2通りがあるんだ。

  1. 金融業者を利用する
  2. 友達や親などの個人間のお金の貸し借りを選択する

どちらも一長一短という部分があるから、2つの内のどちらを選択した方がいいのか迷うところだよね。それぞれの特徴には違いがあるし、お金を借りる人によっても感じる便利度には違いがあるものなんだ。以下のようなことを踏まえた上でどちらを選択するか決めると良いかも知れないよ。

 

金融業者を利用する場合の特徴


金融業者でキャッシングやカードローンを利用する場合、友達からお金を借りる場合とは違い審査があるんだ。審査とはその人の返済能力を確認するために、収入や職業などの条件と信用情報を確認する流れとなる手続きのことを言うんだよ。

 

審査の際には勤務先への在籍確認の電話連絡が入ることもあるし、個人からお金を借りる場合とは違い借金の申し込みが職場バレする可能性もあるんだ。当然だけど審査に通らないことになればお金を借りることはできないよ。

 

金融業者でお金を借りるにはメリットもあるよ。即日融資に対応しているカードローンやキャッシング業者も多くなっているから、必要なお金を申し込みの当日中に借りられる可能性もあるんだ。個人だと、貸してあげるけど今日は手持ちのお金がない、次の給料日まで貸すことができないということもあるだろうからね。

 

友達や親などの個人間のお金の貸し借りを選択する場合の特徴


友達や親など個人からお金を借りる場合には金融業者で当たり前のように実施されている審査がないということは一番の特徴だろうね。借入れの可能性は友達の経済状況や心情次第ということになるんだ。

 

過去に金融事故を起こしてブラックリストに載る状況となっていたり、一度にキャッシングやカードローンに申し込みして申込みブラックになっているとしても、個人だとその情報を知る方法がないんだ。どこの金融業者からもお金を借りることができない場合でも友達ならお金を貸してくれるかも知れないよね。

 

金融機関からお金を借りると発生する金利は、友達からお金を借りる場合だと不要になる場合が多いだろうね。返済期日に遅れた場合でも遅延損害金が発生する心配もないと思うよ。お金を借りる時に特に取決めがないと支払いの義務がないからね。

 

友達からお金を借りる場合には利息や返済の遅れによる罰金は発生しないものの、約束の返済期日までに借りたお金を返さないと友情にひびが入ることになるから要注意だよ。人間関係を円満に保つことを優先したいなら、金融業者からお金を借りる方が便利だし、即日融資を受けられる可能性もあるから手っ取り早いと言える部分もあるんだ。

 

友達から借りたお金、返さないとどうなる?


金融機関でなく個人からのお金を借りる場合であっても、借りたお金は必ず返済する必要があるんだ。個人だと法的に訴えられることがなければ、うやむやにできるのではと思っている人もいるかも知れないね。確かに借りたお金が少額であれば個人が裁判で争うということもないだろうし、信用情報に傷がつく心配もないだろうね。

 

借金の踏み倒しをしても大きな影響はないだろうと思っている人もいるかと思うけど、長年続いてきた友情が壊れてしまうことは多いよ。相手からの信用を失うだけでなく、絶交という状況になり2度と相手に会えないことになる可能性もあるからね。

 

友達の間で借金の踏み倒しの噂が広まれば、他の友達の心情にも影響を及ぼすはずだよね。次第に第三者である人達からも敬遠されるようになるかも知れない。信用を失うということは、友達も失うことと同じと覚えておくことをおすすめするよ。当然、他の友達からもお金を借りることができなくなるだろうし、お金の相談に乗ってくれる人も少なくなるだろうね。

 

一度失った友情を取り戻すことは難しくても、少しでも修復したいならば借りたお金の全額返済をすることと、せめてもの言い訳をすること、借金の踏み倒しをして申し訳なかったことを誠意を込めて話すことが大事となるよ。