お金を借りる フリーター

MENU
「お金を借りたいけど、どこにしよう・・・」と悩んでいる方へ。



銀行や信金よりも「有利」な条件のある借入先をご存知ですか?

全国どこからでも24時間申し込みができるサービスがプロミスというサービスで、実は銀行よりも速い時間で融資を受けられるケースも多いのです。

プロミスは、借り入れ可能か、簡単3秒診断(無記名でOK)というのがとても便利で人気があります。(プロミスは1万円からお借り入れが可能です)

借りれるという診断が出てから正式に申し込めばいいので一度試してみてはいかがでしょうか?

◎→プロミス事前3秒診断の公式ページ


プロミスのおすすめポイント
全国どこからでも申し込み可能
24時間申込可能
最短1時間融資
来店・保証人・担保→不要
借入のことをバレないように配慮
・・・大手ですから安心感と信頼感は抜群です

フリーターがお金を借りる時に役立つ情報を紹介!

金融機関からお金を借りたい理由はそれぞれだと思うけど、冠婚葬祭や急に飲み会に誘われた時なんかが多いだろうね。ある程度の貯金があったとしても、1ヶ月に何度も予想外の出費があれば生活費が不足して光熱費や携帯代が払えない状況になるかも知れないよね。

 

次の給料日までお小遣いが足りないということもあると思うし、あと1週間なんとか凌ぎたいというくらいのお金のピンチならキャッシングやカードローンでお金を借りるのも金欠から抜け出すための方法と言えるんだ。

 

お金を借りる時に気になることには、自分の職業や年収があるかも知れないね。特に社会人でなくてフリーターの人の場合だと年収がそれ程多くないことも理由となり審査に通りにくいのではないかと不安になってしまうかも知れない。

 

ここでは、フリーターでもお金を借りることが可能なのかなどの情報を紹介していくことにするね。

 

フリーターのキャッシングは可能?アルバイトやパートの借入れ条件とは

冠婚葬祭や給料日前の飲み会の誘いがあると、お金がない時だと困ってしまうと思うよね。どうしても出席しないといけない行事があれば何とかして必要なお金を捻出する必要があるんだけど、そんな時にはカードローンやキャッシングなどから即日融資を受けるという方法もあるんだよね。

 

会社員でなくアルバイトやパートで生計を立てているフリーターがお金を借りる場合でも、「安定収がある」という借入れ条件を満たしていることを認めてもらえれば、今すぐお金が借りられることもあるんだ。毎月勤務先からきちんと給料を貰っていれば、フリーターであっても返済能力があると判断されるし、カードローンやキャッシングで融資を受けることが可能になるからね。

 

フリーターとして仕事をしている人でも安心して利用できる金融業者で融資を受けることができるから、利用条件と借入れの方法を正確に知っておく必要があるんだ。

 

フリーターでも審査に通るか心配!


フリーターという言葉にあまり良くないイメージを感じるかも知れないけど、毎月一定の給料を貰っている人だったらカードローンやキャッシングの審査に通ることは充分に可能だよ。正社員と比較してしまうと、安定しているということについては見劣りしてしまうのではないかと思うかも知れないよね。

 

実際に借入れの申し込みをした人の体験談を聞くと、正規雇用か非正規雇用かはそれほど問題ではなくて、それよりも勤続年数や年収がどのくらいかということの方が審査では重要みたいなんだ。正社員かフリーターかの違いはそれほど審査に影響しないと言って良さそうなんだ。

 

たとえば正社員だけど勤続年数が短い人と、アルバイトなどのフリーターだけど同じ職場で何年も働いているという人のどちらが審査に通りやすいかと言えば、後者の勤続年数が長いフリーターということになるだろうね。年収についても同じように新入社員よりフリーターでも勤続年数が長い方が融資してもらえる金額が多いというのも良くあることだよ。

 

正社員であっても就職して社会人になったばかりで給料もまだ安いという人と比較すると、フリーターでも勤続年数が長いこともあり、ある程度の給料を貰っているという人の方が安定した収入があると言えるだろうね。

 

フリーターが審査を受ける時に注意したいポイントとは

誰もがお金を借りる時には審査に通ることができるのか、審査に通らないと困ると不安になるものだよね。審査に通ることで初めてお金を借りることができる訳だから当然のことだと思うよ。

 

フリーターだけでなくて正社員でも同じことが言えるんだけど、少しでも審査に通りやすい人になるためにはいくつか注意して欲しいことがあるんだよね。

  • 住所や勤務先の情報は事実だけを申告する(間違いや嘘は駄目)
  • 消費者金融を利用する場合には、他社から年収の3分の1を既に借りているか確認する
  • 今までにお金を借りて返済の延滞をしたことがあるか確認する

申し込みでは正確な事実を申告することは大事なこととなるし、間違いや嘘は絶対に避けるべきなんだ。自分では単に間違っただけであっても、業者からしたら「わざと間違えた」と思えてしまうものだからね。

 

消費者金融からお金を借りるなら、総量規制の決まりの通りに年収の3分の1までしか利用できないから、既に消費者金融からの他社借入れがある人はフリーターに関わらず、総額で現在どれくらいの借金があるのか確認する必要があるんだ。

 

今までお金を借りる経験をしたことのある人は、その時に返済の延滞や滞納がなかったのか確認しておく必要があるんだ。信用情報機関に返済の遅れや滞納の事実が登録されていると、「ブラックリストに載る」という状況になるから、審査に落ちる可能性が高くなってしまうからね。

 

フリーターの年収はいくらから申し込み可能?

フリーターの年収は仕事により違いがあるものの、正社員の収入と比較するとボーナスがない分、どうしても低くなってしまう傾向にあるんだ。フリーターの人が銀行や消費者金融のカードローンでお金を借りる場合、年収はいくらから申し込み可能か知っておけば安心して利用できるだろうね。

 

どのくらいの年収があれば安心して審査を受けられるのか、年収が少ないと審査に通らないのかなど、心配になることもあるだろうしね。

 

銀行カードローンだと敷居が高いと感じるフリーターの人も多いだろうし、消費者金融の方が審査に通りやすいかも知れないと考え、アコムなどの有名な業者を利用することもあるだろうね。お金を借りるなら知名度の高い会社を利用するのがおすすめだよ。

 

注意したいのは利用限度額なんだよね。消費者金融からお金を借りる時には総量規制という法律が関係してくるから、適用の対象外となっている銀行とは事情が違ってくるんだよね。

 

年収の3分のⅠまでしかお金を借りることができないという法律が総量規制の主な内容となっているんだけど、フリーターで稼ぐ年収が少ないと融資を受けられる金額も当然少なくなってしまうんだ。たとえば年収が180万円だったら、最大でも60万円しか借り入れができないことになるよ。収入に見合った借り入れが大事だし、返済のことを考えたら借入額を規制する法律はあった方がいいと思うんだよね。

 

フリーターだと借入条件を満たすのに不利になる?

金融機関からお金を借りる時にフリーターだからという理由で借入条件が不利になるのかと心配がする人もいると思うんだ。たとえば、フリーターだと金利が高くなるかも知れないと思う人もいるだろうね。

 

金利は、その人の年収や勤務形態によって決まるのではなく、利用する金融機関やローンの種類、借入金額によって決まる仕組みになっているんだ。フリーターであることだけを理由に高金利になることはないから、安心して大丈夫ということになるよ。

 

フリーターだと借入限度額が少なくなるのではないかという心配もあるだろうけど、限度額は年収に決まることが多いんだよね。消費者金融でお金を借りるなら、どんな職業の人でも最大で年収の3分の1までしか融資を受けることができないことになっているんだ。銀行カードローンの審査は厳しいし、審査が通ったとしても収入が少ないと限度額が少なめになる可能性はあるだろうね。

 

結論としては、フリーターであることだけで借入条件が不利になるわけではなく、正社員と比較すると年収が少ないという事実があるため、金利や利用限度額などの条件が不利になることはあると言えるだろうね。

 

その上に限度額の条件は勤続年数によって影響してくることもあるから、フリーターが実際にお金を借りた体験談から言うと10万円程度が限度額となるかも知れないね。

 

少しでも多くの金額を借りたい時には、総量規制の範囲ならば収入を証明する書類があるといいという話もあるよ。だけど、どんなに多くのお金を借りることができたとしても、自分の返済能力を超えるお金を借りるのはおすすめできないよね。

 

会社員とは違い、フリーターだと急病などで働く日数が減ると給料も少なくなってしまうこともあるからね。そうなると生活費が足りないばかりか借金の返済資金にも困ってしまうこともあるから、返済計画を立てて安心して返していけるだけの金額を借りることが大事なんだ。

 

派遣社員・日雇いバイトがお金を借りるのは大丈夫?

派遣社員とは、名前こそ「社員」という言葉が入っているけど、実際には非正規雇用の労働者ということになるんだ。会社員のような正社員ではないから、基本的にはバイトやパートと同じフリーターの種類に入るんだよね。

 

派遣社員でも1ヶ月に一定の日数で勤務していれば、安定した収入があるとキャッシング審査で判断してもらえる可能性は高いよ。 フリーターでも派遣で毎月一定額の給料を貰っていれば、審査に落ちることを心配しなくても大丈夫と言えるからね。

 

日雇いのバイトの場合はどうかといえば、派遣社員とは違ってその日限りの雇用となるため、いつも仕事があるとは限らないという理由から、安定した収入があると判断してもらえないことが多いんだ。
同じフリーターでも派遣社員と日雇いのバイトでは、審査の通りやすさに違いがあることになるんだよね。

 

短期アルバイトがお金を借りるのは大丈夫?

日雇いのバイトほど勤務する期間は短くはないけど、それでも通常のバイトと比較したら短い雇用期間となるのが短期アルバイトだよね。

 

短期アルバイトのフリーターでもお金を借りることができるかと言えば、基本的には大丈夫と言えるんだ。短期アルバイトの場合は、主に派遣会社が求人の募集をして給料の支給もしているし、収入証明書の発行も可能だから通常の派遣社員と同じ扱いになるからね。

 

ただ申し込みする時に注意して欲しいことがあるんだけど、勤め先を申告する際には在籍確認の電話が来ることを考えて、現在の勤務先の電話番号を書いておく必要があるよ。派遣会社や前のバイト先を申告しても「そんな人はここにはいません。」と言われたら嘘をついていると誤解されてしまうからね。嘘をつくと金融会社から信用を失ってしまうし、当然審査に通るのは厳しい状況となってしまうんだ。

 

バイト先への在籍確認は職場バレする心配がある?

バイトだけでなくて正社員や公務員でもお金を借りる時には在籍確認が心配になるものなんだよね。キャッシングの申し込みをすると審査が必要になるから、その時に本当に本人がその職場に勤務しているのかを確認する必要もあるんだ。

 

お金を借りるにはどうしても避けられない在籍確認であっても、できることなら無い方が安心だよね。その電話が原因で借金の申し込みが職場バレしてしまう心配だってあると思うし。それでも在籍確認に会社の名前を名乗る業者と言えば、銀行くらいだし、他の業者の場合には社名ではなく担当者の個人名で電話をかけてくるから、必要以上に不安になることはないんだよね。

 

銀行の場合でも事前に相談しておくとか、担当者の性別を指定してみるなど工夫次第でより一層安心して在籍確認を受けられるようになるから、気持ちを楽に持っていて大丈夫なんだよ。

 

社会保険でないフリーターでも借金の申し込みをして大丈夫?

金融機関からお金を借りる場合に、本人確認書類として健康保険証を提示することもできるけど、保険証の種類によって審査に有利になったり不利になったりするのか心配になるフリーターもいるみたいなんだ。国民健康保険証よりも社会保険証の方が信用されやすいと思うかも知れないけど、実際には健康保険証を持っている人なら審査に通る可能性は充分にあると言えるんだ。

 

健康保険にはその他に組合保険や共済保険などがあるけど、フリーターでも社会保険に加入することは法律でも可能になっているから、条件に合えば勤務先で国民健康保険以外の保険を貰える可能性はあるだろうね。とは言っても、社会保険でなくても何らかの保険証があればキャッシングの利用は可能だから心配しなくても大丈夫だよ。

 

フリーターがお金を借りる時に申し込みで気になることは?

お金を借りる時には申し込みをする必要があるんだけど、その際に提出する必要書類もあるから事前の準備が必要なんだ。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • 給与明細書や源泉徴収票(借りたい金額により必要)

フリーターに関わらず、お金を借りる時の必要書類と言えば基本的には運転免許証か健康保険証のどちらか1点があれば大丈夫なんだ。更には消費者金融では50万円(他社借入れがある場合は合計で100万円)、銀行カードローンならその銀行で決められている金額を超える場合には給与明細書などの収入証明書類も必要になる場合があるんだ。

 

10万円程度のお金を借りるなら、通常は身分証明書だけで必要書類は足りてしまうから安心だけど、申し込みしたい業者で何が必要なのか事前に確認しておくことをおすすめするよ。

 

申し込みで書く勤務先はアルバイトを掛け持ちしている場合どうなるの?

フリーターの場合には、いくつかのアルバイトを掛け持ちしているという人もいるだろうね。借入れの際に申込書に勤務先情報を記入する場合、一体どの勤務先を申告したらいいのか迷ってしまうかも知れないね。その時には年収の金額を記入する際には収入の合計額を申告すること、掛け持ちしているバイト先の全ての連絡先を記入することがおすすめとなるんだ。

 

少しでも多くの収入があること、いくつかのアルバイトを掛け持ちしていることが分れば、充分に返済する能力があると判断してもらえる可能性が高くなるからね。

 

フリーターが申し込みできるカードローンを紹介!

フリーターでも申し込みができるカードローンは意外にも多いから安心だけど、その中でもおすすめなのは以下のようなキャッシングサービスと言えるだろうね。

  • みずほ銀行カードローン:200万円まで収入証明書不要・来店不要・郵送物なし・即日融資可能
  • アコム:審査時間は最短30分・来店不要・郵送物なし・即日融資可能
  • モビット:審査時間は最短30分・来店不要・WEB完結申込も可能

銀行カードローンも安定した収入があれば申し込みできるけど、どちらかと言えば消費者金融の方が審査が早いことや審査基準が柔軟となっていることから敷居が低い傾向にあるんだ。それぞれのサービスのメリットを比較して相談しながらお金を借りる業者を選択するのが大事になるよ。