お金を借りる バイト

MENU
「お金を借りたいけど、どこにしよう・・・」と悩んでいる方へ。



銀行や信金よりも「有利」な条件のある借入先をご存知ですか?

全国どこからでも24時間申し込みができるサービスがプロミスというサービスで、実は銀行よりも速い時間で融資を受けられるケースも多いのです。

プロミスは、借り入れ可能か、簡単3秒診断(無記名でOK)というのがとても便利で人気があります。(プロミスは1万円からお借り入れが可能です)

借りれるという診断が出てから正式に申し込めばいいので一度試してみてはいかがでしょうか?

◎→プロミス事前3秒診断の公式ページ


プロミスのおすすめポイント
全国どこからでも申し込み可能
24時間申込可能
最短1時間融資
来店・保証人・担保→不要
借入のことをバレないように配慮
・・・大手ですから安心感と信頼感は抜群です

雇用形態が正社員でないアルバイトがお金を借りる方法とは?


生活していると急な出費でまとまったお金が必要になることはあるよね。たとえば雇用形態が正社員という人だけでなくて、アルバイトやパートで生計を立てている人にだってそんな時はやってくるだろうね。

 

どこかでお金を借りる以外に充分に足りる金額を用意することができない時、アルバイト生活をしている人が借金できる場所があるのか不安になってしまうかも知れない。親や兄弟・親戚・友人・知人などからもお金を借りれない時に金欠のピンチを救ってくれる場所が知りたいという人は、以下を参考にしてみるといいかも知れないよ。

 

たとえ会社員ではなくアルバイトやパートであっても、安心して利用できる正規の金融業者からお金を借りることは可能だし、銀行カードローンやCMでも有名な消費者金融からの借入れも可能だから大丈夫だよ。ただ審査の際に正社員と比較した場合、条件が少し変わってしまう場合もあるから、その点をしっかりとチェックしておいて欲しいんだ。

 

アルバイトがお金を借りることができる条件とは

アルバイトで生活をしている人は、いわゆるフリーターということになるよね。イメージだけで考えるならば銀行カードローンや有名な消費者金融だとお金を借りるのに敷居が高いと言えるかも知れないね。確かに正社員と比較すれば審査に通りにくいと言えるだろうけど、雇用形態がアルバイトだからという理由だけで審査に落ちたりしないから安心して大丈夫だよ。
審査の鍵となるのは、アルバイトだから正社員だからということよりも「安定した収入があるか」ということなんだ。正社員だってアルバイトよりも収入が少ない場合だってある訳だし、返済能力があれば貸付けの対象になることは可能という訳なんだ。

 

もちろん、正社員ほどの高い年収がなくてもお金を借りることは可能だよ。フリーターであるというリスクも感じることはないと思うし、毎月1回以上口座への給料の振り込みが継続的にあり、勤続年数も長いという人なら審査で安定した収入があると判断してもらえるからね。利用条件を満たすことができれば信用できる人であり貸し倒れの心配もないと判断され審査通過となるんだ。

 

毎月、一定額の給料を貰っている人なら、たとえ職業がアルバイトであっても自信を持って申し込みすることができるから、安心安全にお金が借りれる業者を選ぶことが大事になるんだ。

 

アルバイトでも今すぐ即日でお金を借りる方法はある?

アルバイトの人が急にまとまったお金が必要になった時、今すぐ即日でお金を借りる方法はあるのか気になるところだよね。安心していいよ、アルバイトでも即日で必要なお金を借り入れできる方法はいくつかあるからね。

 

即日でお金を借りるための方法で、ポイントは2つあるんだ。

  • インターネットから申し込みをする
  • 自動契約機のある店舗へ来店する

今すぐ即日融資を受けるためには、少しでも早く申し込みをする必要があるためインターネットから手続きを進める流れがおすすめとなるんだ。自宅にいない場合でもスマートフォンがあればネット申し込みは可能だし、有名な消費者金融ならスマホアプリも用意されているから簡単に申し込みすることができるよ。

 

ネット申込みには抵抗があるという場合なら電話で申し込みすることも可能だけど、契約には自動契約機のある店舗へ来店するのが手っ取り早い即日融資でのお金の借り方と言えるんだ。自動契約機では契約手続きを完了するだけでなくてカードの即日発行もしてくれるから便利だよ。

 

即日融資を受ける時のおすすめの申し込みの流れについて

アルバイトの人が即日融資でお金を借りるなら、以下の流れで手続きを進めていくのがおすすめとなるんだ。

  1. パソコンやスマートフォンからインターネット申し込みをする、電話で申し込みをする
  2. 本人確認書類となる運転免許証などを提出する
  3. 審査に通過したら自動契約機でカードを即日発行する
  4. ATMからカードで即日借入れ

インターネットで申し込みした後にすぐに審査に通過することができれば、カードを当日中に自動契約機から発行してもらうことも可能になるため、急いでいるならこのような流れでお金を借りるのがおすすめとなるんだ。最近はスマホアプリを使って本人確認書類を撮影した後に簡単に画像の送信ができるキャッシング会社も増えて来ているから便利だよね。

 

審査を待っている時間を利用して自宅の近くにある自動契約機へ来店すれば、審査通過後にすぐに契約手続きやカード発行ができるから、この方法が最速の即日融資の受け方と言えるんだ。ATMは自動契約機の設置してある店舗内に併設されているから、その場で即日キャッシングすることも可能だよ。

 

電話で申し込みをする場合でも、申込方法に違いがあるだけでその他の流れは同じになるけど、急いでいることを直接伝えることができるのはメリットと言えるかも知れないよ。

 

便利な自動契約機の利用だけど注意して欲しいのが営業時間なんだよね。多くの自動契約機は21時に営業を終了してしまうから、アルバイトが終わってから行こうと思っていると店舗が閉まってしまうこともあるんだ。カードを受取るまでは早め早めの行動がおすすめとなるよ。

 

カードさえあれば、コンビニに設置しているATMがキャッシングや返済にも使えるから、それならアルバイトの帰りにお金を借りることも可能になるだろね。基本的には24時間利用可能だけど、利用するサービスやコンビニATMによってメンテナンスの時間が決まっているから、その時間は利用不可となるんだ。事前の確認は必要になるよ。

 

アルバイトがお金を借りる時のおすすめは銀行と消費者金融でどこ?


アルバイトがお金を借りる場合、借りやすいという点でおすすめは銀行と消費者金融でどこかと言えば、結論から言うなら消費者金融の方ということになるんだ。

 

銀行の審査は消費者金融と比較すると厳しめという口コミの評判が多く、金利が安いことや借入限度額が多いというメリットはある代わりに利用条件は厳しいというのが銀行カードローンを利用する場合の現状と言えるんだ。

 

少しでも銀行カードローンの審査に通りやすくなるコツとしては、申し込みをする銀行で給料の受取り口座を持つことがおすすめとなるよ。確かに毎月きちんと収入を得ているという証拠にもなるからね。または、逆に利用したいカードローンの銀行をバイト代の振り込み口座にするという方法もあるだろうね。

 

銀行カードローンは大手の銀行以外にも地方銀行や信用金庫にもあるから、地元の金融機関でお金を借りるという選択肢もあるよ。大手と比較すると審査基準が少しだけ柔軟になっているみたいだから、大手で何社にも申し込みするなら初めから敷居の低いところに申し込みした方が良い場合は多いよ。

 

一方、消費者金融だったら銀行カードローンの審査に通る自信がない時こそおすすめできるサービスと言えるんだ。審査に通りやすいということでも高い評判があるし、アルバイトなら銀行より消費者金融の方がおすすめという口コミは多いんだ。

 

消費者金融が便利なのは審査の通りやすさだけでなくて、サービスにもあるんだよね。審査は最短で30分となっているし、融資のスピードも早くて最短で1時間というところもあるよ。アルバイトの給料が振り込みされるまでの繋ぎで今すぐお金を借りたいという人にも、消費者金融のサービスはとても便利と言えるよ。

 

メリットの多い消費者金融だけど、銀行より金利が高いことや借入限度額が少ないということはデメリットとなっているから、計画的に利用する必要があるんだ。大手の消費者金融なら無利息サービスがあるとこともあるから、上手く利用しながら賢くお金を借りることをアルバイトの人にはおすすめしたいと思うよ。

 

アルバイトのカードローンやキャッシング利用、限度額はいくらまで?

アルバイトは正社員と比較すると年収が少ないため、消費者金融を利用するなら総量規制で年収の3分の1までしかお金を借りることができないことも理由となり、利用限度額は少ないと言えるだろうね。たとえばバイト代で年間120万円を稼ぐ人だったら、その3分の1に当たる40万円が上限の限度額ということになるよ。

 

ただしアルバイトに限らず、正社員であっても消費者金融からお金を借りるなら同じ法律が適用されるから、借入限度額の上限は同じ計算方法となるんだ。普通に考えて消費者金融から高額融資を受けるのは難しいと言えるだろうね。

 

消費者金融から借りれる金額は法律だけで決まるのではなく、それぞれの業者の審査で決まることにもなるけど、アルバイトに限らず初回の借入れだと10万円程度が限度額となる場合もあるよ。審査に通りやすい人というのは、希望の限度額を少なくしているという特徴もあるから、初回利用なら10万円程度を希望額とすることがおすすめとなるんだ。

 

借りたお金をきちんと返済していれば利用限度額は少しずつ増額されていくはずだよ。定期的に借りて返すということを繰返すことで業者から信用を得ることができる仕組みになっているんだ。

 

ただし勤続年数が少ない場合には、10万円よりも少ない金額にした方が審査に通りやすくなるみたいだよ。アルバイトを始めたばかりでまだ収入がない場合も同様のことが言えるだろうね。
返済の遅れなどで信用情報に傷がなければ数万円ならお金を借りることは可能かもしれないよ。

 

総量規制の対象外となっている銀行ならば、年収による限度額の上限が決められていないから、消費者金融よりは多めのお金を借りることができる可能性はあるだろうね。銀行ならいくらまで借りれるかと言うと、目安としてはアルバイトの給料の半分くらいと言われていて、100万円が年収なら50万円程度までということになるだろうね。

 

ただ必ずしも年収の半分までお金を借りることができるとは限らないから、あまり期待し過ぎないようにした方がいいだろうね。アルバイトだと正社員よりも収入の面で安定していないと判断されてしまうからね。正社員だと月給制となっているから、ある程度の給料が確保される仕組みになっているけど、アルバイトだと単純に働いた時間分しか給料を貰うことができないからね。

 

アルバイトは正社員よりも離職率が高いこともあり、その点でも安定した収入の条件をクリアし難くなってしまうんだ。要するに、アルバイトはいくらまでお金を借りることができるかと言えば、10万円~50万円が限度額と言えるだろうね。

 

アルバイトが借入れの審査を受ける際のポイントと審査に落ちる理由

アルバイトがお金を借りる時に通るべき審査では、どんなことを条件としているのだろうか。条件をクリアできない場合には審査に落ちることにもなるけど、その具体的な理由にはどんなことがあるのかなどについて、以下で解説しているんだ。審査に通る理由と落ちる原因は裏表の関係にあるんだよね。

  • 勤続年数が長い・安定した収入がある
  • 申し込みの際に少な目の金額を希望する
  • 本人確認書類(運転免許証や健康保険証など)の提出が可能
  • 他社借入れがない、若しくは件数や金額が少額

これらの条件を満たすことができない場合、審査に通りにくい人になってしまうだろうね。勤続年数が長いと簡単には仕事を辞めないという安心感もあるし、安定した収入があれば返済能力があると判断してもらいやすくなるんだ。希望する金額は少ないほど審査で有利になるんだよ。高額融資を希望するとよほどお金に困っていると判断されてしまうこともあるからね。

 

他社借入れがある場合、特に3社以上となると返済する資金がないかも知れないという理由で審査に落ちやすくなるんだ。他で借りている金額や件数が少なくても、過去の返済で長期滞納などの記録が残っていれば審査に通り難い状況になってしまうよ。

 

多重債務者と、ブラックリスト入りしている人は審査で非常に不利になるから、アルバイトだけでなく正社員であっても同じ様な状況になるんだ。返済の長期滞納でブラックリストに載るケースについては、最近はスマホ端末の分割払いがあるんだよ。携帯キャリアに支払いをしているから大丈夫だろうと油断している人もいると思うけど、携帯電話の利用料金とは別の扱いになるから注意が必要なんだ。

 

アルバイトの在籍期間が短い場合もお金を借りることは可能?

アルバイトやパートを始めてから一年未満という場合、お金を借りるなら注意が必要だよ。キャッシング審査では勤続年数も大きく影響してくるからね。勤続年数と審査に通りやすいということには関係があって、一般的に安心して審査を受けられるのは一年以上の勤続年数がある場合とされているんだ。アルバイトに関わらず正社員であっても同じことなんだよね。

 

一年以上継続して給料を貰っているという実績が信用に繋がるため、勤続年数は長ければ長いほど審査に有利になるんだ。返済能力の判断にも通じるところがあるから、当然、審査に通りやすい人にもなれるんだ。簡単に仕事を辞めることはないだろうという見通しもつきやすいというのも1つの理由なんだ。

 

ただしアルバイトで同じ職場での在籍期間が短いと絶対に審査に通らないという訳ではなくて、勤続年数は審査においての1つの判断材料の1つとなるから、その他の業種や年齢や年収の金額などが一定の基準に達していれば審査に通る可能性は充分にあると言えるよ。勤続年数の少ないことが心配な場合には、申し込みをする前に相談してみるのも良いだろうね。

 

銀行や消費者金融のカードローンやキャッシングで融資を受けるために重要なことは、返済できるだけの給料を毎月貰っているか、そして在籍確認がきちんと取れるかということになるんだ。確かにその職場で勤務していることが分れば、たとえ就業日数が短いとしても返済能力を認めてもらえる可能性はあるよ。

 

バイト先に在籍確認の電話がきても誰にもバレずに借りる方法はある!

バイト先にも在籍確認の電話連絡はあると思った方が良いんだよね。正社員であっても会社に銀行や消費者金融のカードローンやキャッシングの審査で電話が来ることもあるくらいだからね。ただし社会保険証や社員証を持っていれば、職場への電話連絡なしで在籍確認を受けられる場合もあるんだ。

 

アルバイトであっても月に一定時間の勤務をしてれば社会保険に加入できるという法律もあるから、WEB完結でお金をを借りることは可能だと思うんだ。在籍確認がなければ、バイト先に借金の申し込みがバレる心配もないし、職場バレしてしまう理由がないことになるよね。

 

とは言っても、在籍確認を電話以外では行えないという業者の方が多いから、職場に業者から電話が来るのが一般的と言えるんだ。担当者の個人名で電話が来ることや本人の在籍が確認できれば電話はすぐに切れることになっていることからも、通常ならばバイト先にバレずにお金を借りることは充分に可能と言えるよ。

 

在籍確認では、本人の勤続年数や毎日きちんと出社しているかなどを同僚に質問することもないから、自分が電話を取ることができなくても安心だよ。

 

アルバイトの在籍確認で心配なことと言えば、職場バレすることよりも在籍確認が失敗することと言えるかも知れない。正社員の場合だと職場に電話がかかって来た時に、よほどの新人が電話を取るのでなければあなたのことを知らないということはないだろうね。

 

アルバイトの場合だと、「そんな人いません」という対応をされてしまう可能性もあるだろうね。アルバイトだと人の出入りが激しいせいで、職場で把握し切れないということもあるだろうからね。在籍確認が上手く取れそう似ない場合には、電話連絡以外の必要書類の提出で在籍確認してくれる業者を選ぶのも1つの方法と言えるんだ。まずは、利用したい業者で在籍確認について相談してみると良いかも知れないよ。

 

アルバイトがお金を借りる時の申し込みや返済方法とは

アルバイトが今すぐお金を借りたい、借りたお金を返済したいという場合にはどんな方法があるのだろう。
お金を借りるなら何と言ってもインターネット利用がおすすめとなるんだ。ネット申込みのメリットは多いけど、土日や祝日を含む365日24時間申し込みできることはウェイトが高いと言えるんだ。

 

まずは利用したい業者のホームページへ急ごう。今は業者に来店しなくても申し込みを完了することができるし、パソコンやスマートフォンがあれば全国どこの都道府県にいても手続きできるのは便利だよね。申し込み後、審査に通ることができれば、指定した銀行口座に即時振り込みしてもらえるから即日融資だって可能になっているんだよね。

 

消費者金融だったらわずか30分で審査が完了することもあるし、振り込み以外でお金を借りたい時には自動契約機コーナーのある店舗なら来店することでカードを即日発行してもらえるんだ。カードがあればATMが稼働している時間内ならいつでも自分の都合に合わせてお金を借りることができるよ。

 

借りたお金を返済する場合には、主に4つの方法があるんだ。

  • 振り込み
  • 口座から自動引き落とし
  • 店舗で直接返済
  • 提携金融機関やコンビニのATMからカードで返済

振り込みで返済する場合にはインターネットバンキングの利用も可能になっている業者もあるから、銀行の窓口やATMまで行かなくても来店不要で返済できるんだ。口座から自動引き落としで返済する場合だと返済日を忘れる心配がないから安心だよ。店舗で直接返済する方が確実に返済しているという安心感があるという人もいると思うけど、カードがあればコンビニにあるATMからでも返済できるから、その方が便利と言えるかも知れないよ。

 

アルバイトやパートで忙しくて返済を忘れてしまうという人もいると思うけど、自分に一番合った方法で返済していくのが良いと思うよ。

 

短期バイトや派遣、学生、キャバ嬢や水商売のアルバイトでもお金を借りられる?

アルバイトと言っても職種については様々だよね。短期バイトや派遣という雇用形態があったり、学生でも勉強という本業を持ちながらもアルバイトをしている人は大勢いるね。女性に人気のキャバ嬢などの水商売でもアルバイトで仕事をすることはできるよね。

 

職業の種類は多いけど、どんな場合でもお金を借りられるのだろうか。以下ではそれぞれの職種に分けて解説していくことにするね。

 

短期アルバイトや派遣はお金を借りることができる?

通常はアルバイトは基本的に辞めるまで期限を決めることなく働く雇用形態となっているけど、短期バイトの場合には日雇いなどの単発の仕事を含め、働く期間が予め決まっているよね。このようなアルバイトでお金を借りることは可能なのか疑問に思う人もいるだろうね。

 

日雇いで働く人の場合には、その都度給料を貰えるというメリットはあるけど、キャッシング審査を受ける場合には「安定収入」があるとは判断されない場合が多いんだ。1つの職場で長期的に働いて毎月一定額の給料を貰うことで初めて安定収入の条件を満たすことができると言えるからだろうね。

 

それ以外にも毎回職場が変わることで在籍確認を取りにくいというのも、審査に通りにくいとされている理由になっているんだ。日雇いの仕事は審査でマイナスになることが多いことを認識しておく必要がありそうだね。

 

短期バイトの方はどうかと言えば、派遣会社に所属している場合が多いことから審査に通りにくいということはないみたいだよ。掛け持ちでいくつものバイトをしている場合にも収入がそれだけ増えるため、審査に通る可能性は充分二あると言えるんだ。カードローンやキャッシングの申し込みをする場合には、すべてのアルバイトの連絡先を申告することをおすすめするよ。

 

お金を借りる時に職種が短期バイトでも審査に通ることは可能だけど、できれば長期間同じ場所で働いている方がより審査に通りやすい人になれるんだよね。派遣社員として短期のアルバイトで働くか長期のアルバイトをする方が審査では有利になるんだ。

 

学生アルバイトはお金を借りることができる?

学生がお金を借りる場合、まず初めにアルバイトをしているということが大前提となるんだ。学生は何もしなくても親からのお小遣いで金額の差はあっても毎月一定のお金を手にすることはできるだろうね。ただし金融機関からお金を借りるには、アルバイトなどで自分自身でお金を稼いでいることが必要となるんだよね。

 

銀行カードローンや消費者金融からお金を借りるならば、安定した収入がある上に20歳以上である必要があるよ。その他にキャッシング審査に通りやすくなるにはクレジットカードを持っているだけでなく、定期的に利用しているといいという口コミもあるんだ。クレジットカードの利用履歴があれば信用情報機関に取引きの状況が登録されているから、滞納することなく支払いをきちんとしていれば審査に有利な情報となるんだ。

 

以上のことをまとめるとこんな感じになるよ。

  • アルバイトなどで安定した収入がある
  • 20歳以上である
  • クレジットカードを定期的に利用している
  • 返済の延滞や滞納がない

このようなことをすべて満たすことで審査に通りやすい人となる訳だけど、アルバイトということもあり借りることができる金額は10万円程度が目安となるだろうね。収入に見合った借入れが理想となることから、30万円をアルバイトの人が借りるのは難しいと言えるんだよね。

 

キャバ嬢や水商売の人もお金を借りることはできる?

アルバイトの職種には、若い女性を中心に人気のキャバクラや風俗などの仕事もあるよね。男性だったらホストという仕事もあるし、総称すると水商売ということになるけどお金を借りる時に職業が原因で審査が不利になることはあるのか心配してしまう人もいるだろうね。

 

一般的にはキャバクラ勤務の人や水商売だとカードローンやキャッシングの審査に通りにくいという口コミはとても多いんだよね。審査に通ることができたとしても、利用限度額が少ないということもあるみたいなんだ。収入の面で言うならば、おそらく他のアルバイトの職種よりも多いと言えるだろうね。

 

収入が多いということはもちろん大事なんだけど、キャッシング会社は安定収入がある人にお金を貸したいと思っているから、どうしても水商売は不安定な職業として審査で不利になってしまう傾向にあるんだよね。なかには収入を証明する源泉徴収票が出ないお店もあるし、給料は振り込みでなく手渡しという所もあるみたいなんだ。

 

それでも消費者金融なら50万円以下、銀行カードローンなら一定金額以下を借りる場合には収入証明書類は不要だから、借入希望額に注意することで借入は可能になるんだよ。

 

審査に通るためには在籍確認もクリアしなくてはないらないけど、普通のアルバイトとは違って源氏名でお店の人に認知されている場合、本名が知られていないという問題もあるんだ。職場にかかる在籍確認の電話ではこの点で不利になってしまうため、職場バレを気にするよりもむしろ自分の方で在籍確認の電話がかかってくる可能性をお店に伝えておく必要があるだろうね。

 

キャッシング関係でなくてクレジットカードを作ったなどの言い訳も使えると思うから、都合に合わせて理由や言い訳を考えておくと良いかも知れないよ。

 

キャバ嬢やホストだと正社員の人よりも年収が多い場合もあると思うけど、総量規制で決められているの年収の3分の1までの金額であっても高額融資は難しい場合も多いみたいなんだ。金額にすると普通の職種のアルバイトと同様に10万円~50万円というのが目安となってしまうみたいだよ。

 

借入限度額については年収に見合わない金額となる可能性が高いけど、住宅ローンや教育ローンのような高額融資が必要となる貸付けではないし、個人向けの少額融資が主流のカードローンやキャッシングだったら審査に落ちる心配はないし、逆に審査に通る可能性は高いと言えるだろうね。

 

キャバクラや水商売でアルバイトをしていても、高額融資でなければ普通にお金を借りることが可能だから、安心して申込みして大丈夫だよ。

 

アルバイトの人がお金を借りる場合の注意点とは?


アルバイトという非正規雇用の人でも、カードローンやキャッシングでお金を借りることは可能ということを説明してきたけど、確かに安定収入という面では正社員と比較すると不安な要素が大きいということは言えるんだよね。審査に通る可能性は充分にある訳だけど、いつ仕事を辞めるから予測できないということがその大きな理由となっているんだ。

 

アルバイトでもどうしてもお金を借りたい時はあるし、そんな時には本当にお金を借りる以外に必要なお金を捻出する方法はないのかもう一度考えてみることも大事と言えるだろうね。どうしても借入れが必要となった場合には、低金利の業者でお金を借りるのがおすすめとなるし、一旦お金を借りたならば返済計画を立てて、きちんと支払いをして行く必要もあるんだ。

 

カードがあればコンビニのATMからでも簡単にお金を借りることができるから、つい自分の銀行口座からお金を引き出している感覚に陥ってしまうこともあると思うけど、あくまでも借金をしているという自覚を忘れてはいけないんだよね。借りるのは簡単だけど、返すのは大変ということを認識しておく必要があるよ。

 

返済が滞ることで最終的にはブラックリストに載る状況にもなってしまうし、その場合には一定期間が経過するまではどこからもお金を借りることができない状況になってしまうこともあるんだ。必要な時にお金を借りれないことになったら困ることになるから、借り過ぎには充分に注意する必要があるよ。

  • 借り過ぎに注意
  • 返済計画を立てる
  • 返済の遅れに注意する

この3つのことに気を付けてカードローンやキャシングを利用するなら、アルバイトやパート、学生、キャバ嬢や水商売などでもお金を借りることは可能だから、賢くお金を借りることで生活費の不足などを便利に補っていくことができるだろうね。