お金を借りる 銀行

MENU
「お金を借りたいけど、どこにしよう・・・」と悩んでいる方へ。



銀行や信金よりも「有利」な条件のある借入先をご存知ですか?

全国どこからでも24時間申し込みができるサービスがプロミスというサービスで、実は銀行よりも速い時間で融資を受けられるケースも多いのです。

プロミスは、借り入れ可能か、簡単3秒診断(無記名でOK)というのがとても便利で人気があります。(プロミスは1万円からお借り入れが可能です)

借りれるという診断が出てから正式に申し込めばいいので一度試してみてはいかがでしょうか?

◎→プロミス事前3秒診断の公式ページ


プロミスのおすすめポイント
全国どこからでも申し込み可能
24時間申込可能
最短1時間融資
来店・保証人・担保→不要
借入のことをバレないように配慮
・・・大手ですから安心感と信頼感は抜群です

銀行でお金を借りるため必要な知識を紹介!


お金を借りる場所を銀行と決めたならば、実際にお金を借りるための流れを知っておく必要があるよね。申し込みから最終的に融資を受けられる時になるまでには、いろいろな手順を踏むことになる訳なんだ。

 

急な出費で困った時に冷静にお金を借りる方法について調べている余裕はないと思うから、事前に銀行からお金を借りるために必要となる知識を確認しておくのがおすすめとなるんだよね。いざという時に、足りないことや準備が不十分ということのないように、万が一の時のために今から銀行でお金を借りる方法について知っておくと良いよね。

 

銀行からお金を借りるならまず方法や種類を知ることが先決


銀行のローンでお金を借りる人はどちらかと言うと、会社や個人事業主が事業資金を借り入れるというイメージがあるかも知れないね。銀行は融資する金額が高額なことが多いし、個人が借りるような少額融資は扱っていないような印象を持っている人もいると思うよ。

 

企業がお金を借りる金融機関のように思われる銀行でも、個人が融資を受けられるローンの種類は意外にも多く用意されているんだよね。特に使い道が限定されている目的ローンは高額融資も可能だから便利だよね。

  • 教育ローン
  • マイカーローン
  • 住宅ローン

この他にも個人が利用できるローンは銀行によっていろいろ用意されているから、個人がお金を借りる方法は多いと言えるんだけど、代表的なものにはこのようなローンがあるんだよね。

 

子供の教育費の準備に便利な教育ローン


子供の教育費は高額となるのは当たり前のようになっているから、どうしても融資を受ける必要が出てくる場合は多いよね。銀行の教育ローンならば、義務教育を含む教育費の捻出に利用可能なローンとなっているんだ。大学や専門学校、高校だけなくて私立小学校や中学校に進学するための入学金や授業料などの準備でも利用可能なローンもあるよ。

 

自動車の購入費用の準備にはマイカーローンが便利


自動車購入には高額な資金が必要になるものだけど、銀行のマイカーローンならディーラーローンを利用するより低金利でお得にお金を借りることが可能になるんだ。銀行のローンだから審査の難易度が高めとは言われているけど、審査が厳しいとは言え低金利で融資を受けられる方がお得と言えるよね。

 

車の購入時に一緒にローンの契約できるディーラーローンは便利ではあるけど、無駄な利息を支払うのはもったいないから、マイカーの購入契約とローンは切り離して考えた方が良いと思うよ。車を買いたい時には、まず銀行のローンで借り入れの可能性を確認することがおすすめだね。

 

マイホームの購入に低金利でお金を借りるなら住宅ローンがおすすめ


マイホーム購入の費用を現金で準備できる人はとても少ないと思うし、大体の人は住宅ローンからお金を借りることで住宅の購入資金に充ててることだろうね。昔だったら、住宅金融公庫を利用する人が多かったと思うけど、今は金融緩和対策で金利が自由化されていることから、銀行の住宅ローンの方が住宅金融公庫より低金利でお金を借りることが可能になっているんだよね。

 

住宅ローンの金利には固定金利型と変動金利型の2つの種類があるけど、それぞれのニーズに合わせて選択することができるようになっているよ。

 

銀行と消費者金融のカードローンは同じ?特徴と違いはこんなこと!


カードローンは、ATMから気軽にお金を借りることができるサービスだけど、銀行と消費者金融の商品が有名だよね。どこのカードローンを利用したら便利なのか、安心なのか悩む人もいると思うから、銀行カードローンの特徴と消費者金融との違いについて説明するね。

 

まず、銀行のローンには2つの特徴があるんだよね。

  1. お金の使い道が決まっている場合に利用するローン
  2. 使い道自由に利用するローン

銀行でお金を借りる時には利用目的がはっきりしている場合と、使い道自由に利用する場合とでは申し込みをするローンの種類に違いが出てくるんだよね。

 

お金の使い道が決まっている場合に利用するローン


お金を借りる目的が初めから決まっていて、そのためだけに利用できるローンがあるんだ。

  • 住宅ローン
  • 教育ローン
  • マイカーローン
  • ブライダルローン

たとえば、こんなローンが銀行には用意されていて、使い道を1つに限定されていて他の目的では利用できない種類の融資となっているんだよね。住宅ローンは家の購入費用にしか利用できないし、教育ローンは子供の教育費の工面に、マイカーローンは車も購入費用に限定されるし、ブライダルローンも結婚式やそれに付随する費用にしか利用できない仕組みになっているからね。

 

目的ローンとも言われる銀行の融資の場合、低金利でお金を借りることができるという特徴があって、それがメリットにもなっているんだ。ただ申し込みの際に用意する必要書類が多くなる傾向にあるし、審査にも一定の時間がかかることが多いから、即日融資を受けることは不可となるんだ。

 

目的ローンの利用条件はどういう内容になってる?


お金を借りる目的がはっきりと決まっていて銀行から個人が融資を受けるなら、利用条件を満たす必要があるんだよ。
たとえば、住宅ローンなら融資額や金利が金融機関によって違うから当然利用条件も違っているんだ。とは言え、年収や勤務先の情報、勤続年数が審査の基準になることはどこでお金を借りるにしても同じだよ。

 

住宅ローンだとマイホームの新築の他にリフォームでも利用できるから、利用条件はどちらかの目的でお金を借りる場合に限定されるんだよ。

 

教育ローンだと、当然のことながら子供の教育費で利用することが申し込みの条件となっているんだ。教育費以外での利用ができないように支払先の学校に直接お金が振込まれる場合も多いし、学校とは認められていない英会話やピアノなどの塾の費用だと条件から外れてしまうことが多いから要注意となるんだよね。
あくまでも、高校や大学・短大・専門学校・私立の小学校や中学校の入学金や授業料が利用使途になっているからね。

 

車の購入に利用できるマイカーローンでも、ディーラーや中古車販売店に支払う代金の借入れ以外の利用は、融資条件から外れるため不可となっているんだ。銀行のマイカーローンは低金利でお金を借りることができるメリットがあるけど、車を購入することを証明するため、契約書や見積書の提出ができることが利用条件となるんだ。嘘の理由でお金を借りることはできないということだよね。

 

使い道自由に利用するローン


銀行のローンには目的ローンだけでなく使い道自由に利用するローンもあるんだよね。フリーローンやカードローンがそれに当たるんだけど、利用の使途が特に設定されていない融資商品ということになるんだ。

 

申し込みをする際には利用目的を申告する必要があるけど、大体の理由なら審査に悪い影響を及ぼす心配はないと言えるだろうね。海外旅行の費用や生活費の足しなどの他にも、利用する人の都合やいろいろな理由で多くの使い道でお金を借りることができるから、本当に便利だよね。

 

消費者金融のカードローンとの違いは?


使い道自由のローンは銀行だけでなくて消費者金融にもあるけど、どちらもカードローンを利用することで利用限度額の枠内なら何度でもその都度ATMを利用してキャッシングできるというメリットがあるんだ。

 

銀行のフリーローンとも消費者金融のカードローンは似ているけど、フリーローンの場合はその都度審査が必要になるし、支払先に直接入金されたりして現金を借りることができない場合もあるんだ。カードローンなら現金を振り込みやATMから借りることができるから、フリーローンより更に自由度の高い融資ということになるんだ。

 

気になる銀行カードローンと消費者金融の違いだけど、メリットもあればデメリットもあるという感じなんだよね。低金利でお金を借りることが可能なのは銀行カードローンだけど、消費者金融でも大手なら30日間無利息サービスも初回の利用で提供しているから、借りてすぐに返すなら無利息でキャッシングできる消費者金融の方がお得だよね。

 

無利息期間が終了すれば、やっぱり銀行カードローンの方が安い利息でお金を借りることができるけど、どこのカードローンでお金を借りるのが便利なのかは、その人の利用の方法にもよると言えるだろうね。

 

銀行カードローンは無職や学生でもお金借りることは可能?


使い道自由に利用できる銀行のローンだけど、その中でも使い勝手のいい銀行カードローンは誰もがお金を借りたいと思うかも知れないよね。銀行カードローンって誰でもお金を借りることができるサービスなんだろうか?

 

 

結論としてはたとえば学生の人であっても銀行カードローンを利用することは可能なんだ。可能というのは、絶対にお金が借りれるとは言い切れないからなんだけど、利用には融資条件を満たす必要があるんだよね。

  • 20歳以上であること
  • アルバイトなどで一定の収入があること

この2つのことが銀行カードローンでお金を借りるための条件となるんだ。大学生や専門学校生でも授業やサークルなどの合間にアルバイトをしている人も大勢いるし、安定した収入を毎月得ている人も少なくないだろうね。

 

安定したアルバイト収入があっても18歳や19歳の未成年だと利用条件から外れてしまうけど、20歳以上なら審査に通る可能性もあるよ。学費が足りないということもあると思うし、一人暮らしをしている学生なら生活費が不足することだってあるだろうね。そんな時に銀行カードローンでお金を借りることができれば助かるよね。

 

ただし、学生だと収入が安定しにくいという理由から審査に通ることができても20万円~30万円が限度となる場合が多いみたいだから、計画的な利用が必要になるだろうね。

 

学生だけでなくて無職の人も銀行カードローンを利用したい時もあると思うけど、たとえば専業主婦だと無職という扱いになるのが一般的なんだよね。専業主婦は銀行カードローンからお金を借りることはできないのかと言えば、配偶者に安定した収入があり20歳を超えていれば利用可能となっているんだ。

 

銀行では消費者金融でのキャッシングで対象となっている総量規制という法律が対象外となっているため、無収入の専業主婦でも利用が可能になっているからね。

 

専業主婦が借り入れの申し込みをする場合に旦那さんの収入証明書が必要になるケースは少ないけど、銀行によっては必要になる場合があるから事前に確認する必要があるよ。

 

また、旦那さんに収入があることを条件にお金を借りる訳だから、無職の専業主婦がお金を借りる場合には、30万円~50万円が利用可能額となることが多いよ。生活費や子供の教育費などでお金が不足している時にお金を借りるなら十分に足りる金額だと思うし、何よりも低金利だから安心して融資を受けられるだろうね。

 

お金を借りるのが家族や会社にバレない方法はあるの?


銀行でお金を借りることは闇金から借金をするのとは違うため、誰に知られても困らないことかも知れないよね。だけど考え方は個人によって違いがあるから、銀行カードローンからの借入れだって誰にも知られたくないと思う人はいるはずだよね。

 

銀行からお金を借りることを家族や会社に知られたくないという人もいるだろうね。誰にも秘密でお金を借りるなら、まず申し込みの方法はインターネット経由にする必要があるんだ。銀行カードローンの申し込み方法は窓口や電話でも可能だけど、窓口だと知り合いに会ってしまう可能性もあるし、電話の場合も近くで誰が聞いているか分らないからね。

 

家族に借金を内緒にしたい時には、自宅に郵便物が届くのは避けたいところだし、審査結果を電話で通知されるのも都合が悪いものだよね。インターネットで申し込みをすることで、WEB完結で電話や郵便物が来ないような設定になっている銀行カードローンもあるくらいなんだ。

 

ネット申し込みならメールで審査結果を知らせてくれる銀行も多いから、家族や会社にバレないでお金を借りるために必要な手続き方法と言えるんだよね。

 

銀行だと在籍確認の際に「○○銀行です。」と名乗ってしまう場合もあるんだよね。どうしても会社の同僚に銀行からの電話だと知られなくない場合には、自分が電話を取れる時間帯に電話をかけてくれるように依頼するか、マイカーローンに申し込みしたなどの言い訳を考えておくのがおすすめだよ。

 

三井住友銀行やレイク、三菱東京UFJ銀行のカードローンなら自動契約機からカードを発行することができるから、カードの郵送で家族バレしたら困るという人はいずれかの銀行を利用すると安心かも知れないね。

 

銀行から安心してお金を借りる方法と必要な知識を知りたい!


銀行から安心してスムーズにお金を借りたり返済するためには事前に知っておきたいことがいくつかあるんだよね。

  • 銀行への融資申し込みに必要な書類は何?
  • 審査の仕組みを知りたい
  • 銀行カードローンの金利はどれくらい
  • 借りたお金を銀行に返す時の返済方法
  • 申し込みする銀行で口座がない場合どうしたらいい?

 

銀行への融資申し込みに必要な書類は何?


銀行カードローンのメリットや親バレ・職場バレを防ぐ方法は少し分ったけど、まだ知らないと不安なことがあるという場合もあるよね。その1つとして申し込みに必要な書類は何を用意したらいいの?ということもあるだろうね。

 

心配なのは保証人は必要なのか、担保も差し入れる必要があるのかということだと思うけど、例えば銀行カードローンを諒するなら保証人なし・担保不要で利用できるようになっているから安心して大丈夫だよ。

 

銀行から融資を受けるために必要な書類とは、主に次の2種類となるんだよね。

  • 本人を確認できる書類
  • 収入を確認できる書類

 

銀行から融資を受けるためには本人確認書類が必要


銀行に借入れの申し込みをしたのが確かにその人なのかを確認するための書類が、契約には絶対に必要になるんだよね。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 住民票
  • 印鑑証明書
  • 住民基本台帳カード

運転免許証があればすぐに提出できるかも知れないけど、発行されていない場合には他の書類でも本人確認書類として使用することは可能だよ。顔写真のない証明書の場合は、2点以上の書類が必要になることもあるから、事前の確認は必要となるけどね。

 

銀行からの融資には収入を確認できる書類も必要な場合も


銀行で融資を受ける時には本人確認書類が必ず必要になるけど、場合によっては収入証明書類が必要なこともあるんだよ。

 

給与明細書や源泉徴収票、所得証明書、確定申告書などがそれに該当するんだけど、必ず提出する必要があるかと言えばそうではなくて、200万円以上など一定の金額を超える借入希望額となった時に、収入を証明する書類の提示を求められることになるんだ。

 

前年度の収入がいくらだったのかを示す書類だから、提出を求められたらすぐに対応できるように予め準備しておくといいよ。

 

融資申し込みをした後の審査の仕組みを知りたい!


銀行からお金を借りる時には、闇金のような無審査で融資を受けることは不可能なため、絶対に審査が実施されることになるんだけど、どのような流れで審査が進むのか審査の仕組みを知っておく必要もあるよね。

 

ただし銀行の審査を受けるには、次のことが必須となるから注意してね

  • 安定した収入があること
  • 年齢が20歳以上であること
  • 他社借入れが少ない、多重債務者でないこと

このようなことを満たしている人は次の審査の流れを確認して、実際の審査に備えると良いと思うよ。

  1. 借入れの申し込み
  2. 審査の開始
  3. 審査結果の通知・契約の説明
  4. 本人確認書類の提出(必要な場合は収入を証明する書類を提出する)
  5. 契約手続き
  6. カードの発行

審査の際には在籍確認も実施されるから、申し込みで申告した会社で本当に働いているのかを確認するために、電話連絡が入ることもあるから、会社バレ・職場バレが気になるところだよね。

 

予め個人名で在籍確認してくれるように依頼することも可能だし、銀行から電話があったところでクレジットカードに申し込みしたなど言い訳はいくらでもあるから、カードローンの申し込みをした場合であっても必要以上に不安になることはないんだよね。

 

銀行カードローンの金利はどれくらい?


銀行カードローンでお金を借りる時に金利はどのくらいになるのかは気になるところだよね。銀行によってもそれぞれのローンによっても金利には違いがあるから一概には言えないけど、例えばこんな感じの金利になっているんだ。

  • 4.0%~14.0%
  • 3.0%~17.8%
  • 4.6%~14.6%
  • 199%~7.99%

銀行カードローンにはそれぞれのサービスによって大きな金利差があるけど、これには理由があって、借入限度額が子なっているということが関係しているんだよね。

 

借入限度額によって金利が決まるのが一般的なため、多くの金額を融資する場合には低金利となる仕組みになっているんだよね。特に最低金利が低い場合には1000万円くらいの高額融資も可能な銀行ということになるよ。

 

お金を借りる際には返済計画を立てることが大事だよ。金利がどのくらいついて、返済総額はどのくらいになるのかを確認しながら、どのくらいの期間で返済していくかを考えていく必要があるよ。その上で申し込みをする銀行を選ぶことがおすすめとなるんだよ。

 

借りたお金を銀行に返す時の返済方法


銀行カードローンからお金を借りる場合、借りたお金の返済方法は1つだけでなくいくつかの種類が用意されているんだよね。

  • 自動口座振替(口座引落し)
  • カードを利用してATMから返済
  • カードローン口座に直接振り込み

銀行カードローンの返済方法は主にこの3つとなるけど、この中で便利なのがATMを利用する返済方法ということになるんだよね。提携金融機関だけでなくてコンビニのATMからもカードを利用して返済できるから、基本的に24時間返済可能ということになるから、うっかり返済を忘れたという時でもその日の内に気が付けばまだ返済の機会があることになるよね。
銀行カードローンで利用できるカードは専用のローンカードが用意されている場合と、その銀行のキャッシュカードをローンカードとして兼用できる場合があるけど、後者の場合なら即日融資も可能になるだろうね。

 

他に自動口座振替や振り込みという返済方法もあるけど、口座に入金するのを忘れてしまうと引落し不能になってしまうし、振り込みの場合には手数料の負担が必要になるというデメリットもあるんだよね。やっぱりコンビニから支払いをする方法を選択した方が便利だよね。

 

申し込みする銀行で口座がない場合どうしたらいい?


銀行カードローンを利用するための条件として、申し込みをする銀行で口座を持っている必要がある場合もあるんだよね。なかには口座不要で利用できる銀行カードローンもあるけど、口座が必要な銀行の場合にはカードローンの申し込みと同時に新規口座開設をする必要がある場合もあるんだ。

 

銀行カードローンに借入れの申し込みをするなら、まず初めに普通預金口座が必要なサービスかどうかを確認する必要があるよね。少しでも早く融資を受けたい時、新規で開設した口座のキャッシュカードが届くのを待っていたら1週間以上の時間がかかってしまうからね。

 

キャッシュカードで借り入れをするシステムになっている銀行カードローンが多いから、申し込むサービスを選ぶ際には借入れの方法についても確認が必要となるんだよね。

 

申し込みする銀行で普通預金口座を持っていて、しかもインターネットバンキングを利用している場合なら、審査に通過した後の融資がとてもスピーディになるし、パソコンやスマホを使って即日融資をすることも可能になるからね。

 

なるべく早く融資を受けることが希望なら、口座を持っている銀行カードローンに申し込みをするか、口座なしでも自動契約機からカードを発行できる三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行、新生銀行カードローン レイクを利用するのもおすすめとなるよ。