お金を借りる 1万円

MENU
「お金を借りたいけど、どこにしよう・・・」と悩んでいる方へ。



銀行や信金よりも「有利」な条件のある借入先をご存知ですか?

全国どこからでも24時間申し込みができるサービスがプロミスというサービスで、実は銀行よりも速い時間で融資を受けられるケースも多いのです。

プロミスは、借り入れ可能か、簡単3秒診断(無記名でOK)というのがとても便利で人気があります。(プロミスは1万円からお借り入れが可能です)

借りれるという診断が出てから正式に申し込めばいいので一度試してみてはいかがでしょうか?

◎→プロミス事前3秒診断の公式ページ


プロミスのおすすめポイント
全国どこからでも申し込み可能
24時間申込可能
最短1時間融資
来店・保証人・担保→不要
借入のことをバレないように配慮
・・・大手ですから安心感と信頼感は抜群です

1万円のお金を借りるならどんな方法がおすすめ?


給料日前に1万円だけ足りないということも良くある話だよね。生活費が不足している時などは1万円だけでもあれば助かるということも多いと思うんだ。親にも友達からもお金を借りることができない時には、金融機関から借入れすることを考える場合もあるだろうね。

 

カードローンで1万円を借りたとしても少額ならば給料が入れば一括返済できる金額だし、一時的にお金が不足して困った時に頼れる先を事前に知っておくと安心だよね。今すぐお金を借りる必要がある時、慌てないように借り入れの方法などを確認しておくことをおすすめするよ。

 

どうすればいい?今すぐ1万円借りたい!


今すぐ1万円借りたい時にはどうすればいいのだろう。個人だと誰からもお金を借りることができないという場合には、1万円であってもどこかの金融機関からお金を借りる必要があるよね。

 

親しい友達からお金を借りる選択肢もあるだろうけど、お金の貸し借りが原因で友情に傷がつく場合もあるから、カードローンを利用する方が手っ取り早い場合も多いんだよね。

 

おすすめは即日融資も可能なカードローンとなるけど、審査が早いサービスを選ぶことがポイントとなるんだ。審査が早くても自分が借入れの申し込みをする時間が遅いと意味がなくなってしまうから、早い時間に手続きを開始することが条件となるけどね。目標は14時までに手続きを完了させることとなるよ。

 

申し込みをするならインターネットを利用することがおすすめとなるんだ。営業時間となる前にネットで申し込みしておけば、営業が開始された時に早い順番で審査してもらえるからね。ネットではない方法で申し込みする場合には、営業が開始されてから手続きを始めることになるけど、電話や来店で申し込みするなら即日融資は可能だよ。

 

1万円のお金を借りるなら銀行と消費者金融のどちらがおすすめ?


1万円のお金を借りるならどこに頼ったらいいのか悩む人もいるだろうね。カードローンやキャッシングはコンビニのATMからでも手軽に借り入れや返済ができるサービスだからおすすめとなるんだよね。(参考記事→セブン銀行カードローンはコンビニATMで借りれる

 

ただし実際には銀行と消費者金融のどちらにもあるから迷ってしまうところかも知れない。

 

消費者金融からお金を借りる場合


銀行と消費者金融のどちらがお得に便利にお金を借りることができるかを考えた時に気になるのが金利だろうね。なるべくなら低金利のところから借り入れしたいと思うのは当然のことだと思うよ。とは言え、1万円程度のお金を借りるならそれ程翁金利差が生じることもないし、大手の消費者金融を利用する場合なら無利息期間がある所もあるからね。

 

少しでもお得にお金を借りるなら、銀行よりも消費者金融の方が返って有利だったという口コミもあるくらいだから、利用先の選択には体験談を活用してみると良いかも知れないよ。

 

銀行と消費者金融以外でもキャッシングを利用するなら、クレジットカードのキャッシング枠からお金を借りるという方法もあるんだ。ただしクレジットカードからお金を借りるなら事前にキャッシング枠を付与してもらう必要があるし、カードも発行しておいてもらう必要があるよ。

 

銀行カードローンからお金を借りる場合


銀行カードローンから1万円のお金を借りる場合でも利用可能だよ。カードローンを利用する場合にはたとえ1万円の借り入れであっても審査が行われることになるんだ。消費者金融の審査基準と比較すると厳しくなっているから、審査に時間がかかってしまうこともあるよ。

 

即日融資が難しくなる場合もあるけど、銀行の指定の時間までに申し込みをすれば当日中に借入れできることもあるんだ。利用する銀行によって審査や融資までのスピードには差があるということになるよね。

 

1万円の借り入れで発生する利息はそれほど大きくはないけど、低金利にこだわりたいという人はまず銀行カードローンで申込みをして審査に通過しカードが発行されるのを待つ必要があるんだ。1万円ではなくて10万円くらいまでならば比較的簡単に利用限度額として設定してもらえる傾向にあるから、カードが発行されれば利用限度額の範囲内で必要な金額を借りることが可能だよ。

 

ただし低金利がメリットの銀行カードローンであっても、借り過ぎには充分な注意が必要だよ。1万円だけと思っていても、追加でまた1万円借りることを繰返していると気付いた時には高額融資を受けていたということもあるからね

 

クレジットカードのキャッシング枠からお金を借りる場合


予め発行されているクレジットカードにキャッシング枠が付いている場合ならば、利用限度額の範囲内で今すぐ1万円というお金を借りることも可能になるんだ。コンビニのATMとも提携しているから、24時間好きなタイミングで借り入れできるようになっているよ。

 

注意したいのは、発行されているクレジットカードにキャッシング枠がついているかどうかということなんだ。キャッシング枠はカードの申し込みで希望しても付与されない場合もあるから、契約の内容を確認する必要があるよ。もし、キャッシング枠がない場合、新たに申請をする必要があるんだ。審査に通ることができれば、一定額のキャッシング枠を利用することが可能になるよ。

 

1万円借りた場合であっても返済方法を選ぶことができるようになっているんだ。

  • 一括払い
  • 分割払い
  • リボ払い

それぞれの返済方法によって発生する利息の金額も違って来るから、返済方法の選択には注意が必要になるんだ。1万円程度の金額ではそれ程大きな金利差とはならないけども、利息はなるべく支払たくないという場合には、それぞれの返済方法で発生する利息の金額の確認が必要になるよ。

 

予想外に利息が高いということにならないように、事前にチェックしておくことがおすすめとなるんだ。

 

1万円などの少額融資なら審査は簡単になるの?


1万円の借り入れであってもお金を借りるならば審査に通る必要があるんだ。審査に落ちた場合には1万円どころか1円もお金が借りれないということになるからね。

 

1万円を借りるための審査基準は厳しいのか、それとも甘いのか気になる場合もあると思うんだ。一般的には希望する金額が大きくなるに連れて審査が厳しくなる傾向にあるようだよ。返済能力のある人にしか金融機関は融資できないけど、金額が少額ならばきちんと返済してもらえると判断されやすいからね。

 

実際に1万円をカードローンで借りた人の口コミを見ると、金額が少額だったせいか審査の厳しさを感じることはなかったという体験談もあるからね。とは言え、他社借入れが多い人の場合ではその限りではないから注意が必要だよ。

 

審査に通りやすくなるためにはどうしたらいいの?


1万円とは言えども借り入れには審査が実施される訳だけど、少額ならば審査に通りやすいのか気になるところだよね。審査に通りやすい人の条件には以下のようなことが言えるんだ。

  • 借り入れの希望額が少額である
  • 必要書類の種類が少ない

希望する借り入れの金額が少額であることは審査に通りやすい条件の1つとなるんだ。借りる金額が少なければ、返済に苦労する可能性が低くなるからね。申し込みで不審な点があると本来は必要のない書類の提出を求めらえる場合もあるんだ。書類の種類が多ければ審査にも時間がかかるし、即日融資でお金を借りることも難しくなることもあるからね。

 

どうしたらいいい?即日融資で1万円のお金を借りる方法


1万円のお金を借りる時、今すぐ借りたいなら即日融資に対応している業者に申し込みすることをおすすめするよ。申し込みをしたその日にお金を貸してもらうことを即日融資というんだけど、ホームページで即日融資可能となっている会社を探してみる必要があるよ。

 

大手の消費者金融なら審査が早いから即日融資でお金を借りることが可能だし、銀行カードローンでも今は今すぐ融資してくれる所も多くなっているんだ。ただし銀行カードローンの場合、審査が早いから当日中に融資可能とはならない場合もあるから注意が必要だよ。

 

即日融資で1万円借りる場合には、とにかく早めの時間帯に申し込みをする必要があるよ。インターネットで営業開始時間よりも前に申し込みしておくか、営業時間になってから早めに申し込みをすることが必要となるんだ。どうしても今日中に急ぎでお金を借りるならば、利用する会社のホームページで即日融資可能な申し込みの時間を確認しておくことをおすすめするよ。

 

1万円借りたら利息はどのくらい?


1万円という少額であってもお金を借りるといくらかは利息が発生することになるんだ。1万円借りたら利息はどのくらいなのか気になる人もいると思うから説明すると以下のようになるよ。

 

利息の計算に必要となるのが金利なんだ。金利とはお金を借りた時に1年間で発生する利息を決める利率ということになるんだ。実は1万円借りた場合でも10万円を借りた場合でも金利は同じになっている会社が多いんだよね。

 

他にも、借り入れの金額が少ない場合には高めの金利となり、金額が多くなるに連れて低金利となっていくのも金利の特徴ということになるんだ。金利についての法律が改正されてからは、上限金利をきちんと守る正規業者が多くなり、高金利で融資をする悪質な金融業者は随分少なくなっているんだ。

 

1万円を借りる場合、消費者金融なら18.0%の金利が適用されることが多いんだ。1万円を1年間借りたら1,800円の利息が発生することになるよ。つまり返済には借入元金の1万円に利息の1,800円を足して11,800を支払う必要があるということになるんだ。

 

個人から1万円借りるとどうなるの?


1万円程度の金額ならば金融機関に借入れの申し込みをしなくても親や友達、また恋人からでも簡単に借りることができそうだよね。年間1,800円の利息とは言えど、余計なお金を支払いたくないという人なら尚更そう考えるものかも知れないね。

 

個人間のお金の貸し借りはやめた方が良いという口コミも多いけど、実際のところはどうなんだろう。ここでは個人からお金を借りる場合について解説していこうと思う。

  • 親からお金を借りる場合
  • 友達からお金を借りる場合
  • 恋人からお金を借りる場合

 

親から1万円のお金を借りる場合


1万円どうしても足りないという時、すぐに思いつくのは親からお金を借りることかも知れないね。親の方でも1万円程度の金額ならば、困っている子供に貸すのは容易なことと言えるだろうしね。とは言え1万円という金額を1日で稼ぐのは難しいと言えるし、正社員の人ならば可能であってもアルバイトやパートでは1日に稼げないことも多い金額だよね。

 

親から1万円を借りることができたならば、約束の返済期日までにはしっかり返済することを忘れないようにするべきだよ。親子であってもお金の問題で関係が悪くなってしまう可能性もあるからね。困った時にまず初めに親に相談するのは大事なことだけど、お金のことはきっちりと区別しておく必要があるんだ。

 

必要ならば借用書を書くなども視野に入れておく必要があるよ。借りた金額や日付、返済期日、返済方法、そして自分の名前や押印も忘れずに記載して、親に渡しておくことをおすすめするよ。借用書に利用する用紙には特に決まりがないから、コピー用紙やノートの切れ端でもOKだよ。

 

友達から1万円のお金を借りる場合


いつも一緒にいる友達だったら1万円足りない時に気軽に頼れるかも知れないよね。場合によっては親よりも頼れるということもあるだろうし、親にお金を借りると意見されるから友達の方が頼みやすいという人もいるだろうね。1万円なら次の給料日で一括返済できる金額だと思うし、少額ならば友達から借りた方が手っ取り早いと考える人は少なくないかもね。

 

友達からお金を借りる場合に気を付けたいのが、借りたお金の返済なんだ。お金の貸し借りで友情に傷がついてしまうこともあるからね。1万円程度のお金の貸し借りで長年築いた友達との信頼関係にヒビが入るのはお互いに本意ではないと思うんだ。

 

あの時お金を借りなければ、貸さなければとお互いに後悔することを避けるために、どうしてもお金を借りる必要があるならば借用書を作成しておくことをおすすめするよ。親しい間柄であってもお金のことはしっかりと区別しておく必要があるからね。

 

借用書には誰が誰にいくらお金を借りたのかを明記しておく必要があるんだ。同時にいつ返済するのかもはっきりと書いておく必要があるよ。最後に自分の名前と印鑑を押すことを忘れないようにね。2通作成して1通ずつ保管するようにしておくと安心なんだよね。約束の返済期日までにきちんと返済することは何よりも大事だよ。

 

恋人から1万円のお金を借りる場合


友達よりも親しい間柄と言えば恋人かも知れないよね。お互いに気持ちが通じ合っていれば、お金を借りる場合だってあると思うよ。1万円程度のお金ならば気軽に貸し借りできるだろうし、相手が困っていれば貸してあげても良いと思える金額でもあるだろうしね。

 

ただ、恋人の役にたててその場は満足できても、後から考えた時に大事な自分のお金を本当に返済してくれるのか心配になる場合もあると思うんだ。恋人であってもお金の管理が苦手な相手だとどうしても心配になってしまうかも知れないよね。

 

たび重なる恋人からの借金の申し込みがあれば、さすがに自分のことを便利な人、ATM代わりと思っているのかも知れないと考えてしまうだろうね。恋人との良い関係をこれからも継続していきたいならば、相手が恋人であっても借りたお金はきちんと返済する必要があるよ。

 

借用書を書いて相手に渡しておくのも信用を失わない方法と言えるよ。借りた金額や返済期日を書くのはもちろんだけど、誰が誰から借りたのかを明確にしておくことも忘れないようにね。自分の印鑑を押しておくことも大事だよ。それ以前に恋人からお金を借りることを癖にしないことはもっと大事なことなんだ。