お金を借りられる 条件

MENU
「お金を借りたいけど、どこにしよう・・・」と悩んでいる方へ。



銀行や信金よりも「有利」な条件のある借入先をご存知ですか?

全国どこからでも24時間申し込みができるサービスがプロミスというサービスで、実は銀行よりも速い時間で融資を受けられるケースも多いのです。

プロミスは、借り入れ可能か、簡単3秒診断(無記名でOK)というのがとても便利で人気があります。(プロミスは1万円からお借り入れが可能です)

借りれるという診断が出てから正式に申し込めばいいので一度試してみてはいかがでしょうか?

◎→プロミス事前3秒診断の公式ページ


プロミスのおすすめポイント
全国どこからでも申し込み可能
24時間申込可能
最短1時間融資
来店・保証人・担保→不要
借入のことをバレないように配慮
・・・大手ですから安心感と信頼感は抜群です

まず初めに知っておこう!お金を借りる時の条件とは?


金融機関でお金を借りる時には、必ず「借入条件」というものがあるんだ。借入条件の内容は借りる場所や金融商品によって違いがあるけど、その条件を満たすことが審査に通るために必要となるんだよね。審査に通ることができれば融資が受けられるし、審査に落ちた場合はお金を借りることが無理になってしまうからね。

 

審査に落ちた時は必要なお金を準備するのが難しくなってしまうし、急な出費がある時には困ってしまうから、やっぱり申し込みをする時には事前に借入条件を確認しておくことが必要だよ。

 

借入条件と自分の状況を比較して一致していると思えたら安心して申し込みすることができるし、少しでも不安を感じたら他のサービスを検討するのも、特に今すぐお金を借りる必要があるという場合には必要だと思うよ。

 

消費者金融からお金を借りる時にはどんな条件が必要?


利用条件には借りたい金融業者によって違いがあるんだけど、どのサービスを利用するにしても「安定した収入」が必要になるんだよね。安定収入があれば正社員でなくてアルバイトやパート、派遣社員などの非正規雇用という形態で働いている人も借入れが可能だよ。

 

ただ、毎月一定金額の給料を貰っていれば消費者金融を利用するための条件を満たすことができるけど、20歳以上である必要があるから、社会人であっても18歳や19歳だと利用不可となるから、この点では注意する必要があるよ。

 

消費者金融からお金を借りるには安定収入があること、20歳以上であることが条件となるけど、いくらまでお金を借りることができるかと言えば、審査で決定される利用限度額の範囲内ということになるんだよね。利用限度額の金額は「総量規制」という法律があるため、年収の3分の1以下となるから要注意だよ。

 

申し込みで希望額を申告する時には、一年間の合計収入の3分の1を超えない金額にした方が審査に通りやすくなるかも知れないよ。あまりに高額の融資を希望すると、お金に困っていると思われてマイナスにはたらくこともあるからね。

 

消費者金融からお金を借りる時にはどんな条件が必要?


銀行という名前がついているだけで、自分には敷居が高いし借入れは難しいと申し込みする前からあきらめてしまう人もいるだろうね。利用条件を満たしていれば基本的には正社員や公務員、高収入の人でなくても審査に通る可能性はあるんだけど、銀行の審査は厳しいというイメージがあるのかも知れないね。

 

銀行でお金を借りるための条件は、まず20歳~60歳未満である必要があるんだ。20歳以上ということはどこの銀行でも同じ条件となっているけど、上限の年齢については銀行や利用する金融商品によって違いがあるから、必ずしも60歳になったら銀行からお金が借りれないということではないよ。

 

年齢だけでなくて、安定した収入があることも銀行からお金を借りるための条件になっていて、この点では消費者金融を利用する場合と同じになっているんだ。銀行のサービスは低金利になっているから審査は特に厳しい基準が設けられているから、心配な人も少なくないとは思うよ。

 

とは言っても、銀行によって「安定収入」の基準にも違いがあるし、それ以前に毎月一定の収入が継続的にあれば普通に審査に通過する可能性はあるから、勇気を出して申し込みしてみても良いと思うよ。

 

注意点とて銀行の融資を受ける場合、他社借入れがある場合には注意が必要となるんだよね。他での借金が多ければ多いほど返済が難しくなるため、どうしても銀行からお金を借りたい場合には、既にある借金を完済しておくのもおすすめだよ。

 

お金を借りる時には信用情報の傷が審査に落ちる原因になってしますから、現在、他の借金の返済を滞納しているなら、まずその分の支払いを済ませておく必要もあるよね。ただ、既に債務整理をしてしまっている場合には残念だけど数年間は審査に通り難い状況になっているから、特に銀行の審査を受ける場合には注意してね。

 

カードローン・キャッシングからお金を借りる時の条件と注意点とは


銀行や消費者金融でカードローンやキャッシングを利用する場合の条件には、とにかく安定収入があり20歳以上であること、身分証明書の提出が可能で身元の確認ができることなどがあるよ。

 

審査に通るには必要最低限の条件を満たしている必要があるんだけど、それでもネットを使って便利に申し込みをしていると、気付いたら数社に申し込みをしてしまっていたということもあるかも知れないよね。審査に落ちた場合の保険の意味でいくつか申し込みしておこうなんて、軽い気持ちで申し込みしてしまう人もいると思うんだよね。

 

その時に、申し込みをしたというも個人信用情報機関に登録がされてしまうから、数社への申し込みをしている場合には一時期にいくつものキャッシング申し込みをしたという事実が記録されてしまうことになるんだよね。

 

複数の借入申し込みをした事実を利用したい業者が知ると、「この人は余程お金に困っているんだろうな」と思われてしまい、審査に通らない可能性が高くなるから、基本的には1つの申し込みで審査に落ちたら、最低6ヶ月間は開けてからもう一度申し込みしてみることがおすすめとなるんだよね。申し込みの記録は6ヶ月経つと登録から抹消されることになっているみたいだからね。

 

おまとめローンを利用してお金の借りるための条件とは


金融機関でお金を借りる場合、カードローンやキャッシングなど必要なお金を借りるための借入れが基本と言えるけど、その他にも借金を返済するためにお金を借りる方法もあるんだよ。それが「おまとめローン」と言われる商品で、数社の借金を1つにまとめることを目的としたローンなんだよね。

 

いくつもの会社からの借金を一本化することで、いろんなメリットがあるんだ。
1つは、月々の返済が楽になること。返済日を毎月1回することができるし、今までよりも毎月の返済額を少なくすることもできるんだよ。長期間の返済にすることによって返済の負担を減らすことができるから、今現在、返済が苦しいと思っている人にはおまとめローンの利用はおすすめできるよ。

 

おまとめローンの2つ目のメリットは、金利を低くすることが可能になるということだよ。別々にお金を借りるよりも借金をまとめて金額を大きくすることで今よりも低金利のローンの借り換えすることができるから、利息を節約できるという理由からもお得なローンと言えるんだよね。

 

利用には、カードローンやキャッシングと同じように利用条件を満たしている必要があるんだけど、条件をクリアできれば消費者金融で総量規制で決められている年収の3分の1までの借入れ制限を気にすることなくお金を借りることができるんだ。

 

銀行では初めから総量規制が対象外となっているけど、大手の消費者金融でも「貸金業法に基づくおまとめローン」なら年収に関わりなく借金の一本化をすることが可能だよ。

 

目的ローンを利用してお金を借りる時の条件とは


銀行のローンは多種多様となっているけど、その中でも目的ローンは多くの人のニーズによって使い道が分れている金融商品と言えるんだ。

 

目的ローンは、マイホームを購入する時に利用できる住宅ローン、新車や中古車の購入で利用できるマイカーローン、自宅の改築や増築などで利用できるリフォームローン、子供の教育費を準備するための教育ローンなど、利用目的が明らかなローンとなっていることが特徴と言えるんだよね。

 

銀行には目的ローンと相反して利用使途が自由になっているフリーローンという商品もあるんだよね。大きな違いは金利の高さとなるんだけど、使用目的がはっきりしている目的ローンでは他の商品と比較すると低金利になっている一方で、フリーローンの方は自由な使い道ができる代わりに高めの金利が設定されているんだ。

 

フリーローンは高めの金利であることから、他の銀行のローンと比較して審査が甘い傾向にあるため通りやすいと言われているんだよね。一方、目的ローンは使い道が決まっているから低金利になっているけど、審査が厳しいと言われているんだ。

 

ただし、比較的金利が高めとなっているフリーローンでも、一定の基準を満たすことができれば更に金利引き下げの優遇がある場合もあるから、同じ銀行で普段から取引きがある場合ならフリーローンを便利に利用できる場合もあるんだよね。

 

金利の節約をしてお得にお金を借りるなら目的ローンはおすすめだけど、使い道自由なフリーローンも便利な商品と言えるだろうね。ただし契約の方法にはそれぞれに違いがあるし、条件を満たすことができれば金利優遇のキャンペーンを利用できる場合もあるから、お得に融資を受けることができるローンを探すと良いかも知れないね。