MENU

「まねほし」について

「まねほし」は、お金を借りたいという方に、当社基準でおすすめの借入先を紹介するホームページです。

  • 「今月お金がピンチ」
  • 「恋人の誕生日プレゼントにお金がちょっと足りない」
  • 「来週の給料日まで少し現金がほしい」

といった時に安心して頼れる、スピード感のあるキャッシングサービスを厳選紹介しています。

 

本来カードローンキャッシングというものは、正しく利用すればとても便利なものです。

 

「お金を借りるのは不安だな・・・」という方にも、納得して申込みをしていただけるように、借り方と疑問点についてわかりやすく解説することを心がけています。

 

お金を借りることについて正しく理解し「人生のピンチには頼って、しっかり返済して」より便利に幸せに過ごせることを祈っています。

「まねほし.com」おすすめ1位の借入サービス

キャッシングで借りるなら1位はプロミス!!

◎→>>借り入れ可能か3秒診断はコチラをクリック<<

当サイト「まねほし」では、安心して・便利に・スピーディーに借りられる、「おすすめのキャッシング」を全国120社以上の金融機関の中から厳選してご紹介しています。

おすすめキャッシングとは?!

 

  • 安心・信頼できる大手(テレビCMなどで有名なところ)
  • 低金利または一定期間無利息で借りられる所
  • 申込みのしやすさ(PC・スマートフォン対応
  • プライバシーを重視して個人情報を守り、バレずに借入できる
  • 審査基準がしっかりしている所
  • 即日融資も可能なキャッシング

お金を借りる方法3つの手順

お金を借りるといっても、「どうやって借りるか全然わからない」という方のために、借入の簡単な流れをご紹介します。

【まねほし公式サイト】お金を借りる総合辞典

1,申込

(スマートフォン・携帯電話・パソコンから24時間いつでもネット申し込みが可能)

2,審査・契約

(最短30分のスピーディーな審査)

3,融資

(銀行振込または、お近くの銀行などにある自動契約機や店頭窓口ですぐに借入可能)

 

※ここまで最短1時間融資

上の流れは、「まねほし」おすすめの借入サービスの例です。

 

実は融資までの時間は、中小の金融機関では即日で借り入れができないところも多く、また銀行カードローンの中にも審査に数週間かかるところも実は多いのです。即日融資を希望するなら、スピーディーな手続きが可能なところを選ぶのがポイントです。

今すぐお金を借りるおすすめサービス!!

即日融資も可能な大手優良サービスはコチラです

 

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>

最短1時間融資がおすすめのプロミス

事前診断が【3項目の3秒程度の診断】で、【最短1時間融資】のスピーディーさが魅力のプロミス。

 

プロミスの特徴は、パソコンやスマートフォンからの申し込みで、インターネット上で契約までの手続きが可能な点です。

振込での借入もできますし、近くにプロミスの自動契約機・ATM三井住友銀行のローン契約機があれば、ネットで申し込みをしてからそちらですぐにお金を借りることもできます。

 

1万円から借入OK

また、1万円の少額から借り入れも可能です。信頼性に関しても大手なので安心感は抜群

 

また、「30日間無利息サービス」というサービスは、最初に借入れをしてから最大30日間の利息が無料になるというものなので、他のキャッシングに比べても、初期の利息が安くなることが特徴です。
(※詳しくはプロミスの公式サイトをご確認下さい)

 

24時間振り込み可能なサービスも

他にも、三井住友銀行または、ジャパンネット銀行の口座なら24時間お振込可能!になるといったメリットもあり、当サイト1番人気の借入先です。

 

主婦学生の方でもパートやアルバイトで安定した収入のある方は申込可能な点も魅力のひとつです。

 

実質年率 借入額 担保・保証人 審査スピード web申込み
4.5%~17.8% 1~500万円 原則不要 最短30分 可能

 

まずは1位のプロミスから診断するのがオススメ!

 

>>今すぐ申し込みはこちらをクリック<<

 

◎→プロミスは女性オペレーターの申込先もあります

プロミス女性

>>プロミスレディースはこちら

 

※男性でも女性オペレーターがいいという方は申込可能です

 

借入サービスのよくある質問-まねほし.com

今すぐお金を借りたい時は何から始める?
PCやスマートフォンからの借入申し込みがスピーディーです。早ければ最短1時間融資で借入可能です。
土日や夜でも申し込めるの?
はい。借り入れのお申込みは夜間や土曜日・日曜日・祝日でも可能です。
金利って高いの?
低金利ローンや一定期間無利息のローンもあります。
どうやって借りるの?
パソコンやスマートフォンから、インターネットを通じて全国どこからでも申し込みが可能です。
学生だけど借りることはできる?
学生や主婦の方でも満20歳以上で、安定した収入のある方でしたら申込可能です。
借りたあと、すぐ返してもいいの?
はい。お給料などが入ったらすぐに返済することで利息も安くなります。返済方法も、コンビニなどにある提携ATMから24時間・夜間土日でも利用できます。
家族や会社、友達に秘密で借りたいのだけれど、バレたりしないの?
安心して下さい。インターネットから申し込んでいただいて、直接店舗などに行く必要はありませんので、まわりの目を気にすることなく借入が可能です。
取り立てとか怖い人が来るイメージがあるのですけど・・・
ご安心ください。テレビCMや電車内の広告で見かける、大手の誰でも知っているような安心できるサービスを厳選してご紹介していますので、そのような心配はありません。
30日間無利息サービスの図

【まねほし公式サイト】お金を借りる総合辞典

【まねほし公式サイト】お金を借りる総合辞典

 

借入・返済で利用できる銀行やコンビニの図

【まねほし公式サイト】お金を借りる総合辞典

【まねほし公式サイト】お金を借りる総合辞典

【まねほし公式サイト】お金を借りる総合辞典

 

10万円を30日間借りた場合の利息の図

【まねほし公式サイト】お金を借りる総合辞典

【まねほし公式サイト】お金を借りる総合辞典

【まねほし公式サイト】お金を借りる総合辞典

お金を借りるならどこがいい?場所によって違ってくる借入の方法

お金を借りる方法にはどんなことがあるのでしょうか?

 

生活費の不足や急な出費、その他の理由でどうしてもお金を借りることが必要になる時もあるでしょう。その際にお金を借りる方法を考えるならば、『どこで借りるのか、誰から借りるのか』など借入の場所をまず初めに決める必要があるのです。

 

「お金を借りる方法は借入をする場所により違いがある」というのがその理由ですが、実際にどこかで借金をする場合にはこのような方法があります。

  • 銀行カードローンからお金を借りる
  • 消費者金融からお金を借りる
  • クレジットカードのキャッシングでお金を借りる
  • 市役所からお金を借りる
  • 国からお金を借りる
  • 個人(親や家族・親戚・友達・恋人・知人)からお金を借りる

これらの方法の選択は借りたい金額や自分の状況にも関係してきます。また利用にはメリットがあればデメリットもあるため、それらのこと全てを含め少しでも借りやすいお金の借り方を考えていくのがおすすめです。

 

と言うことで、こちらでは特に初めてキャッシングを利用する方が安心して金融機関からお金を借りられる方法や、個人間のお金の貸し借りならば上手な借金の頼み方などについて解説しています。

 

銀行カードローンからお金を借りる方法とは

銀行からお金を借りる方法で重要なのは、まず銀行の審査に通ることと言えます。そのためには、返済能力があることや返済の意志をしっかり持っていることを銀行に理解してもらうことが必要になるのです。

 

銀行で個人がお金を借りるならば銀行カードローンの利用がおすすめとなるのですが、審査基準については一般的に厳しいと言われていて、申し込みから契約まで手続きを進めていくには一定の利用条件を満たす必要があるのです。そのためには、まず申し込みの段階で次のような情報を伝えることになります。

  • 年齢
  • 住所
  • 現在の職業
  • 年収

また、銀行カードローンの借入申し込みでは年齢や住所、職業や年収など基本的な情報の他にも勤続年数や住居状況、他社借入れ、その他多くの項目が用意されています。そして、その他にも必要書類の提出も求められ、これらの情報を全て考慮して審査が行われています。

 

審査に通過することができれば銀行カードローンは他のサービスと比較すると低金利であるため利息は少な目となっていますし、銀行のローンであることからも安心して借入ができるでしょう。

 

銀行からお金を借りる時には、住宅ローンやマイカーローンのような利用目的の決まっている高額融資のローンもありますが、銀行カードローンならば使い道自由であり少額融資でも利用できるようになっているんです。

 

また、即日融資の条件を満たすことができれば急な出費や生活費の足しにしたい時などにも、最短ならインターネットなどで申し込みをしたその日のうちに現金を借りられます。なので、そのためには即日でお金を借りるための条件を事前にチェックしておく必要があるんです。

 

消費者金融からお金を借りる方法とは

お金を借りる時にはサラ金を利用する方も多いでしょう。世間で呼ばれている「サラ金」とは消費者金融の別の言い方でもあるのですが、大手ですとアコムやアイフルなどCMでも有名な金融業者がそれに該当します。

 

消費者金融の特徴の中でもメリットと言えるのが、銀行よりもお金を借りやすいということです。もちろん同じ消費者金融ではあっても闇金とは全く違うサービスであるためそれなりに厳しい審査はありますが、銀行の審査と比較すると勤め先や収入の面で問題がなく、更に充分な返済能力があると判断されれば特に難しい審査内容とはならないようです。

 

もっとも、消費者金融でお金を借りるということを言い換えれば「サラ金から借金をする」ということにもなるため、世間体が悪いと感じる方もいるでしょう。ですが、前述の通りにテレビCMや電車の中吊り広告などでも宣伝していますし、人気のある有名人がイメージキャラクターになっていることから、今では多くの方が利用しているキャッシングサービスでもあるのです。

 

そして、大手だけでなく中堅の消費者金融であっても「利息制限法」という法律をしっかり守っていますので、返済が毎月きちんとできていれば利息が膨らんで借金地獄になるという心配もありません。

 

消費者金融は審査が早い!

消費者金融の審査はとにかく早いですし、その時間も最短で30分というスピードとなっています。そのため、最速では融資までの時間も1時間となっていて、即日振り込みで今日中にお金を借りたい時にも便利なサービスであると言えるのです。

 

そのため、金利や利用限度額の大きさも気になるけど、とにかく即日でキャッシングしたいという時に特におすすめなのが消費者金融となります。インターネット申し込みも銀行と同じように24時間365日可能ですし、その後の審査や融資までの流れは銀行を上回る早さとなっていることから、とにかく急いでお金を借りたい時には消費者金融を利用してお金を借りる方法が便利ですよ。

 

また、大手ならば30日間無利息サービスがある会社もあるので、銀行カードローンからお金を借りるよりもお得な場合もあります。

 

ただし即日でお金を借りる場合には、利用したい消費者金融で提出が求められている必要書類や利用条件の内容のチェックは欠かせませんね。(参考記事→お金を借りるためにはどんな種類の書類が必要になるの?|まねほし

 

クレジットカードのキャッシングでお金を借りる方法とは

個人の方が金融機関でお金を借りる方法の1つにクレジットカードのキャッシングがあるんです。お金を借りたいと思った時点で手元にクレジットカードがあれば、提携銀行やコンビニのATMから素早いお金の借り方ができます。ただし、この方法でお金を借りる場合には、一定の借入可能額の設定が必要になります。

 

これが「キャッシングの利用枠」と言われるものであり、カードの契約時あるいは利用実績に応じて予め設定されている必要があるのです。クレジットカードからキャッシングする場合の特徴としては、返済方法は「一括払い限定」となっているサービスが多いことから、金欠の状況となっているのは一時的であり翌月ならば全額返済が可能という場合におすすめの借入方法ということになります。

 

利用にはクレジットカードの発行が必須

クレジットカードでキャッシングを利用する場合には、当然のことですが既にクレジットカードの発行が済んでいることが必須となるのですが、その場合の流れを説明するとこのようになります。

  1. 申込方法を確認する
  2. 利用枠や金利の確認をする
  3. 審査に通るための条件をチェックする
  4. キャッシング可能額と借りたいお金の総額が一致している、自分と条件の合う会社を選ぶ

クレジットカ

ードの申し込みはインターネットが主流と言えますが、その他の方法で申し込みできる場合もあります。また、利用枠や金利はそれぞれの会社によって違いがありますし、審査に通るための条件も異なっています。これらの内容を確認して、借りたいお金の総額が一致している、更には自分の条件と合っている会社を選ぶのがおすすめとなるのです。

 

市役所でお金を借りる方法はあるの?

お金を借りる場所について考える時には、銀行や消費者金融がすぐに思い浮かぶことと思いますが、実は市役所にお金を借りる方法もあるのです。ただし、この場合は誰でもお金を借りられるということではなく、生活費が不足していてお金にとても困っている、必要最低限の生活を送ることさえ難しいという方に限定されています。

 

具体的には「生活福祉資金貸付制度」という融資となり、実際には市役所と言うよりは社会福祉協議会の職員との面談により決定する貸付けとなるのです。利用が可能かを決めるポイントとは、将来的に返せる見込みがあるかどうかということであり、返済能力があると判断されれば現金を借りられるようになります。

 

生活福祉資金貸付制度の利用目的については、生活の立て直しのための資金や教育資金の準備が主となり、このような用途にあてはまる理由であれば利用することが可能になるのです。

 

たとえば、就職活動をする資金がない場合にもこの制度を利用することができます。就職すれば返すお金ができますが、今はその就職に必要なお金がないという状況である場合、一時的な金欠の状況を改善することでも利用することができるので助かりますよね。

 

生活福祉資金貸付制度は、利用条件を満たした上で連帯保証人となる人がいれば、無利子でお金を借りることができます。これは市役所のサービスが営利目的ではではなく市民の生活を保護することが目的となっているからです。
ただし、市役所からお金を借りる場合には生活費や教育資金が足りなくて困っていることが利用条件となるのですが、その他に生活保護を受けている、既に金融機関で借金をしている方については注意が必要となる場合もあります。

 

また審査の内容についても事前に情報をチェックしておくことがおすすめです。
(さらに詳しく→市役所でお金を借りるのは可能?

 

生活福祉支援金貸付制度について

市役所でお金を借りる方法として生活福祉資金貸付制度の利用がありますが、利用条件については主にこのようなことが定められています。

  • 低所得者世帯であること
  • 高齢者世帯であること
  • 障害者世帯であること

この中のいずれかに該当すれば、国の政策でもある生活福祉資金貸付制度の利用が市役所でも可能です。
ただし、正確には取り扱いの窓口となっているのは社会福祉協議会となっているため、利用には注意が必要です。

 

また、この制度は失業して生活費がが足りないなどで困っている場合に利用が可能となり、ハローワークと連携をしながら就職活動の支援もしてもらえるため、失業して生活が困窮している方は国の政策でもある貸付制度を利用してみると良いでしょう。

 

詳しくは市役所か市区町村の社会福祉協議会に問い合わせしてみると良いですよ。用意するべき必要書類のことなどについても知ることができますから。

 

国からお金を借りる方法とは

とにかく今すぐお金を借りる必要があるという時に、最も借金を頼みやすい親や家族に断られてしまうこともあるでしょう。また、ダメ元で借金をお願いした知人にも結局頼れない結果となった場合、金融機関からお金を借りる選択をする方もいると思います。

 

ですが、残念ながら銀行や消費者金融のカードローン審査に落ちてしまうこともあり得ますよね。そんな時にはどこからお金を借りたら良いのかと途方に暮れてしまうことでしょう。

 

そこで考えていただきたいのが、国からお金を借りることです。

 

おすすめは国の教育ローン

国からお金を借りる場合に特に便利なのが教育資金の捻出となり、国の機関でもある日本政策金融公庫には「国の教育ローン」があるのですが、正式には「教育一般貸付」と呼ばれる政策の1つとなっています。

 

教育費を借りられるローンと言えば、独立法人日本学生支援機構の「奨学金」が有名ですが、その大きな違いとは国の教育ローンは学生本人ではなく保護者がお金を借りることになっているという点であり、このことについては同じ教育資金の融資が受けられる社会福祉協議会の教育支援資金と似ています。

 

ですが、教育支援資金の方は失業などが原因で生活が困窮している世帯や障害や介護が必要な方のいる世帯であり、どこからも融資を受けることができないことが利用の条件となっているのに対し、国の教育ローンでは一定額以下の収入であれば融資を受けられる可能性があるという点で大きな違いがあるのです。

 

ただし、国の教育ローンも教育支援資金制度にも審査があるという特徴は共通していますし、所得が少ない場合に利用できる制度であることも同じとなっています。どちらを利用するかはそれぞれの生活環境により異なって来ますが、まずは広い範囲で利用対象となれる国の教育ローンがおすすめと言えるかも知れません。

 

子供の進学費用や教育資金で困った場合には、進学を諦める前に経済的な理由で進学が難しい世帯を支援してくれる国の教育ローンに必要書類を確認の上で申し込みをしてみると良いでしょう。

 

個人(親や家族・親戚・友達・恋人・知人)からお金を借りる場合とは

お金を借りると言うと、金融機関からのキャッシングを思い浮かべる方も多いと思いますが、身近な存在であれば個人間のお金の貸し借りもありと言えるでしょうね。親や家族ならば借金の申し込みも気楽にできると思いますし、親戚であっても親しい間柄であれば、銀行カードローンの審査を受ける場合よりも心配は少ないかも知れません。

 

また長い付き合いの友達や恋人ならば、軽い気持ちで「お金を貸してほしい」と言うこともできるでしょうし、必ず返済することを信用してもらえるならば知人からお金を借りることも可能でしょう。

 

ですが、個人に借金のお願いをする方法は相手によって違う部分もあるのではないでしょうか。

 

親に借金のお願いをする方法とは?

個人間のお金の貸し借りで、最も借金のお願いを聞いてもらえる可能性の高いのが親でしょう。困った時に頼れる人は親を置いて他にはいないと言えますし、生活費が足りない時だけでなく金融機関への借金返済が苦しい時に相談することもできると思います。

 

親に借金の悩みを打ち明ける時には、言い訳は禁物ですよ。親はあなたのことを一番良く知っているため、嘘やごまかしは通用しません。正直に事情を話して可能ならば必要最低限のお金を貸してもらいましょう。

 

親からお金を借りる場合には、キャッシング会社で取り交わす契約書も不要ですし提出する必要書類もありませんし、それ以前に審査もありません。また、もちろん金利を取られる心配もないため利息0円でお金を借りることもできます。

 

ですが、実は親からの借金にも契約書の代わりとなる借用書の作成や利子の支払いが場合によっては必要となるのです。後から予想外の税金の支払いが必要になる心配もあり、親子間のお金の貸し借りであってもはっきりと書面に残しておいた方が良いこともあるからです。

 

親からお金を借りる場合、その金額が高額である場合にはどんな書類が必要になるのかを事前に確認しておく必要があります。

 

親戚に借金のお願いをする方法とは?

金欠で生活費がなくなり困っている時には、親や家族だけでなく親戚に頼りたくなることもあるでしょう。親からお金を借りれない場合であっても、親の兄や姉ならば頼ることができるかも知れません。急な出費があったり、一時的にお金が足りないなどの理由がある場合でも、給料日やボーナスで全額返済ができるならば、親戚であればお金を借りれる可能性もあると思います。

 

ただし、親と親戚とでは距離感が違うことから、無理な借金はお互いのためにおすすめできません。血縁の関係にある人であっても親ほど頼ることはできませんし、それぞれの生活もあることから必要以上に甘えることは控えることが大事です。

 

この場合、親以上に借りる金額は必要最低限に留める必要がありますし、借用書の作成の必要性も高くなるでしょう。返済についても親ならば約束の返済期日に遅れても特に問題にならないことも多いですが、親戚の場合にはそうはいかないことも多いでしょう。

 

たとえ親に秘密にしてもらって親戚からお金を借りれたとしても、返済の遅延だけでなく滞納をしてしまった場合には親バレしてしまう可能性も高くなります。そのため、親戚から親バレを回避しながらお金を借りるなら、返済期日まできちんと支払いを行い、トラブルが起きないようにすることが秘訣となるのです。

 

そのためには、あなたが必ず借りたお金を返す人であると信頼してもらう必要もあり、お金を借りる理由と返済計画を親戚に明らかにすることをおすすめします。また、贈与である場合、時には税金の支払も発生するので気をつけてくださいね。
【詳細記事→親にお金を借りる方法とは?借入れ理由や金利について|まねほし

 

友達に借金のお願いする方法とは?

親や親戚に借金の相談ができない場合には、友達に借金のお願いをすることもあるかも知れませんね。お金のことで頼るならば親しい間柄である必要もありますが、メールや電話ではなくて直接会って借金のお願いをすることをおすすめします。

 

その際にはお金を借りる理由をなるべく詳しく話す必要がありますし、お金が足りなくなってしまったことの言い訳をするのはもちろんのこと、嘘を言うのもやめた方がいいですよ。相手もあなたを信用して大切なお金を貸してくれるわけですから、どのくらいお金を借りる必要があるのかを分かりやすく説明する義務もあります。

 

ただし、友達とのお金の貸し借りは長年の友達関係に傷をつけてしまう場合もあることを理解しておきましょう。約束の返済期日までにはしっかりと借りたお金を返済する必要がありますし、お金についてはいくら親しくても親とは違うことを認識しておく必要があるのです。

 

そのため、必要ならば借用書などの書類の用意をしたり、時には金利を設定することを要求されるかも知れませんが、お金を貸してくれる友達の要望に最大限応じる必要もあるでしょう。

 

彼氏彼女に借金のお願いをする方法とは?

彼氏や彼女とは時には親以上の大切な存在に感じることもあるかも知れませんね。そんな相手からお金のことで相談をされた時には、できるだけ役に立ちたいと考えることでしょう。また、逆に彼氏や彼女にお金を借りることを希望する立場となることもあると思います。

 

時には恥を忍んで借金のお願いをすることも必要となるでしょう。その際には恋人がいくら友達以上に親しい間柄であっても、借りる金額は相手の収入や経済力の範囲に留める必要があるのは言うまでもありません。また親しいからこそ、お金を借りたい理由について嘘や言い訳はすぐにバレる可能性が高いですし、たとえパチンコなどギャンブルでお金を使い過ぎたことが理由で生活費が不足して困っているとしても、正直に事実を話すべきでしょう。

 

恋人ならばいくらでもお金を借りられると考えるのはやめた方がいいですし、借金のトラブルが原因で彼氏や彼女に別れを告げられる可能性だってあるのです。

 

知人に借金のお願いをする方法とは?

知人からお金を借りる場合、その方法には注意が必要となります。通常は親や親戚、親しい友達や恋人から借金をするケースが多いと思いますが、知人を借入れの対象とする場合にはそれ以外の誰からもお金を借りる方法がなかったということもあるでしょう。

 

その場合には、あなたが最後の頼みの綱として選んだ知人は、その人にとってあなたがどれほど大切な人であるか分らないため、時には金融機関のキャッシング審査に通ることよりも難易度が高いと感じる場合もあると思います。そのため、知人に借金のお願いをするならば顔見知り程度ではなくある程度の付き合いのある人である必要もあるでしょうね。

 

ただし、友達に借金のお願いをする方法では通用しないこともあるため、次のようなことを心掛けてみることをおすすめします。

  • プライベートでの付き合いも多い相手を選択する
  • お金が必要な理由をなるべく詳しく説明する
  • 嘘や言い訳は絶対にダメ
  • 借用書や返済計画書を提示して借金の相談をしてみる
  • 電話やメールではなく直接相手と会ってお願いをする
  • 必要ならば相手の求める書類の用意もする

親でも親戚でも友達でも恋人でもない知人からお金を借りるには、これだけの配慮が必要になると言えます。正直、知人の方はあなたからの借金の申し出を断ったとしても特に影響がない場合もあるため、お金を借りる側がどれだけ誠意を示すことができるかが借金のお願いをする方法の大きなポイントとなるのです。

 

その際に注意したいのは、知人に借金の申し込みをすることにょって結果的に今までの関係に傷がつくリスクが発生するかも知れないということです。そのため、知人にお金のことで頼る場合、まず相談をしてみることから始めることをおすすめします。

 

お金を借りる時には理由が重要?内容次第で審査に落ちることも!

お金を借りる場合、誰から借りるにしてもどこから借りるにしても、それなりの理由があるはずです。特に急な出費でお金欠になってしまったり、それ以前に必要なお金の捻出が難しい場合にもお金を借りたい理由となるでしょう。

 

日頃から貯金をしていても、それだけでは足りないということもありますよね。このように今すぐまとまったお金を準備したいと思う理由やタイミングにはこんなことがあるでしょう。

  • 生活費が足りない
  • 事業資金を借りたい
  • 自分の力で学費を捻出したい
  • 子供の教育費を用意したい
  • 引っ越し費用が今すぐ必要
  • 車の購入費用を借金で準備したい
  • トラブルが起きて示談金が必要になった
  • 住宅購入のためのマイホーム資金を借りたい

お金を借りたいと思う理由やタイミングには、急に起きたトラブルに対処する目的でお金が必要という場合もありますが、目的を達成するためにどうしてもまとまったお金を借金で捻出しなければならないということの方が多いようです。

 

そのお金を借金により工面するためには、「お金を借りる理由」は重要ですし、その理由の内容次第では個人からお金を借りる場合には借金の申し出を断られる場合もありますし、金融機関でキャッシングを利用する場合には審査に落ちることもあるのです。

 

以下では多くの方が借金する原因となっている「お金を借りる理由」と、その具体的な内容について紹介しています。

 

お金を借りる理由~生活費が足りない~

毎月の収入の範囲で生活を送っている方であっても、時には急な出費があってそうも行かなくなることだってありますよね。

  • 急病や怪我で手術や入院のお金が必要
  • 冠婚葬祭で数万円のお金が必要
  • どうしても欲しいブランドのバッグを衝動買いしてしまった
  • 急に飲み会に誘われて生活費を使ってしまった
  • 貰ったばかりの給料を失くしてしまった

たとえば、このような理由があれば今すぐお金を借りたいと思うことでしょうし、貯金だけではどうしようもないお金の問題は、ひとまずお金を借りることで解決させるのも1つの方法でしょう。

 

このような理由がある場合には少しでも手っ取り早くお金を借りたいはずですから、個人から借金をするよりも銀行や消費者金融のカードローンやキャッシングで借入れするのがおすすめです。

 

特に消費者金融ならば即日融資でもお金を借りられる場合が多いですし、とにかく生活費の不足で今すぐお金を借りるならば強い味方になってくれるでしょう。

 

また、カードローンの利用目的で最も多いのが生活費と言われていますし、多くの方が生活費の不足を理由にお金を借りているんです。ただし、慢性的な生活費の不足ではキャッシング審査で不利になる場合もあるのですが、一時的な金欠の状況ならば審査に通る可能性は充分にあります。

 

その場合には、必要なお金の全額を借りるよりも借金以外の方法でいくらかのお金を作る努力をした後に、自分の収入の範囲で返せるだけの金額を借りるようにするのがおすすめです。借りる金額が少なければ返済が楽ですし、借金に借金を重ねることで返済に追われる結果となり家計が破たんしてしまう恐れもあるため、必要最低限の金額を借りることが重要となります。

 

お金を借りる理由~事業資金を借りたい~

個人が個人のために使うお金を目的としてお金を借りるならば親や友達などの個人からの借金、そして銀行や消費者金融のカードローンなどがおすすとなるのですが、お金を借りる理由が事業資金である場合には勝手が少し違ってきます。

 

大手の消費者金融ならば「使い道自由」となっていますし、事業資金での利用も可能としている場合が多いのですが、銀行カードローンを利用する場合だと「事業性資金の利用不可」となっていて、事業資金での利用は禁止されていることがほとんどですし、利用目的の欄に事業資金と記入した場合には審査に落ちる結果となるでしょう。

 

もちろん、銀行カードローンに申し込みをする際に利用目的の欄に「生活費」などと記入をすれば何の問題もありませんが、実際に借りたお金を個人が利用する目的ではなく自営業の起業・運転資金などに利用したことが銀行にバレると契約時の申告とは違う使い道で利用した理由で「一括返済」を求められる可能性もありますので、嘘をついてお金を借りるのはやめた方がいいですよ。

 

事業資金の利用ならばビジネスローンや国の融資がおすすめ

金融機関から事業資金を借りたい時には、「ビジネスローン」を利用する方法があります。これは銀行で用意されている商品のように思われるかも知れませんが、ビジネスローンは大手の消費者金融でも銀行と同じように利用できる場合もあるのです。

 

消費者金融で利用できるビジネスローンは「総量規制の対象外」となっていて、すでに年収の3分の1に相当する金額を借りてしまっている場合でも、事業資金としての融資ならば受けることが可能になっています。個人向けのカードローンでお金を借りている場合、若干ですが審査基準が厳しくなる可能性もあると思いますが、利用は充分に可能です。

 

また、事業拡大に必要な設備投資の費用を借りたい場合には、銀行や消費者金融からお金を借りる他にも国の融資である「日本政策金融公庫」を利用するという方法もあるのです。ただし、こちらの融資は申し込みから借入金の入金までに20日程度の時間が必要になるため、それほど急ぎではなく長期的な利用が目的である場合に計画的な借入れを検討してみると良いでしょう。

 

そのため、次のようなことが理由でお金を借りる場合には、やはり即日融資も可能となっている消費者金融の利用が便利ですし、おすすめです。

  • 従業員の給料に必要な資金を借りたい
  • 運転資金が必要
  • 公的融資の入金までのつなぎ資金を借りたい

従業員の給料や運転資金、公的融資が決まっているものの入金まで日数がかかる場合のつなぎの資金が必要といった、比較的短期での利用を必要とする場合には、即日審査・即日融資も可能な消費者金融の利用が便利な場合もあるでしょう。

 

お金を借りる理由~自分の力で学費を捻出したい~

大学や短大・専門学校に進学が決まった場合、学費は親に頼らずに自分自身で奨学金から準備するという学生さんも多いと思います。ですが、ほとんどの学生が利用する奨学金とは「日本学生支援機構」が取扱っているローンであり、融資を受けられるタイミングは実際に学校に入学をした後ということになっているのです。

 

通常、入学金や前期の授業料は入学前の一括払いとなるため、奨学金だけの利用では支払いが間に合わない場合もあります。このような時におすすめなのが、国の教育ローンや銀行や消費者金融のカードローンとなるのです。

 

国の教育ローンならば入学に必要となる費用は入学前であっても借りることができますし、学生本人が利用することも条件次第で可能になっているようです。また、金融機関から借りるカードローンならば審査が早いため即日融資も可能です。

 

カードローンを利用できるのは20歳になってから

受験費用で手持ちのお金が無くなってしまった場合でも学費を借りられる場所があるならば安心ですし、借りたお金は奨学金から一括返済することも可能になります。

 

ただし、現在は高校生である方が学費を貯金することは難しいですし、高校時代は勉強が忙しくてアルバイトをする時間がなかったという方もいるでしょう。その場合には、まず親や家族に頼る必要があるのです。

 

銀行や消費者金融のカードローンからお金を借りる場合には、20歳以上で安定した収入があることが利用条件となっています。そのため、18歳や19歳の未成年の方がカードローンからお金を借りることはできません。入学後にアルバイトで稼いだお金から少しずつ親に返済していくという方法も選べますので、未成年の学生の方が学費で困った場合にはまず親や家族に相談するのが得策と言えるでしょう。

 

また20歳以上でアルバイトをしている学生さんならばカードローンでお金を借りることも可能ですので、その場合ならば自分でも学費の捻出をすることが可能になってくるかも知れませんね。

 

授業料の支払いはその都度一括払いとなるため、基本的にはアルバイトで貯金をして足りない分は一時金としてカードローンなどからお金を借り、奨学金が振込まれた時に一括返済するという方法も選択できるでしょう。その場合には大幅に金利の節約ができる可能性もあります。

 

お金を借りる理由~子供の教育費を用意したい~

子供の教育費には高額なお金がかかってしまうものですよね。教育費の中でも進学に必要となるお金は最も多く、多くの出費が予想されるところです。

  • 大学や短大の入学金
  • 半期分の授業料
  • 一人暮らしのための引越し費用(学生マンションなど下宿先の契約金や家賃なども含む)

自宅から通学する場合でも入学金や授業料は絶対に必要になりますし、一人暮らしとなるとそれ以上の高額な費用が必要となってしまいます。奨学金を利用して学費を自分で準備しようと考える子供も多いですが、それでも奨学金が入金されるまでのつなぎ資金は必要となりますし、その場合には高校生や予備校生である方がそれだけのお金を用意するのは不可能でしょう。

 

奨学金を利用する場合には、成績によって金利がつく場合と無利子の場合がありますので、どちらの利用が可能かを確認した上で、教育ローンを組むことを計画してみると良いでしょう。

 

日本政策金融公庫の国の教育ローンを利用する場合には、350万円を上限として低金利でお金を借りることが可能ですし、奨学金との併用が可能なので便利なローンと言えます。また、教育支援資金制度からの教育費の借り入れも可能なので、併せて検討してみると良いでしょう。

 

教育費をローンで準備したい時には、まず、教育費の総額を計算して毎月いくら必要になるかを知っておく必要があります。金利が不要となるローンもありますので、まずは公的融資と民間企業の融資でのローンの種類の選択や組み合わせを考え、その上で利用条件や必要書類の確認もしていくことになります。

 

お金を借りる理由~引越し費用が今すぐ必要~

引越しの予定は前もって分かっていることも多いですが、急に転勤が決まって転居をしなくてはならないこともあるでしょう。そんな時には、会社が引越し費用を出してくれる場合もありますが、取りあえず立て替えをしなくてはならない場合もありますよね。

 

単に引越し費用と聞くと、家の中にある荷物を転居先に運ぶというイメージがありますが、実際にはこのように多くの費用が必要になります。

  • 新居の敷金や礼金・前家賃
  • 新しい家具や家電を購入する費用
  • 荷物の運び出しをする費用

引越しの専門業者に依頼をせずに自分でレンタカーを借りる場合であっても、これらのことに必要となる費用は最低でも総額で十数万円となることでしょう。貯金の残高が少ない場合、このような出費をどこからするかと言えば、一番に思い付くのは親や家族からの借金かも知れませんし、手っ取り早い借入方法と言えるでしょう。

 

ただし、高額の借り入れとなると個人の融資では限度があり無理な場合も多いため、引越し費用を準備するならばやはり金融機関からカードローンやキャッシングを利用した方が、より便利と言えるかも知れません。申し込みの時に伝える利用目的として引越し費用が借入れの理由であるならば問題は何もありませんし、そもそも基本的に使い道自由となっているため、このようなサービスならば安心してお金を借りることができます。

 

また、銀行には「フリーローン」という商品もありますが、こちらも使用目的は基本的に自由となっているため、引越し費用の捻出でも利用可能ですが、300万円~500万円という高額融資を目的としているローンであるため、基本的に審査にある程度の時間がかかってしまうのです。

 

そのため、今すぐ引越し費用としてお金を借りたいという時には、少額融資を専門としているカードローンやキャッシングを利用した方がメリットを感じることができるでしょう。少しでも早く手軽に現金を借りられるのがカードローンの最大の利点となっているため、数百万円ではなく数十万円の利用ならば、カードローンの利用が最適であり有効な資金調達の手段と言えるのです。

 

お金を借りる理由~車の購入費用を借金で準備したい~

車を購入したい時、それが新車や中古車であっても購入代金が足りない場合には資金の借入れが必要になります。貯金があったり、ボーナスが高額である方は一括払いも可能かも知れませんし、最も理想的な車の購入方法と言えます。

 

ですが、中古車であっても安くても10万円以上は必要になりますし、新車に至っては最低でも100万円は用意する必要があります。車の購入を一括払いでなく分割払いで考えていく場合には、数十万円~数百万円のお金を借りることになるのですが、まず考えられるのは銀行で用意しているマイカーローンの利用でしょう。

 

マイカーローンは、利用目的がはっきりしているローンであるため審査に通りやすいというメリットがありますし、車の購入に必要となる費用を一括で借り入れできるため、便利ですよね。また銀行の自動車購入ローンの場合には低金利になっているというメリットもあります。

 

その点では銀行のローンの中では比較的敷居の低い商品と言えるかも知れません。マイカーローンについては銀行以外にもディーラーローンや残価設定型ローンもありますので、銀行のサービスと金利やその他の特徴や内容を比較・確認してどのローンを利用するか選択すると良いでしょう。

 

お金を借りる理由~トラブルが起きて示談金が必要になった~

毎日生活していると時にはトラブルに巻き込まれることもあり、場合によっては示談金が必要になることもあるでしょう。詐欺事件でも有名になっている「示談金」ですが、実際に問題の解決方法が示談に決定し、急いで現金の用意が必要となる場合もあるでしょう。

 

この場合には示談金の用意が必要になりますし、支払いができないとなると今後に影響してしまう可能性もあります。示談金の捻出方法については、親に相談してお金を借りるという方法もありますが、必ずしも親や家族が示談金を貸してくれるとは限りませんし、それ以前に親には言いずらい理由であるため頼めないこともあるでしょう。

 

このような場合には、カードローンなどを利用した方が便利なこともあるのです。たとえ慰謝料の支払いであっても基本的には使い道自由となっているため、年収の3分の1を超えない限度額の範囲であれば消費者金融の利用もおすすめです。今すぐお金を借りたい時にも迅速に対応してくれるサービスであり、土日や祝日にトラブルが発生した場合であっても即日対応してもらえる可能性もあります。

 

お金を借りる理由~住宅購入のためのマイホーム資金を借りたい~

住宅購入する決意をした場合、多くは一生に一度の大きな買い物の機会ともなるため、まずは住宅ローンの利用を考えることでしょう。住宅購入資金については数千万円という高額となるため、どの住宅ローンを選択したら良いのか迷うところですが、低金利の時代となっていることから住宅ローンの金利も昔よりずっと低くなっているので安心です。

 

とは言っても、買い物の金額が大きいため金利がいくら低いとは言え、支払う利息もそれなりの金額となるのです。最大限に利息を節約するならば、親や家族から住宅購入の資金の一部を貸してもらうか援助してもらう方法があります。ですが、どちらもやり方次第では贈与として扱われ贈与税を支払う結果になる場合もあるため、注意が必要です。

 

通常は、住宅ローンを組むケースが圧倒的に多いのではないかと思いますが、具体的には公的ローンと民間ローンの2つに分かれますが、その中で住宅金融支援機構と民間の金融機関が提携している「フラット35」が有名です。

 

金利については長期固定金利となっているため、金融情勢の変化によって金利が上がる心配が少ないことや同じ金額での返済が可能なため、返済計画が立てやすいというメリットがあります。ただし、このような特徴のある住宅ローンなのでメリットは多いのですが、審査基準が厳しくなっているという注意点もあるんです。

 

多くの種類がある住宅ローンの中からどれを選択するかを決める際には、利用条件や必要書類の確認がもちろん大事となりますし、金利の比較や返済シミュレーションの利用なども必須と言えます。

 

お金を借りる時に必要なことは何?

様々な理由でお金を借りたい時には、それぞれの目的に応じて必要なことも違ってきます。金融機関に借入れの申し込みをする前に確認しておきたい必要なことについてはこのような感じになります。

  • 担保は必要か
  • 保証人は必要か
  • お金を借りるのに気を付けることにはどんなことがあるのか

まずはお金を借りるにあたって担保や保証人の必要性は気になるところですよね。保証人や担保が必要なケースと不要なケースのどちらも存在しているのも事実ですし、どの場合がそれにあたるのかは知っておく必要があります。
また、お金を借りるのに気を付けるべきことについても注意が必要です。

 

お金を借りるのに担保は必要?

昔はお金を借りるとなると担保が必要となることも多かったようですね。担保とは万が一借りたお金の返済ができなくなった場合に、返すお金の代わりとして取られてしまうもののことを言います。別の言い方をすれば、貸主が貸し倒れのリスクを回避するために借主から取るものが担保であり、具体的には不動産となるのが一般的です。

 

お金を貸す側としては見ず知らずの他人に融資をするわけですから、その人が本当に貸したお金を返してくれるのか不安ですし、返してくれなかった場合の保険として担保を取るのは当然と言えるかも知れませんね。

 

ですが、金融機関が現在取扱っているローンには2つのタイプがあります。

  • 無担保ローン
  • 有担保ローン

 

無担保ローンとは

無担保ローンとは、文字通りに担保不要となっているローンを言うのですが、その特徴には融資金額が少ないことや金利が高めであるということがあります。担保を取らないということは、利用者の信用という形のないものを担保としていることにもなるため、不確かなものでもあることからそれ程の高額を貸す訳にはいきません。また、貸し倒れのリスクを軽減するためにも金利が高く設定されているのです。

 

銀行や消費者金融のカードローンではこの無担保ローンが採用されていますので、特に何の資産を持っていなくてもお金を借りることができます。そのため、審査も早く終了しますし即日融資も可能なサービスとなっているのです。

 

有担保ローンとは

有担保ローンは、無担保ローンとは違い担保となるものが形として存在しているため、貸し出しができる金額が無担保ローンよりも多くなっているという特徴があるんです。万が一、貸したお金を返済してもらえなかった場合でも、担保として預かったものを売ることで貸したお金の回収が可能になります。そのため、有担保ローンの場合には安い金利でお金を借りることができるようになっているんです。

 

有担保ローンとして代表的と言えるのが、「フラット35」というローンでも有名な住宅ローンですが、住宅の購入代金を借りられる代わりに購入する住宅を担保として預ける仕組みになっています。これは一般的に「抵当権」と呼ばれるものであり、万が一ローン返済が滞った場合には、競売にかけられることになるのです。

 

高額な買い物に必要となるローンには有担保となる場合が多く、その場合には金利は安くなりますが返済の滞納があれば預けた担保を失うという大きなリスクもあります。ですが、毎月の返済期日までにしっかりと返済できていれば心配はありませんので、担保が必要なローンだからといって必要以上に敬遠をする必要もありません。

 

もっとも担保の預入れについて、契約で抵当権の設定を拒否すればローンの利用ができませんので、選択の余地もないことになります。

 

お金を借りるのに保証人は必要?

キャッシングを利用する際に心配になるのが、担保なしでお金を借りられるのかということの他に、保証人不要でも利用できるのかということもあると思います。結論としてはその時の事情やそれぞれの場合によるということになるのですが、保証人について簡単に説明するとこうなります。

 

保証人とは、お金を借りた人が経済的理由やその他の理由によって返済ができなくなった場合に、その人に代わって借金の返済をする義務を負っている人のことを言います。保証人を言い換えるならば、「人的担保」ということにもなるため、保証人もまた担保の1つとなっているのです。

 

そのため保証人についての仕組みも担保と同様に、保証人が必要となるローンの場合は金利は安くなりますが、借入れ可能な金額は多くなり、保証人不要のローンの場合には高い金利となりますが、借入れ可能な金額は少なくなるのが大きな特徴と言えます。

 

保証人が必要となるローンを利用したい場合に、保証人になってくれる人を探すのは一苦労と言えるでしょう。確かに、自分がお金を借りるわけでもないのに、万が一借金返済が滞った場合には自分が代わって支払いをしなければならず、こんなに無意味なことはないと言えるからです。

 

他人の借金返済の責任を負わせられるわけですから、誰もが保証人にはなりたくないと考えることでしょう。それでも、どうしても保証人が必要となった場合には、親や家族に保証人を頼むしかありませんね。ただし、その場合も大事な身内に迷惑をかけないように、返済は毎月きちんと行う必要があります。

 

カードローンは保証人不要

銀行カードローンを利用する場合、保証人は保証会社が担当していますし、消費者金融のカードローンの場合には保証人不要となっています。そのため、金利は高めですが借りられる金額は少なくなります。それでも、だからこそ手軽にお金を借りることができるローンとして人気となっていて、必要書類も少なく審査が早いというメリットが理由となり、すぐにお金を借りたい場合には最も便利なローンとして多くの人が利用しています。

 

利用限度額は低くなりますが、その分返済に困る心配も少なくなります。少額融資のメリットは必要な時にすぐにお金を借りることができるということであり、そのために多少金利が高くなっても本当にお金が不足して困っている時には便利なサービスと言えるのです。

 

また、カードローンは借りる金額が少なければ保証人不要あっても審査に通過しやすいという特徴もありますので、誰にも迷惑をかけずにお金を借りる方法としておすすめのキャッシングとなります。

 

お金を借りるのに気を付けることにはどんなことがあるの?

今はお金を借りる時でさえも、インターネットやコンビニに置いてあるATMから簡単に操作ができるようになっています。わざわざ金融機関の窓口まで行って手続きをしなくても、家に居ながら簡単に素早くお金を借りることができるため、手軽さや便利さを実感することができるでしょう。

 

ですが、それとは反対に気を付けるべきこともあるのです。
以下では、安心安全にお金を借りるための方法や、どんな種類のローンが自分にとって便利なのかを判断する方法、またそれ以上に重要となるどんな業者に気を付けるべきかということについて解説しています。

 

安心安全にお金を借りるなら必要な金額に留めておくのがおすすめ

たとえばカードローンでお金を借りる場合には、インターネットから申し込みすることも可能ですし、24時間365日受付けしてくれるので便利ですよね。また、申し込み手続きだけでなく、借入方法についてもネットキャッシングやATMからの出金によるお金の借り方も選択できるようになっています。

 

このようにお金が借りやすいということはメリットしかないように感じてしまうのですが、この便利さは反対にデメリットになり得る可能性も秘めているため、利用には充分な注意が必要になるのです。

 

たとえば、コンビニに行ったついでにATMからキャッシングする場合、なかには1,000円単位でお金を借りられるカードローンもあるため、非常に便利な一面もありますが借りる金額が少ないことで借金をしているということを忘れてしまうこともあるのです。

 

また、最近のキャッシングカードはデザインも良く銀行のキャッシュカードのようになっていたり、更に女性をターゲットとしたカードローンでは非常におしゃれなデザインとなっているため、お金を借りている感覚になりにくいという部分もあるようです。

 

ですが、少額を借りる場合であっても、何度も回数を重ねていくうちにやがて高額の借金となってしまいますので、必要な時にだけお金を借りることや借りたらなるべく早く返すことを念頭に利用することが重要と言えるでしょう。返済の延滞をすると信用情報に傷がつくことになり、いわゆる「ブラックリストに載る」という状況になってしまうこともあります。

 

もっとも、このようなことを実感するのは新しいスマートフォンを購入する時かも知れません。端末の購入を現金一括払いでする場合には特に問題はありませんが、通常はスマホ購入代金の割引率が高い分割払いを選択する方がほとんどと言えるでしょう。

 

その際には、審査が行われることになるのですが、ブラックになっている場合には審査に通らない可能性が高くなるため、スマホの購入を諦めるか親や家族にお金を借りて代金を一括払いするしか方法がなくなってしまうのです。また信用情報に傷がつくと、住宅ローンを組む際の審査にも落ちることになりますし、自動車購入の際のマイカーローン審査にも落ちてしまうでしょう。【審査についての詳しい記事→審査基準はお金を借りる所により違う!審査の必要性とは?|まねほし

 

借りた金額が少額であっても長期の返済の延滞をすることで信用情報に傷をつけてしまいますし、最長で5年間は審査に通りにくい状況となることから、借り過ぎと返済期日の厳守には注意しましょう。そして、無理のない範囲でお金を借りる必要があるということは言うまでもありませんよね。

 

自分にとって便利なローンを選ぶ

個人の方が手軽にお金を借りることができるローンは意外にも種類が多く豊富になっています。最も手軽なローンと言えば数万円~数十万を借りられる少額融資のキャッシングや学生専用ローンなどがあります。

 

また、最高で数百万まで借入れ可能になっているカードローンがありますが、それよりも高額の借り入れも可能となっているフリーローンという種類のローンもあります。それらは全て使い道自由で利用の使途を特に決められていないローンとなっています。

 

それとは違い、住宅や自動車の購入資金・教育費の捻出に利用できる目的ローンという種類のローンもあり、こちらは用途が決まっている代わりに高額な借入れが可能になっているんです。たとえば住宅購入資金ならば数千万円の借り入れも可能になります。そのためお金を借りる目的や借りる金額に応じて、それぞれの専用ローンで契約を結ぶことができるようになっているんです。

 

またローンの種類だけでなく、ローンの取扱いをしている場所によっても利用できるローンが違って来るのです。国が貸し出しをしてくれているローンがあれば、民間金融機関が融資を行っているローンもあります。融資をする場所が違えば審査基準も異なるため、たとえば国のローンならば利用する人の年収や経済状況、世帯の状況によって金利が優遇される場合もあるのです。

 

ローンでお金を借りる場合、最も自分にとって有利に契約を結べるローンの使い分けが重要となります。そのためには最低金利でお金を借りることのできるローンを自分で調べたり、国や県、市の機関で聞いて賢くローンを選ぶことがおすすめとなるのです。

 

悪質・悪徳な金融業者に気を付けることが大事!

特に初めてお金を借りる場合には、自分の信用情報がどのような状況となっているのか分らないため、なるべく審査が甘い・緩い金融業者でお金を借りたいと考えてしまうかも知れません。また、その心配の通りに銀行や消費者金融の審査に落ちた場合、それこそ審査なしの所でお金を借りたいと思ってしまうのではないでしょうか。

 

ですが、審査が甘い・審査なし、ブラックでも借りられる、無職でも借りられるということを謳っている金融業者は、悪質であり悪徳な会社である可能性が高いです。悪徳金融業者でお金を借りると何が悪いのかと言えば、闇金でもある悪質な業者はこのような営業をしているからです。

  • 法外な利息を請求してくる
  • 怖い人が大勢で自宅に押しかけてくるなど厳しい取り立てをしている

一度、闇金のような悪徳な業者でお金を借りたならば、その後は利息制限法で決められている上限金利を大きく超える利息を取られることになり、そのために返済の延滞があれば今度は法律で禁止されている怖い人が家に押しかけるなどの方法で厳しい取り立てに遭うことにもなるのです。

 

収入がないと基本的にはどこの金融機関からもお金を借りることはできませんが、その場合には最寄の市役所などに相談してみることをおすすめします。正当な理由でお金を必要としているならば市役所からお金を借りることも可能なので、闇金からお金を借りる必要はありません。

 

市役所の融資ならば、元々低金利でお金を借りることができるようになっているのですが、保証人がいれば無利息での借り入れも可能になっているため、高利貸しの悪質な金融業者でお金を借りないように注意しましょう。

 

私でもお金を借りられる?ケースごとに利用可能かを解説!

初めて金融機関でお金を借りる時に注意をしていただきたいことは既に解説した通りですが、それが分った上でさらに心配に思うこともあるでしょう。

  • 即日でお金を借りたい、今すぐ借り入れできる?
  • 誰でもお金を借りれる?

このようにどうしても今すぐお金を借りたいということも多いと思いますし、お金を借りる時の自分の状況が他の人よりも不利になっているかも知れないという不安もあり、カードローンやキャッシングは誰でもお金を借りられるものなのかと心配になることもあるでしょう。

 

即日でお金を借りたい時どうしたらいい?

お金を借りたいだけでなく、今すぐ急いでお金を借りたいということもあるでしょう。お金を借りるには申し込みが必要ですし、審査に時間がかかってしまうかも知れません。また審査に通過することができたとしても、今日中にお金を借りられるかという不安もあるでしょう。

 

急いでお金を借りたい時にはこのような方法がおすすめとなります。

  • 審査が早いカードローンを選んでインターネットで申し込みをする
  • クレジットカードを持っている場合には、キャッシング枠を利用する

 

審査が早いカードローンを選んでインターネットで申し込みをする

お金がないと困ることは多いですが、特に生活費が足りない場合や期日までに支払いをしなければいけない請求がある場合には、とにかく今すぐ現金を用意したいところですよね。そんな時に便利なのが「即日融資も可能なカードローン」なんです。

 

カードローンは銀行でも取扱いがありますが、特に大手の消費者金融のカードローンならば最短30分で審査が終わる場合もありますし、申し込みはインターネットからの手続きも可能になっています。またネット契約により振り込みでも即日でお金を借りることができるのですが、銀行の営業時間を過ぎてしまうと通常では翌営業日以降の振り込みとなってしまいます。

 

ですが、大手の消費者金融ならばその場合でも「無人契約機」を利用することができますので、即日でカードを発行することも可能です。カードは通常ならば郵送されることが多いのですが、どうしても今日中にお金を借りたい時にはカードが届くまでの数日間ただ待つだけで過ごす訳にはいきませんよね。そのため、急いでいる時には無人契約機のある店舗まで来店することがおすすめです。

 

と言うことで、即日融資でお金を借りたいならばこのような手順で手続きを進めることがおすすめとなるのです。

  1. インターネットから申し込み(24時間365日受付け)
  2. 審査(最短30分で回答)
  3. 契約・カードの発行(無人契約機で発行)
  4. 借り入れ(平日14時40分前後までならば振り込み可・時間に関係なくカードを利用してATMからキャッシング)

 

クレジットカードを持っている場合には、キャッシング枠を利用する

お金を借りる必要が発生した時、もし手元にクレジットカードがあれば、そちらのキャッシング枠について確認してみると良いでしょう。クレジットカードには2つの機能があるんです。

  • ショッピングの後払いができる機能
  • キャッシング枠の範囲内でお金が借りられる機能

通常、クレジットカードが発行される場合には最低でも通常の買い物で使えるショッピング枠の機能は備わっています。ですが、キャッシング枠についてはインターネットから会員ページにログインして確認することが必要です。そこでキャッシング枠が設定されていることが分れば、その金額の範囲内で今すぐお金を借りることができます。

 

カードローンとの違いは、既にキャッシング枠が付いているカードを持っていれば、改めて申し込みする必要もなければ審査不要でお金を借りられるということです。利用方法は、銀行やコンビニなどにあるATMを利用して、お金を下す時と同じ様な手順で操作をするだけなので、簡単です。ただし、簡単なあまり自分の銀行預金のように使い過ぎてしまう傾向にあるため、借金をしているということを忘れないように利用することが大事となります。

 

誰でもお金を借りれるの?

社会人や公務員などで安定した収入のある方ならば必要以上に心配することは不要と言えるキャッシング審査ですが、それでも過去に金融事故があればその限りではありません。

 

またいろいろな状況や環境にある場合には、お金を借りる時の審査に通過することができるのが不安になることもあるでしょう。こちらでは以下の場合別のお金を借りられる可能性について解説していきます。

  • ブラックになっている
  • 自己破産している
  • 収入が少ないため生活保護を受けている
  • 正社員でなくアルバイトで生計を立てている
  • 収入のない専業主婦である
  • 社会人ではなく学生である
  • 現在は無職である
  • 就職したばかりでも今すぐお金を借りたい
  • 会社を経営している社長である

 

ブラックになっている人もお金を借りられる?

世間で良く言われている「ブラック」や「ブラックリストに載る」という言葉の本当の意味を知っている方も多いと思いますが、中には誤解をしている場合もあるでしょう。

 

まず初めに、ブラックリストという物は実際には存在していません。良く言われる「ブラックリストに載る」は、個人信用情報機関でこのような情報が登録されている状況にあることを意味しているのです。

  • 過去に返済の長期滞納があった
  • 短期間での返済の遅れが何度もあった
  • 自己破産などの債務整理をしている

このような情報を借入れの申し込みをした金融機関が知れば、当然ですが審査に落ちる可能性が高くなってしまいます。融資を行う金融機関では利用者の返済能力をしっかりと確認する必要があり、審査では必ず信用情報の照会を行っています。

 

その際に、個人信用情報機関で過去にお金を借りた際にきちんと返済しなかったという情報が登録されていれば、安心して融資をすることはできませんよね。

 

また国内の個人信用情報機関は現在3つが存在していて、正規の貸金業者ならば銀行・信用金庫などの金融機関や消費者金融、クレジットカード会社・信販会社などはその内のいずれかの信用情報機関の会員となっています。

 

ですが、それぞれの信用情報機関では情報を共有しているため、新たに申し込みする金融機関と過去にローン返済の滞納などがあった金融機関の加盟している信用情報機関が違っていたとしても、すぐに事故情報を知ることができる仕組みになっているのです。

 

そのため、ローンを返さなかった金融機関とは違う会社に申し込みすれば大丈夫ということにはなりませんし、全国どこの金融機関で申し込みをする場合にも共通の情報を知ることができるシステムであることを理解しておきましょう。

 

もっとも、返済の滞納や債務整理などの事故情報は永遠に登録されたままという訳でなく、借金の完済や返済の免責を受けてから5年~10年の間には事故情報が消えるので、ブラックになってしまった場合にはそれまでは現金で買い物をする必要があります。

 

ただし、返済の延滞などで督促が来た場合、それを無視し続けているといつまでも永遠とブラックリストに登録されたままとなってしまうので注意しましょう。その場合には、返済が可能ならばできるだけ早くお金を返すか、それが無理ならば債務整理の手続きを開始することが必要となるのです。

 

自己破産してもお金を借りられる?

自己破産をするとブラックリストに載るということを知っている方は多いでしょう。自己破産とは裁判所で返済の免責が認められ、一部の試算を残して財産を失うことになる手続きを言うのですが、何よりも今まで悩んでいたローンを返さなくて良い状況になるため、多重債務者にはとても便利なシステムとなっています。

 

ですが、自己破産をすることによりブラックとなってしまう訳ですが、具体的には次の3つの信用情報機関のいずれかに事故情報が登録されることになるのです。

一般的に消費者金融から借りたお金の返済で事故情報が登録される場合には、JICCかCICが登録先となっています。銀行の場合には全国銀行協会で主に事故情報が登録されているものの、それぞれで情報の共有が行われているため、一般的には5年~10年間は審査に落ちることが多くなると言えます。

 

ただし、クレジットカード会社などでは一部で審査で全国銀行協会へ信用情報を照会しない場合もあるため、銀行のローンでの返済の滞納であれば、完済から5年以上経っていればクレジットカード審査に通ることができる可能性はあるようです。

 

自己破産によりブラックとなってしまった場合には、免責から5年経った時にJICCやCICに登録されている情報の開示を行ってみると良いかも知れませんよ。

 

ただし、ブラックであることが理由でキャッシングの利用ができないからといって、ブラックOKを謳っている金融機関でお金を借りないように注意する必要があります。このような業者は法外な利息を取り厳しい取り立てをする悪徳金融業者(闇金)である可能性が高いです。

 

自己破産をした後にどうしてもお金を借りたい時には、親や家族に相談するのがおすすめであり、安心安全にお金を借りる方法となります。

 

収入が少ないため生活保護を受けていてもお金を借りられる?

初めに言うと、基本的に生活保護を受けている方は民間の金融機関からの借り入れを禁止されているんです。自治体に隠れてこっそりとキャッシングを利用したことがバレると、生活保護を打ち切られてしまう恐れがあります。

 

また、生活保護で給付されたお金を借金の返済資金にすることも禁止されています。このことがバレると詐欺罪に問われることもあるので、生活保護を利用して生計を立てている方がお金を借りることは無理ということになるでしょう。

 

それでも、どうしてもお金を借りたい場合もあると思います。それでも基本的には生活保護とは最低限の生活を送るための資金を援助することを目的としています。

 

そのため、生活保護でお金が足りないということは基本的に想定されていない部分もあるようですが、急な出費であり正当性の高い使い道であれば、市町村に認めてもらうことができれば特例でお金を借りることが可能になっています。その際には、福祉事務所のケースワーカーに相談することをおすすめします。

 

正社員でなくアルバイト生計をたてていてもお金を借りられる?

アルバイトだとカードローンなどでお金を借りれないのではないかと思っている方もいると思いますが、実際には正社員でなくアルバイトで生計を立てている方であってもお金を借りることは可能です。金融機関が審査で重要視するのは、返済能力であるため、アルバイトであっても毎月安定した収入を得ているならば、充分に審査に通る可能性はあります。

 

アルバイトであっても正社員のようにフルタイムで働いていれば、ある程度の収入となるでしょう。その場合ならば審査に通過するのは難しいことではありません。ただし、勤続年数が1年未満である場合には、特に銀行カードローンの審査に影響をしてしまう可能性もあるのです。

 

その場合には、既に手元にクレジットカードがあればキャッシング枠を利用したり、消費者金融のカードローンに申し込みをしてみるのもおすすめです。ただし、アルバイトでありしかも勤続年数が1年以上無い場合には、大きな金額の借入れは難しいですし、せいぜい10万円程度であると思っていた方が良いでしょう。

 

さらにカードローンなどの利用が初めてである場合にも、利用限度額は低めに設定されることが多いです。そして返済状況に応じて、徐々に利用限度額が高額となっていくことになります。それでも消費者金融やクレジットカードのキャッシングでお金を借りる場合には、総量規制という法律があるため年収の3分の1以上の借入れをすることはできません。

 

一方、銀行のローンを利用する場合であれば年収による借入限度額の決まりがないため、基本的には銀行の審査によっていくらまでお金を借りられるのか決定します。ただし、100万円などの高額なお金を借りる場合には収入証明書の提出を求められる場合もありますので、利用条件の確認が必要です。

 

収入のない専業主婦でもお金を借りられる?

専業主婦は基本的に無職であり収入が0円であることから、消費者金融のカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りれません。ただし、「配偶者貸付」という総量規制の例外となる融資を利用すれば、専業主婦であってもお金を借りることは可能です。

 

ただし、大手の消費者金融では専業主婦のキャッシングは取扱いをしていません。一部の中堅消費者金融でのみ取り扱いをしているのですが、その場合には安定した収入のある配偶者の同意が必要であるため「旦那さんに内緒」でお金を借りることは不可能です。

 

それでも、銀行のローンならば総量規制の対象外となっているため、専業主婦の利用が可能になっている所は多くなっています。ただし、最大で50万円程度に利用限度額がおさえられている場合がほとんどなので、注意が必要です。

 

それでも旦那さんや家族にバレないでお金を借りるならば、パートを始めてみるのも良いでしょう。一定の収入あれば、無職ではありませんし、社会人の方と同じ審査基準でお金を借りることが可能です。
【詳細記事→パート主婦でもお金を借りることは可能?限度額や条件について|まねほし

 

社会人でなく学生アルバイトであってもお金を借りられる?

社会人でなくて学生であっても20歳以上でアルバイト収入が継続的にある方ならば、銀行や消費者金融のカードローンなどでお金を借りることができます。もっとも、カードローンだとお金を借りる場合には20歳以上である必要がありますが、クレジットカードの場合には18歳や19歳の未成年であっても申し込みができるようになっている場合もあるのです。

 

ただし、利用するサービスによって必要書類の種類が違ってきますので、学生証は必要なのか、それ以外にはどんな書類の提出を求められるのかを事前に確認しておきましょう。

 

ただし、未成年の場合にはたとえ安定した収入があっても親の同意を求められるため、親や学校に秘密でのキャッシングは無理と思っていてください。

 

学生がお金を借りる場合に注意していただきたいのは、お金の借り過ぎです。返せるあてのない借金をした場合、たとえ利用者が学生であっても最終的にブラックになってしまうこともあります。危険なキャッシングをするのであれば、時間のある時にはアルバイトをしてお金を借りなくても良い経済状況に繋げていくことをおすすめします。
【詳細記事→パート主婦でもお金を借りることは可能?限度額や条件について|まねほし

 

現在は無職だけどお金を借りられるの?

基本的には無職の方はお金を借りることはできないと思ってください。ただし、無職であっても家族に安定した収入がある場合や、親の収入が高額、親の勤続年数が長いなどの条件が整っていれば、親の収入や信用情報のみで審査をしてくれるサービスもあります。

 

また、金融機関によっては家族の年収で審査を通してくれる場合もあるようですが、その場合には事前の説明が必要なこともあるようです。

 

現在は無職であっても事情があり退職してしまった場合などでは、今後の再就職の予定などを話して相談してみることで、一時的な無職として判断してもらえることもあるでしょう。失業中であったり転職を考えている場合など、人によっていろいろな事情があるため、近い内に再び仕事に就ける見込みのある場合にはその旨を伝えてみましょう。

 

就職したばかりだけど今すぐお金を借りられる?

新社会人の方や、転職したばかりという方が給料の振り込みをされるのは、まずは1ヶ月近く働いた後ということになりますよね。ですが、給料が支払われる前にも必要となる費用は多いでしょう。このような出費に対応するためにお金を借りたいと思うこともあると思います。

 

ですが、また給料が支払われていない状況にありながら、金融機関のキャッシング審査にとおることはできるのでしょうか。答えは「可」ということになり、就職をしていれば安定した収入を見込むことができるため、カードローンでお金を借りたい場合にも審査に通ることは可能です。

 

就職前にアルバイトをしていれば、既に安定した収入がある状況とも言えますが、それよりも正社員となってからの方がより審査に有利になると言えますし、より良い条件で審査に通ることができるかも知れません。また審査の際に実施される在籍確認もアルバイトよりも正社員の方が取れやすいですし、スムーズに契約手続きまで進めることが可能になります。

 

在籍確認はその人が本当にその会社に出社しているのかを確認するための手続きですが、個人名で電話が来るので職場バレの心配もありません。このことから、就職が決まっている場合には、就職の内定を貰っている時よりも実際に正社員になってからの申し込みがおすすめであり、アルバイトの頃よりも低金利で条件の良いローンが利用できる可能性も高くなるというのがその理由となります。

 

会社を経営している自営業や個人事業主の社長でもお金を借りられる?

社長という身分であれば自営業でも金融機関からお金を借りる必要もないだろうというイメージがありますが、会社を経営している方であってもその状況が思わしくないという場合もあります。特に自営業の個人事業主である場合には、事業資金と生活費のどちらも不足してしまう可能性もあり、実際にキャッシング審査を受ける際には一般的なサラリーマンよりもハードルが高い傾向にあるようです。

 

その理由は、「安定した収入」があるとは言い切れないことにあります。個人事業主である場合、毎月同じような収入を得られる保証がないからです。そのため、個人事業主の場合には収入が不安定であるという理由から審査が厳しい状況にあります。また、確定申告書などの収入を証明する書類が必要となり、サラリーマンよりも自営業の人のほうが必要書類が多くなるのです。

 

社長の方が事業資金のお金を借りるのであれば、個人向けとして契約するカードローンよりもビジネスローンの方がおすすめとなります。個人としての利用でなく事業資金としてお金を借りる場合には、総量規制の対象外となり設備投資に必要な高額の借り入れも可能になるからです。

 

ただし、会社の社長でもある個人事業主の方がお金を借りる場合には、利用条件について事前に確認しておいた方が良いでしょう。条件を満たすことができない場合にはお金を借りれないことになりますので、会社の状況が利用の最低条件に達しているかがポイントとなるのです。
【さらに詳しく→自営業がお金を借りる方法、個人事業主向け融資もある!|まねほし

 

お金を借りる意味や借金できる場所について

金融機関から借金する場合、誰にも内緒でお金を借りたいと考える方も多いようです。その理由は「借金」という言葉に悪いイメージを感じるからかも知れませんね。ですが、実際には消費者金融の宣伝で有名な俳優さんがテレビのCMに出演していることからも分るように、決してカードローンなどからお金を借りることが悪いことである訳ではないのです。

 

では、なぜ借金していることを誰にも秘密にしたいと思う人が多いのでしょうか。
また、お金を借りる場合に、思わず嘘の理由を言いたくなることもあると思います。果たして嘘をつくことは何かの影響を及ぼすことになるのでしょうか。そして、お金を借りたい場合に実際に借金できる場所にはどこがあるのでしょうか。

 

以下ではこのようなことについて解説していきます。

  • 借金を秘密にしたい理由とは?お金を借りるのは悪いこと?
  • 借金する際に嘘を言っても大丈夫?
  • お金を借りる時に利用できる場所とは?

 

借金を秘密にしたい理由とは?お金を借りるのは悪いこと?

消費者金融からお金を借りる場合、できるだけ誰にもバレないように借りたいと思う方は多いと思いますが、実際には貸金業としての認可を受けている正規の貸金業者であるため、少しも危険な金融業者ではありませんし、安心して利用できるキャッシングサービスなのです。

 

それでは借金することを内緒にしたいのかと言えば、やはりお金を借りることに対してうしろめたい気持ちがあるからと言えるでしょう。借金という言葉に悪いイメージが含まれているというのもその内緒にしておきたい理由の1つとなるのですが、そもそもこのようなイメージがついてしまったのは、その借りたお金の使い道にあったと言えるでしょう。
【関連記事→内緒でお金を借りる方法とは?誰にもバレナイお金の借り方|まねほし

 

昔はパチンコや競馬などのギャンブル費用としてサラ金からお金を借りていた人も多く、このような使い道が借金という言葉のイメージを作り上げてしまったのかも知れませんね。

 

ですが、正当な理由でお金を借りるならば、自分の楽しみのために借金をしたとしても決して悪いことではないのです。もちろん自分の経済力の範囲内での無理のない借り入れが必要となりますし、ギャンブルで遊ぶなどが目的でお金を借りるのも論外と言えますが、基本的には返せる範囲で計画的にお金を借りるならば、借金は決して悪いことではありません。

 

ただし、借りたお金を約束の期日までに返済しないのは絶対に悪いことと言えるでしょう。生活費の不足でカードローンを利用するなどの場合だけでなく、住宅ローンやマイカーローンにも言えることですが、借りたお金はきちんと返すということが基本となるのです。

 

ローンを利用するのは悪いことではなく、むしろより快適な生活を送るために時には必要と言えるのですが、間違った用途や使い方でお金を借りたり、借りたお金を返さない場合にはやはり借金のイメージを悪くする要因ともなり悪いことであると言えます。

 

また悪いお金の借り方は生活の破たんにも結び付くことになるので、収入の金額を考慮しながら返済可能な金額を借り入れる必要もあるでしょう。

 

お金を借りる理由は嘘を言っても大丈夫?

お金を借りることを秘密にしたい方は多いと思いますが、お金を借りる理由についても誰にも話せないという場合もあるでしょう。お金を借りたい理由を話したくないあまり、つい嘘を言ってしまうこともあると思います。ですが、嘘の理由でお金を借りることは絶対におすすめできないことです。

 

嘘と同じにおすすめできないのが言い訳です。両者ともほぼ同じ様な意味を含んでいる言葉と言えますが、どちらも貸主からの信用を失う大きな理由になります。

 

担保なし・保証人なしでお金を借りられるローンは、全て利用者の信用を担保にして利用できる種類のものであるため、その際に嘘や言い訳があったのでは信用してお金を貸すことはできません。また、言い訳や嘘は案外と簡単にバレる場合もあるため、そのことが原因で悪い影響を受けることにもなるのです。
(関連記事:お金を借りる時にちょうどいい言い訳ってあるの?

 

たとえば、マイカーローンなどのように用途が初めから限定されているローンであれば、その目的でしか利用できないため金利も安くなっていますし、それ以外での利用は禁止となっています。嘘の目的でマイカーローンを利用した場合、最悪は全額返済ということにもなるのです。

 

ただし、お金を借りる理由で嘘や言い訳を言わなくて済むローンもあります。フリーローンであれば使い道が自由となっているため、使用目的について細かく聞かれる心配はないでしょう。

 

お金を借りる時に利用できる場所や方法とは?

お金を借りる際にしっかり知っておく必要があることの1つに「お金を借りられる場所」があります。申し込みや契約をする場合には、どこで手続きをしたら良いのか理解できても、実際にお金を借りる場合にはどこでキャッシングが利用できるのか疑問という場合もあるでしょう。振り込みやお金を引き出す場所はどこになるのでしょうか。またその方法についても解説しています。

 

実際にお金を借りる時には、このような方法や場所があるんです。

  • スマホでお金を借りる
  • コンビニのATMでお金を借りる
  • 金融機関に来店してお金を借りる
  • 海外からお金を借りる

 

スマホでお金を借りる

最近ではカードローンを中心にしてスマホからでもキャッシングの申し込みができるようになっています。以前はインターネット申し込みと言えばパソコンや携帯電話を利用するのが普通でしたが、今ではスマートフォンのユーザーが増えたために、自宅に居ない出先からでも24時間365日いつでも申し込みできるのです。

 

スマホでお金を借りる方法のメリットは、何と言っても急な出費があった時にその場で申し込みができるということでしょう。また、大手のキャッシングサービスだとスマホ専用アプリを用意していますので、申し込みだけでなく借り入れや返済もスムーズに行えるようになっています。

 

スマホを利用して申し込みをするメリットはそれだけでなく、本人確認書類や収入を証明できる書類などの必要書類の提出が簡単に素早くできるということもあります。スマホのカメラで撮影したものをアプリやメールからその場で送信することができるため、以前のように書類を郵送やFAXなどを利用して送付する手間や時間も不要となっています。

 

このように素早く申込み手続きを完了することができた後、無事に審査に通過することができれば、スマホから振り込みの依頼をすることも可能です。

 

コンビニATMでお金を借りる

カードローンやクレジットカードのキャッシングを利用してお金を借りる場合、その便利さを実感できる一番の理由は、コンビニATMからでもお金を借りることができるということでしょう。手元にカードがあれば、いつでもどこでも利用限度額となる利用枠の範囲内で自由にお金を借りることが可能であり、たとえそれが地方への出張中であっても深夜であっても、即時に急な出費に対応できるのです。

 

ただし、このようにコンビニATMから便利にカードでお金を借りるには事前にカードローンやクレジットカードの契約をしておく必要があります。その際、クレジットカードの方はキャッシング枠の設定ができていることもキャッシングの条件となるのです。

 

全国どこの都道府県にいてもキャッシングや返済が利用できる便利なコンビニATMですが、利用の際には意するべきこともあります。基本的に24時間利用可能となっているコンビニキャッシングであっても、一定の間隔でシステムメンテナンスが入ることがあるため、実際に利用可能となるのは24時間に少しだけ欠ける時間ということになります。

 

それではコンビニATMは何曜日の何時から何時まで使えないのかと言えば、利用時間は利用するATMや契約しているキャッシングサービスにより異なるということになるんです。

 

コンビニATMからお金を借りる場合に、注意したいことがもう1つあります。それはATMの利用手数料となるのですが、利用するカードローンなどの種類により手数料無料となっている場合と、一定の手数料がかかる場合とがあるため、事前にATM]の利用手数料については確認が必要になるのです。

 

金融機関に来店してお金を借りる

インターネットや電話などでもカードローンの申し込みはできますが、それでも人によっては銀行や消費者金融の店頭窓口で直接申し込みや契約、そして借り入れまで利用したいという場合もあるでしょう。その場合でも対応はもちろん可能になっていますし、住宅ローンなどの高額借り入れでなくても窓口で受付をしてくれます。

 

また、特に初めての借り入れで疑問や不安がある場合には、窓口で直接相談するのもおすすめです。
ただし、その場合には事前に必要書類にはどんな物があるのかについて確認をし、窓口に行く時には忘れずに持参するようにしましょう。特に消費者金融の審査は早いですから、その場で審査に通過して契約手続きという流れになる場合もあるからです。

 

海外からお金を借りる

海外旅行に行った先で急にお金が必要になることもあるでしょう。日本とは違い海外の治安はあまり良くないため、海外旅行先では何が起きるか予測不能と言えます。そんな時に最も役に立つ強い味方は何かと言えば、クレジットカードのキャッシング枠なんです。

 

そのため特に海外旅行に行く時には、最低でも1枚はキャッシング枠が付いているクレジットカードを持参することがおすすめとなるのですが、その際に注意したいことがあります。日本にいる時にはあまり気にならないクレジットカードのブランドですが、海外では使える種類が決まっている場合が多いのです。

 

ですが、「VISAカード」ならば世界中で利用できる種類のカードとなっていますので、海外旅行では最も信頼できるブランドであると言われているんです。それでもマスターカードやJCBカードであっても利用できる海外ATMはありますので、利用の際にはATMで表示されているマークに注意しましょう。

  • VISAカード:PLUS
  • マスターカード:Cirrus
  • JCBカード:Cirrus

海外でATMからキャッシングを利用する場合には、このようなマークが目印となっているので覚えておいてください。ただし、クレジットカードでキャッシングする方法は日本で操作をする場合とはそれほど違いはありませんし、日本語の操作パネルを用意しているATMも多いため安心です。

 

ATM手数料については国内と同様に必要になる場合が多いため、それがいくら必要になるのかは事前に確認が必要となりますが、どちらにしても急な出費で困っている時に現金を借りることができれば手数料を支払ってでも利用する価値はあると言えるでしょう。

 

また、ATMを利用した海外キャッシングが可能なのはクレジットカードだけでなく、一部の消費者金融でもカードローンとしての利用が可能になっているんです。使い勝手としてはクレジットカードのキャッシングとそれ程変わらないと言えるかも知れませんが、盗難に遭った時のためにもクレジットカードとカードローンはそれぞれ別に契約して持って行く方が安心かも知れませんね。

 

ただし、海外キャッシングが利用できるのは、日本国内在住の方に限られています。一時的な海外での滞在資金として利用する場合となりますので、日本国外在住の方は日本の金融機関からお金を借りることは不可となっているので、注意が必要です。