お金を借りる 初めて

MENU
「お金を借りたいけど、どこにしよう・・・」と悩んでいる方へ。



銀行や信金よりも「有利」な条件のある借入先をご存知ですか?

全国どこからでも24時間申し込みができるサービスがプロミスというサービスで、実は銀行よりも速い時間で融資を受けられるケースも多いのです。

プロミスは、借り入れ可能か、簡単3秒診断(無記名でOK)というのがとても便利で人気があります。(プロミスは1万円からお借り入れが可能です)

借りれるという診断が出てから正式に申し込めばいいので一度試してみてはいかがでしょうか?

◎→プロミス事前3秒診断の公式ページ


プロミスのおすすめポイント
全国どこからでも申し込み可能
24時間申込可能
最短1時間融資
来店・保証人・担保→不要
借入のことをバレないように配慮
・・・大手ですから安心感と信頼感は抜群です

初めてお金を借りるならこれだけは知っておいて欲しい知識とは


お金が必要になる時って予告もなく訪れるものだよね。つまりそれは突然やってくる訳なんだけど、あと少し遅ければ給料日だったのにっていうこともあるだろうね。

 

とにかく、そんな大事な時にお金がないと慌てちゃうよね。人事異動なんかで急に歓送迎会が開かれることもあるし、当然だけど会費も払わなくちゃいけないし、金欠な時に限って財布の中が淋しい状況になっていることも多い。こんな時、一体どうしたらいいのかな?

 

プライベートでだって急にお金が必要になることもあるよね。冠婚葬祭なんかはその最たるものだし、子供の教育費だってお金がかかる。突然学校から集金袋が回って来るなんてのも良くあることだよね。予期しないまとまったお金の請求は、サラリーマンには非常に辛いものがあるよ。

 

思わず「金欠で辛い!」なんて口から出そうになっても、そんなことばかり言っていられないから、目の前の問題を解決していかないと駄目だよね。お金に困っている時にはやっぱり、思い切ってお金を借りるのが一番手っ取り早いしおすすめだよ。自分も以前は突然の出費があると土日なんかに日払いのバイトをしたことがあったけど、とにかく疲れるしやっぱり続かないんだよね。

 

下手に頑張るならば、無理をせずに給料日までカードローンやキャッシングでお金を借りた方が精神的にも肉体的にも良いって実感したんだよね。初めて利用した時は今まで借金したことがなかったから、いろんなことで戸惑ったりもしたけどね。

 

お金を借りる方法とか、そのために必要な知識とかをネットで調べたり、何とか自分なりに実践してみたりして分かったこともあったから、これから初めてお金を借りる人にも役立てて欲しい情報について書いておくことにするよ。

 

初めてお金を借りる時って、申し込み方法や家族バレ・職場バレを防ぐ方法とか、返済に困った時の対処法など、不安や疑問に感じることも多いと思うし、このページを読んでそれが解消できればいいんだけどね。

 

初めてお金を借りる人でも今すぐのキャッシングも普通に可能!


今まで一度も金融機関からお金を借りた経験がないっていう人も多いと思うけど、それでも、もちろん今すぐお金を借りることは可能だよ。ただし、そのためには必要な知識を持つことも大事になってくるし、注意するべきポイントもあるんだよね。

 

お金を借りる前には、「本当にお金を借りることが必要?」ということをもう一度考えてみることをおすすめするよ。親や家族に相談してみたら、案外と「給料日に返せるならそれまで貸してあげるよ」なんていう言葉をかけてもらえるかも知れないからね。

 

お金を借りることは決して悪いことではないし、親にも頼ることができないし必要なお金を工面をする方法がどこにもないっていう時には、キャッシングが強い味方になってくれることもあるんだ。とは言え、初めてお金を借りる人にとって借金するということは、どこか後ろめたい気持ちになったりするだろうし、不安や疑問も多いかも知れないね。

 

たとえ初めてお金を借りる人であっても、正社員とか派遣社員・パート・アルバイトなど勤務形態で区別されることなく利用することが可能だし、そのことだけが理由で審査に落ちたりする心配もないとだろうね。

 

即日融資でお金を借りたい時、初めて金融機関からお金を借りる人に注意していただきたいのが、営業時間なんだ。これには2つの会社の営業時間が関係してくるんだけど、1つはお金を借りる金融業者の営業時間であり、もう1つは振り込みを依頼する銀行の依頼時間ということになる。

 

申し込み自体はインターネットを利用すれば曜日に影響されずに24時間365日受付けしてくれるけど、審査はいつでもやっている訳じゃないからね。基本的にキャッシングサービスが行われるのは営業時間内だけだから、少なくてもその間に申し込みをする必要があるだろうね。

 

即日融資を振り込みで利用したいなら、申し込みのタイムリミットは振込み業務を行っている銀行が営業をしている時間内ということになるから注意しよう。平日の14時頃が当日振込みが可能な受付けの締切りとなっているから、初めてのキャッシングでそんなこと知らなかったということがないように、事前に当日振込み可能な時間を調べておく必要があるんだ。

 

申し込みに必要な書類とは?事前に知っておくと手続きがスムーズに


どんな人でもお金を借りる時には、本人を証明できる書類の提出が必須となっているんだけど、もっとも今はネットからでも簡単に必要書類の提出ができるようになっているから安心だよ。

 

提示する書類は携帯電話から撮った写真をメールで送付したりするだけだから、「WEB完結」なんていう申し込み方法も利用できるようになっているんだよね。

 

昔は書類を提出するためにわざわざ利用する業者の店舗に来店して、運転免許証や健康保険証などを提示する手間があったり、審査が通るまでそのまま店舗内で待機しなくてはいけないという時代もあったみたいだよ。お金を借りるために今よりも余計な時間や手間が必要だったということだね。

 

場合によっては所得証明書の提示を求められる場合もあるから、銀行カードローンや消費者金融で高額の借入れを希望している場合は、事前に源泉徴収票などを準備しておくとその後の手続きがスムーズになるんだよ。

 

たとえば、消費者金融だと50万円を超える場合に収入証明書類が必要になるけど、冠婚葬祭や飲み会、子供の集金などの少額の費用の捻出が目的ならば、収入証明書類の提示は必要ないからね。

 

キャシング審査を通すなら注意すべき点はどこ?


特に初めてお金を借りる時って不安が多いと思うけど、その中で一番の心配と言えば「自分でも審査に通ることができる?」ということだろうね。自分の信用情報がどうなっているのか分らないとか、いままで一度もお金を借りたことがないため実際にどんなことがあると審査で不利になるのかなど、審査に関する知識がないことがその理由と言えるかも知れないよね。

 

キャッシング審査が不安なら、審査についての知識を調べたり直接金融機関に電話して問い合わせをするという方法もあるけど、ここでも簡単に説明しているから参考にしてみると良いと思うよ。

 

審査に通るためには信用情報に傷がないことが必要なんだ。たとえば、クレジットカードでキャッシングを利用した時に、約束の返済期日までに支払いができなかったばかりか、長期の滞納をしたなんてことがあったら審査に通らない可能性もあるだろうね。また、買い物の代金をクレジットカードで支払った場合の返済の遅延にも注意が必要なんだ。

 

クレジットカードの支払いだけでなくて、携帯電話の端末料金の分割払いを滞納した場合にも、信用情報に傷がついている可能性もあるよ。自分では携帯キャリアに携帯代を支払っている意識があるかも知れないけど、実際には端末代の分割払いは信販会社を利用しているから、キャッシングを利用しているのと同じ扱いになっているからその辺は分けて考える必要があるだろうね。

 

ということで、キャッシング審査に通るために注意するべき点はどこかと言えば、銀行カードローンや消費者金融でお金を借りるには信用情報が重要となるから、他の支払いの遅れや滞納にも充分に気を付ける必要があるということになるだろう。

 

職場への在籍確認は気になるし心配!電話が来るのは仕方がないの?


まず最初に言うならば、キャッシング審査に通るためは「在籍確認」をクリアする必要がある。人によっては悩みの種だし、借り入れの際の大きな壁ともなるだろうけど、金融機関は契約をする前に利用者が申し込みで報告した会社に本当に勤めているか確認しなければならないから、職場に電話が来るのは仕方がないことなんだよね。

 

それにこれからお金を借りようと思っている会社から電話が来るとしても、必ずしも自分が電話に出なくたって大丈夫だし、同僚が「今、席を外しています」って代わりに答えてくれれば在籍確認はその時点で終わりになるんだ。

 

だけど、そうは言っても勤務先にこれからお金を借りようと思っている会社から電話がかかってくると思ったら、一日中会社にいて、自分以外の同僚が在籍確認の電話を取らないようにしたいと思ってしまうか知れないよね。増してや、初めてお金を借りるとなったら、余計に落ち着かないし気になるし心配にもなるだろうね。

 

消費者金融から在籍確認の電話が入る場合には、決して社名を名乗ることはないし担当者の個人名で来るから、その時点で借金をしようとしていることがバレる心配は非常に少ないと言えるだろうね。それでも少しでも職場バレを回避して不安を解消したいなら、ちょっとだけ工夫をしてみると良いかも知れないね

 

たとえば、あなたが男性なら男性のオペレーターに、女性なら女性のオペレーターに電話をかけてもらうというのはどうだろう。職場に異性から電話が来ることに不審を抱かれる可能性があるし、あなたが結婚していれば尚更いろんなことを同僚から詮索されるかも知れないからね。もっとも、相手が仕事関係の人ならばもちろん話は別だけどね。

 

銀行の場合だと、個人名でなくて銀行名を名乗って在籍確認をする場合もあるけど、その場合には保険の勧誘など営業目的の電話だったという言い訳や理由を言うこともできるため、特に心配は要らないかもしれない。
どうしても不安ということならば、個人名で電話をかけてくれるように相談しておくとそのように対応してくれるよ。

 

消費者金融の場合と同じように、在籍確認で電話をかける場合には同性の担当者にしてもらうように一応念を押しておくと安心だよね。改めてお願いすることは特に意味はないとしても、気になって仕事が手につかなくなることを考えたら、一応そのように依頼しておくことはおすすめだよ。

 

可能な限り親や家族にバレずにお金を借りたい!


お金が必要な時には大方、「どうしても今すぐお金を借りたい」という状況と言えるだろうね。とは言っても、どんなに金欠で余裕がない時であっても、親や家族だけにはお金に困っていることを内緒にしたいって思うこともあると思うんだ。もちろん、金融機関からお金を借りることだって、借金することにはマイナスのイメージがあるため親バレは絶対に避けたいところだね。

 

本音としては親にお金を借りることができたら助かるというのもあるかも知れないけど、お金の管理のことでいろいろ言われたくないから、それは無理ということも多いと思うんだ。だから、何とか親や家族にバレずにお金を借りたいところだろうけど、それなら、どうしたら誰にも秘密で借金ができるのか知りたいって思うだろうね。初めてお金を借りる人なら尚更いつどんなタイミングでキャッシングの利用がバレるのか分らないから、不安や心配は一層大きいかも知れないね。

 

金融機関からの借り入れがバレる一番の理由とは何かって言ったら、やっぱり自宅への電話と書類の郵送ということになるんだ。申し込みはインターネットでもできるから、それ自体なら誰もいない場所で手続きすればいい訳だから問題ないかも知れないけど、結構な頻度で申し込みの確認の電話がかかってくるみたいだから、その時にまず1つ目の危険が発生することになるんだよね。

 

金融業者からの電話は、申し込みの確認だけでなく、返済が遅れる、長期に渡って返済が滞るなどの信用を失うようなことがあった場合に、督促として連絡が来ることもあるんだ。返済期日を守るのは当たり前のことなんだけど、それでも急な出費なんかで返済資金の工面が難しい時には、早めに業者に連絡を入れることで督促の電話が来なくなることもあるんだよ。

 

そして、申し込み後の審査に通過すると契約手続きが必要になるんだけど、その時に契約のための書類やカードが郵送されてくる場合もあるんだ。これが親や家族にバレる2つ目の危険となるんだけど、自宅への郵便物は電話よりキャッシングが親バレする可能性が高いかも知れないね。ただし、この場合には担当者に書類の郵送を止めることが可能が確認してみるという手もあるんだ。

 

今はインターネットで申し込みから契約までWEB完結できるサービスも多いし、借り入れや返済などの取引きの詳細もマイページにアクセスすれば取引明細の確認も可能な場合が多いからね。ただし、郵送物の送付については返済の遅れたあった場合には督促のハガキが郵送されることもあるし、この時ばかりは郵送を止めてもらうことは不可となるため、要注意と言えるだろうね。

 

借りたお金を返すための資金がない時はどうしたらいい?


初めてキャッシングサービスを利用する人が審査にも無事に通過して、親バレなんかもクリアしてようやくお金を借りることができたとしても、その後も心配事は続くだろうね。今の世の中、何が起こるか予想できないために、不景気で仕事を失ってしまうこともまうこともあるかも知れない。

 

仕事があったとしても、自分自身が病気や怪我で働けなくなって給料が少なくなり、借金返済の資金が不足してしまうかも知れない。借金を返すお金がなくなったら、本当に困ることが多いよね。

 

金融機関からの借入元金や利息の支払いができなくなったら、一体どうしたらいいのかな?
「無い袖は振れない」っていうことで、金融会社から何か言ってくるまで開き直って放置しておけばいいと思っている人もいるかも知れない。だけど、契約の時にきちんと返済することを条件にお金を借りた訳だから、約束は守らないと駄目だよね。

 

返すお金がないと悩んだり諦めたりするなら、その前にやるべきことがあるんだ。お金を借りている業者に連絡して、今の状況をなるべく詳しく伝えることが必要だよ。約束の返済期日に支払いをするのが難しいことやその理由を少しでも早めに伝えて相談しておくことが何よりも大事なんだよね。

 

融資をしている業者から見たら、約束の期日に返済をして当然だし、支払いができない状況を知る権利もある訳だから、返済が遅れているにも関わらず放置していると、自宅や勤務先の会社にも連絡が来る可能性はあるだろうね。返済に困る場合にはすぐに相談しておくことがおすすめとなるんだ。

 

支払いが返済期日に遅れた場合、職場に電話連絡がくる?


約束の返済期日までに支払いをしない場合には、返済の遅れということになってしまうんだけど、そのまま放置していると金融会社から督促の電話連絡が入ることになるから要注意だよ。督促の電話は申し込みの時に申告した自分の携帯電話や自宅の電話にかかることが多いけど、きちんと対応しないと今度は最後の連絡方法とも言える職場に電話がくる場合もあるんだよね。

 

そもそもお金を借りることは決して悪いことではないしキャッシングは便利なサービスだけど、返済の約束を守らないで延滞があったりすれば勤務先に電話が入ることになるし、職場バレの危険性も出てくるんだ。安心安全に利用できるのがカードローンやキャッシングのメリットでもあるけど、場合によってはマイナスになってしまうということを理解しておく必要があるんだよ。

 

万が一、返済が遅れる可能性がある場合には、契約者の方からキャッシング会社に連絡をして支払いを待ってもらえるようにお願いすることがおすすめとなるんだよ。少なくとも勤務先に督促の電話がくることを避けることが可能になるし、遅延損害金という罰金の支払いが必要になる場合もあるけど、職場バレを防ぐことだけはできるかも知れないからね。

 

返済が遅れることも時にはあると思うけど、支払いで疑問や不安があったら利用しているキャッシングサービスに相談してみると良いと思うよ。案外と簡単に悩みが解決することもあるし不安を消すこともできるかも知れないよ。

 

借入条件の金利や利用限度額の内容は個人の状況で違うの?


特に、初めてお金を借りる人が心配になるのは、「自分はいくらまでお金を借りることができる?」ということかも知れないね。他にはどのくらいの金利でお金が借りられるかということもあると思うし、個人の状況で借入条件が違って来るものなのかと心配になる人もいるんじゃないかな。

 

金利と利用限度額には深い関係があって、金利は利用限度額によって違って来るし、利息の支払い額については金利だけでなくて返済期間によっても違いが出るものなんだよね。個人の状況だけで借り入れの条件が決まる訳ではないんだ。具体的には、利用限度額が大きいと金利が低くなるし、限度額が小さければ金利が高くなるという仕組みになっているから、このことは良く覚えておいた方が良いと思うよ。

 

金利という言葉は一般的に良く使われているけど、別の言い方をするなら「実質年率」ということになるんだよね。カードローンやキャッシングの利用条件でこの言葉は良く目にするかも知れないけど、利息計算の基礎となるものだからお金を借りる前に実質年率とも言える金利の確認をしておく必要があるんだよ。

 

利用限度額という言葉も良く使われているけど、「実際にいくらまでお金を借りることができるのか」という上限の金額を意味しているんだよね。限度額は銀行と消費者金融とで金額に違いがあるみたいで、一般的に銀行の方が多くの利用限度額を設定されているみたいだよ。

 

消費者金融の方は少額融資を希望する時におすすめのサービスとなっているし「総量規制」という法律の適用によって、年収の3分の1までしかキャッシングができないように規制されているんだよね。

 

対して銀行の方は、総量規制の対象外となっているために元々まとまったお金を借りるのに便利な金融機関であることに加えて、年収だけでは借入限度額が決まらないというメリットもあるんだよ。

 

銀行カードローンと消費者金融キャッシングの条件を比較!おすすめはどこ?


初めてお金を借りる人だと、どんな流れで手続きしたらスムーズにお金を借りることができるのか疑問に思うかも知れないね。お金を借りたい時って、とにかく今は生活費が足りないとか支払いのお金がないとかで少しでも手っ取り早く手間をかけずにお金を借りたいと思うものだからね。

 

金利が低い方が良いというのもあるだろうし、信頼度や安心感も気になるところだろうね。審査に通りやすい所が良いという希望もあるかも知れない。銀行と消費者金融の利用条件の特徴にはどんな違いがあるのだろう?

 

銀行カードローンの特徴をまとめるとこんな感じになるんだ。

  • 審査の早さ:消費者金融を比較すると遅い傾向にある
  • 審査の通りやすさ:一般的に厳しいと言われている
  • 借入限度額:銀行により独自の限度額があり、審査で決まる
  • 金利:消費者金融よりも低金利
  • 信頼度や安心感:一般的に高い
  • 総量規制:対象外

対して、消費者金融の方はこんな感じになっているんだよね。

  • 審査に早さ:最短30分、即日融資も可能
  • 審査の通りやすさ:銀行よりも通りやすいと言われている
  • 借入限度額:年収の3分の1の範囲内で審査で決定される金額
  • 金利:銀行よりは高め
  • 信頼度や安心感:大手ならば銀行と同様に高い
  • 総量規制:適用されている

銀行と消費者金融のサービス自体には似ている部分もあるけど、利用条件の特徴については上記のように大きな違いもあるし、利用しやすい金融機関はどこかについても、人によって印象や使い勝手の良さは違うかも知れないね。

 

周りにキャッシングの経験者がいればアドバイスしてもらえるかも知れないけど、まずは自分が感じた印象とかネットなどで調べたメリットやデメリットを比較して、更には自分の収入やライフスタイルも含めてお金を借りる場所をどこに選ぶか考えるのがおすすめだよ。

 

クレジットカードと銀行カードローンでおすすめのキャッシングはどこ?


街での買い物の代金を支払う手段と言えば、一般的には現金かクレジットカード払いとなるよね。ネットショッピングではクレジットカード払いが主流になっているみたいだし、キャッシュレスで買い物ができるという便利なアイテムともなっているよね。

 

最近人気の携帯電話の格安SIMではクレジットカード払いが必須となっているし、ショッピングには欠かせない存在となっているけど、人によってはキャッシング機能も利用しているかも知れないね。クレジットカードには2つの機能があって、買い物代金の後払いだけでなくてカードローンのようにお金を借りることもできるようになっているんだよね。

 

カードローンと言えば消費者金融をイメージする人も多いと思うけど、銀行カードローンもあるよね。それじゃあ、クレジットカードのキャッシング枠と銀行カードローンで便利なのはどこなんだろう?特に初めてお金を借りる人にはすごく気になるところだと思うので、以下で説明していくことにするね。

 

クレジットカードのキャッシング機能


初めに、クレジットカードのキャッシング機能は、カードの申し込み時やカードが発行されてからキャッシング枠を付けることができた場合に限り利用できる仕組みになっているんだ。だから、誰もがクレジットカードが発行されればお金を借りることもできるということではないから注意が必要だよ。

 

キャッシング枠が設定されていれば、利用限度額の範囲内で何度でもATMを利用してお金を借りることができるよ。既にクレジットカードが手元にある訳だから、「お金を借りたい!」って思った時に、特別申し込みをする必要も審査が実施されることもないから、今すぐにでも即日融資を受けることができるんだ。

 

クレジットカードからお金を借りる時には、まず金利を確認することが必要だよ。どのくらいの金利が付くのか知っておけば、借り過ぎを防ぐことができるし、具体的にいくら借りると利息がどのくらい付くのかを知っておくことは凄く重要になるからね。

 

金利は銀行カードローンの方が低金利になっているから、金利だけでお金を借りる場所を選ぶなら銀行を利用した方が良いと思うけど、手軽にお金を借りたいならば新たな申し込みや審査が不要なクレジットカードのキャッシングの方が手っ取り早いと言えるんだよね。

 

銀行カードローンからの借り入れ


銀行カードローンならクレジットカードよりも低金利になっているから、金利が気になるという場合なら手元にキャッシング枠が設定されているクレジットカードがあったとしても、新たに銀行カードローンに申し込みする方が支払う利息が少なくなるから節約にもなるし、おすすめだよ。

 

もちろん、申し込み手続きは面倒だし審査に長い時間が必要だったり、場合によっては審査が通らない心配もあるよね。どうしても今日中にお金を借りないと金欠で辛いという時には、クレジットカードからキャッシングする必要があるし便利と言えるけど、それほど急ぎでないけどお金を借りたいならば銀行カードローンの利用も選択肢に入れると良いかも知れないね。

 

お金を借りるのが初めてならこんな方法が役立つしおすすめ!


初めてお金を借りる人をキャッシングを利用した経験がある人と比較するならば、おそらく借り入れに必要な情報や知識が少ないと思うんだよね。とは言え、初めてお金を借りるならば、必要最低限の情報や知識は持っていた方が良いと思うんだよね。

 

お金を借りるのは初めてという場合には、以下のような方法が役に立つしおすすめと言えるかも知れないよ。

 

お金の借りる方法で初めにおすすめしたいのが、情報収集。インターネットに接続できる環境にある人は大半だと思うから、まずはネットで「安心・安全」にお金を借りられる場所を探すと良いよね。更には、知名度が高い金融会社であることも条件として外せないから、どんなに急を要する時であっても、まずは安心して安全にキャッシングできる、知名度が高いという2つを軸にして検索してみると良いと思うよ。

 

どうしても今日中にお金を借りたいという場合であれば、即日融資が可能なキャッシングサービスを中心に調べてみると良いよ。スピーディーに審査や融資を実行してくれる金融会社もあるから、キャッシング関連の人気ランキングや口コミを利用すると便利かも知れないね。ランキングの順位はそれぞれのサイトによって違いがあるから、いくつかのサイトを見て参考にするという方法もあるよ。

 

金利も気になるということなら、やっぱり少しでも金利が低いところ・安いところがおすすめだね。少額融資や短期間の借入れなら案外それほど大きな金利差にならない場合もあるけど、高額融資を希望していたり、自分の経済状況に合わせて余裕を持って返済したいと思っている時には、低金利の銀行カードローンはおすすめとなるだろうね。

 

消費者金融でも大手だったら、30日間無利息サービスが利用できる所もあるから、それならば初めの1ヶ月間は無利子でお金を借りることも可能だし、特に初めてお金を借りる人にはおすすめしたいサービスと言えるかも知れないな。銀行の金利がいくら安くても、一定期間なら無利息でキャッシングできる方がお得だからね。ただし、借りたお金をすぐに返せる場合でないとお得感が無くなってしまうから要注意だよ。

 

お金を借りる時の注意点はどこ?


金融機関からお金を借りる時の注意点はどこかと言えば、「借入先を選ぶ際に慌てるのは駄目」というところなんだよね。特に初めてお金を借りるという人は、ネットを利用するにしても慎重に調べたり考えたりして欲しいし、今目の前にある情報が正確なのかを判断してもらいたいんだよね。

 

初めての利用でキャッシングの知識がない時には、勘違いや思い込みをしてしまうこともあると思うけど、それとは別に、なかには初めからだまそうと思って甘い言葉で利用者を集めている場合もあるんだ。悪い金融業者にだまされないためには、スピーディーにお金を借りられることだけを強調している金融会社から絶対にお金を借りないことが最低限必要な条件となるんだ。

 

簡単にお金を借りることができるのは、多くが悪徳業者である可能性が高いし危険が多いことを理解しておく必要があるよ。安心安全にお金を借りるためには、テレビCMなどで知名度が高い会社や口コミの評判がいい所に申し込みすることが大切だし、初めてお金を借りる人でも闇金のように悪い業者にだまされない最善の方法と言えるだろうね。

 

安心してお金を借りることができるのは、銀行カードローンや消費者金融、クレジットカードのキャッシングと選択肢は大きく分けて3つある訳だけど、その中のどこでお金を借りるのがいいのかと言えば、自分が一番利用しやすい所ということになるんだよね。

 

それぞれのメリットやデメリットを見極めた上で、自分に一番合うサービスを選んでお金を借りるのがおすすめとなるだろうね。