お金を借りる 必要書類

MENU
「お金を借りたいけど、どこにしよう・・・」と悩んでいる方へ。



銀行や信金よりも「有利」な条件のある借入先をご存知ですか?

全国どこからでも24時間申し込みができるサービスがプロミスというサービスで、実は銀行よりも速い時間で融資を受けられるケースも多いのです。

プロミスは、借り入れ可能か、簡単3秒診断(無記名でOK)というのがとても便利で人気があります。(プロミスは1万円からお借り入れが可能です)

借りれるという診断が出てから正式に申し込めばいいので一度試してみてはいかがでしょうか?

◎→プロミス事前3秒診断の公式ページ


プロミスのおすすめポイント
全国どこからでも申し込み可能
24時間申込可能
最短1時間融資
来店・保証人・担保→不要
借入のことをバレないように配慮
・・・大手ですから安心感と信頼感は抜群です

カードローンなどでお金を借りるには必要書類の提出が必須!


親や家族、友人などの個人からお金を借りる時には必要のない書類かも知れないけど、金融機関から借入れする際に必ずと言って良いほど必要になるのが、身分を証明する書類。主に運転免許証や健康保険証、パスポートなどが必要書類として指定されているんだけど、この中で健康保険証を本人確認書類として利用する場合には注意が必要になるんだ。

 

平成28年10月1日に法律(犯罪収益移動防止法)が改正された関係で、本人確認書類には顔写真が掲載されていることが必須になったんだよね。運転免許証やパスポートなら顔写真が使われているから単体でも使うができるんだけど、健康保険証だと顔写真が載っていることが通常ないから、他に住民票などの本人確認書類をもう1点追加する必要があるんだよ。

 

カードローンやキャッシングの申し込みで必要な書類は本人確認書類だけでなくて、希望する借り入れの金額によっては収入証明書類の提出も必要になることがあるんだよね。融資をしてくれる業者によって違うけど、たとえば消費者金融だと希望額が50万円を超える場合に給料明細書などの提出を求められることがあるよ。

 

希望する借入額が少なければ基本的に必要のない書類とも言えるけど、まとまったお金が必要な時にはどんな書類が必要か事前に確認しておくといいよね。

 

カードローンやキャッシングの申し込みで用意が必要になる書類とは?


お金を借りたいと思う時って今すぐにでも必要なお金を準備したいということが多いと思うから、申し込みの手続きにはなるべく時間をかけたくないところだよね。素早く申し込みを済ませるために必要なことと言えば、必要書類を事前に用意しておくということも1つとなるよ。

 

カードローンやキャッシングの申し込みで身分証明書が必要になる理由とは、融資をする金融機関でまず本人の正確な身元を確認する必要があるからだよ。名前と住所は基本的な個人情報となるし、本人確認書類があれば正確にそれらを確認できるからね。お金を貸す相手がどんな名前でどこに住んでいる人であるかを確認するのは当たり前のことだし、住所がはっきりしない誰だか分らない人はお金を借りることができないことになっているんだ。

 

本人確認書類については運転免許証や健康保険証などが一般的となるけど、どちらも名前と住所が記載されているから身元の確認をするには最適なものとなるんだよね。

 

身分証明書があっても高額融資を受ける場合には、それだけでは不足することもあるんだけど、その場合には収入証明書類も用意しないといけないから、借り入れの金額には注意が必要だよ。収入証明書には、給料明細書や源泉徴収票、確定申告書、課税証明書、住民税決定通知書などが使えるから、どれか1点を用意することができれば大丈夫だよ。

 

収入証明書の提出が必要になる理由とは、高額の希望額である場合、融資をしても毎月きちんと返済できる能力があるか判断する資料が必要だから。収入を証明する書類があれば、金融業者も正確な年収の金額が分かるし返済可能かを判断することが可能になるからね。

 

銀行の住宅ローンでお金を借りるならどんな書類の提出が必要?


銀行の住宅ローンなどの目的ローンを利用する場合、どんな書類を準備する必要があるかと言えば、身分証明書や住民票、収入証明書類、印鑑・印鑑証明書、銀行口座とお届けの印鑑などとなるんだよ。

 

身分証明書なら運転免許証や健康保険証があれば大丈夫だし、収入証明書類についてはサラリーマンなら給料明細書や源泉徴収票があれば良いけど、自営業の人だと収入証明書類には納税証明書を用意する必要があるよ。

 

住宅ローンのような大きな買い物には保証人が必要になることもあるけど、その場合には保証人の住民票や印鑑証明書に加えて保証人の承諾書の提出も求められるし、保証人の署名や印鑑も必要になるんだよ。

 

銀行の住宅ローンなどの目的ローンだと必要となる書類は多くなるし、少額融資のカードローンと比較すると今すぐお金を借りることができない種類のローンということになるだろうね。

 

お金を借りる先が知人や親戚ならどんな書類が必要?


金融会社からお金を借りるなら身分証明書や収入証明書類が必要になることは知っていると思うけど、知人や親戚なら口約束で充分だし特に必要な書類なんてないのでは?って考えるのが普通かも知れないよね。確かに、普通はそれでもいい場合が多いけど、時にはいつもそうとは限らないケースもあるから注意が必要なんだよね。

 

銀行や消費者金融からお金を借りる場合には「契約書」を取交す必要があるけど、知り合いや親戚だと個人間のお金の貸し借りとなるから必要ないよね。個人から融資を受ける時に必要となる書類と言えば、「借用書」ということになるんだよね。言ってみれば、個人対個人の簡単な契約書ということにもなるんだけど、誰が誰からいくら借りたのかを詳しく記録しておくのが目的となるんだよね。

 

具体的には、お金を借りる人や貸す人の名前、いつ借りたのか、いくら借りたのか、毎月の返済計画などを書くんだけど、最後にお金を借りる人の署名や押印が必要となるよ。お金のトラブルは他人でなくて親しい間柄でも起こることだし、お金の貸し借りについては、契約書が存在しない個人間のお金の貸し借りであってもきちんと記録を残しておくことをおすすめするよ。

 

借用書を作成しておけば、後で言葉や意志のすれ違いがあった時でも確かな証拠となってくれるし、個人が個人からお金を借りる時に借りる側で借用書を2枚作成し、片方を相手に渡しておけばお互いに安心できるからね。

 

ローンの申し込みで必要な書類はどこで用意できるの?


金融機関からカードローンやキャッシングでお金を借りる場合に必要となる書類はどこで用意したらいいの?と思う人もいると思うから、必要書類について確認してみることにするね。

 

ローンの申し込みには本人を確認するため身分証明書が必要だけど、運転免許証や健康保険証は常に手元にあるものだから特に発行してもらう必要もないよね。ということで本人確認書類については特別な説明は不要だと思うけど、一番分らないのは収入証明書類についてだろうね。

 

収入証明書類として給与明細や源泉徴収票を利用するならば、勤務先から発行してもらっているものだし、こちらから希望しなくても毎月の給料日や年度末に発行してもらえるから借り入れの申し込みで特に困ることはないかも知れないね。

 

カードローンやキャッシングのようなローンでなくて、住宅ローンなどの目的ローンの場合には印鑑証明書の提出を求められることがあるから、この場合だと役所に行って発行してもらう手間と時間が必要になるよね。でも最近では、キャッシュカードに似た形状の住民カードが手元にある人なら、窓口に行かなくても自動交付機から発行してもらえるようになっているみたいなんだよね。それなら簡単だしスピーディーに印鑑証明書の発行ができるかも知れないね。

 

個人間の融資で知人や親戚、親や友達などからお金を借りる時に借用書を作成したい場合に、用紙はどんな物が必要か分らないっていう人もいるよね。借用書は決まった用紙でなくてコピー用紙に手書きをしても大丈夫みたいだから、それなら必要な時にすぐに借用書を作ることができるよね。