お金を借りる イオン銀行

MENU
「お金を借りたいけど、どこにしよう・・・」と悩んでいる方へ。



銀行や信金よりも「有利」な条件のある借入先をご存知ですか?

全国どこからでも24時間申し込みができるサービスがプロミスというサービスで、実は銀行よりも速い時間で融資を受けられるケースも多いのです。

プロミスは、借り入れ可能か、簡単3秒診断(無記名でOK)というのがとても便利で人気があります。(プロミスは1万円からお借り入れが可能です)

借りれるという診断が出てから正式に申し込めばいいので一度試してみてはいかがでしょうか?

◎→プロミス事前3秒診断の公式ページ


プロミスのおすすめポイント
全国どこからでも申し込み可能
24時間申込可能
最短1時間融資
来店・保証人・担保→不要
借入のことをバレないように配慮
・・・大手ですから安心感と信頼感は抜群です

イオン銀行カードローンでお金を借りるためのノウハウとは?

カードローンでお金を借りるなら銀行を利用したいという人も多いだろうね。カードを発行してもらうならどこの会社が良いのか悩むところだろうけど、お得で便利に利用できることを条件として選ぶと良いかも知れないよ。

 

有名な企業を中心に選ぶと安心感が上がるものだけど、たとえばイオン銀行のカードローンなんかも選択肢に入るだろうね。イオンと言えばショッピングモールもあるし、知名度の高さは抜群だよね。イオングループに属しているイオン銀行のカードローンでお金を借りるためのノウハウを知って、便利に利用してみるのも良いだろうね。

 

イオン銀行カードローンにはどんなサービスが用意されているの?

イオン銀行カードローンでお金を借りるなら「カードローンBIG」か「イオンバリューカード」が利用できるんだ。どちらのカードローンを利用したら便利なのか、お得なのか判断するにはそれぞれのカードローンについて良く知っておく必要があるだろうね。

 

カードローンBIGの特徴についてはこのようなことがあるんだ。

  • 限度額は30万円~800万円まで
  • 必要な時にその都度お金を借りることができる
  • 審査は原則的に即日回答(14時までの申し込みの場合)
  • 300万円以下の希望額なら収入証明書の提出不要

必要な時に利用限度額の範囲で利用できるというメリットのあるカードローンBIGだけど、それに対してイオンバリューカードの場合にはこのような特徴となっているんだ。

  • 金利は利用可能額に応じて決まる
  • 最大300万円まで利用可能(専業主婦は最大50万円まで)
  • 100万円以下の希望額なら収入証明書の提出不要
  • 自動引き落としの指定口座はイオン銀行口座以外でもOK

どちらのカードローンを利用するかは、それぞれの人のライフスタイルによって違いが出てきそうだね。メリットやデメリットを考えながら、選択するのも良いかも知れないよ。

 

イオン銀行カードローンの申込方法はどうなっているの?

イオン銀行カードローンからお金を借りる場合、申し込みの方法や手続きの流れを知っておく必要があるんだ。イオン銀行カードローンでも人気のあるカードローンBIGについて説明するとこのような手順になるんだ。ただしイオン銀行口座を持っているか持っていないかで申し込みに流れが違って来るから注意が必要だよ。

 

イオン銀行口座がある場合の申し込み方法はこのようになるよ。

  1. インターネットバンキングでログイン
  2. 申し込みフォームの必要な項目に情報を入力
  3. 審査結果の回答(最短即日)
  4. 借り入れ

このようにイオン銀行口座を持っている場合なら簡単に手続きが進んでいくことになるんだけど、口座がない場合には次のような流れで申込手続きをする必要があるんだ。

  1. インターネットから申し込みフォームに必要な項目を入力する
  2. 審査回答(当日14時までの申し込みなら原則的に即日回答)
  3. イオン銀行普通預金口座の新規開設
  4. ローンカードの受取り

口座なしでも申し込みできる銀行カードローンと比較すると、イオン銀行と普段から取引きがない場合には口座を開設するという手間がかかることになるんだよね。

 

イオン銀行カードローンのもう1つの商品であるイオンバリューカードの申し込みの流れについては、このようになっているんだ。

  1. 申込書と必要書類を郵送する
  2. 審査回答
  3. カードの発行

こちらのカードローンの場合、インターネットによる申し込みが利用できないという特徴があるんだよね。ただしイオン銀行の支店に足を運べば店頭窓口でも申込みも可能だよ。急いでいる場合には、来店がおすすめとなるんだよね。

 

申し込みできるための条件とはどんな項目になっている?


イオン銀行カードローンに申し込みする場合、お金を借りるための条件を満たしているか確認する必要があるんだ。この条件をすべて満たしていない場合には申し込みをしても審査に通らないことになるから注意が必要だよ。

  • 年齢が満20歳以上65歳未満であること
  • 本人に安定した収入がある(無収入の場合には配偶者に安定した収入がある)
  • 学生ではないこと
  • 日本に住んでいること

この条件をクリアできれば、審査に通る可能性があると言えるんだ。無職であっても配偶者に安定した収入のある人なら利用可能だよ。ただし学生は利用不可となっているから要注意だね。

 

申し込みの際に提出する必要書類とは

カードローンの申し込みでは、申込書を提出するだけでは手続きを完了することができないんだ。イオン銀行カードローンでお金を借りるためには、このような書類を準備する必要があるよ。

  • 本人確認書類:運転免許証のコピー、健康保険証のコピー、住民票の原本
  • 収入証明書類(300万円を超える借り入れの場合):源泉徴収票、確定申告書、給与明細書

申し込みをする前に必要書類の確認をすることが大事になるんだけど、借入れの金額が少額ならば基本的には運転免許証に写しがあれば大丈夫だよ。

 

審査に落ちた時、提出書類の取扱いはどうなるのか気になる人もいるだろうね。審査に通過できなかったら困るしショックだと思うけど、個人情報の流出も心配になると思うんだ。心配しなくても大丈夫だよ、イオン銀行カードローンの審査に落ちた場合、個人情報の保護の立場からも正しく書類を処分してくれるからね。提出した書類の返却は無理だけど、安全に破棄してくれるから安心なんだよ。

 

イオン銀行なら大手だし、知名度の高さから言っても信用に値する金融機関と言えるんだ。便利に利用できるカードローンであることを考えても安心安全はサービスということになるよ。

 

イオン銀行カードローンの審査は厳しいの?

イオン銀行カードローンでお金を借りるにも、審査が厳しいと利用できないという心配もあるよね。申し込みの時点で利用条件をクリアしていればある程度の自信を持つことができるかも知れないけど、それでも実際に審査に通るまで心配は続いてしまうだろうね。審査落ちしたらカードの発行もNGになってしまうからね。

 

審査についての不安は消せないだろうけど、イオン銀行カードローンの審査の厳しさは一般の銀行カードローンと変わらないという口コミも多いんだよね。過去に他のカードローンの返済に遅れたり、契約で決められた返済期日を過ぎているのに、返済の督促の電話に出ないなど信用を失うようなことをしている場合はその限りではないけどね。

 

返済についての事故が過去にある場合には、信用情報機関に信用情報を照会すれば返済の遅れなどの事実はすぐに判明してしまうんだ。この点では一般的なカードローンと同じ条件であると言えるだろうね。イオン銀行カードローンだったら即日融資も可能になっているから、条件を満たすことができれば便利に利用できるサービスとなっているんだよ。

 

審査に通る見込みがあるならば、思い切って借り入れの申し込みをしてみると良いかもね。

 

申し込みした後の審査時間はどのくらい?

イオン銀行カードローンからお金を借りる時に融資までにかかる時間も気になるところだよね。今すぐお金を借りることが目的の場合には大きな問題となるからね。特に気になるのが審査にかかる時間だと思うけど、イオン銀行カードローンの審査時間はイオン銀行口座の有無によって違って来るんだよね。

 

イオン銀行で普通預金口座を持っている場合には、イオン銀行ダイレクトからの申し込みが可能なんだ。申し込みの条件を満たしていれば、即日融資も可能だから審査時間も最短即日ということになるんだ。当日の14時頃が即日融資での申し込みのタイムリミットとなるから、早めに手続きすることをおすすめするよ。

 

即日融資を受けるにはイオン銀行口座が必要になるから、近い内にカードローンでお金を借りる予定がある人は予め口座開設しておくと安心なんだ。口座さえあれば、余計な時間をかけることなくお金を借りることができるからね。

 

在籍確認には電話連絡が必ず必要なの?

イオン銀行カードローンに借り入れの申し込みをした場合、職場に在籍確認の電話がかかってくるのか心配という人もいるだろうね。

 

カードローンの申し込みをした際に申告した勤務先に在籍確認の電話が来るのは普通のことと言えるんだ。融資をする銀行にとって本人の返済能力を知るのは大事なことだし、安定した収入があるか確認しないと安心してお金を貸すことはできないからね。

 

とは言え、お金を借りる側にとっては職場バレしないかどうしても心配になってしまうものだよね。安心して大丈夫だよ、イオン銀行カードローンの場合には在籍確認で勤務先に電話が来ることはないらしいんだよね。もちろん自宅に電話が来る心配もないということだから、親バレや職場バレが気になる人にとっては嬉しいシステムと言えるんだ。

 

カードについては自宅への郵送となってしまうようだけど、イオン銀行からの郵便物なら特に家族に怪しまれる心配もないだろうね。普段からいざという時のためにイオン銀行口座を開設しておけば、急にお金を借りる理由が発生した時でも安心だよね。

 

イオン銀行口座カードローンの金利の高さはどれくらい?

イオン銀行カードローンの金利については、借り入れの申し込みをする前にしっかり把握しておきたいポイントとなるよ。金利は借り入れたお金を返済する時に同時に支払うものであるため、確認せずにお金を借りることだけはやめた方がいいよ。返済がきつくなったり、思っていた以上の利息を支払う場合もあるからね。

 

イオン銀行カードローンの金利については以下のように設定されているんだ。金利は借入れの金額に応じて変動する仕組みになっているからね。

  • 30万円~90万円:13.8%
  • 100万円~200万円:8.8%
  • 300万円:7.8%
  • 400万円~600万円:4.8%
  • 700万円~800万円:3.8%

借入限度額によって年率が違うんだけど、金利は高いのか低いのかと聞かれれば、他の銀行カードローンと比較すると低めということが言えるだろうね。低金利でお金を借りることができれば返済も安心だし、お得ということになるんだ。

 

低金利のイオン銀行カードローンなら支払い計画をきちんと立てれれば、毎月安心して返済していくことができるだろうね。

 

返済方法にはどんなやり方があるの?

イオン銀行カードローンでお金を借りると当然のことだけど毎月の返済が待っていることになるんだ。なるべくなら簡単な方法で返済していきたいところだよね。イオン銀行の場合、このような返済方法が用意されているんだよ。

  • 自動口座引き落とし
  • イオン銀行のATMから返済
  • 提携金融機関・コンビニのATMから返済
  • イオン銀行の指定口座へ振り込み

個人的にはコンビニのATMから返済するやり方が一番手軽だとは思うけど、それぞれの人のライフスタイルに合った返済方法を選択すると良いよ。

 

約定返済日はいつ?イオン銀行は借入れ日により変わる!

契約の際に約定返済日が決められることになるんだけど、この約束した期日までに返済する必要があるんだ。イオン銀行カードローンの場合、借入れ日により返済期日が変わるから注意が必要だよ。

 

返済期日については、毎月7日となっているんだけど同じ月の1日~6日に借入れしたとしても、7日に返済する必要があるんだ。クレジットカードの場合だと利用の翌月に代金を支払うことが多いし、それが通常の返済方法と認識している人も多いだろうね。

 

イオン銀行カードローンでは末日の締めという観念はなく、お金を借りたら直近の7日に返済することになるから、6日に借入れした場合でも翌日の7日に約定返済で最少返済額を支払う必要があるからね。返済日をきちんと把握していないと返済の遅延となってしまうこともあるんだ。

 

返済の際には元金だけでなく利息も支払うことになるし、返済が遅れると遅延損害金も発生して来るから余計なお金を支払うことにもなるんだよね。給料日前で返済が大変という事情もあるだろうけど、利用する前にその辺のことをしっかりと理解しておく必要があるよ。

 

返済にはATMの利用が便利!イオン銀行は利用可能?


借りたお金の返済は重要だけど、正直面倒と思っている人も多いはず。とは言え返済に遅れる訳にはいかないから、どうにかして簡単に手早く済ませておきたいところだよね。イオン銀行カードローンではATMを利用して返済することも可能だよ。

 

コンビニのATMでも利用可能だし、24時間営業しているからいつでも返済できるんだよね。コンビニの他にも大手の提携銀行があるから、それぞれのライフスタイルに合わせた返済ができると思うよ。利用可能なATMは以下のようなところとなっているんだ。

  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • りそな銀行
  • ゆうちょ銀行
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ

代表的なATM設置場所はこのようになっているけど、詳しくはホームページを参照してみてね。