お金を借りる 5万円

MENU
「お金を借りたいけど、どこにしよう・・・」と悩んでいる方へ。



銀行や信金よりも「有利」な条件のある借入先をご存知ですか?

全国どこからでも24時間申し込みができるサービスがプロミスというサービスで、実は銀行よりも速い時間で融資を受けられるケースも多いのです。

プロミスは、借り入れ可能か、簡単3秒診断(無記名でOK)というのがとても便利で人気があります。(プロミスは1万円からお借り入れが可能です)

借りれるという診断が出てから正式に申し込めばいいので一度試してみてはいかがでしょうか?

◎→プロミス事前3秒診断の公式ページ


プロミスのおすすめポイント
全国どこからでも申し込み可能
24時間申込可能
最短1時間融資
来店・保証人・担保→不要
借入のことをバレないように配慮
・・・大手ですから安心感と信頼感は抜群です

5万円のお金を借りるための手軽で安心な方法とは?


どうしても準備したいお金が5万円である場合、1万円程度の少額な金額とは言えず、ある程度のまとまったお金であると言えるだろうね。簡単に用意できる金額ではないし、冠婚葬祭に必要になるお金と同じ位とも言えるんだ。また出費が続くと5万円前後のお金が不足することもあるだろうね。

 

もし5万円というお金を借りるならばどこに頼ったらいいのか迷ってしまうと思うんだ。貸してくれるなら誰でも良いという訳にはいかないし、安心安全にお金を借りる場所を利用する必要があるよね。ここでは5万円を借りるための手軽で安全な方法について紹介していくことにするよ。その中から自分のライフスタイルに合った方法を選ぶと良いかも知れないね。

 

5万円借りるのに一番ベストな方法は何?


5万円とは決して少額とは言えない金額だし、かと言って大金とまではいかないお金となるだろうね。アルバイトやパートで1ヶ月の間で短時間稼ぐとこのくらいの給料となるだろうけど、だからと言って簡単に稼げる金額ではないよね。

 

とは言え、一般的な感覚とは違って業者側にしてみたら少額融資の部類に入る金額となるだろうね。たとえば消費者金融であっても5万円ならば少額融資ということになるだろうね。審査の早さからしても5万円借りるなら消費者金融を利用するのが一番ベストな方法と言えるかも知れないね。手軽で便利なサービスとなっているし、即日融資で5万円借りるなら消費者金融の利用はおすすめだよ。

 

多くの消費者金融の場合、公式サイトから申し込みをすることができるようになっているし、手軽に便利に利用できる身近な金融機関となっているんだ。借り過ぎに注意して毎月の返済をきちんとしていれば、安心して利用できるサービスとなっているよ。

 

時間を節約して即日融資で5万円借りることはできる?


5万円というお金を借りることができても即日融資を利用できなければ余り意味のないことになってしまうだろうね。お金を借りたい時には今すぐ融資して欲しいことが多いからね。即日融資とは申し込みをしたその日の内にお金を借りることを言うんだけど、急いでいる時にはとても頼りになるキャッシングサービスと言えるだろうね。

 

注意してほしいのは申し込みをするタイミングなんだ。いくら審査が早く即日融資も可能としている消費者金融であっても、時間外や土日などに申し込みをした場合、振り込みでお金を借りるなら翌営業日以降の融資となってしまうこともあるからね。申し込みはなるべく早い時間に済ませてしまうのがおすすめだよ。

 

翌日にお金を借りたいという時には、前日の内に申し込みしておくといいよ。深夜であっても公式サイトからネット申し込みしておけば翌日の営業が開始となった時点で申し込みの受付けをしてもらえるから手続きの開始時間も早くなるんだ。

 

時間を節約してお金を借りるには、インターネット申し込みをすることが一番のポイントとなるよ。電話での申し込みが可能ならばその方法でも問題なく即日融資が受けられるだろうけど、ネット申し込みには24時間365日受付けしているというメリットがあるんだ。郵送でも申し込みできる場合もあるけど、即日融資を受けるならこの方法は選ばないようにするべきだよ。
申込方法には注意が必要だけど、利用条件を満たしているか確認する必要があるよ。審査に通るまでに一定の時間が必要になることもあるから、即日融資が希望ならばそのことを含めて早めの時間に申し込みしておいた方がいいんだよね。

 

5万円借りる時の消費者金融と銀行カードローンを比較


お金を借りる時にはどこを利用しようかと迷うことだろうね。銀行カードローンと消費者金融の選択にも迷ってしまうと思うけど、5万円借りるならどっちの方が便利でお得なんだろう。両者を比較してみるとそれぞれにメリットやデメリットがあることに気付くと思うんだ。

 

消費者金融のメリットは、銀行と比較すると審査に通りやすいと評判になっていることが挙げられるよ。即日融資も可能だし、コンビニのATMなどからでも借り入れや返済が可能ということもあるんだ。ただ銀行と比較すると金利が高めというデメリットも存在するから低金利のところで借り入れしたいという人は注意が必要だよ。

 

一方、銀行カードローンの場合では銀行であるという安心感があるという意見が多いみたいなんだ。消費者金融と比較すると低金利であるというメリットもあるよ。銀行は一般的には少額よりも高額融資に向いている金融機関だから、どうしても審査に時間がかかったり、借入れまでの手間が必要になったりしてしまうんだ。デメリットの1つとも言えるけど、そのために即日融資が難しい銀行カードローンがあるのも事実だよ。

 

お金を借りるためにはその銀行の普通預金口座が必要な場合もあるし、消費者金融と比べると多少自由度に欠けるという点も存在しているんだよね。初めから口座を持っている人に向いているし、それならばスムーズに手続きが進んで行くだろうね。5万円借りる予定があるならば、予め口座を開設しておいた方が便利だしおすすめとなるよ。

 

5万円借りるために必要なものについて


お金を借りることにした場合、5万円借りるためにどんなものを準備する必要があるのか予め知っておく必要があるよ。5万円なら特に何の書類も必要ないかと言えば、答えはNOとなるんだ。どんなに少額であってもお金を貸す側としては1円でも回収不能になったら困ることになるからね。

 

5万円のお金を借りるために最低限必要なものと言えば、本人確認書類となるよ。運転免許証や健康保険証、パスポートなどが該当するけど、詳しくはそれぞれの公式ホームページで確認が必要だよ。希望額が5万円ならば必要となる書類はこれらの身分証明書の写しだけどなるし、源泉徴収票や給与明細書などの収入証明書類の準備は要らないから申し込みが簡単にできるんだ。

 

審査に通りやすくなるためのコツはあるの?


カードローンやキャッシングで5万円のお金を借りるなら、審査に通りやすいコツを知りたいと思うところだよね。いくら少額であっても審査に通らないと借り入れすることはできないからね。どうしても5万円の捻出が必要ならば、審査に通りやすい人になるためにどうしたらいいのか事前に確認しておきたいものだね。

  • クレジットカード・携帯電話などの支払いに遅れがないか
  • 他のキャッシングやカードローンの返済に遅れがないか

このように支払いや返済が滞っている場合、ブラックリストに載る状況になっている可能性もあるから、審査に通るためにはこのような状況から抜け出す必要もあるんだ。ただし、一定期間は個人信用情報機関に情報が登録されてしまうから、返済の遅れが無くなったとしてもすぐには状況が好転することはないと思った方がいいよ。自分の収入に見合った借入れをすることが大切なんだよね。

 

普段から返済の遅れがなくしっかりと毎月支払いを続けている人だったら、審査に通るために特別することはないということになるんだ。金融会社からの信用を得ることが可能だし、返済能力があると判断してもらえる可能性が高いからね。

 

5万円借りた後の返済はどうなるの?返済の総額について


5万円のお金を借りるとどのくらいの利息が必要になるのか気になるだろうね。消費者金融でお金を借りた場合、金利は4.5%~18.0%となっているけど、通常は18.0%が適用となるはずなんだ。5万円なら少額融資ということになるから、金利は最も高い利率になるからね。

 

5万円を借りた場合の1年間に支払う利息の計算はこのようになるよ。

  • 5万円×18.0%=9,000円

9,000円という利息が発生するために、返済に必要な金額は元金と合せて59,000円ということになるんだ。

 

一方、銀行カードローンの場合だと5万円借りるなら平均して15.0%となっているからこのような計算式になるよ。

  • 5万円×15.0%=7,500円

元金との総額は57,500円となり、消費者金融よりも1,500円利息を節約できることになるんだ。ただし、消費者金融の審査は早く即日融資も可能としていることから、どちらを利用した方がお得かはそれぞれの人の考え方によることになるだろうね。

 

返済でなるべく金利を抑えたい!


誰でも返済で支払う金利を抑えたいと考えるものだよね。5万円という少額を借りた場合であっても同じだと思うけど、少しでも支払う利息を節約する方法を知っているとお得だよ。

 

消費者金融よりも銀行カードローンは低金利になっているから、金利だけに注目するなら銀行から融資を受けるほうが賢明と言えるだろうね。銀行という安心感や知名度の高さ、イメージの良さなどもあるから少しでも有名な銀行からお金を借りるのはおすすめと言えるよ。

 

どこでお金を借りるにしても金利を抑えるなら一括返済をすることも大事なんだよね。無理にすることはないしあくまでも金銭的に余裕のある時に限定されるけど、ボーナスが入ったタイミングで全額返済を検討してみるのもいいだろうね。繰り上げ返済とも言われているけど、早く返済する分だけ利息も減らすことができるんだよね。

 

金利が高めと言われている消費者金融であっても、大手だと30日間無利息サービスを用意している業者も多いんだ。無利息期間があれば、利息0円でお金を借りることも可能だから低金利の銀行カードローンよりも更にお得ということになるよね。無利息期間内であれば、5万円借りた時の返済には元金の5万円だけの返済で済むことになるからね。

 

借りてすぐに返済できる予定があるならば、消費者金融で無利息期間を利用するのがおすすめとなるよ。

 

消費者金融から5万円借りる時に気を付けたいこと


消費者金融は銀行よりも身近で親しみやすいと感じている人も多いみたいだよ。口コミでも利用しやすいと評判になっているからね。イメージが悪いと思っている人もいるだろうけども、実際に利用しみたらスタッフが親切だったり、借入れや返済の方法が便利だったりで今までと印象が変わったという人も多いようだよ。

 

消費者金融でも審査によって決まる利用限度額は10万円となることも多いみたいなんだ。5万円を希望していても10万円まで融資可能となることもあるけど、借りたら返済が必要になる訳だから5万円だけを借りるようにするべきなんだ。返済に困ると段々と返済が遅れるようになるだろうし、信用を失うことにも繋がるからね。

 

10万円の枠をすべて使うのではなく今後何かあった時のために枠に余裕を持たせておくことは大事だよね。消費者金融では無利息期間がある場合もあるけど、一括返済できない場合には無利息期間が終了した後も毎月の返済が続くから、借りる金額はなるべく少ない方が利息の節約になるんだよね。

 

生活費でどうしても必要ならばお金を借りる必要があるだろうけど、無駄遣いに使うことがないように注意したいものだね。急にお金が必要になった時のために計画的に利用することを認識しておくことをおすすめするよ。

 

個人から5万円借りる時の注意点とは?


5万円なら金融機関でなくて個人であっても借りられる金額と言えるかも知れないね。とは言え1万円程度の金額ならばもっと気楽に借りられるかも知れないけど、5万円となると個人の感覚からしたらまとまったお金と言えるだろうね。まとまったお金を個人から借金する場合には、1万円借りる時よりも注意したい点もあるんだ。

 

親や知り合いから5万円借りる場合

親や知り合いから5万円借りるなら、金額が大きめということもあり言い訳を考える必要もあるだろうね。どんな理由を言ったらスムーズに5万円を貸してくれるだろうかと悩むところかも知れない。正直に事情を説明するという選択肢もあるけど、どうしてもお金を借りたい時には、相手に納得してもらえる言い訳を考える必要もあるだろうね。

 

5万円というお金を借りる必要が生じた理由を言う場合、時には嘘が含まれることもあるかも知れないね。注意したいのは、嘘をつくことが必要な場合、後から嘘がバレる可能性もあるということだよ。嘘がバレると親や知り合いからの信用を一気に失うことにもなるから、正直に事実だけを伝えることをおすすめするよ。

 

嘘をつくよりもありのままを伝える方が誠意があるし、嘘がバレて関係に傷がつくよりもマシと言えるからね。冠婚葬祭で5万円必要という理由もあるだろうけど、それなら嘘をつく必要もないし一時的にお金が不足しているのだと理解してくれるはずだよ。

 

親や知り合いから5万円借りる場合


親から5万円借りたい場合、最も近い存在であるからこそ言い出しにくいということはあるだろうね。1万円程度ならば気楽に借金の申し出ができるかも知れないけど、5万円となるとハードルが上がってしまう金額だと思うんだ。お金を借りるついでに説教や意見をされる可能性もあるし、そのことを考えると親からお金を借りることにためらいを感じてしまう人もいるだろうね。

 

親はいつでも子供を心配しているものだから意見をしたりするだろうけど、今すぐ5万円を準備できないと困るという時には一番頼りにできる存在と言えるよね。借金の理由は正直に話すべきだし、嘘をついてお金を借りても後からバレる可能性もあるから、誠意を持って借金のお願いをすることが大事だよね。

 

親から借りたお金の返済については、場合によっては返さなくてもいいと言ってくれる親もいるだろうけど、親子であっても個人間のお金の貸し借りはトラブルを生む原因になるよ。親子であってもお金のことはきちんとしておくことが大事だから、借用書を作成しておくことをおすすめするよ。

 

借用書には借りた金額や一括払いと分割払いのどちらの方法で返済するのか、返済期日はいつにするのかを記載する必要があるよ。もちろん親と自分の名前や住所を書くことも必要だから忘れないようにね。親子であってもお金のトラブルは極力避けたいところだよね。

 

借用書に使用する用紙は何でも大丈夫だよ。コピー用紙でもノートでも問題ないからね。親からの借金なら返済期日おきちんと守ることができれば特に心配はないし安心して大丈夫と言えるだろうね。

 

親から5万円借りたい!心配しなくて大丈夫?


友達から5万円借りたいという時もあるだろうね。もっとも、5万円というお金は個人の金銭感覚から言ったら決して少額とは言えない金額だから心配も多いと思うよ。どんなに普段は親しくしている友達であっても、いきなり「5万円貸して欲しい」と言われたらどう思うだろう。

 

言われた方の立場になって考えた時、自分だったら大事な友達のためとは言えためらいなく5万円も貸すことができるのか疑問に思うかも知れないよね。お金を貸したら絶対に返して欲しいし、返って来なかったら困る金額でもあるからね。友達が困っていれば助けてあげたいと思う反面、お金のことについては慎重にならざるを得ない現実もある。約束の返済期日まで返してくれなければ、こちらから催促する必要もあるだろうし。

 

逆の立場で考えたら友達からお金を借りるのは申し訳ないと思うかも知れないね。それでもどうしても他に誰も頼る相手がいない場合には、心苦しい気持ちを感じながらも友達に借金の申し出をしなければいけないこともあるだろうね。

 

どうしても友達からの借り入れが必要ならば、注意したい点があるよ。

  • 約束の返済期日までにしっかりと借りたお金を返すこと
  • 借用書を作成すること

主な注意点はこの2つとなるけど、最低限やって欲しいことでもあるんだ。返済期日を忘れて友達の方から催促されることになると信用や信頼を失う原因にもなるから注意が必要だよ。今後も友好な友達との関係を保つのに大きなマイナスポイントとなってしまうから、借りたお金を全額返済するまで気を抜かないことがおすすめとなるんだ。

 

親しい間柄でも言った言わないのトラブルが発生することもあるお金の問題を回避するには、借用書を作成することが最善のトラブル回避方法と言えるんだ。いつ誰が誰にいくら借りたのかを書面に明記しておくことで、友達とのお金のトラブルを抑制できる効果もあるからね。

 

借用書は全く同じ内容のものを2通作成して、お互いに保管しておくことをおすすめするよ。いくら困った時はお互い様と友達が言ってくれたとしても、お金に関することではどんなトラブルが起きるか予測できない部分もあるからね。個人間のお金の貸し借りには借用書が必須と言えるんだ。